那覇市立壺屋焼物博物館

なはしりつつぼややきものはくぶつかん

賛助会員

壺屋焼と沖縄の焼物、そしてこれからの壺屋の未来が伺える博物館

沖縄のやちむん(沖縄の方言で焼物の意)の中心的窯場である壺屋は、現在は市街地になっていますが、戦前は閑静な農村風景の中にありました。戦災をあまり受けなかったため、伝統的な石垣に囲まれた昔ながらの路地と文化財が残されており、点在する陶器工房や販売店とともに情緒あふれる町並みを形作っています。その町並みの一角にある当館では、壺屋焼をはじめとする沖縄の焼物文化を、焼物やパネルなどでわかりやすく紹介しています。

常設展示室1階では、壺屋焼の歴史、暮らしの中での使われ方を解説しています。常設展示室2階では、壺屋焼の特徴的な作品や、製作工程をご案内しています。常設展示室内の映像シアターでは、昔の壺屋の暮らしぶりの他、壺屋焼の技法や製作工程、伝統を受け継ぐ陶工の思いを、映像を通して知ることができます。また、人間国宝である金城次郎をはじめとした陶工たちが、技術を継承し発展させてきました。彼らが遺した名品も展示しております。

最終更新日:2016.02.17

住所 〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋1-9-32
電話番号 098-862-3761
FAX番号 098-862-3762
ウェブサイト 公式サイトはこちら
営業時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)
休業日 月曜日休館(ただし、祝日にあたる場合は開館)、資料整理期間、年末年始
メニュー・料金 一般 350円 大学生以下無料
割引制度が複数あります。お問い合わせください。
Wi-Fi有無 非対応
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で20分
■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で20分
■路線バス : 壺屋バス停から徒歩で5分
 停車バス : 停車バス: 17番石嶺開南線、30番泡瀬東線、31番泡瀬西線、55番牧港線、112番国体道路線
■沖縄都市モノレール : 牧志駅から徒歩で10分
駐車可能台数 3台
駐車場備考 無料。満車の場合は、近くの民間駐車場をご利用ください(有料)
備考 バリアフリー対応: 車椅子への対応

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。