野原岳の霊石

のばるおかのれいせき

城の守護神として、安泰を祈願した霊石信仰の遺跡。

野原岳の霊石は、宮古島の大嶽(おおたけ)城城主、大嶽按司(あじ:領主的豪族)が城の守護神として祀ったものだといわれています。直径110cm、高さ135cmの円柱形をしており、石灰岩が丹念に加工されています。宮古古代の霊石信仰の遺跡として、また、当時の石工技術の貴重な資料として沖縄県の史跡文化財に指定されています。このような霊石信仰は、形状は異なるものの、今帰仁城跡(なきじんじょうあと)や勝連城跡(かつれんじょうあと)の城内などでも見ることができます。

最終更新日:2016.02.15

住所 〒906-0201 沖縄県宮古島市上野字野原鏡原
アクセス ■宮古空港から車(一般道)で約3分

■平良港から車(一般道)で約35分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。