新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

  • instagram
  • line

移動しないおきなわ旅移動しないおきなわ旅

移動せず滞在型で楽しむ旅

新しい旅スタイルとして、宿泊施設を拠点に近場を巡る旅をご提案。
レンタカーを使わず、移動⼿段を変えるだけで新たな魅⼒が発⾒できます。
⾃由気ままに、マイペースに、沖縄観光を満喫してください。

北部エリア

愛らしいカフェで
深呼吸を楽しむ

備瀬のフクギ並⽊を散策中、緑あふれる⾃然の中に佇むカフェ『SOYSOY Bise』を発⾒。地釜製法で作られる⽼舗とうふ店の⾖乳とおからを使った看板メニューのマフィンをはじめ、⾖乳パンとグリル野菜のサンドや沖縄県産紅茶、本部町産の果実を使ったドリンクなどこだわりの美味しさを楽しめます。⽊の⾹りが⼼地よい店内でのイートインもできますが、天気が良い⽇はぜひテラス席で。咲き誇る花々や⾶び回る蝶々、のんびり散歩する猫を眺めながら満喫するカフェタイムで、⾝も⼼もほっこり幸せに。みんなに内緒にしたくなるほど素敵な空間です。
<取材協⼒>SOYSOY Bise(ソイソイ・ビセ)/沖縄県国頭郡本部町備瀬505 yonna-bise内/080-7728-9560

五感が研ぎ澄まされる
癒しのひととき

備瀬のフクギ並⽊を海に向かって歩いていくと周りの⾃然と調和したヴィラ『Birth the suite』に到着。1⽇1組限定という空間は、シンプルで余計なものがないのに⾝も⼼も満たされていく⼼地よさを感じます。⾃然光をふんだんに取り⼊れたシックな客室は、何もしない時間を過ごすには最適。沖縄の⾷材をふんだんに使った⾷事はテラスではもちろん、お部屋でゆっくり楽しむこともできます。⽬の前に広がる⻘い海、波の⾳や⿃の鳴き声、頰をなでる海⾵など五感を刺激する備瀬の⾃然に囲まれながら、⾃分の思うままに過ごせる贅沢さを存分に堪能できます。
<取材協⼒>シークレット ヴィラ Birth(バース)/沖縄県国頭郡本部町備瀬484/0980-48-2595

⾃然とのふれあいで
知的好奇⼼を感じる

北部エリアの⼈気観光スポット『海洋博公園』は、「太陽と花と海」をテーマにした施設が広⼤な敷地に点在。『沖縄美ら海⽔族館』が有名ですが、その他の施設も魅⼒にあふれています。プラネタリウムや巨⼤な床地図が⼈気の『海洋⽂化館』、17〜19世紀の沖縄の村落を再現した『おきなわ郷⼟村』、室内外に咲き誇る熱帯性植物が印象的な『熱帯ドリームセンター』など沖縄の歴史や⽂化、鮮やかな⾃然と出会える空間は、1⽇では回りきれないほどの濃密さ。⼦どもも⼤⼈も楽しめるテーマパークとしておさえておきたいスポットです。
<取材協⼒>国営沖縄記念公園(海洋博公園)/沖縄県国頭郡本部町字⽯川424番地/0980-48-2741

中部エリア

ホテル朝⾷で
1⽇の元気をチャージ!

旅先での1⽇の始まりには、美味しい朝⾷が⽋かせません。北⾕町フィッシャリーナ地区にある『ラ・ジェント・ホテル沖縄』のレストランは、ヘルシー&おしゃれなリゾート朝ごはんが楽しめると⼈気。常時40種類ものメニューが揃っており、⾃分で作るタコライスやもずく酢、にんじんシリシリなどの沖縄料理も美味しいと評判です。アメリカ⻄海岸をテーマにしたホテルはホステルも兼ね備え、南国リゾートを満喫できます。海⾵が⼼地よい客室はさまざまなタイプがあり、ファミリーやカップル、おひとり様など、旅のスタイルに合ったホテルステイを叶えてくれます。
<取材協⼒>ラ・ジェント・ホテル 沖縄北⾕/沖縄県中頭郡北⾕町美浜25-3/098-926-0210

旅の思い出に
⾃分だけの⾹りをカスタマイズ

おしゃれなカフェやバル、個性的な雑貨店が迷路のように並ぶサンセットウォーク北⾕の⼩径に店舗を構える、沖縄アロマのお店『ペタルーナ』。店内では天然アロマの⾹⽔作りが体験できます。ひとつずつ⾹りを確かめながら選んだ精油を、沖縄のサトウキビで作られたエタノールに加えて⾃分好みの⾹⽔を作っていきます。精油を選ぶ作業ではなかなか⾹りを決められない⼈も多いそうですが、直感で選んだ⾹りは⾃分の内⾯を表しているとのことでアロマの奥深さも楽しむこともできます。⼿作りの⾹⽔を使う度に、沖縄の思い出がよみがえり⾝も⼼も癒されます。
<取材協⼒>沖縄アロマ ペタルーナ 北⾕サンセット店/沖縄県中頭郡北⾕町美浜9-39 オークファッションビル1F/098-989-9989

美しい景色と
ワンハンドグルメに舌鼓

ショッピングや散策で小腹がすいたら、赤瓦と白いのれんが目印、『ポーたま 北谷アメリカンビレッジ店』へ。沖縄のソウルフード・ポークたまごおにぎりを出来立てで提供する人気店です。北谷店は場所柄、外国人や観光客も多く、店舗限定メニューも豊富。ハンバーガー感覚で楽しめるとテイクアウトでオーダーする方も多いとのこと。ごはんと具材の相性抜群でペロッと完食できちゃいます。青い海と人気ご当地グルメの組合せは最高の一言。サンセットビーチに隣接したテラス席で水平線に沈みゆく夕日を眺めながら、幻想的なシーサイドステイを満喫できます。
<取材協⼒>ポーたま 北⾕アメリカンビレッジ店/沖縄県中頭郡北⾕町美浜9-21/098-921-7328

南部エリア

⾸⾥の街を、観光タクシーで
ストレスフリー観光

琉球王朝時代の雰囲気を楽しめると⼈気の⾸⾥エリアは、坂道が多い上に複雑に道路が⼊り組んでいるのが特徴。レンタカーでは運転しにくい地域でもあるので、ここは安⼼・安全な観光タクシーにお任せ。研修を受けた乗務員がガイドも務めてくれます。⾸⾥城や⽟陵などの世界遺産をはじめ、荘厳な本堂が圧巻な『⾸⾥観⾳堂』、⾵情豊かな『⾦城町の⽯畳』など趣のある城下町を効率的に巡ることができるのが観光タクシーの強みでもあります。利⽤時間や⽬的要望などさまざまなリクエストにも応じてくれるので、ぜひ活⽤してほしいサービスです。
<取材協⼒①>沖東交通グループ/沖縄県中頭郡⻄原町字⼩橋川 90-1/代表0120-21-5005/観光タクシー専⽤ 098-946-5654
<取材協⼒②>⾸⾥観⾳堂/沖縄県那覇市⾸⾥⼭川町3-1/098-884-0565(9:00〜18:00、⼟⽇祝祭⽇、年末年始を除く)

⼼地よい⾵とともに、
サイクリング&ショッピング

最近の⾃転⾞ブームを受けて、旅先でのレンタル⾃転⾞も注⽬の的に。⾃転⾞で訪れたい観光スポットの中でオススメなのが、幅広い年齢層に⼈気の『やちむん通り』です。⽯畳の通りに緑豊かな路地裏、趣のある⼯房や店舗が佇む光景は印象的で、壺屋焼の特徴を⽣かした伝統的なやちむん(焼き物)や、毎⽇の⽣活に取り⼊れたくなるかわいい⾷器に出会えます。気になったらちょっと⽴ち寄れる“ぶらり旅”も⾃転⾞だからできること。最近では電動アシスト⾃転⾞も増えているので「⾃転⾞はちょっと…」という⽅も安⼼して利⽤できます。
<取材協⼒>サイクリングシェアシステム ちゅらチャリ/050-35316108(サポートセンター)

⾄れり尽くせりの
ホテルで快適ステイ

滞在型観光においてホテル選びは妥協したくないところ。ロケーションはもちろん、客室やサービスなども気になります。2020年12⽉開業の『沖縄逸の彩 温泉リゾートホテル』は、ゆいレール牧志駅から徒歩1分という⽴地で、国際通りも徒歩圏内という便利さ。天然温泉や屋外プール、さらにスタッフ発案のおもてなしとしてアイスクリームにドリンク、アルコールの無料サービスや充電器、⼦どもアメニティなど豊富な無料レンタルサービスに加え、客室はパリのデザインアワード⼊賞と話題性も尽きません。旅の疲れを癒してくれる快適ホテルステイが、ここなら叶います。
<取材協⼒>沖縄逸の彩(ひので) 温泉リゾートホテル/沖縄県那覇市牧志3丁⽬18番33号/098-863-8877

特別編/ホテルおこもりプラン

快適空間でリゾート満喫
ワンスポットおこもり旅

ホテルで過ごす“おこもり旅”をご紹介。本島中部北⾕町にある『アクアパレス北⾕ by コルディオプレミアム』は、滞在型の旅にぴったりなホテルです。⼈との接触機会を少なくするようチェックイン・アウトは⾮接触型で、客室までのアプローチもスムーズ。⼤きな窓から太陽の光が差し込む客室には豊富なゲームアイテムやキッチングッズがセットされており、鍋やたこ焼きパーティーも楽しめる充実ぶり。美浜エリアを⼀望できるインフィニティプールや、シックなインテリアが印象的なバー、⾃家製⽇本そばと板前が握る本格寿司が楽しめるレストランなど、ホテル内の施設も快適な滞在を演出します。
<取材協⼒>アクアパレス北⾕ by コルディオプレミアム/沖縄県中頭郡北⾕町伊平260-9/098-979-9669(株式会社アイムホームホテル事業部)
掲載日:
2021.10.30

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする