心をなごませる緑濃いフクギの並木道は、沖縄の昔の集落の姿を今に残すいにしえの風景

海洋博公園近くの備瀬地区は、碁盤の目のように区画した村落で、約250戸ある住宅のほとんどは繁茂したフクギの屋敷林に囲まれています。この集落一帯に見られるような風景は台風の多い沖縄ならではのもの。フクギは沖縄では古くから防風林として用いられ、特に海の近くにある集落の屋敷の周りには多く植えられました。数千本に及ぶとみられる備瀬のフクギのなかで、もっとも古いものは推定樹齢300年といわれています。
住所 〒905-0207 沖縄県本部町備瀬
アクセス ■那覇空港から 車(一般道)で約 2時間50分
■沖縄自動車道 : 許田ICから 車(一般道)で約 50分
■路線バス : 備瀬入口バス停から 徒歩で約 5分
停車バス : 65本部半島(渡久地廻り)線、66番本部半島(今帰仁廻り)線、70線備瀬線

周辺観光情報

ここに行くモデルコース

ここに近い宿泊施設