Home > マハエの沖縄ダイアリー

2018年11月1日

【11/1は泡盛の日】崎山酒造廠でこだわりの泡盛づくりを学ぼう!

はいたい♪マハエです!
11月1日は「泡盛の日」です!
泡盛の製造が11月に最盛期に入ることから、1989年に沖縄県酒造組合連合会により制定されました。

今年も記念日に合わせて泡盛に深く触れようと思い、金武町の「崎山酒造廠」さんを訪れました!

崎山酒造廠さんとは、今年の8月に開催された「カルピス(R)+発酵BLEND 沖縄」のトークショーで
女将さんとお話しさせていただいたことが縁となり、今回訪問させていただくことになりました!
「カルピス(R)+発酵BLEND 沖縄」のもろみ酢は、崎山酒造廠さんのものが使われていたんですよ。

「カルピス(R)+発酵BLEND 沖縄」トークショーのレポートはこちら

 

崎山酒造廠さんでは酒蔵見学を実施されており、マハエは参加させていただくことに♪

酒蔵スタッフの比嘉さんがアテンドをしてくださいました。比嘉さん、よろしくお願いします!

まずは、展示パネルを見ながら、崎山酒造廠さんの歴史や泡盛づくりの工程について教えていただきます。

創業は明治38年、今から113年前です!
崎山オトさんという女性が首里で創業された造り酒屋が始まりでした。

その後、二代目でオトさんの長男である起松さんが、官営の「伊芸酒造廠」の工場長を任されたことが
きっかけで現在の金武町に移転されたのだそうです。

崎山酒造廠さんの代名詞とも言える銘柄「松藤」。

こちらは、二代目の起松さんとその奥様・藤子さんの名前から命名されたそうです!
藤子さんはコウジサー(杜氏)として起松さんを支え、崎山酒造廠さんを盛り立てられました。
ご夫婦の絆にあこがれちゃいます(∩´∀`∩)

さぁ、酒蔵見学へと参ります!

泡盛の原料として欠かせないのが、タイ米です。日本米より長細いのが特徴ですね。
日本米は水分が多いので、泡盛づくりには向いていないそうです。

製造工程は、

1.洗米 → 2.浸漬 → 3.蒸し → 4.種付け → 5.製麹

→ 6.仕込み → 7.常圧蒸留 → 8.濾過 → 9.熟成 → 10.詰め

となります。

 

こちらは【4.種付け】の様子です。
蒸し上がったお米を冷やし、種麹をつけて米麹をつくります。
黒麹菌を蒸し米に繁殖させるのだそうです。

現代では機械でおこなわれていることが多い工程だそうですが、崎山酒造廠さんでは手作業でおこなわれています!
なるべく手仕事で製造することがこだわりだそうです☆

マハエは特別にお手伝いさせていただきました(≧▽≦)お米のいい香りが漂ってきます~。
どんな味の泡盛に仕上がるのかが楽しみ♪

泡盛づくりのお手伝いは初めての体験でした☆彡
ありがとうございました!

こちらは【7.常圧蒸留】に使われる蒸留機です。
発酵を終えたもろみをこのタンクで熱し、アルコール分を蒸気で集めるそうです。
この工程で泡盛ともろみ酢に分かれます!

蒸留直後の泡盛がこちら。
度数は70度ほどもあるそうです!

泡盛の芳醇な香り~♪

泡盛のうま味成分をなるべくそこなわないように極力手をかけない、やさしい濾過をされています。

崎山酒造廠さんでは恩納岳からの伏流水を使用されており、この水が沖縄ではめずらしい硬度30~40度の軟水なのです。

軟水だからこそ泡盛のうま味成分とのなじみが早く、やさしい濾過ができるのだそうです(*´▽`*)

原料や手仕事へのこだわりを積み重ねることで、おいしい泡盛が生み出されるのですね☆彡

泡盛についてたくさんお勉強させていただいた後は、ショッピングタイム♪
酒蔵の直売所は、すべての銘柄が揃っているのがうれしいポイントです!

さまざまなパッケージやラベルがあり、それを見るのも楽しい♪

左から2番目の透明なボトルの泡盛は、こちらの直売所限定品だそうです!
酒蔵に訪れた際はぜひGETしたいですよね☆

沖縄県内でのみ販売されているものやコラボ商品も!
また、梅酒やフルーツがブレンドされていたり、スパークリングタイプのものもありました!

幅広く泡盛をお楽しめますね~(∩´∀`∩)

大きな大きな甕とボトルを発見☆
マハエの3倍ほどはありそうです!!
こちらは特別に制作されたものだそうですが、このようなお楽しみがあるのも直売所ならではですよね。

「カルピス(R)+発酵BLEND 沖縄」のカルピスともろみ酢のブレンドドリンクをいただけるコーナーもありました♪

そして!特別なおもてなしもしていただきました~(≧▽≦)
わーい!パーティーみたい☆彡

まずは「松藤」をいただきます♪
まろやかな味わい(*´▽`*)

他にも「沖縄タンカン梅酒」やスパークリングもいただき、とっても幸せな気分♪♪

オリジナルのハンドブックには、さまざまな銘柄の泡盛をアレンジしたカクテルや
女将さん直伝のおつまみのレシピなどが掲載されていて、目にも楽しい♪
マハエも泡盛をテーマにしたホームパーティーを開催しようと思いました☆

酒蔵で製造について学び、崎山酒造廠さんのこだわりを知ることができました!
原料や工程などで味に違いが生まれることにもおどろきでした!!

雨の日やこれからの季節に酒蔵見学を行程に入れるのもおすすめです。
ぜひご旅行の参考にしてください♪

マハエは泡盛についてもっと知りたいという気持ちがわき、さらにお勉強しようと思いました。
これからも泡盛をたしなみながら、さらに知識も深めていきたいと思います!

 

【関連リンク】

崎山酒造廠

特集/泡盛・古酒をたしなむ

旅のテーマ/雨や梅雨でも楽しめる施設

マハエの沖縄ダイアリー/【11/1は泡盛の日】創業130周年☆瑞泉酒造所で泡盛の歴史に触れました♪

2018年10月11日

沖縄観光の新定番!?沖縄空手会館のグルメとおみやげ♪

はいたい♪マハエです!
沖縄空手会館に新しいグルメとおみやげが登場したと聞き、マハエはさっそくやってきました☆彡

どんなおみやげがあるのでしょうか♪
さっそくショップをのぞいてみましょう(≧▽≦)

まずはこちら!
「てぃびちカレー」です。

「てぃびち」は沖縄の言葉で「豚足」を表します。
沖縄県産豚肉のてぃびちや三枚肉が煮込まれたレトルトカレーだそうです☆
道着のデザインのパッケージも素敵ですよね(*´▽`*)

次に「瓦割せんべい」を発見!

瓦割りの瓦風の型に空手にまつわるイラストなどが焼き印されたおせんべいです。
“沖縄限定”なので、沖縄通の方にも喜ばれそうです♪

こちらは「沖縄空手銅鑼焼(どらやき)」!

沖縄ではなじみ深い紅芋あんがサンドされたどらやきです!
スイーツ好きの方にもご満足いただけるのではないでしょうか♪

マハエがパッケージになっている「沖縄シーサイドストーリー」も販売されていました!
こちらもよろしくお願いします(∩´∀`∩)

空手モデルの泡盛も種類豊富に揃っていました!

どれも個性豊かで、コレクションしたいです\(^o^)/

ファッションアイテムもありましたよ♪
ワイシャツやTシャツ。

ネクタイも!
おしゃれなメンズにぴったりです☆

空手をモチーフにしたイラストのトートバッグも♪
注目を集めること間違いなし!
コーディネートで差をつけたい女子の皆さんにぜひ愛用していただきたいです☆

沖縄空手会館オリジナルのタオルもありますよ。
お立寄りいただいた記念のおみやげとしていかがでしょうか♪

館内にある「そば処 手(てぃ)」では、先ほどショップで見つけた「てぃびちカレー」が
新メニューとして登場していました☆彡
「空手カレー」というメニューで提供されています。

マハエは、さっそくオーダーしました^^
いただきます~♪

トロトロに煮込まれたてぃびちや三枚肉のブロックが入っています☆
まーさんでした(おいしかったです)!

もうひとつ、沖縄空手会館でご覧いただきたいコーナーがあります。

こちらの「空手の樹」です!
空手愛好家の方の目標や空手に対する熱い思い、沖縄空手会館へのメッセージなど
さまざまなコメントが書かれた紙札が寄せられています!

日本国内の方はもちろん、フィリピン、インドネシア、スリランカ、アメリカ、アルゼンチン、
フランス、ポーランド、スイス、スロベニアなど・・世界各国から足をお運びいただいていました!
空手がどれほど多くの方に愛されているのかを実感でき、マハエはとても感動しました☆

そして、空手の発祥の地といわれている沖縄をさらに誇りに思いました!

こちらの紙札は、ショップで販売されています。
お立寄りいただいた際にメッセージを寄せていただけると、うれしいです♪

会館には他にも、空手に関する資料や体験コーナーが揃う展示施設もあり(有料)、
空手の経験がない方もお楽しみいただける施設となっています!

10月25日の「空手の日」には守禮の館にて「奉納演武」もおこなわれますよ~!

沖縄空手会館でより多くの方に空手に親しんでいただきたいです!
皆様のご来館をお待ちしています♪

 

【関連リンク】

沖縄空手会館

特集/沖縄から世界へ伝わる「空手」の文化

イベント/「空手の日」奉納演舞・記念演武祭

 

2018年4月20日

46酒蔵の泡盛が勢揃い!「島酒フェスタ」初開催☆

はいたい♪マハエです!
4月14・15日に沖縄セルラーパークで「第1回島酒フェスタ」が開催されました!

マハエは初日の4月14日に訪れ、飲み比べをしたり、新しい商品に出会ったり、
泡盛についてたくさん楽しませていただきました♪

このイベントのポイントは、なんといっても46の酒蔵の泡盛の試飲ができること!
ほとんどの蔵元さんが出展もされていました!

会場に入ると、泡盛の香りがほのかに漂ってきて、期待に胸が高鳴ります(≧▽≦)

イベント限定パッケージの泡盛を発見☆
こちら以外でもさまざま蔵元さんがイベント限定泡盛を作られていました。
イベントに対する思いが伝わってきます!

開場後ほどなくしてお客様が増えてきました!

マハエはブースをあちこち見歩きます♪

一度にいろいろな泡盛を見られるのは、特別感を感じます!

なかなかお目にかかれない原酒も!

思わず見とれてしまう美しいボトルもありました(*´▽`*)

出展ブースの他にステージイベントもあり、“秘蔵古酒オークション”やきいやま商店さんのライブ、
ラジオの公開放送や“たぶん古酒抽選会”などさまざまなメニューがありました!
“たぶん古酒抽選会”は、各蔵元さんで長いあいだ保管されていた泡盛を
イベント開催を記念して、会場のお客様へプレゼントするといううれしい催し♪

さて、試飲をします~(∩´∀`∩)

チケットを購入すると、46の酒蔵所の泡盛がすべて試飲できるという、
泡盛好きにとってはとてもうれしいシステムでした♪

少しずついろいろな銘柄をいただきます!
おいしい~☆
一度に飲み比べられるなんて幸せです~(*´▽`*)

この日初お目見えの菊乃露酒造さんのシークワーサーフレーバーのスパークリング泡盛☆彡

こちらも試飲♪
シークワーサーのさわやかさとスパークリングの刺激がよく合います!
これからの季節にピッタリ♪

多良川酒造さんで「わしミルク酒」を発見☆
“わしミルク”とは沖縄で「練乳」を表すのによく使われる言葉です。
練乳と泡盛のコラボレーションとはおどろきです\(◎o◎)/

こちらも試飲させていただきました♪
練乳の甘みがやさしく、おいしい☆

このわしミルク酒は、昨年の離島フェアに続き2回目のお披露目だったそうです!
蔵元がある宮古島では流通が進んできているそうですが、沖縄本島で見られる機会は
まだかなり限られているそうなので、見かけたらラッキーです☆

会場では泡盛の女王の皆さんが、あちこちでイベントを盛り上げていました!

2018年度の女王の1人、翁長さんとパチリ☆
わーい♪

泡盛の女王OGの方々も浴衣姿でお手伝いし、会場に華をそえてくれていましたよ(*´▽`*)

泡盛を活用したお菓子、食品もありました!

こちらは「琉球泡盛BonBon」です!
チョコレートの中に古酒が入っているそうです☆

この琉球泡盛BonBonも46酒蔵すべての代表銘柄が味わえるんですよ。
古酒に沖縄の地下深くに眠っていた「陸地珊瑚礁浸透古代海水」、県産のキビ糖をブレンドし
チョコレートで包んでいます。

銘柄のラベルで包装されているのも素敵☆
今度のバレンタインデーにはこの琉球泡盛BonBonを贈ろうかな(*´▽`*)

「泡盛パン」を発見しました!
こちらもイベントで初のお披露目でした!

泡盛の製造に使用される黒麹菌を活用したパンだそうです。
IT関連会社のプルアラウンドさん、首里で65年続く金城ベーカリーさん、
琉球大学の農学部さんがコラボレーションして誕生しました☆彡

プルアラウンドの開発担当者・高松さんと記念撮影☆
息子さんと一緒に泡盛パンのブースを盛り上げていらっしゃいました♪♪

そして、マハエはやってみたかったことがあり、あの場所へ・・

それはこちら^^
瓶踊り体験です♪
泡盛の瓶をモチーフにしたバルーンのカチューシャをつけられるコーナーがありました!

瓶踊りとは、頭の上に泡盛の瓶を乗せてカチャーシーを踊る伝統のひとつなのですが、
まさひろ酒造さんでは“瓶踊り大会”を催したり、スタッフさんがCMで踊っていたりしているのです。

上手に瓶を乗せていたスタッフさん。
瓶を乗せるだけでも高度な技が必要なのに、ポーズまでとってくれました(≧▽≦)

イベント限定のボトルバルーンもあったので、こちらも♪
わーい!楽しい!!

泡盛にまつわるいろいろな体験ができたイベントでした。

お昼過ぎにはお客様がかなり増えて大盛況になっていました!
県内はもちろん、県外から来られたお客様、海外からのお客様も見受けられ、
泡盛が大勢の人に愛されていることを実感しました。

来年も実施されるとうれしいな♪

 

~関連リンク~

特集/泡盛・古酒をたしなむ

 

 

2017年11月1日

【11/1は泡盛の日】創業130周年☆瑞泉酒造所で泡盛の歴史に触れました♪

はいたい♪マハエです!
11月1日は「泡盛の日」です!
泡盛の製造が11月に最盛期に入ることから、1989年に沖縄県酒造組合連合会により制定されました。

記念日をお祝いし、那覇市首里地区にある「瑞泉酒造所」さんを訪れました。
琉球王国時代においては、首里地区の崎山、赤田、鳥堀だけが泡盛の製造を
許可されていたそうで、こちらは泡盛とゆかりのある地域なんです。

瑞泉酒造所さんは、今年創業130周年を迎えられたんですよ☆
おめでとうございます!!

瑞泉酒造さんにはギャラリーがあり、泡盛や酒造所の歴史を見学することができるんです!

さっそく行ってみましょう♪

創業時(1887年)は「佐久本酒造場」という名称だった瑞泉酒造さん。
横書きの文字が「リモワア」と、逆になっているところに時代を感じますね。

泡盛を製造するのに欠かせない麹菌のサンプルや製造方法についてのパネル

歴史を感じさせてくれる展示品もたくさんありました。

昔のポスターを見ると、その時代の様子がうかがえて楽しい^^

甕の変遷を見ることもできました!

かつての瑞泉酒造所さんの写真も!

気軽に歴史を触れられて、とてもうれしかったです♪

特別に貯蔵蔵の中を見せていただきました!

こちらには、約100個の甕が貯蔵されています!
たくさんある甕にマハエはビックリ!

南風原町にも貯蔵庫があり、さらに多くの甕が保管されているそうです!!

泡盛のショッピングも楽しみました♪
泡盛がズラリと勢ぞろい!
どれにしようか考えながら選ぶのが楽しいです♪

こちらは「御酒(うさき)」という特別な泡盛です。
戦前に使用されていた黒麹菌が使用されているそうです!

泡盛を製造するのに欠かせない麹菌ですが、沖縄の地上戦の影響で壊滅したと思われていました。
ところが、瑞泉酒造さんの麹菌が、1998年に東京大学で標本として真空保存されていることがわかり、
その麹菌を使用し“60年ぶりによみがえった幻の泡盛”として発表されることになったのが、
この「御酒」だそうです☆

「御酒」の中でもこちらは130周年記念の特別な泡盛なんですよ!

こちらも記念イヤーを祝って、今年誕生した「legare(レガーレ)」です☆彡
なんとスパークリング泡盛なんです♪
沖縄県産のパッションフルーツもミックスされていますよ!

他にも、泡盛をベースにした紅茶のフレーバーやカーブチー、パッションフルーツ、
シークワーサーなどの沖縄の果実が使用されたリキュールもありました!カラフルで楽しい♪

泡盛の楽しみ方がどんどん広がります\(^▽^)/

こちらは度数が53度もある“原酒”です!
泡盛の度数は45度までと定められているため、それを上回る場合、
泡盛という表記がされないのです。

ショッピングは、試飲しながらお楽しみいただけますよ。
バーのようなディスプレイがおしゃれ☆

工場長の仲栄真さんと記念撮影をしていただきました♪
仲栄真さんは、テレビ番組や沖縄県内のCMに出演されていて、マハエにとって
親しみがある方なんです^^

少しはにかみながら応じていただいた様子が素敵でした(*´▽`*)
ありがとうございました。

「泡盛」は、熟成方法や年数などにより味がさまざまに異なります。
マハエはもっともっと泡盛について勉強し、そしていろいろな泡盛をたしなんで
いきたいと改めて思いました!

 

~関連リンク~

おきなわ物語/瑞泉酒造所

特集/泡盛・古酒をたしなむ

 

2017年8月4日

泡盛カクテル「58KACHA-SEA」の考案者・玉城竜司さんにインタビュー!

はいたい♪マハエです!
“8月5日は「裏ゴーヤーの日」”というのはご存知でしょうか?

数字の「58」を逆さにした8月5日頃がゴーヤーの出荷のピークを迎えるシーズンであることから
沖縄ではそのように呼んでいます♪

昨年「THE泡盛カクテル推進協議会」さんが開催したコンテストでゴーヤーを素材にした
泡盛カクテル「58KACHA-SEA(ゴーヤーカチャーシー)」がグランプリに輝きました☆☆☆

ゴーヤーも泡盛もおいしい季節を迎えている今、マハエは「58KACHA-SEA」の
レシピ考案者である玉城 竜司(たまき りゅうじ)さんにレシピの誕生エピソードや
「58KACHA-SEA」を作るコツなどお話をうかがってきました!

那覇市久茂地にある「Applause Bar&Dish」でバーテンダーを務める玉城さん。
ダンディです☆

さっそく「58KACHA-SEA」の作り方を見せていただきます!

1.氷を入れたグラスにライムを絞ります。

2.ゴーヤーのつぶつぶの部分のすりおろしを漬けた泡盛を40ml注ぎます。

1、2の順序は逆になっても大丈夫だそうです!

こちらのお店では、ゴーヤーの味がよりなじむようにすりおろしを泡盛に漬け込んでいますが、
泡盛をそのままグラスに注ぎ、すりおろしたゴーヤーをまぜてもおいしく作れるそうですよ♪
ゴーヤーの緑で涼し気に映ります☆

3.トニックウォーターを注ぎます。

4.グラスの中を軽くかきまぜて、ゴーヤーをそえたら・・

「58KACHA-SEA」の完成です!

わーい(*´▽`*)

いただきます!

ひと口飲んでみると・・

おいしい~☆☆☆

ゴーヤーの苦みがしっかり感じられますが、さわやかな飲み口です☆彡
泡盛、ゴーヤー、ライム、トニックウォーターそれぞれの良さが引き出されています!

「58KACHA-SEA」がグランプリを受賞したコンテストは、泡盛の普及を目的に
沖縄を代表する泡盛カクテルを選定するというものでした。

募集を知った玉城さんは、沖縄を代表する食材のひとつであるゴーヤーを使った
泡盛カクテルを作ろうと思い立ち、これまでいろいろなカクテルを作ってきた経験をもとに
「58KACHA-SEA」を生み出したそうです!
また、おうちでも気軽に作れる泡盛カクテルを創作するという目的もあり、専門的な
器具がなくても作れるものをと考え、グラスがあれば作れるレシピを目指したそうです!

先ほど作り方を見せていただき、マハエも自分で作ってみたいと思いました♪

玉城さんのこだわってほしいポイントは、40度数の泡盛を使用すること。
40度より低い度数の泡盛だとゴーヤーの緑がきれいに発色されないのだそうです!

度数が影響するとは驚きでした!

銘柄の指定は特になく、40度数であればどの泡盛でも大丈夫だそうです。

「58KACHA-SEA」をきっかけに泡盛やゴーヤーがますます愛されるとうれしいなぁ(≧▽≦)

お店では他にも沖縄県産の食材を活かしたカクテルが揃っていますよ!
パッションフルーツ1個をまるごと使ったフローズン。

こちらはフーチバーモヒート。
フーチバーとは「よもぎ」を表す沖縄の言葉です。

カクテルで沖縄の県産の食材がいただけるなんて、うれしいですよね♪

「58KACHA-SEA」は、泡盛が苦手という方にも飲みやすい仕上がりになっていると思います!
ぜひ皆さんにもご賞味いただきたいです♪

 

~関連リンク~
Applause Bar&Dish お店情報

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール