沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

おすすめサーフポイント

南部の「スーサイド」&西海岸「砂辺」を攻める!

沖縄サーフィンが初めての人へ、サーフィンを楽しめる沖縄本島の2大メジャーポイントをご紹介します。
沖縄本島最南端・糸満市の「スーサイド」と、中部西海岸・北谷町の「砂辺」です。スーサイドはオールシーズン、砂辺は北風が吹き付ける冬季がメインです。

スーサイド

言わずと知れた沖縄本島メジャーサーフポイント!

  • メインのメイン。ローカルを中心に上級者ポイントなので、ビジターは右か左のポイントを推奨します

    メインのメイン。ローカルを中心に上級者ポイントなので、ビジターは右か左のポイントを推奨します

  • メインの(向かって)左側。メインとほとんど同質の波で楽しめます

    メインの(向かって)左側。メインとほとんど同質の波で楽しめます

  • メインの(向かって)右側。同様にメインと似た波でサーフィン可

    メインの(向かって)右側。同様にメインと似た波でサーフィン可

東西に長く伸びた海岸線に、数多のピークが点在するため、個々のレベルに合わせて一年中サーフィンを楽しめます。
スウェルは、南西~南~東~北東、幅広いウネリをキャッチ。ウィンドは、オフショア北~北西海の面が整います。北風によってオフショアとなり、南のウネリをキャッチするのが一般的です。総じて水深は浅いため、サイズアップした場合や小潮の時は、急激に掘れあがることも。
県道からけもの道を歩いてすぐ目の前が、「メインポイント」と呼ばれるエリアです。その中央付近はローカル・上級者が集まっているため、ビジターはセンターより数10m離れた「メイン右ポイント」または「メイン左ポイント」でトライすることをオススメします。
海岸全体を通して波の割れる場所は数ヶ所に渡るため、大勢が一つのピークに固まることなく楽しめるでしょう。
なお、リーフは粗く非常に危険です。特に初めての場合はリーフブーツなどの履物は必須です。

砂辺

沖縄サーフィン発祥の地は冬場がメイン!

  • 向かって左側、南側に当たるポイント「ボウル」。波質は、グーフィーやチューブ

    向かって左側、南側に当たるポイント「ボウル」。波質は、グーフィーやチューブ

  • 最もポピュラーなポイント「ハワイアン」。他よりワンサイズ大きく両サイドに走れます

    最もポピュラーなポイント「ハワイアン」。他よりワンサイズ大きく両サイドに走れます

  • 「カリフォルニア」と呼ばれるポイント。レギュラー、ロングライドが特徴です

    「カリフォルニア」と呼ばれるポイント。レギュラー、ロングライドが特徴です

  • およそ1kmの海岸線に数ヶ所のブレイクポイントが存在します

    およそ1kmの海岸線に数ヶ所のブレイクポイントが存在します

スウェルは、南~西~北と幅広いうねりをキャッチします。ウィンドは、オフショア南東~北東~東。
ポイントは南北に広く点在します。南側(向かって左)から「ボウル」「ハワイアン」「カリフォルニア」といった名称で呼ばれ、それぞれ個性的なブレイクが期待できます。他にも北端の「コーナー」までブレイクポイントは数ヶ所点在するので、個々のレベルや混雑具合に合せて、ポイントをチョイスできるでしょう。
なお、うねりが入りサイズアップとなった場合は、エキスパートオンリーのハードブレイクが出現することでも知られています。そんな時は、ファーストリーフ~セカンドリーフと、アウトから徐々に割れてくるリーフブレイクは国内屈指とも言われます。そんな時は、スゴ腕のローカルや、県外・海外のトッププロサーファーが集結。スーパーセッションが繰り広げられることも!
防波堤からのエントリーですが、非常に滑るので注意が必要。もちろんボトムはリーフですので、こちらもリーフブーツなどの着用を推奨します。

サーフィン用語

掲載日:2016.02.26

※掲載内容は、掲載日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

ページをシェアする