新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

古見のサキシマスオウノキ群落

こみのさきしますおうのぐんらく

四方に張りめぐらされた板状の根がユニーク。

西表島(いりおもてじま)東部の古見集落のはずれにある、三離御嶽(ミチャーリオン)内の原生林には、胸高直径40cmから100cm 、樹高10mから15mほどのサキシマスオウノキが群生しています。サキシマスオウノキはアオギリ科の常緑高木で、マングローブ林の近くに生えることが多く、板のような根(板根)を作ります。奄美以南に自生しますが、群生するのは珍しく、国の天然記念物に指定されています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2016.02.15

基本情報
  • 住所

    〒907-1432 沖縄県竹富町古見

  • アクセス

    ■西表島大原港から車(一般道)で約20分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする