沖縄の観光スポット・サービス

10件ありました

中国、日本、琉球のスタイルを取り入れた廻遊式庭園

首里城の南約2kmの台地上にある琉球王家の別邸で、南苑ともいわれます。1799年ごろの創建で、中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の歓待にも使われました。庭園は「心」の字をくずした...

古民家で遊・食・泊 本島南部(那覇市)

清らかな気持ちになれる、沖縄随一の聖域

知念(ちねん)半島の台地上にある沖縄随一の聖域です。琉球開びゃく神話の神「アマミキヨ」によってつくられたと伝えられています。琉球の最高神女、聞得大君(きこえおおぎみ)の就任の儀礼である...

自然に癒される 本島南部(那覇市以外)

首里城跡など世界遺産に指定された歴史的文化財

首里城(しゅりじょう)公園は、首里城正殿を中心とした有料区域と無料区域の城内、守礼門(しゅれいもん)や園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、円覚寺(えんかくじ)跡、弁財天堂(べ...

本島南部(那覇市)

石彫り獅子に守られた、第二尚氏王統歴代の陵墓

第二尚氏王統歴代の陵墓で、1501年頃、三代目の王、尚真(しょう・しん)が創建したと伝えられています。周囲は石垣で囲まれ、墓室は東西に連なる自然の崖壁に穴をあけ、連続した3つの室が造ら...

本島南部(那覇市)

丘を取り囲むように城壁を巡らした、沖縄の築城史の完成期を飾る城

中城湾に面した高台にある、6つの郭から成る連郭式の山城です。1440年護佐丸(ごさまる)が座喜味城主(ざきみじょうしゅ)から中城城(なかぐすくじょう)に移り住み、周辺の城壁を増築したと...

本島中部

名築城家・護佐丸が、西海岸を見渡せる丘上に築いた城

西海岸を見渡せる標高125mの丘の上に築かれています。築城年代は15世紀前半で、座喜味の北東4kmに位置する山田城の城主・護佐丸(ごさまる)が北山監守の時、山田城を取り壊してその石材を...

本島中部

国王が往路帰路の安泰を祈願した、石造の平唐破風門

園比屋武御嶽は琉球王国時代の国王の拝所で、守礼門の後方左側の道端にある石門とハンタン山一帯をいいます。国王は城外に出かける時、往路帰路の安泰をこの石門で祈願しました。また、王府の行事で...

本島南部(那覇市)

標高90~100mの丘の上に築かれた、琉球統一以前の北山王の主城。

琉球が、北山(ほくざん)、中山(ちゅうざん)、南山(なんざん)の3つの地域に分かれて勢力争いをしていた三山時代(さんざんじだい)の北山王の主城で、北山城とも呼ばれています。北山王は沖縄...

本島北部

ガイドとめぐる~神秘のパワースポット巡り~

自然崇拝が信仰の中心になっている沖縄では、神社などの社ではなく、自然の中に祈りの場や神秘を見出し、風水思想も強い地。その中でも特にパワーが強いと言われている斎場御嶽(せーふぁうたき)と...

本島南部

世界遺産 勝連城跡

勝連城は、琉球王国が安定していく過程で、国王に最期まで抵抗した有力按司(あじ)阿麻和利が住んでいた城として有名です。城は、沖縄本島の中部勝連半島の根元に位置する丘陵上に築かれています。...

本島中部