沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

汀良町十五夜獅子舞

てらちょう じゅうごや ししまい

汀良町の獅子は俗に首里の獅子と言われ、口伝によりますと500年以上続く県下最古の獅子舞で那覇市の無形民族文化財に指定されています。村の守護神として悪鬼の横行すると言われる中秋の名月旧八月十五夜の晩に町内にある村の御嶽で五穀豊穣、村民の親睦繁栄を願って催されておりましたが、現在は十五夜前後の晩に家内安全、商売繁盛を祈願し演じられております。他の獅子がユーモラスな舞いであるのに対し、「シーシヌティ」と呼ばれる空手の型を基本とした激しく荒々しい動きと仁王立ちとなり魔物を睨み付ける等凄みのある勇猛な舞いが汀良町の獅子の特徴です。
[エリア]
本島南部 那覇市
[カテゴリ]
イベント 伝統行事
  • 最終更新日:2019.09.18 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
開催日時 2019年9月14日(土) 19:00~21:00
開催場所 汀良町自治ふれあい館(汀良町公民館)
住所 沖縄県那覇市首里汀良町1-42
SNSなど
  • Facebook
問い合わせ 汀良町獅子舞保存会
メニュー・料金 入場無料
駐車場備考 駐車場なし
備考 問い合わせ等はFacebookにてお問い合わせください。

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

ページをシェアする