ここに注目!

あたたかな原風景が残る沖縄最北端の島

本島北部の運天港からフェリーでおよそ80分。沖縄有数の透明度を誇る海と、夜空の美しさが魅力の伊平屋島。その美しさは日本でいちばん最初に認定された公式のナイトマラソン「伊平屋ムーンライトマラソン」が開催されるほど。島には手付かずの自然だけでなく、島で受け継がれてきた「いへやじゅーてー」(おもてなしの心のこと)に代表される、今も昔も変わらない人々のあたたかな営みが「沖縄の原風景」として残っています。近海で獲れる新鮮な魚介類や、年に二回収穫されるお米など、美味しい島グルメも魅力です。

ここに注目!

瑠璃色の海の恵み。自然あふれる伊平屋島の海の風景
展望台から見ても浜に下りて見ても、青のグラデーションが美しい伊平屋の海。砂浜にはサンゴのかけらや貝殻がたくさんあります。石灰分が固まってできた特殊な岩石・ビーチロックをはじめ、海岸線を彩る大小さまざまな岩石は、見ていて飽きることがありません。さらに、海から吹き上げられた砂が山の斜面に堆積している「吹き上げ砂丘」や、海の砂が沿岸流によって運ばれて堆積した「砂嘴(さし)」など、珍しい地形も見ることができます。
朝日も夕日も堪能できる贅沢なビーチ
伊平屋島の南、野甫島に渡る手前にあるのが米崎ビーチです。足が埋まってしまうくらい柔らかく真っ白な砂浜が続いています。遠浅の海はエメラルドグリーンの輝きを放ち、思わず見惚れてしまう美しさ。島の南端に細く伸びた岬のビーチの両側には、朝日も夕日も見ることができます。静かな浜が太陽の色に染まっていく様子も、すぐそばにあるキャンプ場に泊まって満喫できます。
天岩戸伝説が残る聖地
伊平屋島のクマヤ洞窟は、全国に多数ある天岩戸伝説の最南端の地と言われています。江戸時代の国学者である藤井貞幹が唱えたとされ、現在も研究者が訪れています。
島の北側にあり、石灰質ではなく珪岩(チャート)の地層にできた洞窟で、沖縄県の天然記念物にも指定されています。人ひとりがやっと通れる岩の隙間が入口で、そこを抜けると驚くほど広い空間が広がっています。洞窟の奥は拝所になっていて、外の世界と切り離されたような神秘的な雰囲気が漂っています。
 

伊平屋島観光協会

住  所: 沖縄県島尻郡伊平屋村字我喜屋217-17
電話番号: 0980-46-2526