新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

渡嘉敷島 Tokashikijima

ケラマブルーと緑を満喫する慶良間諸島最大の島

沖縄本島からフェリーで約70分、世界中の人々を魅了するケラマブルーと豊かな緑が広がる渡嘉敷島に到着します。
渡嘉敷島は、起伏に富んだ地形となっており、山林が発達しているため、マリンレジャーはもちろん、トレッキングやネイチャーウォーキングも楽しむことができます。
国立公園に指定された慶良間諸島の中で、エコツーリズムへの取り組みが評価され、世界水準のナショナルパークに育てる場所として選ばれ、現在もサンゴの保護をはじめとした自然保護の活動に取り組んでいます。

ここに注目!

どこまでも広がるケラマブルーを遊びつくす

慶良間諸島の海は、世界的に見ても透明度が高く、その美しさからケラマブルーと称されています。色とりどりのサンゴや魚たち、そしてウミガメなど、様々な海の生物も暮らしており、長年、世界中のダイバーを魅了してきました。
もちろん、ダイビングだけではありません。渡嘉敷島を代表する阿波連(あはれん)ビーチ、ウミガメが生息する渡嘉志久(とかしく)ビーチは、言葉を失うほどの美しさです。これらのビーチでは、シュノーケリング、SUP、シーカヤック、ジェットスキーなどのマリンレジャーも楽しむことができます。

詳しくはこちら

国立公園の中にある体験型研修施設

1972年、沖縄の本土復帰を記念して設立されたのが、国立沖縄青少年交流の家です。「渡嘉敷島での体験活動を通して学び合い、豊かな感性をはぐくみ、青少年の社会性を養う」を教育目標に、青少年に関する様々な教育事業の実施や研修活動の支援を行っています。
学生や企業はもちろん、プロのスポーツ選手が利用することもあります。スポーツや平和学習、海洋研修に関する様々なプログラムがあり、敷地内には宿泊施設や宿泊者用レストランが完備されています。
目的をもって活動計画を立てて申し込めば、誰でも利用することが可能です。

詳しくはこちら

緑あふれる山々や集落を散策。

慶良間諸島と言えば美しい海やマリンレジャーを思い浮かべる人が多いでしょう。
加えて、渡嘉敷島は中央部から北側にかけて200mを超す山々が連なる、緑豊かな島でもあります。この緑によって水が豊富で、古くから稲作が行われてきました。島を散策していると、季節の花にも出会えます。
たとえば春はテッポウユリ、冬は寒緋桜やケラマツツジ。そして一年中花をつけるブーゲンビレアや青々としたクバ(ビロウ)も生き生きと育っています。集落を歩くと、フクギが作り出してくれる日陰にホッとするはずです。
渡嘉敷島は海だけではなく、山の自然も感じられる島なのです。

渡嘉敷村役場 商工観光課

住  所:沖縄県渡嘉敷村字渡嘉敷183
電話番号:098-987-2333

観光協会のページを見る

掲載日:
2018.02.06

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

公式SNSをチェックする