ここに注目!

火山活動の痕跡が残る、ダイナミックな自然の島

粟国島は沖縄本島から北西およそ60kmに位置しています。西側の海岸線は高い断崖になっていますが、東部に向かってなだらかに低くなっており、東側の海岸線は発達した珊瑚のリーフに囲まれた砂浜が広がる複雑な地形の島となっています。粟国島は、数百万年前の火山活動による堆積物がベースとなってできた島のため、沖縄県内によく見られる珊瑚礁が発達してできた島とは一風違った、独特な景観を随所に見ることができます。集落には沖縄の原風景ともいうべきフクギの防風林や、石垣に囲まれた赤瓦の民家が残り、古き良き沖縄の雰囲気を感じさせる特別な時間が流れています。

ここに注目!

火山活動の痕跡が残る島
粟国島の島内では、随所に火山活動によって形成された痕跡を見ることができます。島の南部にある「ヤマトゥガー」や「ヤヒジャ海岸」では、黒や赤、茶色や白といったむき出しの地層を見ることができます。溶岩が冷えて固まった玄武岩や安山岩、火山灰が堆積してできた凝灰岩など、かつて火山活動が活発であったことを思わせる岩石が、長い年月をかけて侵食され作り上げられた景観からは、ダイナミックな地球の息吹を感じます。
野鳥の楽園と満点の星空
粟国島でこれまでに観測された野鳥は約220種類。そのうち、島内のみを生息地とする鳥は約20種程度のため、その多くは渡り鳥。粟国島は、池や森、砂浜や断崖といった鳥たちの生活地として最適な自然環境が豊富な「野鳥の楽園」といえます。また、人工の灯りが少ない自然豊かな島だからこそ味わえる、満点の星が輝く夜空も魅力。粟国村観光協会には移動式の大きな天体望遠鏡があり、星空ツアーも行っています。
旧暦の行事「マースヤー」
粟国島には旧暦の大晦日の夕方から元旦にかけて行われる「マースヤー(塩売り)」と呼ばれる伝統行事が残っています。各家庭に塩を配りながら練り歩き、地域ごとに継承された様々な型の踊りや歌で無病息災と豊穣を祈ります。成り立ちは諸説あるようですが、お正月には大量の塩が必要となるため、それを売り歩く風習が、いつしか島の芸能と合わさって継承されてきたと言われています。

一般社団法人 粟国村観光協会

住  所: 沖縄県島尻郡粟国村字東1142
電話番号: 098-896-5151