沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

沖縄の食材を食べよう

豊かな大地が育んだ栄養たっぷりの沖縄食材を楽しむ!

その土地ならではの食を楽しむのも旅の楽しみの一つ。ミネラル豊富な土壌で育てられた県産の島野菜には、暑い沖縄の夏を乗り切るパワーが秘められています。
沖縄で昔から「ぬちぐすい(命の薬)」として家庭料理で使われてきた島野菜や、南国を思わせるフルーツ、あぐーなどの県産ブランド肉、イラブチャーなどのカラフルな色の魚。沖縄の太陽(ティーダ)の恵みを浴びて育った県産食材を使った料理を味わいましょう。

代表的な島野菜
■ゴーヤー(苦瓜)
苦み成分のモモルデシンが食欲を促進。トマトの5倍と言われるビタミンCは加熱にも強く疲労回復に効果的。カリウムは、塩分を排出し血圧上昇やむくみ解消に効果的。
■ナーベーラー(糸瓜・へちま)、モーウイ(赤瓜、越瓜・エッカ)
カリウムやカルシウムなどのミネラル類やビタミンCが含まれ利尿作用があります。夏バテに効果的。
■シブイ(冬瓜・とうがん)
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が便秘解消に理想的なバランスで含まれています。
■青パパイヤ
パパインのたんぱく質分解酵素は肉類などの食べ過ぎによる胃もたれを防ぎます。たんぱく質以外にも脂質、糖質を含めた3大栄養素の全てを分解する酵素が含まれており、熟したパパイヤの約10倍の量の酵素が含まれています。
その他

▶「おきなわ食材図鑑」

▶「沖縄まるわかり」グルメ

21件ありました!

並び順
アクセス
更新
表示切替
 タイル
 リスト

石垣牛と島野菜。ハレの日に。

国際通りより徒歩9分、美栄橋より2分。 石垣牛をメインに久米島産車海老、あぐー豚、島野菜など県産食材を主に ゆったりとした鉄板前カウンター、個室をご用意してスタッフ一同お待ちしており...

沖縄の食材を食べよう 本島南部(那覇市)

ページをシェアする