新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

沖縄の海を安全に楽しんでもらうために

掲載日:
2022.05.02

沖縄の海を安全に楽しんでもらうために

周囲を海に囲まれた沖縄県では、海水浴や釣り、シュノーケルなど、様々なマリンレジャーを楽しむことができますが、一方で毎年のようにマリンレジャー活動中の事故により、死者や行方不明者が出ています。

ゴールデンウィークやこれから到来する夏休みに向けて、沖縄の海を安全に満喫していただくため「海の安全対策の3つの基本」をご確認下さい。

沖縄の海を満喫するための安全対策「3つの基本」

①ライフジャケットの常時着用

体格にあったものを選んで適切な着用を

釣り、磯遊び、水上オートバイなどで海に落ちても、ライフジャケットを着用していれば、海面に浮かんで助けを待つことができます。ライフジャケットは体格にあった物を選び、ベルトやファスナーは確実に締めて、適切に着用しましょう。

②防水パック入りスマートフォン・携帯電話の携行

緊急時の連絡体制確保には防水パックに入れたスマートフォンが最適

マリンレジャーの大半は海浜や沿岸で行われることから、スマートフォン・携帯電話の電波圏内であることが多く、防水パック等にスマートフォン・携帯電話を入れて携行していれば、事故に遭ったり事故を見聞きしたりした際に助けを呼ぶことができます。

③118番の活用

海のもしもは「118番」で覚えましょう!

マリンレジャーの事故に遭ったり事故を見聞きしたりした際は、海上保安庁の緊急通報用電話番号「118」へ電話を! 第11管区海上保安本部につながります。

その他の気を付けてほしいこと

シュノーケル、マスク、フィンなどの取り扱いには慣れが必要です。
足の届く範囲で熟練者やインストラクターに使い方を教えてもらいながら練習しましょう!岸から沖へ向かう潮の流れ「リーフカレント」には十分注意してください!
また、飲酒後や体調不良時のマリンスポーツは事故に繋がり大変危険です。
十分な睡眠と体調管理を徹底して、無理をせずに時には諦める勇気も大切です。

マリンレジャーの際の安全対策をしっかり行い、沖縄の綺麗な海で楽しい思い出を作ってね♪

【危険】離岸流(リーフカレント)の怖さを体験!水難事故を防ぐための大切なポイントを学ぼう【必見】

公式SNSをチェックする