沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

沖縄で定番・おすすめの観光スポット

現在の検索条件

349件ありました!

並び順
アクセス
更新
表示切替
 タイル
 リスト

津堅島の村の発展に貢献した祖神が眠る聖地

中の御嶽は、島の西側に広がるトゥマイ浜の中央部にある津堅島の四御嶽のひとつです。この場所には、喜舎場子(きしゃばし)の墓があります。喜舎場子は、沖縄本島から海を越えて津堅島に渡り、人々...

本島中部(うるま市) 本島周辺離島(津堅島)

琉球王国第二尚氏の開祖、尚円王生誕の地

尚円王御庭公園は、平成8年に尚円王生誕580年の記念として尚円王の生誕地屋敷跡に整備された公園です。敷地内には、尚円王が産湯として使った「潮平井」もあるなど、尚円王ゆかりの地として伊是...

本島周辺離島(伊是名島)

見つめる先には、阿嘉島のシロが

映画「マリリンに逢いたい」は、座間味島にいる犬のマリリン会いたさに、犬のシロが阿嘉島から泳いで会いに行ったという実話をもとにしています。マリリンの像は、シロが阿嘉島からやってくるのを待...

慶良間諸島(座間味島)

戦没者は故郷の山や川を思い、残してきた肉親の平安を祈る

沖縄県は、一般県民をまきこんだ悲惨な戦場となり多くの尊い生命、財産及び文化遺産が失われました。戦後、各都道府県出身の戦没者の御霊を祀るため慰霊塔・碑が建立されました。

本島南部(那覇市以外)

国王が往路帰路の安泰を祈願した、石造の平唐破風門

************************************************************************* 【首里城公園の臨時閉園・休場と一部...

本島南部(那覇市)

壷屋焼き・琉球漆器・首里織・紅型・琉球ガラスの展示・実演・販売を行っています

那覇市伝統工芸舘は、那覇の伝統工芸品である、壺屋焼き・琉球漆器・首里織・紅型(びんがた)・琉球ガラスの展示、実演、販売があります。人間国宝の作品をはじめとした伝統工芸品の展示。実演施設...

伝統に触れる 本島南部(那覇市)

平敷屋朝敏がため池を作る際に、掘り出した土を盛って築いた丘。

うるま市勝連平敷屋(うるまし・かつれんへしきや)の南端にある標高約70mの小さな丘陵です。王府時代の和文学者として知られる平敷屋朝敏(へしきや・ちょうびん)は、平敷屋の脇地頭(わきじと...

本島中部

沖縄の伝統的な集落に見られる用水施設を代表する石造井泉。

地元ではウフガーと呼ばれる湧泉で、古くは松の木の樋1本を据えた程度の簡単なものでしたが、1912年に琉球石灰岩で築いた現在の形に改められました。西側の男性用のイキガガーは幅約6.5m、...

本島南部(那覇市以外)

赤い屋根と白い石垣、緑の屋敷林の間を蝶が飛びかう。

竹富島は石垣島の南西海上約6kmにあり、サンゴ礁が発達してできた楕円状の低島です。島のほぼ中央部にある東、西、仲筋(なかすじ)の3集落は、かつての農村集落の景観をよくとどめています。集...

古民家で遊・食・泊 八重山諸島(竹富島)

13世紀から15世紀に渡り歴代の中山王の居城であった浦添グスク。

浦添グスクは王宮が首里城に移される以前の、舜天(しゅんてん)王統、英祖(えいそ)王統、察度(さっと)王統の居城として200年余りに渡り琉球国中山(ちゅうざん)の歴史の舞台となったお城で...

本島中部

大城集落の標高143mの独立丘上に建てられた城跡。

沖縄方言で「ウフグスク」とも呼ばれ、14世紀頃に一帯を支配していた大城按司眞武(うふぐすく.あじ・しんぷ)によって築城されたと伝えられています。大城按司が大里城城主である島添大里按司(...

本島南部(那覇市以外)

沖縄の自然を描いた『アートなやちむんギフト』ブランド。読谷村にある陶芸スタジ...

沖縄を思い出す、【陶器と琉球ガラスの食器】【珊瑚柄の食器】【紅型柄の食器】など製作販売しているオリジナルブランドです。詳しくはWEBサイトをご覧ください。直販のみ

伝統に触れる 本島中部(読谷村・嘉手納町)

八重山諸島 塩作り発祥の地。

 沖縄・八重山諸島の塩づくり発祥の地の海水を100%使用し島人が成分無調整 無添加の石垣島の「石垣の塩」づくりをしております。「石垣の塩」の作り方や手間を惜しまない愛情こもった工房での...

八重山諸島(石垣島)

空気感までリアルな古きよきアメリカンダイナー

赤い三角屋根が目印のアメリカンダイナー。一歩足を踏み入れれば、古きよきアメリカであふれる空間に包まれる。ボリューム満点の料理はもちろん、テイクアウトもできるケーキもおすすめ。

本島中部(北中城村・中城村)

首里で生まれ育った姉妹が生み出す手染めの紅型

首里で姉妹経営しておりますカタチキです。「カタチキ」は紅型(びんがた)の昔の呼称で、型を付けるという意味でカタチキと呼ばれていたそうです。「カタチキ」を工房名にして、生まれ育った首里の...

本島南部(那覇市)

南大東島独自の歴史や文化をここで学ぶ。

南大東島(みなみだいとうじま)の開拓の歴史がひと目でわかる民俗資料館です。館内には、当時の農機具や生活雑器、身の回り品、自然標本などが展示されています。島内で独自に使用されていた珍しい...

本島周辺離島(南大東島)

沖縄県内唯一、独自の「甕」をつくる酒造所。代表銘柄は「忠孝」「夢航海」「よっ...

泡盛にしかない古酒文化に着目し、古酒を育てるための甕(かめ)を自社製造することに成功した唯一の酒造所です。会長自らがろくろを回し、10余年の時をかけ研究と鍛錬を繰り返し作り上げた古酒甕...

本島南部(那覇市以外)

水を汲むために130段近くの階段を上り下りした、貴重な水資源。

サバ沖井戸は1966年に簡易水道が設置されるまでの240年余りの間、井戸のない伊良部島佐良浜(いらぶじま・さらはま)の住民にとって貴重な水資源でした。池間島(いけまじま)から見た地形が...

宮古諸島(宮古島)

てだこ(太陽の子)といわれた英祖王の父祖代々の居城跡。

伊祖城は琉球史に名君としてその名を残す、英祖(えいそ)王の誕生の地として伝えられています。 父親は恵祖(えそ)世主と呼ばれ、伊祖城に居を構えた伊祖按司(あじ:領主的豪族)。 城は切...

本島中部

遭難した冊封使の船団により贈られた菩薩堂。

天后宮は久米島にあり、別名「菩薩(ぼさつ)堂」とも呼ばれ、堂内の仏壇には中国からの天妃像、二神将が配してあったといわれています。この建物は中国からの冊封使(さっぽうし)全魁(ぜんかい)...

久米島(久米島)

ページをシェアする