新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。



沖縄ダイビングDiving

慶良間諸島国立公園

慶良間諸島国立公園

慶良間諸島は、沖縄本島・那覇から西へ約40kmの位置にある島々で、那覇市の泊港からも高速船で35分~とアクセスしやすい人気の地域。大小20ほどの島が浮かび、世界有数の透明度を誇る海を求めて、国内外から毎年多くの観光客が訪れます。
そんな世界屈指の美しさを持つ慶良間諸島が、2014年3月5日、日本国内では27年ぶりに31番目の国立公園に指定されました。ここでは、その慶良間諸島でのダイビングの魅力を解明していきます。

慶良間のここがすごい!

1、 世界屈指の透明度!

慶良間の海を訪れてまず驚くのが、水面から海底が見えるほどの透明度。
海中でも数十m先まで見渡せるだけでなく、海中にいながらにして海の青さを感じられるという体験は、他では得られない世界レベルのものです。

2、 アクセスが便利!

那覇市の泊港から高速船やフェリーで約35分~1時間の距離にあります。
沖縄本島から日帰りのダイビングツアーも多数ありますが、慶良間諸島内からアクセスしないと潜れないダイビングポイントもあるので、ぜひこの機会に訪れてみましょう。

3、 サンゴが豊富!

阿嘉島にある阿嘉島臨海研究所が慶良間海域で確認したサンゴの種は14科59属248種です。
日本国内では約400種類が確認されているという事から、その約6割以上がここ、慶良間の海に生息していることになります。

4、 初心者でも安心!

色とりどりの美しいサンゴは、慶良間なら浅瀬でも見ることができます。
体験ダイビングはもちろん、ビーチでのシュノーケリングであっても十分楽しめるので、小さな子どもでもその大自然を存分に満喫できます。

5、 ウミガメの産卵地である!

慶良間諸島に属する座間味島は、ウミガメの産卵地として知られています。
沖縄にはアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイの3種類のカメが生息していますが、4月~9月にはそのすべてが座間味を訪れ、産卵することがわかっています。

慶良間の見どころ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ザトウクジラ              
        キンメモドキ        
        スカシテンジクダイ    
      クマノミ・ハナダイの産卵            
コブシメの産卵 マンタ(座間味島・阿嘉島・慶留間島)    

慶良間のダイビングスポット

慶良間のダイビングスポット

那覇の西約40kmに位置する慶良間諸島。ダイビングエリアとしては歴史が古く、100ヶ所以上のスポットがあります。
ダイビングスタイルはほぼ100%ボートダイビングです。移動時間は5~30分程度のため、基本1ダイブごとに港へ戻ります。

慶良間エリア

本ぺージで使用しているアイコンの説明

ENTRY
… エントリースタイル(ビーチorボート)
DEPTH
… 水深
CURRENT
… 流れ
LEVEL
… レベル(初級・中級・上級)
LICENCE
… 必要なライセンス
  • 男岩(座間味島)

    男岩
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 25m
    • CURRENT ときに強い
    • LEVEL 上級
    • LICENCE アドバンス

    海面にそびえたつ男岩(ウガン)の周囲は流れがあり、ドロップオフなどダイナミックな地形と濃い魚影が特徴です。
    ダイビングスタイルは基本的にドリフトダイビング。潮の流れが強くなることもあるので、上級者向けです。

  • ニタ洞窟(座間味島)

    ニタ洞窟
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 15m
    • CURRENT ときにあり
    • LEVEL 中級以上
    • LICENCE アドバンス

    幻想的な洞窟があり地形派ダイバーにおすすめです。洞窟は海中から入り、陸上へと口が開くという大きな迷路のような構造になっています。洞窟内ではリュウキュウハタンポや赤色で目玉が大きいアカマツカサの群れに出会えます。

  • イジャカジャ(伊釈加釈島)

    イジャカジャ
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 30m
    • CURRENT ときにあり
    • LEVEL 初級
    • LICENCE -

    マンタのクリーニングポイントがいくつかあり、ホバリングしながらクリーニングしている様子を見ることができます。マンタを目撃したいなら5月から10月にかけての中潮?大潮が狙い目です。ウミガメにも高確率で会うことができます。

  • 儀名(阿嘉島)

    儀名
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 25m
    • CURRENT ほとんどない
    • LEVEL 初級
    • LICENCE -

    砂地やサンゴもあり、魚影が濃いポイントです。アオウミガメやタイマイとの遭遇率が高くカメポイントとしても知られます。ダイビング中、寝ていたり食事をしているカメに出会ったら、驚かさないよう静かに観察しましょう。

  • ニシバマ(阿嘉島)

    ニシバマ
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 26m
    • CURRENT ときに強い
    • LEVEL 初級
    • LICENCE -

    慶良間を代表するスポット。沖縄の方言で「北」をニシと読むことからこう呼ばれます。真っ白な砂地にサンゴの根が点在しており、根にはデバスズメダイやケラマハナダイなどが見られます。サンゴ保全のため、潜水制限をしています。

  • 安室魚礁(安室島)

    安室魚礁
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 17m
    • CURRENT ほとんどない
    • LEVEL 初級
    • LICENCE -

    人工漁礁の周辺にはユビエダハマサンゴが一面に広がっており、このポイントならではの光景が楽しめます。
    魚の種類も豊富でフィッシュウォッチングにおすすめです。海底に広がるサンゴを傷つけないよう、中性浮力をしっかりキープしましょう。

  • 海人(渡嘉敷島)

    海人
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 25m
    • CURRENT ときに強い
    • LEVEL 初級
    • LICENCE -

    渡嘉敷島のとかしくビーチ沖にあるスポット。海底に漁礁が多数沈められており、見られる生き物の種類や数が豊富です。透明度が高く、海底の砂が真っ白なこともあり水中でも明るいです。アカククリやトウアカクマノミなどが見られます。

  • 灯台下(渡嘉敷島)

    灯台下
    • ENTRY ボート
    • DEPTH 20m
    • CURRENT ときに強い
    • LEVEL 初級
    • LICENCE -

    阿波連崎灯台の下にあるポイントです。クレバスやケーブなど変化に富んだ地形を楽しめます。岩の裂け目から差し込んだ太陽の光が差し込む光景は、神秘的なブルーの世界。潮の流れもあまり無いので初心者でも安心して潜れます。

コラム

ホエールウォッチング

※座間味村ホエールウォッチング協会提供

ホエールウォッチング(慶良間諸島周辺)

実はクジラの繁殖地でもある慶良間諸島。繁殖地域であるというのが国立公園の認定理由として挙げられていることから、ここが非常に貴重な場所であることが分かります。
回遊するザトウクジラが求愛、出産、子育てのために慶良間へやってくるのは、例年12月から3月にかけての冬の季節です。この時期は、船上からホエールウォッチングを楽しむことができます。沖縄本島から慶良間への日帰りダイビングツアーの行き帰りの船の上からクジラを眺められることも…。

掲載日:
2018.06.26

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ