沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

本島のモノレール

沖縄初のモノレール「ゆいレール」

「ゆいレール」は、「那覇空港駅」から「てだこ浦西駅」までの片道約40分を結ぶモノレールです。 空港内の国内線ターミナルと「那覇空港駅」は連絡通路によって直結しているため、那覇市や浦添市内の主要な観光スポットへの移動手段として観光客にも利用されています。 早朝の5時39分(てだこ浦西駅)から最終便23時30分(那覇空港駅・てだこ浦西駅)まで、約8分間隔で運行しており、渋滞とも無縁のため、スムーズに移動が可能です。また、車窓からは美しい那覇・首里の街並みを眺めることができます。

anchor

ゆいレール路線図

ゆいレール路線図

  • ※モノレールの運賃・及び時刻表は「ゆいレール公式サイト」をご確認下さい。

anchor

沿線の主要観光スポットへのアクセス

anchor

お得なフリー乗車券・フリーパス・おきなわICカード

フリー乗車券

◆1日乗車券
(大人)800円(こども)400円
◆2日乗車券
(大人)1,400円(こども)700円

「ゆいレール」を利用して那覇市内観光するなら「フリー乗車券」が断然お得!

ここがポイント

「ゆいレール」の1日乗車券は、有効期間が最初に改札を通過した時から24時間という時間制です。(2日乗車券は48時間)例えば、夕方~夜の飛行機で那覇空港に到着後、ゆいレールの一日乗車券でホテルの最寄駅まで向かい、次の日も1日乗車券で那覇市内をたっぷり観光が可能。1日乗車券を上手く使えばお得に観光が楽しめます。首里城跡などの観光施設の入場料割引も付いているのでさらにお得です。

周遊パス

◆1日パス
(大人)3,000円(こども)1,500円
◆3日パス
(大人)5,500円(こども)2,750円

バスとゆいレール、両方使える1日フリーパス券「周遊パス」がおすすめ!

ここがポイント

期間内であれば、琉球バス社、那覇バス社、沖縄バス社、東陽バス社の運行する沖縄本島内路線バスとゆいレールが乗り放題!

※高速道路を通過する111番、117番、リムジンバス、定期観光バスは除きますので、ご利用の際はご注意ください。

おきなわICカード「OKIKA」

◆販売価格:1,000円
※デポジット金額500円分含む
◆チャージ金額:1,000円~
1,000円単位で最高30,000円まで

タッチして精算でラクラク♪「OKIKA」でスムーズに移動

ここがポイント

駅やバスの乗降時に、カード読み取り機にかざすだけで簡単に乗り降りできます。1回1回、切符やチケットを購入する必要がありませんので、スムーズに移動が可能です。ゆいレールの各駅や各バス営業所で購入できます。

※他地域の交通ICカード(Suika、PASMO、ICOKAなど)は沖縄県内で利用できませんのでご注意ください。

※1回のチャージ金額の上限は10,000円です。

この他、ゆいレールでは、団体割引や障がい者割引もご用意しております。

  • ■団体割引普通団体(15人以上)で乗車賃が2割引となります。
  • ■障がい者割引障がいのある方は障がい者手帳のご提示で、ご本人様と介護者様(1人につき1人)が5割引となります。

詳しくはゆいレール公式サイトをご覧ください。

沖縄の交通アクセス情報

本島のアクセス・移動手段
国内から沖縄本島へ 海外から沖縄本島へ モノレール バス タクシー レンタカー 高速道路料金 レンタサイクル・レンタルバイク
離島のアクセス・移動手段
八重山諸島(石垣島・竹富島・小浜島・西表島・波照間・与那国島・黒島・鳩間島) 宮古諸島(宮古島・池間島・来間島・伊良部島・下地島・多良間島) 慶良間諸島(渡嘉敷島・座間味島・阿嘉島・慶留間島) 久米島周辺の離島(久米島・渡名喜島・粟国島) 本島北部周辺の離島(伊江島・水納島・伊平屋島・伊是名島) 本島中南部周辺の離島(津堅島・久高島・北大東島・南大東島)
沖縄の空路・海路アクセス情報一覧
航空会社一覧 空港一覧 船舶会社一覧 港一覧

ページをシェアする