ここに注目!

自然豊かな暮らしが息づく小さな離島

慶良間諸島の阿嘉島と橋でつながる慶留間島は、座間味村の中でもっとも小さな有人離島です。琉球王朝時代には、中国と那覇を行き来する船の中継地でした。島の周囲には岩礁が多く、優秀な船乗りが必要だったため、他の慶良間諸島の島と同様に船頭の村として栄えました。阿嘉大橋を渡って海岸沿いをひたすら進んでいくと集落があります。フクギが並ぶ静かな集落や畑の中を歩くと、ゆったりと時間が流れ、どこか懐かしさを感じます。また、島には手つかずの自然が残っており、天然記念物であるケラマジカの保護区にも指定されています。

ここに注目!

琉球王朝時代の慶留間島を感じられる「高良家住宅」
琉球王朝時代、中国と那覇を結ぶ際の中継地点として栄えた慶良間諸島の島々。優秀な船頭が集まる島として発展した慶留間島の集落で、船頭職を務めた仲村渠親雲上によって建築されたと言われるのが「高良家住宅」です。独特の石積みの石垣やヒンプンなど、格式の高い琉球建築様式の古民家で、国の重要文化財にも指定されています。先の大戦の砲火に晒されながらも原型を留めた貴重な文化財で、当時の砲弾の跡が今も残っています。
ケラマジカが生息する島
国の天然記念物に指定されているケラマジカは、琉球王朝時代、薩摩(鹿児島県)から鹿を持ち帰って慶良間に放ったのがその始まりとされています。その後、野生化して定着し、島に適応して貴重な固有種となりました。大きな瞳、白いハート型のお尻の模様など、その可愛らしさにも注目です。
沈んでいく夕日が織りなす絶景を独り占め
慶留間島と外地島を結ぶ慶留間橋は夕日の絶景スポットです。季節によって日が落ちて行く方角は変わりますが、どの季節も大変美しい夕日を眺めることができます。橋の上は、夕方になると人通りは少なく、沈んでいく夕日を独り占めできるかもしれません。他にも島を散策して、自分だけのベスト夕日スポットを探してみるのもおすすめです。

座間味村観光協会

住  所: 沖縄県島尻郡座間味村字座間味95番地2階
電話番号: 098-987-2277