Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年10月17日

【10月17日は沖縄そばの日】県産食材にこだわった沖縄そばを食べ歩き♪

はいたい♪マハエです!
10月17日は「沖縄のそばの日」です!

そば粉を使用せず小麦粉を主原料としている沖縄そばが「そば」という名で認証されたのが、
今から39年前の1978年の10月17日だったことから、この日が記念日になったそうです。
マハエはもちろん沖縄そばが大好き☆

沖縄そばをあちこちのお店で食べていると、アレンジされたメニューを見かけることが
多くなりました!

そこで「沖縄そばの日」を記念して、沖縄県産の食材にこだわった変わりだね麺の
沖縄そばを食べ歩いてみることにしました♪

それでは出発します!

【八重瀬町】屋宜家
自然豊かな八重瀬町にある「屋宜家」さんへやって来ました。
こちらでは「アーサそば」が食べられます!
アーサとは海藻の「アオサ」のこと表す沖縄の方言です。

お店は改装された古民家で、有形文化財に指定されているんですよ。
どこかなつかしい気分になり、癒やされます。

お待ちかねの「アーサそば」が運ばれてきました!

いただきます~♪

麺には恩納村産のアーサが練り込まれています。
お店オリジナルの特注の麺だそうです!

トッピングにもアーサがたっぷり☆
アーサのさわやかな磯の風味が口の中に広がります!

でーじまーさん(とってもおいしい)☆☆☆
だしは、かつおをベースに豚骨、鶏ガラ、野菜などがブレンドされているそうです。

あっさりとした風味でこちらもまーさん!
最後の一滴まで飲み干しました^^

訪れるお客様の半数が、このアーサそばを注文されるそうです!

お話を聞かせてくれた店主の屋宜さん。
アーサそばは、屋宜さんの奥様のアイディアで生まれたメニューだそうです☆

店舗の古民家は、屋宜さんのおじい様が資材を集め建てられました。

かつて首里地区と南部地区をつなぐ道が3本あったと言われ、
この一帯はその3本のうちの真ん中の道の休憩場所だったとも言われているそうです。

だから今も心落ち着く感じがするのかなと思いました(*´▽`*)

屋宜家さんでは、沖縄そばが売切れにならないよう常に心がけていらっしゃるそうです。

沖縄県外や海外からも訪れるお客様も多く、わざわざ足を運んでいただいたことへの
感謝の気持ちから、沖縄そばを必ず召し上がっていただきたいという思いからだそう。

うとぅいむちの心を感じました☆

ちなみに、今年2017年の10月17日は火曜日のため、通常は定休日だそうなのですが、
記念日をお祝いして特別に営業されるそうです!

さらにうとぅいむちの心を感じました♪

屋宜さんの沖縄そばに対する愛情がヒシヒシと伝わりました!

おいしいアーサそばとお話をありがとうございました☆☆☆

続いてお隣の南城市へ♪

【南城市】くんなとぅ
美しい海が広がる南城市の「くんなとぅ」さんへやってきました。

橋をへだてた向こう側には奥武島があります。

くんなとぅさんでは「もずく」が練り込まれた沖縄そばを食べることができます!

店主の嶺井さんは、お父様がもずくの養殖をされていたことから
幼少期よりもずくは身近な存在で、大好きな沖縄そばにトッピングして
よく食べられていたそうです。

20年ほど前に沖縄県内のイベントでもずく麺を食べたことがきっかけで、
ご自身でもずく麺の沖縄そばを作ってみようと思い、それがお店のオープンに
つながったとのことです。

おいしい沖縄そばを食べていただきたいとの思いから、もずく麺を完成させるのに
なんと2〜3年を要したのだそう!

くんなとぅさんではおそばを注文すると、もずく酢とオリジナルのもずくゼリーが
セットで提供されます♪

さらにランチタイムにはもずく入りのジューシーがサービスされます♪♪

もずくづくしの沖縄そばのランチです!

海が眺められるテラス席でいただきます〜♪

麺にはもずくをざく切りにしたものが練り込まれています。
細かいもずくが見えます!
もずく麺はやわらかいですが、適度に歯ごたえがあります!
麺がもずくとからんで、でーじまーさん☆☆☆

だしは、かつおと豚骨をブレンドしたものだそうです。

ほとんどのお客様がもずくをトッピングするため、味が薄くなってしまわないよう
少し濃いめの味のだしを生み出したそう!

実は、くんなとぅさんではもずくが食べ放題なんです!

おそばについてくる小鉢でもずくのおかわりができます♪
沖縄そばやもずく酢に追加していただけます♪♪

大好きなもずくをたくさん食べられて幸せ〜(*´▽`*)

くんなとぅさんには、沖縄県外から訪れるお客様が多いそうです。
また最近ではアジア圏からお客様も増えているそうです。
アジア圏の方にはもずくは親しみがあるようですよ。

生のもずくでは持ち帰りが困難な距離の方もいらっしゃるので、
もずくの製品も多く開発し、販売もされています!

最後にスタッフの仲村さん、嶺井さんと一緒にパチリ☆
おいしいもずく麺、もずくづくしのランチをありがとうございました!

次は、少し北上し南風原町へ向かいます!

【南風原町】レストランしぐれ
南風原町の「レストランしぐれ」さんへやってきました!
こちらでは、南風原町の特産品であるかぼちゃを練り込んだ麺の沖縄そば
「南風原かぼちゃ黄金(くがに)そば」をいただくことができます♪

南風原町のキャラクターは、かぼちゃをモチーフにした「はえるん」♪

沖縄そばをいただく前に特別に麺を見せていただきました!
かぼちゃの黄色が麺を黄金色(くがにいろ)に輝かせてくれています☆
お店オリジナルのレシピで作られた麺だそうです!

麺の観察をさせていただいた後、おそばを作っていただきました。

器に顔を近づけると、やさしいだしの香りが♪
いただきます〜!

麺はもちもちと弾力を感じます!
噛むとほんのり甘みを感じ、でーじまーさん☆☆☆

かぼちゃの天ぷらがトッピングされているのがうれしい♪
天ぷらの衣にだしがしみこんで、こちらもまーさん☆
だしは、かつおと豚骨のブレンドだそうです。

店主の仲里さん。
南風原町の食材を使用したメニューで競われる「ふぇーばるグルメコンテスト」に
挑戦しようと思ったことが、かぼちゃ麺の沖縄そばを考案されるきっかけだったそうです!

コンテストの第2回目でこの黄金そばは、みごとグランプリを受賞されたそうです☆
おめでとうございます!!

お店では、沖縄料理をはじめとする種類豊富な定食や丼物が食べられます。
どれもおいしそう〜♪
席数が80席もある広々とした店内は、常に地元のお客様でにぎわっているそうです!

かぼちゃ麺の沖縄そばをいただくことができるのは、しぐれさんのみです!

沖縄県外や海外からのお客様は少ないそうですが、ぜひお店に訪れていただき、
南風原町名産のかぼちゃ麺を召し上がっていただきたいです!

今回の沖縄そば食べ歩きのラストは、さらに北上し浦添市へ♪

【浦添市】ちばとぉーんど
浦添市がさまざまな商品開発に取り組んでいる、沖縄固有の島桑の葉を練り込んだ麺の沖縄そばを
提供されている「ちばとぉーんど」さんです!

こちらでは月桃の葉を練り込んだ麺の沖縄そばも提供されています!!
いずれも温かい沖縄そばと冷たいおそばで堪能することができます♪

まずは、島桑の麺を温かいソーキそばでいただきました!

いただきます~!

麺を噛むと、島桑のやさしい緑の香りが口の中に広がります♪
だしは、カツオ、豚骨、鶏ガラのミックスだそうです。
だしからも島桑のやわらかい緑の香りが感じられ、でーじまーさん☆☆☆

続いて、冷やし月桃そばを♪

島桑のそばより濃い緑です!

麺をほおばると、月桃のさわやかな香りが広がります!
マハエは月桃の香りが大好き♪
のどごしもよく、でーじまーさん☆☆☆

また、つけだしは、香りの強い月桃の麺にも合うように少し濃いめのものを作られたそうです。

島桑の麺も月桃の麺もお店オリジナルのレシピ、製法で作られています。
また、お店で提供されているおそばは、生麺を一から茹でて作ることにこだわっていらっしゃいます!

「月桃は沖縄の宝物」とおっしゃる店主の知念さん。
知念さんは「月桃おじさん」の別名も持っているほど、月桃に愛情を注がれています^^

月桃は多年草で沖縄ではあちこちで見かけることができます。
そんな月桃を食材として活かしたいと思ったことが、月桃の麺を開発されたきっかけだそう。

最初は乾麺の販売からスタートされましたが、月桃の麺をもっと知っていただきたいという
思いから、沖縄そばのお店をオープンされたそうです!

乾麺と生麺とでは月桃の配合の比率が少し異なり、乾麺の方が少し香りが
強くなるように製造されているそうです!

浦添市さんが発行されているフリーペーパーのガイドブック
「暮らすように旅する都市(まち)浦添市」を見たとおっしゃったら、
特典として冷やし月桃そばの大サイズが100円引きになりますよ☆彡

最近は、中国や韓国からのお客様も増えているそう。
島桑の麺や月桃の麺のおいしさを世界の人々に知っていただけるといいな♪

ちなみに、お店の名前の「ちばとぉ~んど」というのは、自分を鼓舞させるために、
自分にがんばれ!とエールを送る言葉だそうです!

最後に、月桃の花言葉は「さわやかな愛」と教えていただきました(*´▽`*)

おいしいおそばと楽しいお話をありがとうございました!

今回は、アーサそば、もずくそば、かぼちゃそば、島桑そば、月桃そばと5種類の沖縄そばを
いただきました!

いずれのお店でもおいしい沖縄そば、沖縄県産の食材を召し上がっていただきたいという
オーナーの方々の愛情を感じました。

また、県産食材を気軽に味わえる機会がこんなに多いと知り、マハエはとってもうれしい
気持ちになりました♪

またおいしい沖縄そばをさがしに出かけたいと思います!

 

☆★☆★☆★☆マハエの食べ歩きメモ☆★☆★☆★☆

●八重瀬町「屋宜家」
WEB:http://www.okinawastory.jp/gourmet/600004315

●南城市「くんなとぅ」
WEB:http://www.okinawastory.jp/gourmet/600004517

●南風原町「しぐれ」
WEB:http://www.okinawastory.jp/gourmet/600010101

●浦添市「ちばとぉ~んど」
WEB:http://www.okinawastory.jp/gourmet/600010103

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017年4月7日

本部そば街道めぐり【3】人気のお店から新しい味までさまざまな出会いがありました!

はいたい♪マハエです!
本部町にある沖縄そばのお店を食べ歩くシリーズ“本部そば街道めぐりの旅”第3弾です!

第2弾はこちら↓
本部そば街道めぐり【2】バラエティーにとんだ沖縄そばに出会いました♪ 

今回もおいしい沖縄そば、新しい沖縄そばに出会えましたので、報告いたします!

並里地区の「きしもと食堂 八重岳店」さんへやって来ました♪
こちらは、渡久地地区に100年以上続く老舗の「きしもと食堂」さんの2号店です。
本部桜まつりの会場である八重岳のすぐ近くにあります。

本店とともにとても人気があり、マハエが到着した時は満席だったため、
10分ほど待って入店ができました。

待っているあいだに店内を見学していたのですが、中国語で書かれた案内を発見しました☆
ウェルカムんちゅだ!
最近は、中国からのお客様が増えているそうです。

メニューは、三枚肉とかまぼこがトッピングされた「岸本そば」1種類で、サイズが選べます。

1日50食限定のジューシーも食べたかったので、マハエは小サイズのそばとともにオーダー(^▽^)/

いただきます~♪
お店オリジナルのどんぶりです!

太めの麺はコシが強く、食べごたえがあります!
木灰水の上澄みを練り込んだ手打ち麺だそうです。
この木灰を使うのは、昔ながらの製法なんですよ。

ジューシーもしっかりと味がしみこんでいて、おいしい☆☆☆
豚肉や昆布など具材もたっぷり♪

そばのダシはカツオの風味がとても効いていて、飲むと口の中にうま味が広がります。。
飲んでも飲んでもまた飲みたくなり、飲みほしてしまいました☆☆☆

でーじまーさん(とってもおいしい)でした!
ごちそうさまでした。

次にやって来たのは、備瀬地区の「美ら海カフェ」さんです。
人気の観光スポット・備瀬のフクギ並木のすぐそばにあるお店です。

沖縄そばだけでなく、カレーやピザなども揃うカフェです♪
どれにしよう~\(^▽^)/

いえいえ、今日は本部そば街道めぐりです。
もちろん、沖縄そばをオーダーしました!

いただきます~♪

トッピングの三枚肉がボリューム満点!
透きとおったダシは、国内産にこだわった昆布とカツオがブレンドされているそうです!

でーじまーさん☆☆☆

おいしい沖縄そばを食べて大満足になったのですが、オーナーさんおすすめの
「やんばる骨付き鶏カレー」もとってもおいしそうで・・

いただいちゃいました(≧▽≦)
骨付き鶏は、外はカリッと焼かれていて中のお肉はジューシー♪
スパイスが効いたカレーとよく合っていました☆☆☆

沖縄そばもカレーも大満足でした!

たくさん食べた後は、備瀬のフクギ並木でお散歩を楽しみました♪

しばらく歩いていると、寄り添って立つ2本の木を見つけました!

“夫婦(めおと)福木”だそうです。
近づくと、なんだかとても癒された気分になりました。

おいしいものを食べて、自然のパワーを浴びて、充電完了!

今回最後に紹介するのは、大浜地区の「zakka&mini cafe ra・shi・sa」さんです。
ハンドメイドのディスプレイたちがかわいい♪

お店の名前にある通り、雑貨のショッピングとカフェメニューが楽しめるお店です。
オーナーさんは、北海道出身のご夫婦です。

インテリア小物、アクセサリー、食器などがギッシリ!
宝探しのようにショッピングを楽しめそうです☆彡

さて、お目当ての沖縄そばは・・

なんと北海道名物の「ザンギ」がトッピングされていました!!
「ザンギ」とは、鶏肉に衣をつけて揚げたお料理です。
鶏のから揚げに似ていますね。

いただきます~♪

ダイナミックにトッピングされたザンギ。
これがおそばとよく合うんです!

ダシは、炒った鶏皮と白だしから作られているそうです!
体にじんわりとしみていくような、やさしい味でした。。

新しい組合せに驚きでしたが、でーじまーさん☆☆☆

おそばをオーダーするとついてくるシークヮーサー果汁を途中で入れてみたところ、
さっぱり味に変化して、またまた新しい味に☆彡
少し酸味が効いたダシもでーじまーさんでした☆☆☆

北海道と沖縄のコラボメニューを満喫して、お店をあとにしました。

帰りにお店の外にいたシーサーさんとパチリ☆

今回もさまざまな沖縄そばと出会えて、うれしかったです♪

 

☆★☆★☆★マハエのもとぶそば街道メモ☆★☆★☆★

No.7「きしもと食堂」(本部町伊野波350−1)

No.8「美ら海カフェ」(本部町備瀬403)
WEB:http://www.okinawastory.jp/gourmet/600009792

No.9「zakka&mini cafe ra・shi・sa」(本部町大浜862-32)
WEB:http://www.okinawastory.jp/gourmet/600008248

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

2017年1月31日

自然も歴史も食も!美だって手に入っちゃう。久米島の魅力をご紹介します♪




はいたい♪マハエです!久米島に行ってきました~。
久米島は沖縄本島から飛行機で約30分で行くことができます。(夏季には東京からの直行便も運行しています)


飛び立ったと思ったらすぐに着陸!久米島空港に降り立ちました~。

まずは見どころの観光スポットをご紹介します。
■ミーフガー


岩と岩が重なりあうダイナミックな景観に圧倒されます。
地元では子宝にめぐまれると言われるご利益スポットとして有名です。

■畳石


国指定天然記念物の奇岩郡。
安山岩質の溶岩がゆっくり冷えて岩石になる時に割れ目ができることでこの形になったと考えられています。
世界的にもめずらしいと言われているそうです。

■比屋定バンタ(ひやじょうばんた)


「バンタ」とは絶壁のこと。展望台からは海が一望できます。
この時はあいにく曇っていましたが、それでも海の色が青くてキレイでした~!
下にはクルマエビの養殖場も見えました。

■宇江城城跡 (うえぐすくじょうあと)





久米島で最も高い310mの宇江城岳に築かれた山城形式のグスク。
久米島の風景を一望できます。

■具志川城跡(ぐしかわじょうあと)


三方を海に囲まれた眺めのいいグスク跡です。久米島は大交易時代の要所だったこともあり、解明されていないものも含めるとグスク跡は10カ所以上もあるといわれているそうです。
ここから見える海も絶景ですよ☆

お腹が空いたのでおそばを食べに趣ある古民家の「やん小~(やんぐゎ~)」さんへ。


島味噌もやしそばを注文。このもやしは惣慶もやしという島内で作られているもやしを使っています。
島の外には出回らないので久米島でしか食べられないもやしなんだとか。
やさしい味でとーってもおいしかったです。

この時はあいにく天候が悪く行くことができなかったんですが、久米島といえば「ハテの浜」が有名。
久米島から船で15分ほどで行ける砂浜だけの島です。


こんど久米島に行く時は、絶対に訪れてみたいです!

久米島では海洋深層水を利用した産業が盛んです。
海洋深層水は海の深いところにある水で約2000年の年月をかけて地球全体を循環しているそう。久米島では水深612mからくみ上げています。

海洋深層水は表層水に比べて細菌などが少なく海藻や植物プランクトンに必要な栄養分が多いこと、一年中約9℃と冷たいことなどが特徴です。


海ぶどうやクルマエビの養殖にも活用されていたり、最近では温度差を利用した発電も行われていて、世界から注目されています。

マハエは海洋深層水がどう活かされているのか、工場見学で海ぶどうとクルマエビが養殖されているところを見せていただきました~。

■海ぶどう養殖


海ぶどうの養殖場にはたくさんの水槽が!こうやって人の手で大切に育てられているんですね。
育った海ブドウは粒が大きく、揃っていてまさに粒ぞろい。とっても美味しかったです~♪

■クルマエビ養殖


海洋深層水で生まれた稚エビは海のすぐそばの養成池に移され育てられます。エサ代には毎日約80万円も!?かかるのだそうです。
さらに状態をチェックするため毎日養成池に潜って様子を確かめているとのこと!


手塩にかけて育てられたクルマエビはとーっても美味しく、お刺身でいただくのがまた格別なおいしさでした。

そして食だけでなく美容にも活用されている海洋深層水。
沖縄の素材と海洋深層水を組み合わせた化粧品もありました。マハエも試してみましたよ♪



世界で初めて海洋深層水100%を利用した温浴施設バーデハウス久米島もあります。
水着着用のプールゾーン、 海を眺めながらの屋外ジャグジー! 水着のいらないスパゾーンもあって癒されます~。


水着はレンタル(有料)もあるので手ぶらでいっても入りやすいです。
マハエはここで旅の疲れをリフレッシュしました☆

自然も歴史ある遺跡も食も美容も、盛だくさんで楽しめる久米島の魅力、いかがでしたか。
みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。



~関連リンク~
久米島町
クルマエビ(久米総合開発株式会社)
海ぶどう(久米海洋深層水開発株式会社)
化粧品(株式会社ポイントピュール)

2016年12月28日

本部そば街道めぐり【2】バラエティーにとんだ沖縄そばに出会いました♪

はいたい♪マハエです!
“本部そば街道”をめぐる旅、第2弾を決行しました~!

第1弾の旅はこちら↓
【10/17は沖縄そばの日】本部町でおいしい沖縄そばを食べ歩き♪

沖縄本島の北部にある本部町は、2010年に沖縄県内で初めて「そばの町宣言」をしました。
“そばマップ”には、沖縄そばを提供しているお店の情報がこんなにたくさん!

今回もおいしい沖縄そば、お店の素敵な方々との出会いがありました♪
その様子をマハエの食べ歩きレポートでお届けします!

具志堅地区にある「田空(でんくう)食堂」さんへやって来ました!
お隣の今帰仁村の近くにあります。

食堂は「田空の駅 ハーソー公園」の売店の中にあります。

なんとこちらでは、食事メニューをオーダーすると、 無料でサラダバーが利用できるんですよ!
すべて公園内で育てられた野菜が、採れたての状態で揃っています☆彡

ウンチェーバー(空芯菜)、ハンダマ(ツルムラサキ)、青パパイヤ・・沖縄でおなじみの野菜がズラリ♪
本部町の特産品「もとぶ香りネギ」のドレッシングも!
この日は、里芋の煮物もありました\(^o^)/

ハーブティーのドリンクバーも♪
女子には特にうれしいサービスですね☆

よくばりなマハエは、沖縄そばとジューシーのセットをオーダー!
サラダや煮物も揃って、豪華なランチになりました~♪

ボリューム満点!そして、野菜たっぷりなのがうれしい(*´▽`*)

いただきます~!

麺がもちっとしていて 、ダシにはカツオが効いていて、おいしいです☆☆☆
三枚肉や軟骨ソーキも味がしっかり染み込んでいます!

ジューシーにも豚肉のコクが感じられ、でーじまーさん(おいしい)!
おそば、ジューシー、サラダ、煮物すべてペロリとたいらげました^ ^

売店では、本部町や近隣地域の特産品が揃います!

公園は広々としていて、のんびり過ごすことができます♪
そして、公園に沿うようにして小川があります。
ハーソー公園の「ハー」とは、この地域の言葉で「川」を指し、「ソー」とは「側(そば)」を表すそうですよ。

お散歩していると、なにやら視線を感じました・・

ヤギさんでした!

ヤギ小屋があり、たくさんのヤギさんがいました♪

柵から身を乗り出すようにして歓迎してくれました~(^▽^)
ヤギさんたちとのふれあい、楽しかったなぁ♪

おいしい沖縄そばが堪能でき、楽しいひとときを過ごすこともできて、大満足でした!

次にやって来たのは、大浜地区の「海鮮十兵衛」さんです!

海鮮料理やお寿司がメインのお店なのですが、ランチタイムにスペシャルな沖縄そばが食べられるんです♪
英語表記のメニューも!ウェルカムんちゅだ\(^o^)/

なんとお寿司とセットです!!

さすがはお寿司屋さん!
おいしそう~♪いただきます!

透きとおったダシが美しい☆
口にふくむと、カツオの香りが広がります。
三枚肉、ソーキ肉、かまぼこはどれもおおぶりで食べごたえ満点!

お寿司は、赤身が本部町で漁がさかんなカツオ、白身は沖縄の高級三大魚のひとつマクブ!
たまごにはアーサが入っていました。
美しい焼き方に職人さんの技が光っています☆

こちらでも豪華なランチをいただくことができ、幸せをかみしめながら、ペロリとたいらげました^ ^

お寿司も沖縄そばもでーじまーさん!
ごちそうさまでした。

英語表記のメニューのことを職人さんにたずねたところ、最近は、香港や韓国などの外国からのお客様が
増加しているので、メニューがわかりやすいようにとのことで用意されているのだそう。

世界中の人たちに沖縄のおいしいものをたくさん知ってもらえると、うれしいな♪

次にうかがったお店では、初めての沖縄そばに出会いました☆彡

お店は、沖縄美ら海水族館近く、豊原の「海庭(うみにわ)」さんです。

そばマップに載っていた、海庭さんの写真を見て、これはどんな沖縄そばなんだろう?と思ていたのですが・・

こちら「タコそば」でした!
タコライスの具材がトッピングされた沖縄そばだそうです!

この変わり種の沖縄そばが気になったので、オーダーしました(^o^)丿
いただきます~!

タコスミートとチーズがたっぷり♪
麺をすくいあげるまでは、タコライスのようにも見えました(´▽`)

未知なる世界のおそばに最初はちむどんどん(胸がドキドキ)でしたが・・
とろけたチーズが麺ととても相性がよく、どんどん食べてすすめてしまいました^ ^

一般的な沖縄そばには、泡盛に島唐辛子をつけた「コーレーグス」を調味料に使いますが・・

タコそばには、タコライスに使用されるサルサソースがおともでした!
途中サルサソースを入れてみましたが、スパイシーな味に変わり、2度楽しめましたよ~♪

初挑戦のタコそば、でーじまーさんでした☆☆☆
ごちそうさまでした。

多種多様な沖縄そばにめぐり会うことができ、ますます沖縄そばが大好きになりました\(^o^)/

マハエの本部そば街道めぐり、まだまだ続きます!

 

☆★☆★☆★マハエのもとぶそば街道メモ☆★☆★☆★

No.4「田空食堂」(本部町具志堅1334)
WEB:http://denkuu.okinawa/cafeteria/

No.5「海鮮十兵衛」(本部町大浜862-5)
WEB:http://hitosara.com/0006066546/?cid=aws_yg_ss_0092618
Facebook:http://bit.ly/2iD1LAY

No.6「沖縄そば専門店 海庭(うみにわ)」(本部町崎本部5209)
WEB:http://www.uminiwa.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

~関連リンク~
本部町商工会公式サイト 

2016年10月17日

【10/17は沖縄そばの日】本部町でおいしい沖縄そばを食べ歩き♪

はいたい♪マハエです!
10月17日は「沖縄そばの日」です!

記念日に合わせ、沖縄県内で初めて「そばの町宣言」された本部町を訪れ、沖縄そばの食べ歩きを決行!
がちまやー(食いしん坊)なマハエは、いろんな種類の沖縄そばを堪能してきました~♪

マハエがグルメレポートに挑戦してみましたので、ぜひご覧ください☆彡

本部町は、沖縄そばのお店が多く集まる県道84号線を中心に町全域を「もとぶそば街道」としてPRされています。
わ~!こんなにたくさんのお店が♪

まずは、上記のガイドの1番に登録されている、伊豆味地区の「そば屋よしこ」さんを訪ねました!

本部町観光協会の方に「てびちそば」が名物と教えていただき、オーダーしました(^o^)丿

大きなてびちの煮付けが3つもトッピングされています!!!

見ただけで、おいしそうなのがわかります^ ^

いただきまーす(≧▽≦)

てびちの煮付けは、とろとろ、ぷるぷるで、おいしい~(*´▽`*)
コラーゲンがたっぷり含まれていそうです!
美肌になるかな~♪

平麺のおそばとかつおだしの効いたスープともマッチして、でーじまーさん(とってもおいしい)でした☆☆☆
ごちそうさまでした。

店内で島唐辛子を発見!

沖縄そばには、島唐辛子を泡盛につけこんだコーレグースという調味料をお好みでかけたりするのですが、
そば屋よしこさんでは、自家製のものを提供されているそうです!

島唐辛子が実っている様子はなかなか見ることができないので、うれしかったなぁ♪

大満足でお店をあとにしました。

続いて、渡久地地区の「まーす家」さんにやって来ました。
本部町の在来種のネギ「もとぶ香りネギ」がトッピングされた沖縄そばがあるそうです!

もちろん、マハエはその“もとぶ香りネギそば”をオーダーしました(^o^)丿
わ~!もとぶ香りネギがどっさり!!

いただきま~す♪

炒められたネギが香ばしく、噛むと甘みも出てきて、おいしい♪
自家製の「もとぶ熟成麺」、あっさりとしたかつおだしとの 相性もバツグンです!
こちらも、でーじまーさんでした~\(^o^)/

もうひとつの看板メニューの「V3そば」は、グルメコンクールでグランプリに輝いたことがあるそうです☆
今度はこちらを食べてみようっと♪

次に、崎本部地区、本部港の向かいにある「みなと食堂」さんへやって来ました!
こちらは、三枚肉そばやソーキそばなどの沖縄そばの他に、煮付け定食やカレーライスなどの
メニューもそろう、アットホームなお店です。

マハエは、ソーキそばをオーダーしました(^o^)丿
ソーキと三枚肉、そして大きなかまぼこもトッピングされています♪

いただきま~す(*´▽`*)
ソーキは、骨がスッとはなれるほどやわらかく煮込まれています!
平たい麺はもちもち、かつおだしのスープはすっきりとした味わいで、でーじまーさん(∩´∀`∩ )

女性3人で切り盛りされていて、お客さんとの会話もはずみ、店内はとってもにぎやか♪
「マハエちゃん、知ってるよ~。イベントでよく見かけるよ!」とうれしいお言葉もいただきました。

「おいしいパパイヤが採れたから、食べて!」と、フルーツパパイヤをふるまっていただきました♪
パパイヤは野菜として食べることが多く、フルーツでは久しぶりに食べました!
おそばの後に甘いデザートがいただけて、うれしかったです☆☆☆

ありがとうございました。
ごちそうさまでした!

10月15日にもとぶかりゆし市場前で開催された「第6回そばフェア」にも行ってきました~♪

本部町のお母さんたちお手製のイベント限定の沖縄そばが食べられましたよ!

むとぅぶ麺、かつおだし、もとぶ香りネギ、もとぶ七味が使用された、本部町の素材づくしの沖縄そばです(≧▽≦)
こちらもでーじまーさん☆☆☆

他にも、本部町で収穫されたシークヮーサー(酢みかん)がアクセントの焼きサンマや

全国ご当地おやつ1位に輝いたアセローラフレッシュ も♪
本部町のおいしいものをお腹いっぱいいただきました(^ー^)

マハエの本部そば街道めぐりは、まだまだ始まったばかりです!
全店舗制覇を目指して、がんばります!!

 

☆★☆★☆★マハエのもとぶそば街道メモ☆★☆★☆★

No.1「そば屋よしこ」(本部町伊豆味2662)
WEB:http://www.okinawastory.jp/gourmet/600004631

No.2「まーす家」(本部町渡久地764)
WEB:http://www.ma-suya7.com/

No.3「みなと食堂」(本部町崎本部5209)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

~関連リンク~
本部町商工会公式サイト 

 

マハエちゃんプロフィール