金武大川

きんうっかがー

賛助会員

1日1,000tが湧水する県下有数の湧泉はどんな干ばつでも枯れることのない長寿の泉。

金武大川は、1992年に金武町の文化財に指定された並里地区の共同井泉です。琉球石灰岩を基盤とした井泉から湧く水は、長寿の泉と呼ばれるほど水質がよく、並里地区の人々の飲料水や農業用水としても使われてきました。水量が豊富で1日に1,000tもの水が流れ落ちる大川は、水汲みや家事の場として、そして暑い夏には涼を求める人が集まる憩いの場として親しまれてきました。現在は用途別に泉口を設けるなど整備されています。

最終更新日:2016.02.15

住所 〒904-1201 沖縄県金武町金武640
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約60分

■沖縄自動車道 : 金武ICから車(一般道)で約10分

■路線バス : 金武入口バス停から徒歩で約
停車バス : 77番名護東線(沖)/21番名護東線(琉)

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。