古宇利島

こうりじま

賛助会員

人類発祥の伝説が受け継がれてきた神の島

古宇利島は、沖縄本島の本部半島の北東部に位置する半径約1kmの円形をなし、エメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。2005年に名護市の屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。

古宇利島は周囲約8kmで、島を一周できる古宇利一周線があり、車で10分ほどで一周することができます。古宇利大橋のたもとにある古宇利ビーチや島の北側にあるハート岩(ハートロック)で人気のティーヌ浜、ポットホール(円筒状空洞地形群)のあるトケイ浜など、夏には海水浴やシュノーケリングを楽しむため多くの観光客が訪れます。

古宇利島は、アダムとイヴに似た人類発祥の神話があり。「神の島」、「恋の島(くいじま)」と呼ばれています。
[エリア]
本島北部
[カテゴリ]
スポット・サービス
[旅のテーマ]
離島で見たい景色

最終更新日:2017.03.31

住所 〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
電話番号 0980-56-2256
FAX番号 0980-56-2105
ウェブサイト 公式サイトはこちら
問い合わせ 0980-56-5574(古宇利ふれあい広場)
アクセス 沖縄自動車道許田ICから国道58号を北上、
県道110号から屋我地島へ入り古宇利大橋を渡り古宇利島へ。
許田ICから約28km、車で約45分.

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。