ここに注目!

沖縄最東端。遥か東のうふあがり島

沖縄本島のはるか東、約360kmの太平洋上に位置する北大東島は、沖縄で最も早く朝日が昇る島です。古くから「うふあがり(大東)島」と呼ばれ、はるか東にある島として琉球の人々の間で知られていましたが、明治に入り開拓が始まるまでは無人島でした。島に初めて移り住んだのは八丈島からの移民であったため、沖縄と八丈島の文化が混ざり合った独特の文化が継承されています。

ここに注目!

沖縄最東端の島から見る朝の訪れ
沖縄県で最も東に位置する北大東島には「沖縄最東端の碑」が設置されていて、この場所からは沖縄で一番早く昇る朝日を見ることができます。水平線上には一切の島影がなく、まさにここが沖縄の最東端であるということが実感できます。朝方、まだ暗いうちにこの場所を訪れると夜の闇を二つに分ける水平線がその姿をみせ、空だけがだんだんと明るくなっていく「朝の訪れ」を、大迫力のパノラマで見ることができます。
スリル満点のクレーン散歩
周囲を絶壁に囲まれた北大東島は、船を接岸できる港がありません。そのため、荷物の積み下ろしはクレーンによって行われます。同じように、人が島へ上陸する際や船に乗船する際も、クレーンによって乗下船します。定員12名の小さなゴンドラが、海面から十数メートルの高さまで釣り上げられ、船の利用者は風に煽られて揺れるスリル満点のクレーンでの空中散歩を楽しむことができます。
深く美しい海に囲まれた島
大東諸島は、およそ4800万年前に現在のニューギニア諸島付近で火山島として誕生したと言われています。北大東島は、その後の幾度にもわたる珊瑚礁の隆起によって海面上に姿を現した海洋島の一つで、周囲はその際に持ち上げられた礁環の壁に囲まれ、一切の砂浜がない絶海の島となっています。島の周囲は深い海になっているため、吸い込まれそうなほど。どこまでも青く美しい海の色は必見です。

北大東村役場

住  所: 沖縄県島尻郡北大東村字中野218
電話番号: 0980-23-4033