安和のくばのうたき

あわのくばのうたき

聖木であるビロウの群生は信仰の拠り所。

安和のくばうたきは名護市(なごし)の最西部の集落、安和の拝所で、聖木と称されるビロウ(クバ)約200本の群生が村人の信仰の拠り所となっています。村を守護する聖地である御嶽(ウタキ)の中には安和の旧集落への遥拝所をはじめ、御嶽の形式がきちんと備わっており、沖縄県の有形民俗文化財に指定されています。

最終更新日:2016.02.15

住所 〒905-0001 沖縄県名護市安和
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約100分

■沖縄自動車道 : 許田ICから車(一般道)で約25分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。