2月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

グルメ

沖縄の自然が生み出した健康食材で長寿を目指す

沖縄では医食同源の考えのもと、昔から家庭では身体の調子に合わせて食材を組み合わせ、食事で健康を守ってきました。ニガナの他、フーチバー(ヨモギ)やサクナ(長命草)といったいわゆる薬草類はその最たるもの。また、豊かな水産資源は沖縄の誇りです。

2月の旬の食材SEASONAL FOODSTUFF

ニガナ
ニガナ
元々は海岸沿いの岩場や砂地に自生していたキク科の植物ですが、現在流通しているものは畑で栽培されたもの。その名の通り、苦味が強くアクがあります。ビタミンA、C、カルシウム、カリウムが豊富で、昔から日々の食事はもちろん、フナの煎じ汁(ターイユジンジ)やイカスミ汁にも入れられ産後の体力回復などのための滋養食として食べられてきた健康食材です。
たんかん
たんかん
沖縄の冬を代表する果物で、1月~2月中旬ごろに収穫のピークを迎えます。みかんより皮が厚めで剥き辛いですが、甘みが強く酸味が少なめで、みずみずしくジューシーな果肉が特徴的。寒暖の差がある方が美味しくできることから、本部町や大宜味村、国頭村など沖縄でも北部での生産が盛ん。ポンカンとネーブルオレンジの自然交配種で、ビタミンCは温州ミカンの約2倍と言われています。
キハダマグロ
キハダマグロ
方言名は「しび」もしくは「ちんばにー」。マグロ類の中では中型に属する種類で、体長は1~2メートル、体重は70~100キロほどで第二背びれや尻びれなどが黄色いのが特徴です。脂の少ない肉質のため関東ではあまり好まれませんが、県内ではかなりポピュラーな存在です。一本釣りやトローリング、延縄漁、巻き網漁などで漁獲します。

2月の旬のグルメGOURMET

がらまんじゃく

がらまんじゃく
沖縄から伝えたい、"命を育む食事"のこと

食があふれる今、私たちは何のために食べるのか。
沖縄の原種野菜や薬草、野草を使って、沖縄の長寿がかつて食していた食事を現代にお届けします。
がらまんじゃくでしか味わえない、琉球薬膳料理をお楽しみ下さい。

施設名:
がらまんじゃく
住所:
沖縄県国頭郡金武町金武10507-4
TEL:
098-968-8846
詳しくはこちら

SOYSOY CAFE

  • SOYSOY CAFE
  • SOYSOY CAFE
豆乳やおから、沖縄の旬の素材を使った保存料無添加のマフィン

伝統的な地釜製法で作られる豆乳やおからを使ったマフィンをはじめとした、やさしい味わいのお菓子が楽しめるカフェ。積極的に地元や沖縄の素材を使うこだわりは、実家がお豆腐屋さんというオーナーの豆腐や家族への思いが込められています。その日一番の材料で作るマフィンは取置き予約が入るほど人気で、表面はおからのサクサク感、中は豆乳のしっとり感を堪能できます。ランチブッフェもあり、ふわふわゆし豆腐(沖縄風寄せ豆腐)は地元の方にも人気。オリジナルグッズが並ぶ雑貨コーナーやオムツ交換スペースもあるので、ドライブの休憩スポットにもおすすめです。
※たんかんのマフィンは、1月下旬~4月頃までの季節限定商品です。

施設名:
SOYSOY CAFE
住所:
沖縄県国頭郡本部町谷茶10番地
TEL:
0980-43-6003
詳しくはこちら

泊いゆまち

泊いゆまち
美ら海まぐろをはじめ、その日水揚げされた新鮮な魚介類をどうぞ!

泊漁港内に設けられた、20件以上の鮮魚店が軒を並べる直売所です。
実は全国3位の水揚げ量を誇る沖縄のまぐろ。
季節によって変わる旬の美ら海まぐろはもちろん、沖縄ならではのカラフルな魚や朝水揚げされた新鮮な魚介類が並びます。
立ち食いできるスポットや手作りお総菜も!
売り切りごめんで閉店する店舗もございますので、朝早くからのご来店がおすすめです。

施設名:
泊いゆまち
住所:
沖縄県那覇市港町1丁目1番地18
TEL:
098-868-1096
詳しくはこちら
2月のおすすめ体験へ