Home > マハエの沖縄ダイアリー

2018年12月28日

110年ぶりに復活!沖縄そばのルーツ「唐人そば」

はいたい♪マハエです!
沖縄そばのルーツである「唐人(とうじん)そば」が、今年の6月に沖縄県内の沖縄そば店で発売になりました☆彡

唐人そばについてくわしく知りたいと思い、沖縄そば発展継承の会の会長である野崎真志さんにお話をうかがいました。
野崎さんが中心となり研究や開発がなされ、唐人そばが110年ぶりに復活したんですよ!

お会いした場所は唐人そばを提供されているお店のうちのひとつ、那覇市壺屋にある「そば処 大笑(うふわらい)」さんです。

野崎さんはこのTシャツを着用し、日々活動されているそうです!
“すば”は「そば」、“じょーぐー”とは「大好きな人」「愛好家」を意味する沖縄の言葉です。
野崎さんは自他ともに認める“すばじょーぐー”なんです!

沖縄そばのお店を営業されていた経験もあるそうですよ。
マハエもこのTシャツ、着たいな~(≧▽≦)

唐人そばを復活させるきっかけとなったのは、沖縄そば発展継承の会が毎年開催されている
「沖縄そばスタンプラリー」だったそうです。
現在、第8回が開催されています!

一昨年の第6回開催時のアンケートに「沖縄そばのルーツの知りたい、食べてみたい」とコメントがあったことから、
翌年第7回で「唐人そば」をラリー達成上位入賞者の特典として提供したそうです。

そこから評判が広がり「唐人そばを食べてみたい」という声が多く寄せられ、大勢の方に食べていただけるように
お店でも提供しようということになり、さらに研究を重ねられたとのこと。

商品化にあたり、さまざまな資料や文献を頼りにさらに唐人そばについて調べられた野崎さん。

調べた中で最古の資料が、1902年発行の県内新聞紙に掲載されていた「支那そば屋」の広告でした。

支那そば屋は、宮崎県出身の福永義一さんが経営されていたお店で、中国人(支那人)の方が料理人を務めていました。
支那人が作っているそばということで「トーンチュスバ(唐人そば)」と呼ばれていたそうです。

その支那そば屋に勤めていた比嘉牛さんという方が、1905年に自らお店を開業し、そちらでもしょう油ベースの黒いスープの
そばが提供されるようになりました。

実際に唐人そばを見てみましょう\(^▽^)/
過去の文献の記述によると、具は「ねぎと豆粒大の豚肉のみ」だったそうです。

現在の沖縄そばの具とほぼ同じ食材ですが、豚肉の形状が異なりますね。

次に麺に注目!
「昔は麺が太かった」という数々の証言をもとに、太めの麺を用いることにしたそうです。

伝統的な「木灰そば」の味を再現するため、その成分を分析し開発した、専用のアルカリ剤を使用し製麺されています!

木灰そばとは、がじゅまるなどを燃やした時に発生する灰を水につけた、木灰水のうわずみを混ぜて作られていた麺です。
沖縄では現在もこの木灰そばを使用されている沖縄そばのお店がありますよ。

復活した唐人そばでは、食感を出すためにちぢれも加えたそうです。

そして最も特徴的なのが、スープです!
資料には、唐人そばのスープは「しょう油味の黒いスープ」と記述されていたそうです。

現在の沖縄そばで、このような黒いスープをマハエは見たことがありません!

「唐人そば」誕生から20年近くにわたり、しょう油ベースの黒いスープが主流でしたが、その後「ゆたか屋」さんというお店が
塩ベースの白いスープのおそばを提供し始め、それが現在の沖縄そばに発展したそうです!

しょう油味のスープをそのままに提供すると、敬遠されるかもしれないと予想した野崎さんたちは、
色を再現しつつ、現在の沖縄そばのスープの味に近づけるため、研究と試作を重ねました。

このスープの開発が一番苦心されたそう。

完成までに約10ヵ月を要し、ようやく「唐人そば」が誕生しました☆彡

それでは、唐人そばをいただきます~!

麺は、もちもちとした食感でありながらのどごしもよく、食べごたえがあります!

スープは、開発のお話を聞いた後でも、実際に見ると味が濃いかも・・と想像したのですが、
まったくくどさがない、ダシがきいたおいしいスープです!

いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

麺もスープも具もペロリとたいらげましたよ~^ ^

野崎さんには、沖縄そばについてさらにお話をうかがいました。

現在、沖縄そばのお店は、残念なことに減少傾向にあるそうです。

野崎さんは、沖縄県民のソウルフードである沖縄そばをなくしたくない!そばじょーぐーが増えてほしい!
という思いを胸に、イベントや小中学校で沖縄そば作り体験の出張教室などを開催されています。
そして、夢は「沖縄そば博物館」を作ることだそうです!

素敵☆
沖縄そば博物館の設立が実現するといいな(≧▽≦)

唐人そばは、沖縄県内の複数の店舗でいただくことができます!
ぜひ皆様も沖縄そばのルーツを味わってみませんか♪

大晦日が近づき、年越しそばは何をいただこうかと胸をはずませているマハエでした(*´▽`*)

 

【関連リンク】

沖縄そば発展継承の会 公式サイト(外部)

定番の沖縄グルメ

沖縄のグルメスポット

マハエの沖縄ダイアリー/【10月17日は沖縄そばの日】県産食材にこだわった沖縄そばを食べ歩き♪

2018年12月25日

銘柄食肉好感度コンテスト最優秀賞受賞☆JA石垣牛の農家さんをたずねて

はいたい♪マハエです!
沖縄が誇る「JA石垣牛」が、昨年「第2回銘柄食肉好感度コンテスト」で最優秀賞を受賞しました☆彡

受賞を記念して、マハエは石垣島の畜産農家さんを訪れ、JA石垣牛についてお勉強をさせていただきました!

今回お世話になったのは、JA石垣牛を育てていらっしゃる「とー家ファーム司」の多宇 司(たう つかさ)さん。
多宇さんはその業績が認められ、なんと2018年秋の黄綬褒章を受章されたんですよ!
おめでとうございます☆☆☆

JA石垣牛とは「八重山郡内で生後約20ヵ月以上肥育管理された純粋の黒毛和種の、去勢および雌牛のこと」を指します。

八重山諸島では約8~10ヵ月まで育てられた仔牛が、毎月約800頭も出荷されているそうです!
八重山諸島や宮古島で育てられた仔牛は、その後松坂牛や神戸牛などとして食されているんですよ!

とー家ファーム司さんでは「繁殖牛」と「肥育牛」を育てられています。

肉牛の飼育は、母牛から産まれた仔牛を育てること(繁殖牛)、仔牛を肉牛に育てること(肥育牛)に分かれています。

多宇さんは、今から約30年前にお父様から牧場を受け継ぎ「繁殖牛」の飼育を専業にされてこられ、
2010年からは「肥育牛」の飼育も開始されました。

繁殖牛は広い牧場で放牧して育て、肥育牛は牛舎の中で育てるそうです。

肥育牛は、現在ご長男が責任者として担当をされています。

仔牛のエサは、牧草や濃厚飼料だそうです。
1頭につき1日約4kgも消費するのだそうです!

多宇さんをはじめ、八重山の畜産農家の方々が大切に育ててくれるおかげで
おいしいJA石垣牛をいただくことができるんですね☆

多宇さんの牧場では、経産牛の再肥育もされています。

昨年牧場の近隣にパーラー「心呼吸」をオープンさせ、そちらで経産牛を使用したハンバーガーや串焼き、
牛丼などを提供されているそうです!

「最後まで肥育し、販売や提供までを全うする」という多宇さんの夢が叶いました☆彡

大切に育てた牛たちが無事に出荷される時が一番うれしいと語る多宇さん。
これからもおいしいJA石垣牛を届けてください!

さて、マハエは石垣島でおいしいJA石垣牛をいただきたい!と思い、焼肉屋の「牛信」さんを訪れました♪

オーナー・幸喜さんは、JAおきなわに26年お勤めになられた後、昨年の11月29日(いいにくの日)に
「牛信」さんをオープンされたそうです。

幸喜さんの目利きが光るJA石垣牛をいただきます☆

まずは、赤身肉盛り合わせをオーダー!
ロース、カルビ、モモ肉が並びます(≧▽≦)

ジュージューという音とともにいい香りが漂います。。
ロースは赤身のうまみがしっかりと感じられ、モモ肉は歯ごたえがありこちらもうまみが凝縮されていました☆☆☆

カルビはほどよく脂がのっていて、ジューシーです☆☆☆

こちらの盛り合わせには、ホルモンもセットされていました!マルチョウ、シマチョウ、アカセンといろいろな部位をいただけます♪

マルチョウは、JA石垣牛の特長である「脂のうまみ」がダイレクトに感じられましたよ~(≧▽≦)

この日は“超限定”の部位「センボンスジ」もメニューにありました!
こちらは、すね肉の中心部分から取れるお肉で、ほとんど市場には出回らない稀少な部位だそうです!!

いただいてみると、サクッとした歯ごたえがあり、先ほどいただいたロースやモモ肉とはまた違ううまみがありました☆☆☆

JA石垣牛を愛してやまない幸喜さん(*´▽`*)
ずっとJA石垣牛に携わってきたからこそ、仕入れや流通を熟知し、適正価格で提供ができるとおっしゃっていました!

JA石垣牛の焼肉、いっぺーまーさんでした(とてもおいしかったです)!
これからもおいしいJA石垣牛で、大勢の人を幸せにしてください(≧▽≦)

皆様も石垣島に訪れた際は、JA石垣牛をぜひ召し上がってみてください!

 

☆★☆★☆★☆マハエの食べ歩きメモ☆★☆★☆★☆

●「焼肉 牛信」
住所:沖縄県石垣市字石垣156-26
電話:0980-88-7293
営業時間:17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:毎週木曜日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/石垣島

マハエの沖縄ダイアリー/【10/17は沖縄そばの日】石垣島で八重山そばをめぐる旅♪

マハエの沖縄ダイアリー/美しい眺めをめぐる旅♪玉取崎展望台・平久保崎・エメラルドの海を見る展望台

 

2018年12月20日

イルミネーション輝く☆冬の美ら海ナイトアクアリウム

はいたい♪マハエです!
今年の夏に初開催された、沖縄美ら海水族館の「美ら海ナイトアクアリウム」が、この冬にも開催されることになりました☆彡

2019年1月6日までの期間中、特別に18時から21時30分までのあいだは美ら海ナイトアクアリウムをお楽しみいただけます!

今回は、ナイトアクアリウムとともにイルミネーションもスタートしました☆彡

水族館ではイルミネーションは、初お目見えだそうです!
キラキラ光るイルミネーションとライトアップがとてもきれいです☆*・。.☆*・。.

ジンベエザメのモニュメントもカラフルにおめかし(*´▽`*)

クリスマスツリーも飾られていました♪

海の生き物たちのオーナメントで飾られています!
どんな生き物がデコレーションされているか、さがしてみるのも楽しい\(^▽^)/

イルミネーションを堪能した後は、水族館へ♪

照明が暗めに設定されていたり、ナイトアクアリウムのみの“仕掛け”があったり。
日中とは少し違う仕様になっているんです!

小さな生き物たちのコーナーは、クリスマスバージョンになっていました☆
こちらは、12月25日までの特別バージョンだそうです!

雪の模様のクラゲがいたり、カラフルなデコレーションがされていたりなど
水槽の中にもクリスマスを感じさせてくれる世界が広がっていました(≧▽≦)

「黒潮の海」の大水槽にやってきました~!

夏と同様、ソファや大きなクッションが用意されており、くつろぎながら大水槽を観賞できます!

こたつも登場していました!冬のムード満点です^ ^

クッションに座り、ゆったりと海の生き物たちを観賞・・

ジンベエザメが間近に泳いでくると、いつも以上に迫力を感じます!

贅沢な空間と時間を堪能しました(∩´∀`∩)

「美ら島シアター」もクリスマスバージョンになっていました☆「黒潮の海」の大水槽の観覧窓もあるので、ぜひこちらもチェックしてみてください♪

最後にカフェ「オーシャンブルー」に訪れました!「黒潮の海」の大水槽を観賞しながら、お食事などを楽しめるカフェです。

こちらも夏と同様ナイトアクアリウム期間中は営業時間を延長されており、さらに特別メニューも提供されているんです♪

シークヮーサーリキュールや「ちゅらうみしおソーダ」などがベースになっている、
スペシャルドリンクやカクテルをいただくことができます!

カレーも特別メニューで登場していました!
こちらの「スペシャルBlueカレー」、ライスの色に注目です(≧▽≦)

「黒潮の海」の水槽をイメージし、“バタフライピー”という天然ハーブで色づけしてるんですって!!

カレーもドリンクもいっぺーまーさんでした(とてもおいしかったです)☆☆☆

ナイトアクアリウムスペシャルメニューをオーダーした方には、特典としてオリジナルの缶バッヂのプレゼントがありますよ♪
(缶バッヂはなくなり次第終了となるそうです)

ゆっくりと生き物たちを観賞しながら、特別なディナータイムを過ごしました。

ナイトアクアリウム期間中は、年間パスポートが期間限定デザインで販売されています!
沖縄県出身のイラストレーター「pokke104」さんのデザインです♪
マハエもゲットしたいな~(≧▽≦)

ナイトアクアリウム限定のお楽しみポイントが満載で、滞在中マハエはずっとワクワクしていました♪
ぜひお時間を合わせてお越しいただき、大勢の方にお楽しみいただきたいです!

 

【関連リンク】

海洋博公園・沖縄美ら海水族館

マハエの沖縄ダイアリー/【期間限定】夜の沖縄を満喫☆Okinawa Hip-Hop Busナイトツアー

2018-2019年末年始 県内主要施設営業情報

 

2018年12月14日

【期間限定】夜の沖縄を満喫☆Okinawa Hip-Hop Busナイトツアー

はいたい♪マハエです!
自動音声ガイド付き観光バス「City sightseeing Okinawa Hip-Hop Bus」にナイトツアーが登場しました☆彡

夕方から夜にかけてショッピングやテーマパークめぐりを楽しめるコースだそうです!

マハエはさっそく参加させていただきました!
14時過ぎに那覇を出発するので、ランチを食べた後でもゆっくりと出発することができます。

バスの中は広々としていて、とっても快適♪

出発です~!

乗車後、ツアー参加特典のミネラルウォーターをいただきました(*´▽`*)
久米島の海洋深層水100%なんですよ!

車内はフリーWi-Fiも完備されています!
インターネットやSNSの使用にうれしいサービスですね♪

そして、Okinawa Hip-Hop Busの一番のポイントでもある多言語自動音声ガイダンス!
GPSと連動していて、行程に沿って観光スポットや歴史の解説を聞くことができるんです。

日本語・英語・北京語・広東語・韓国語・タイ語に対応しているので、外国からのお客様にもお楽しみいただけますよ☆

ガイダンスを聞きながら、目的地に向かいます!

1時間30分ほどのバス旅を楽しみ、1つ目のスポット「イオン名護店」に到着しました!
こちらではショッピングやお食事をお楽しみいただけます♪

沖縄ならではの食材が豊富に並びます!

この日は、久米島産の車えびも販売されていました!

沖縄県産の食品やお菓子も揃っているので、おみやげショッピングタイムとしてもお楽しみいただけます(≧▽≦)

沖縄県外ではあまり見かけることがない食品もありますよ!

ツアーは夜まで続くので、マハエはフードコートで腹ごしらえ^ ^

おにぎりをいただきました♪

沖縄のおにぎりの定番・ポーク玉子をチョイス!
ごちそうさまでした☆

再びバスに乗り込み、次の目的地へ向かいます!
添乗員さんからノベルティで光るブレスレットをいただき、ハッピーな気分☆

2つ目の目的地「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」へやってきました!

ヒカゲヘゴなどが生い茂る原生林の中に恐竜が現れます!
体が動いたり、鳴き声が響いたりと臨場感があふれています!!

辺りが暗いので、日中よりもさらに迫力を感じます(> <)

おや、この恐竜は何かをくわえていますね。。

紅いもタルトをほおばっていました!
愛嬌を感じて、ほっこり(∩´∀`∩)

約30分ほどのジャングル探検を楽しみました~!

探検の後は、ショッピングもお楽しみいただけます♪

恐竜グッズがズラリと並びます!
お隣の御菓子御殿でもショッピングができますよ。

再びバスで移動し、ラストは「沖縄美ら海水族館」にやってきました!
夏に開催されていた「美ら海ナイトアクアリウム」が、この冬にも開催されており、
こちらのコースに参加すると、夜の水族館をお楽しみいただけます♪

エリア内はイルミネーションがほどこされ、キラキラと輝きとてもきれいでした☆

イルミネーションは、水族館初のお目見えだそうですよ!

さぁ、水族館の中へ!

水槽の照明は、日中より少し暗く設定されているそうです。

夜の海の中にいるような気分になり、とても神秘的です☆

雪の模様のクラゲもナイトアクアリウムのムードをよりいっそう感じさせてくれます。

「黒潮の海」の大水槽にやってきました!

夏のナイトアクアリウムと同様ソファや大きなクッションやマットなどが用意され、座りながら大水槽の観賞を楽しめます♪
こたつも登場していました~(≧▽≦)

マハエは、クッションでくつろぎながら生き物たちを観賞♪

ジンベエザメが間近に来ると、さらに迫力を感じます!

生き物たちが泳ぐ姿をゆっくりと眺めることができ、心が和みました(*´▽`*)

期間限定の美ら海ナイトアクアリウムとイルミネーションも楽しむことができる、うれしいコースでした☆

こちらのナイトツアーのコースは2019年1月6日(日)までとなっています!
期間中だけに楽しめるコンテンツがたくさんつまっていますよ~(≧▽≦)

 

【関連リンク】

City sightseeing Okinawa Hip-Hop Bus 公式サイト(外部)

イオン名護店

御菓子御殿 名護店

海洋博公園・沖縄美ら海水族館

2018年12月7日

国際通りに新スポット「琉球王国市場」オープン☆彡

はいたい♪マハエです!
12月1日国際通りに「琉球王国市場」がオープンしました☆彡

“美味しいと楽しいを結ぶマーケット”をコンセプトに、日本各地の美味しいもの、楽しいものを集めた
食のテーマパークだそうで、がちまやー(食いしん坊)なマハエにとってはうれしいスポットです(≧▽≦)

オープン当日に訪れましたので、さっそくレポートします!

地下1階には、フードコートと日本各地の食材や特産品が並ぶショップがあります。

沖縄ではおなじみのオリオンビール、たこ焼きやモツ鍋などをいただくことができます♪
秋田県産のりんごやめずらしいお菓子など日本各地からおいしそうなものが集まっていました!

ショップの近くを歩いていると、立派な鎧かぶとが目に飛び込んできました!
本物の甲冑(かっちゅう)と同じ素材でできているそうです!かっこいい!!
こちらの「わんすたいる琉球王国」さんでは、装着体験をしたり記念フォトが撮影できるそうですよ。

浴衣のレンタルもありました。
いつもとは違う装いで市場や国際通りを散策するのも楽しいかも♪

1Fフロアにやってきました!
こちらは“のれん横丁”です♪
ステーキ、串焼き、どんぶり、おにぎりなど日本のグルメのお店が軒を連ねます。

お店のそばを通ると、いい香りが漂い、あれもこれも食べたくなってしまいます(∩´∀`∩)

もずくやアーサ(あおさ)を衣にしたから揚げも!
楽しい食べ歩きができそうです♪

気になっていたソフトクリームのお店を発見☆
思わず写真に撮りたくなる美しいソフトクリームです(*´▽`*)

ひと口いただくと・・濃厚なミルクの風味が口いっぱいに広がります☆☆☆
生クリーム専門店さんだそうで、ソフトクリームの下に隠れていた生クリームもいっぺーまーさん(とてもおいしい)でした♪♪

場所を移して、マーケットゾーンへやってきました!

新鮮なお魚やお肉がずらりと並んでいます!!

焼きたてをいただけるホットスナックや

いちごのスイーツのお店もありました(≧▽≦)

「マグロの解体ショーが始まりました~!」と威勢のいい声が響き、海鮮市場ゾーンへ駆けつけました!大きなマグロで迫力満点!!

職人さんがどんどんさばいていきます!

あざやかな包丁さばきに思わず見とれてしまいました(∩´∀`∩)
この後お刺身を試食をさせていただいたのですが、新鮮でとてもおいしかったです☆☆☆

マグロの解体ショーは、毎日開催されるそうですよ!
(仕入れ状況により中止する場合がありますので、ご注意ください)

お肉のコーナーでは、自分で選んだお肉を鉄板やロースターで焼いていただけるんですよ♪
マハエは、沖縄県産のお肉をチョイス!

シェフがひとつひとつ丁寧に焼き上げてくれます。
お肉が焼けるいい香りに思わず笑顔になってしまいました^ ^

いただきます~!
脂ののったお肉はいっぺーまーさん☆☆☆
焼きたてをいただけるのもうれしいですね♪

他にもさまざまなグルメを食べ歩きし、日本のおいしいものを堪能しました!
どれもおいしかった~☆☆☆

日本語だけでなく、いたるところに英語の表記がされており、また、メニューも中国語の表記があるなど、
外国からいらっしゃったお客様にもお楽しみいただけるスポットだと思いました。

日本はもちろん、世界中のお客様にお越しいただきたいです♪

 

【関連リンク】

ローカルNEWS/国際通りに琉球王国市場がオープン

国際通り

モデルコース/那覇で楽しむ美味しいものとお買い物

 

マハエちゃんプロフィール