おきなわギフト旅

GWの大型連休あけから6月は、沖縄行きの航空券やツアー料金が比較的リーズナブル。沖縄では梅雨の時期ですが、一日中ずっと雨が降っていることは少なく、晴れ間も多かったりするので実はねらい目の時期。気温も30℃台になる真夏に比べると、24~26℃前後なので、シニア世代や小さな子供、暑さが少し苦手な方との夏の先取り旅にはおすすめです。

5月や6月は、ちょうど母の日や父の日の時期とも重なるので、そのプレゼントとして感謝を伝える旅を贈ったり、企画するのはいかがでしょうか。こちらでは、晴れの日はもちろん、雨が降っても楽しめる室内での体験メニューやこの時期ならではの楽しみ方を中心に紹介します。

父や母、子供での2世代旅や孫も一緒の3世代旅など、家族構成やシチュエーションに合わせて、様々な組み合わせの旅をご計画下さい。雨の日は、うちな~タイムに合わせてゆったり、じっくりと沖縄を満喫しましょう。

よへなあじさい園

丹精込めて三世代が育てた

40種類のあじさいと亜熱帯の植物に癒されよう

よへなあじさい園

最初は、饒平名(よへな)ウトさんがあじさいを一株ずつ育てるところから始まったあじさい園。ウトさん亡き後も想いを受け継いだ息子さんやお孫さんが協力して、40種類以上のあじさいと亜熱帯の植物たちが咲き誇る名所を守っています。「今年もよへなあじさい園が満開」というニュースは沖縄の季節の風物詩。100歳まで長生きした沖縄の元気なおばーが丹精込めて育てたあじさいをひと目見ようと、毎年多くの人々が訪れます。その人気は、バスツアーになるほど。お花が大好きなお母さんに、園内をゆったり散策しながら過ごす癒しの時間をプレゼントしてみてはいかが?あじさいと亜熱帯の植物との共演が楽しめるのはここならではです。

  • よへなあじさい園1
  • よへなあじさい園2
  • よへなあじさい園3

なごアグリパーク

ハーバリウムを作って

沖縄の草花を持ち帰ろう

なごアグリパーク / スーパーファーム

沖縄の植物を五感で楽しめる「なごアグリパーク」内のスーパーファームでは、施設などで育てられた南国の草花でハーバリウムを制作できます。材料となるドライフラワーの種類は30以上。ブーゲンビリアやハイビスカス、タンカンなどの沖縄らしいものが揃い、どれでも使い放題。容器は3種類から好みのものをチョイスできます。ハーバリウムのほかにも、ボタニカルキャンドルやフラワーアクセサリーの手作り体験が可能。娘からは母の日のプレゼントの一つとして、母からは母の日の旅のプレゼントのお礼の気持ちを込めて、お互いに贈り合うのはいかがでしょうか?
同施設内にある「美ら島キッチン」では、沖縄の島野菜やハーブ、やんばるあぐーを使ったしゃぶしゃぶやバイキングを楽しめるので、ヘルシー志向な親子にもおすすめです。

  • なごアグリパーク / スーパーファーム2
  • なごアグリパーク / スーパーファーム1
  • なごアグリパーク / スーパーファーム3

琉球爪染家

母娘でおそろいの

紅型ネイルを楽しむ

琉球爪染家

北谷町の58号線沿いにある琉球爪染家は、沖縄の伝統的な染色の一種である紅型デザインをいち早く取り入れたお店。古典柄から南国らしいカラフルな色使いの現代風アレンジまで、紅型のバリエーションは豊富です。SNSで発信しているデザインを目当てに訪れる観光客も多いとか。ハンドケアは1800円~とリーズナブルで、空きがあれば当日予約も可能という気安さも人気の理由。ハーバリウムもできて、旅の記念にと母娘で参加する人が増えています。

  • 琉球爪染家1
  • 琉球爪染家2
  • 琉球爪染家3

温泉好きのお母さんにおすすめ!

温泉好きのお母さんには温泉のあるホテルでの宿泊もおすすめ。雨の日は、エステやサウナ、屋内での体験メニューなどでゆっくりと過ごし、晴れた日はホテルのビーチでマリンアクティビティーを満喫するなどフレキシブルな計画ができます。

シギラ黄金温泉
天然源泉を使ったジャングルプールには、洞窟湯もあるので雨が降ったら滝を眺めながら一休み。リラクゼーションメニューも豊富です。
ジュラ紀温泉 美ら海の湯
半露天風呂で雨の日でも海を眺めながらゆったりできます。海の向こうには、伊江島を望むことができ、サウナも利用できます。