5月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

5月

5

May

那覇ハーリーで熱くなれ!
沖縄の暑い夏が始まる!

海の安全や大漁を祈るハーリーは
沖縄の伝統行事。
「那覇ハーリー」から始まり、
県内各地でハーリーのイベントや行事が
開催されます。

じわじわと気温が上がり、空の青さが一段と濃くなる5月。ハーリーなど海の行事が増えてきます。古くから「那覇ハーリーが終わると梅雨が訪れ、糸満ハーレーの鉦(かね)が鳴る頃には梅雨が明ける」と言われていて例年5月の初めから中旬頃に梅雨入りします。しかし、梅雨でも毎日雨が振り続ける訳ではないのが沖縄。雨かと思えば太陽が顔を出しカラリと晴れることも多く、たっぷりと水分を蓄えた大地に芽吹いた緑がいきいきと成長する、生き物たちの生命力が感じられる季節なのです。

5月の気候と服装WEATHER & CLOTHING

天気と気候

季節は若夏。上旬から蒸し暑くなり始め、例年遅くとも中旬には梅雨入りしますが、梅雨入り宣言後にからりと晴れることもしばしば。スコールの様な一時的な雨も珍しくなく、関東の梅雨の様に1日中しとしとと雨が振り続けることはほとんどありません。
  • 上旬

    平均23.5

    • 最高最高

      23.3

    • 最低最低

      18.2

    • 降水量降水量

      63.7mm

  • 中旬

    平均24.1

    • 最高最高

      26.9

    • 最低最低

      21.9

    • 降水量降水量

      65.8mm

  • 下旬

    平均24.5

    • 最高最高

      27.0

    • 最低最低

      22.4

    • 降水量降水量

      102.1mm

※平均気温・降水量は、那覇市の2017年の値です。( 参考:気象庁HP

服装

蒸し暑くなるので、吸湿性があり乾きやすい服装がおすすめ。雨対策もお忘れなく。

  • ①雨に濡れた際にさっと脱ぐことが出来れば濡れたまま過ごすこともないので、シャツなどを羽織っておくのもおすすめ。
  • ②晴れていたと思ったら、急に雨ということもあるので雨具は必須。タオルなどの準備もあると万全です。

ポイントポイント

ポイントは蒸し暑い中でも快適に過ごせる服。雨や汗で濡れても乾きやすい素材がおすすめです。
あまり薄着だと雨で濡れたときに困るので注意が必要。レインコートは汗で蒸れることも多いので折り畳み傘を携帯したり、コンビニ傘を現地で買って持ち歩くのがおすすめです。雨で靴やお気に入りのサンダルが濡れてしまったら、コンビニなどで買えるカラフルな島ぞうりに履き替えてみるのもおすすめ。

薄手のシャツ

折り畳み傘

5月の花と植物FLOWERS & PLANTS

デイゴ

デイゴ

沖縄の県花で、方言名はディーグ。燃えるような赤い花が初夏を鮮やかに彩ります。見頃はだいたいゴールデンウィークあたりで、街路や公園などあちこちで見かけます。通説では、デイゴの花が鮮やかに咲く年は台風が多いと言われています。

ゴールデンシャワー

ゴールデンシャワー

学術名はナンバンサイカチですが、通称のゴールデンシャワーとして広く知られるマメ科の落葉性喬木。目の覚めるような鮮やかな黄色の小花が房状に垂れ下がり、満開になるとゴールデンシャワーの名そのものの姿を見せてくれます。

詳しくはこちら
イジュ

イジュ

ツバキ科の常緑樹で、固くつややかな葉が茂る枝先に梅の花に似た丸い花びらを持つ可憐な白い花を咲かせます。琉歌にも登場するほど昔から沖縄で愛されてきました。春先に出る新芽は赤く、遠目だと赤い花が咲いているようにも見えます。

あじさい

あじさい

沖縄であじさいが見頃になるのは梅雨の時期にあたる5月から6月。しっとりとした空気の中で咲く花ですが、沖縄は梅雨の間も度々太陽が顔をだすため、運が良ければ太陽の下でハイビスカスなどの南国の花々と並んで元気に咲く姿をみることが出来ます。

詳しくはこちら
5月のおすすめイベントへ