Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年7月20日

海と舟と星にまつわる沖縄本島北部観光の穴場スポット♪

はいたい!マハエです。

今回マハエは、沖縄本島北部観光の際に楽しめる穴場スポット「海洋文化館(プラネタリウム)」を訪れました。
海洋文化館ってどこにあるの?という方も多いかと思いますが、
実はあの「沖縄美ら海水族館」と同じ「海洋博公園」の敷地内にあるんです。
この海洋文化館は、沖縄や太平洋地域の海洋民族の歴史や文化をカヌーにスポットをあて紹介している施設で、
プラネタリウムも併設しています。

建物自体は、沖縄国際海洋博覧会が行われた1975年からあるのですが、内装のみを改装し2013年10月に全面リニューアルオープン。

約1時間おきに20分程度の館内ガイドツアーがあるということでマハエは迷わず参加♪
嬉しいことに無料です(≧▽≦)

 

さっそく、ガイドさんに案内してもらって入り口のある2階から3階ロフトの「航海ゾーン」へ!

ここには、約5000年前~1000年前頃人類が新天地に向け大航海し移住していく様子や伝統的な航海術、造船技術などが紹介されています。

伝統的航海術や造船技術は、「バンドデシネ」と呼ばれるフランス語でいう「続き漫画」で紹介されています。
その長さは、なんと国内初の30mにもおよぶのだそう! 一般的な展示に比べ分かりやすく読みやすいのでお子様も楽しめそう♪

またこちらではこんな面白いものも発見! これはヤシの葉柄(ようへい)や貝柄から作られたスティックチャートと呼ばれる海図。
貝殻が島の位置、木の棒が海流や波のうねりを表しているそう。

驚くことに、この海図は航海には持っていかず全部記憶していたとのこと。 人々はこの海図以外にも、周辺の島々の位置を季節ごとに異なる星座をもとに何十パターンも覚えていたのだとか。
どうして海洋文化館にプラネタリウムがあるのか不思議でしたが、航海と星座はそういう深~いつながりがあったのですね。

 

そして、マハエが一番お気に入りのスポットが2階にある「オセアニアゾーン」。

大型スクリーンはもちろん、2階の床にも海やカメ、イルカ、クジラなどの映像が1時間に2回映し出されます。
2階と3階が吹き抜けになっているので3階からホール全体を見下ろして映像を観賞したり、2階でイルカやカメを追いかけたりしながら海の中にいるような雰囲気を味わったりと2度楽しめます(*^▽^*)♪

 

続いて、オセアニアゾーンの隣の「交流ゾーン」へ。
こちらでは3つの大型カヌーが展示されており、迫力満点!こちらも見逃せません! 写真の舟は、ラカトイといい屋根付きの部分には人ではなく、交易の大切な品である土器や食料などを大量に積んでいたのだとか。

写真手前の舟はリエン・ポロワット号。
8人乗りですが、舟の中に乗るのは水をかく作業を行う一人だけ。
残りの人は手前にある三角のイカダのような部分や、反対側の屋根付きの部分に乗って航海を行っていたそう。

このカヌーを前方から見たのがこちら。 横から見る印象と異なり凄く細身ですね!これは、水の抵抗を減らして速度を上げるためなのだそう。

交流ゾーン以外にも1階エントランスホールには大型のカヌーが展示されています。
舟の先についている飾りが特徴的で、木彫りの装飾もとても素敵なタヒチのダブルカヌー。
迫力満点の大きさなのでぜひお見逃しなく~!

 

そして、次はいよいよ「沖縄ゾーン」。
こちらでは、マチキフニや本ハギなどのサバニや沖縄の伝統漁具などが展示されています。

マチキフニは、樹齢70年の琉球松を丸々1本くり抜いている大変貴重なものだそう。
帆が張られた本ハギは、現在もハーリーなどの伝統行事で使われています。 館内のガイドツアーはここで終了。
ガイドさんのお話を聞くことでより多くのことを学んだり、気づけたりして通常よりも館内を満喫できました~♪

 

その他、「コミュニティーゾーン」には1975年に沖縄で開催された海洋博覧会に関する展示資料や実際に乗船し写真撮影ができる「撮影用のサバニ」もあります。 マハエもちゃっかり乗船体験し写真撮影♪

 

最後は「プラネタリウム」。
マハエは、「沖縄ぬちゅら星」と「銀河鉄道の夜」を鑑賞。

「沖縄ぬちゅら星」は、春、夏、秋、冬と3か月ごとに上映内容が変わり、この時は「夏ぬ美ら星」が上映されていました。
「夏ぬ美ら星」では、北極星と夏の星座についての解説や多良間島に伝わる民話が紹介されています。
ここ南の島だからこそ見れる星座もあるそうなので、プラネタリウムを鑑賞してから実際の星を観に行くとより楽しめそう♪

「銀河鉄道の夜」は、宮沢賢治さんの同作の朗読とナレーションをベースに360°の幻想的なパノラマの銀河が再現された作品。(期間限定上映) 360°のパノラマ映像で、一瞬画面の中に自分が入り込んだかのような錯覚に陥るシーンもあり、思わず作品の世界に引き込まれます。

お子様を連れて広い園内をたっぷり歩いた後は、プラネタリウムをゆっくり鑑賞しながら一息つくのもよさそうですね☆

 

海洋博公園というと水族館やおきなわ郷土村などに注目が集まりがちですが、実はこんな素敵な穴場スポットもあります。

入場料にはプラネタリウムの料金も含まれており、かなりお得☆

中央ゲートのすぐ横にあり、駐車場からの移動距離が少ないので雨の日の観光にもおすすめですよ。
(最寄りは、中央ゲートの南駐車場)

水族館を訪れた際や北部観光、雨の日にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか♪

もちろん、夏休みのお子様連れの旅にもおすすめです(*´▽`*)

 

【関連リンク】
海洋文化館(プラネタリウム)
沖縄美ら海水族館
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地(海洋博公園内)

2016年4月28日

新しくなったOkinawa Hip-Hop Busでやんばるの人気スポットを大満喫♪

はいたい♪マハエです。
自動音声ガイド付き観光バス「City sightseeing Okinawa Hip-Hop Bus」に乗って、
やんばる(沖縄本島北部)を旅しました♪

City sightseeing Okinawa Hip-Hop Busは、これまでは1コースのみでしたが、
4月から新しいコースが3つも登場☆彡

マハエは、新コースのひとつ「沖縄美ら海水族館と辺戸岬・大石林山トレッキングコース」に
参加させていただき、沖縄本島最北端までの旅を満喫しましたよ~!

那覇から北を目指して、しゅっぱーつ!

このバスの大きな特徴は自動音声ガイダンスです!

日本語を含め、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語で対応しているので、外国からのお客様も
各スポットや沖縄についての解説を聞きながら旅を楽しむことができます!

今回のバスは新車でした☆彡
座席、通路とも広々としていて、車内はとっても快適!
Wi-Fiが完備されているのもうれしいポイントです♪

添乗員は、前回と同じドイツ人スタッフのドミニクさん。
ドイツ語はもちろん、英語、日本語も流暢で、やさしく案内してくれます。
安心して旅ができそう~♪

バスは高速道路を進み、伊芸サービスエリアで休憩時間。
このサービスエリアの向かい側にとってもきれいな海が☆☆

こちらは「金武湾」だそうです!
青い海とヤシの木が南国ムードを感じさせてくれます♪

バスの旅は、一般の車両よりもシートの位置が高いから海や風景を見渡せるのが魅力です!

その後も車窓から美しい海をいくつも堪能しながら・・

最初の目的地・辺戸岬(へどみさき)に到着しました。

ここは、沖縄本島の最北端です!

眼下には透き通った海が広がります☆

緑も豊かで美しい景色が見られました。
向かい側の山には、大きくて有名なヤンバルクイナの像も見えますよ。

再びバスに乗り、10分ほどでこのコースの目玉である「大石林山」に到着しました!

大石林山は、約2億年前の石灰岩が浸食されてできた世界最北端の熱帯カルスト地形です!

山内はいろんなルートで散策することができます。
マハエは、4つのコースの中から「美ら海展望台コース」にトライすることにしました!
同じコースに参加する方たちと一緒にしゅっぱーつ!

山道は、岩だけでなく緑も生い茂っていて、パワーをもらえそうです!

途中、いろんな名所があります。

大きな「悟空岩」

「石林の壁」
大石林山がある安須社(アシムイ)には40を超える御願所(拝所)があるそうです!

「生まれ変わりの岩」
3回くぐると新しく生まれ変わるという言い伝えがあるそうです。

マハエもくぐってみました。
素敵な女性になれるかな♪

そして、美ら海展望台ステージに到達しました!

素晴らしい眺めです~!
がんばって登ってよかった♪

散策時間は約40分。
心も体も元気になれたような気がします!

大石林山を満喫した後は、ランチタイム♪

こちらのコースのランチはなんと、JALプライベートリゾートオクマのビュッフェですよ~ヽ(^o^)ノ

チャンプルーや野菜の煮付けなどの沖縄料理から和食、洋食まで種類豊富です!
県産野菜が使われたメニューも豊富に揃っているのがうれしいです☆

天ぷらの実演調理コーナーも!
揚げたてが食べられるなんて、贅沢な気分を味わえますね~♪

いただきま~す!
大石林山でたくさん歩いた後だったので、モリモリ食べちゃいました(∩´∀`∩)

ホテルは花と緑があふれていて、景色もとっても素敵でした☆
ごちそうさまでした。

ホテルのおいしいビュッフェを堪能した後は、海洋博公園・沖縄美ら海水族館へやってきました~♪
ツアーには入館券がついています!
滞在時間はたっぷり2時間です!

まずは“サンゴ礁への旅”ゾーンへ。

入口近くにあるタッチプールで「イノーの生き物たち」とふれあいました♪
イノーとは、沖縄の方言でサンゴ礁にかこまれた浅瀬の海のことを指し、ヒトデやナマコなどが
すんでいるそうです。

マハエはヒトデさんにタッチしてみました!
初めてだったので少しドキドキしましたが、見るだけよりも楽しさが倍増しました♪

「サンゴの海」や「熱帯魚の海」なども鑑賞しました。

どれもとても美しく、うっとり・・
特にクラゲの群れは、思わず見とれるほどの美しさでした(∩´∀`∩)

続いて“黒潮への旅”ゾーンへ。

「サメ博士の部屋」にやってきました!
こちらは、全長16mもある、絶滅した古代ザメ「メガロドン」のアゴの復元模型です!
とっても大きくて、迫力満点!!

水槽には、たくさんのサメさんが泳いでいます。
こちらも迫力があります!!

この日は、ラッキーなことにサメの食事シーンを見ることができました♪
水槽の上方では、エサのお魚がスタンバイ。

サメさんたちは、エサのまわりをぐるぐる泳ぎますが、なかなか食べようとしません。
サメは意外にも少食だそうで、お腹がすいていない時はエサに興味を示さないのだそう。

そのうち1匹のサメさんがエサをパクッ!
華麗な食事シーンでした!

「黒潮の海」の大水槽前にやって来ましたよ~♪
今日もジンベエザメさんがすいすいと泳いでいます。
この姿を見ているだけも癒されます(´∀`)

2匹が一緒の姿も♪
マハエも一緒に泳ぎたい~!

去年の12月に仲間入りしたブラックマンタさんも見られました♪

マンタは普通、背中が黒くお腹の部分が白いのですが、ブラックマンタさんはお腹も黒いのです!
国内では初の展示だそうで、世界的にもめずらしい個体だそうです☆彡

館外の施設でもめいっぱい楽しみましたよ~♪

まずは「マナティー館」へ。

マハエが訪問した時は、エサを食べた直後で眠そうな様子でした。。

食事の後に眠くなるなんて、なんだか人間と似ていて、ほほえましくなりました(^-^)

「ウミガメ館」にも訪れました。

マハエが水槽をじっと見つめていたら・・

1匹のウミガメさんが・・
大接近してくれました~♪♪

記念ショットが撮れました~☆

滞在ラストに「オキちゃん劇場」へやって来ました。
マハエ、オキちゃん劇場のイルカショーが大好き♪

ショーを披露してくれるイルカさんたちが勢揃いして、まずはご挨拶。
水面から大きく身を乗り出して、一頭ずつ自己紹介。

一番体が大きい、オキゴンドウのゴンちゃんも^^

プールサイドの“ステージ”で歌を歌ってくれたり

沖縄のお祝い事には欠かせない踊り“カチャーシー”風に踊ったり

飼育員さんのおしりフリフリに合わせてしっぽをフリフリしたり(^▽^)

そして、お待ちかねのジャンプタイム!

代わる代わる、軽やかなジャンプを見せてくれます♪

こんなに高いジャンプも!

ゴンちゃんもがんばりました☆

そして、5頭そろってジャンプ!!

イルカさんたちの美しい姿に感動しました☆

最後はゴンちゃんがステージでご挨拶!

他のイルカさんたちもしっぽでバイバイしてくれました(^^)/~~~

今回もたくさん楽しませてもらいました♪
ありがとうございました。

ツアーのラストは「御菓子御殿 名護店」さんへ。

店内には、沖縄のお菓子をはじめ食品やグッズなどお土産がずらり。

紅いもタルトは、限定パッケージもありましたよ~!
「島ぜんぶでおーきな祭」バージョンでした☆

店内にはパーラーもありました♪

この日は天気がよく暑かったので、ソフトクリームをオーダーしました!
冷たくて甘くて、おいしい~☆

ショーケースにもスイーツがたくさん並んでいて・・
特に「紅いも生タルト」が気になり・・

食べちゃいました^^
どちらも「でーじまーさん」でした☆☆☆

ショッピングもスイーツも楽しみました♪

帰りは、車窓から美しい夕陽を眺めながら那覇へと向かいました。

とても充実した1日でした!
ありがとうございました。

日本のお客様にはもちろん、海外からのお客様にもぜひご乗車いただいて、
やんばるの魅力を満喫していただきたいです!

~関連リンク~
「Okinawa Hip-Hop Bus」公式サイト 

2015年9月14日

チムの夏の思い出@東京・丸の内キッズジャンボリー

ハイサイ!チムだよ。
チムは夏真っ盛りだった8/12~8/14に東京国際フォーラムで行われた『丸の内キッズジャンボリー』に行ってきたさ~。

今年で9回目の丸の内キッズジャンボリーに沖縄がブースを出すのは初めて。
チムもどんなことをやってるのか興味津々さ~。

TOKYO FMブースではラジオ番組DJ体験があったり

障害者スポーツチャレンジがあったり



投資体験ゲームがあったり

ぼうさい実験教室も


いろいろな体験ブースがあったさ~。

そして、これが沖縄ブース!
『おきなわ・ワンダーラボ〜おきなわの美ら海(ちゅらうみ)を体験しよう!〜』

沖縄美ら海水族館GODACによるサメの生態やサンゴをとりまく環境問題についてのお話を、実際に標本を見て触りながら学べる沖縄ブースだったさ~。
こどもたちはもちろん、おとなも一緒に海のことを学んでいたのが印象的だったよ。
ソニーアクアリウムでは海に住む生き物たちが大迫力の3D映像で見れたりと、チムもわくわくだったさ~。

 

星砂体験では星砂を初めて見る子たちもたくさんいたよ。
一生懸命、星砂を入れて自分の作品をつくっていたさ~。

  

サンゴの展示やサメについての展示も。

  

キッズタウンやにぎわいステージではエイサーのパフォーマンスも!

 

にぎわいステージでは会場のこどもたちも一緒にエイサー体験!
とっても盛り上がったさ~。

最後は会場みんなでカチャーシー!!

沖縄の海や芸能について触れてもらえた丸の内キッズジャンボリー。

そして、沖縄にはこどもたちが楽しく学ぶことができるサンゴや海の生き物がいること。
新しいものに出会って知ることができる沖縄旅行の魅力もお伝えできたさ~。

今度はみんなで沖縄に遊びにきてくれたら嬉しいさ~。

~関連リンク~
丸の内キッズジャンボリー 公式サイト
沖縄美ら海水族館 公式サイト
GODAC(国際海洋環境情報センター) 公式サイト
ソニーアクアリウム 公式サイト

 

マハエちゃんプロフィール