Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年5月17日

沖縄本島の東に浮かぶ絶海の孤島「南大東島・北大東島」で名物料理を満喫♪

はいたい♪マハエです!
今回マハエは大東諸島にやってきました☆彡

大東諸島は沖縄本島の東、約340km先にあり
有人島の「南大東島」「北大東島」と無人島の「沖大東島」からなる絶海の孤島です!

有人島の南大東島・北大東島は断崖絶壁に囲まれ船の接岸は不可能のため
フェーリーからクレーンで上陸する珍しい光景や体験ができますよ(≧▽≦)

マハエが最初に到着した南大東島では「大東そば」が有名です☆彡
大東そばが食べられる「富士食堂」にうかがいました(*´▽`*)

メニューは「大東そば」や「ソーキそば」、「大東そばすしセット」、「バイキング大東そば」など色々あります♪
 
左が「大東すしそばセット」、右が「バイキング大東そば」です!

「バイキング大東そば」は大東そばにプラス数種類あるおかずが食べ放題(≧▽≦)

マハエは一番人気メニューの「大東そばすしセット」を注文しました☆

大東そばの麺は南大東島の海水を使って練り上げられており、コシが強く
モチモチとした太いちぢれ麺なので食べ応え満点♪

セットの大東寿司は、しょうゆベースのタレにサワラやマグロを漬け込んだ寿司で
ルーツは八丈島から南大東島へ来た開拓者が作ったとされています!!

次に海鮮料理が味わえる「いちごいちえ」にやってきました♪
ここでは深海魚のナワキリを使用した「ナワキリの塩焼き」や

大東そばの麺とヒラミ貝を使った「ヒラミそば」

そして「さしみの盛合せ」と「魚のフギ炒め」も頂きましたよ(*´▽`*)
 
さしみの盛合せにもナワキリがありました!脂がのっていて、とても美味しかったです♪

続いて、南大東島から北に約13km先にある北大東島に向かうため飛行機に乗り込み出発です☆彡

なんとフライト時間は約8分!あっという間に到着しました\(^▽^)/
離陸から着陸まで含めても約15分と日本一短い航空路線なんですよ!!

到着した北大東島では「レストランはまゆう」で「ソーキじゃが麺」を頂きました♪

北大東島の名産物であるじゃがいもを麺に練りこんだ「じゃが麺」を使用しています!
麺はモチモチしていて、いつもの沖縄そばとは違った食感が楽しめましたよ♪

  
南大東島と北大東島それぞれの島で違った料理や沖縄そばが味わえました!

皆さまも南大東島、北大東島に来た際は美味しいものめぐりなどはいかがでしょうか☆彡

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/南大東島

沖縄まるわかり/北大東島

 

富士食堂

ガーデンハウスいちごいちえ

レストランはまゆう

2019年4月19日

【ランキング1位】もずく麺のソーキそばとNEWオープンのバーベキューテラス☆彡

はいたい♪マハエです!
うるま市の海中道路沿いにオープンしたお店にうかがいました!

場所は「海の駅あやはし館」の中です。

3月1日にカフェ「海中茶屋」の外に「バーベキューレストラン produce by 海中茶屋」がオープンしました☆彡

海を目の前にテラスでバーベキューをお楽しみいただけます♪

サンライズもサンセットも眺められる絶好のロケーション☆☆☆

カウンターやソファ席など様々なシートが揃っていました。

居心地のいい空間です♪

こちらはランチタイムのバーベキューセット!

こちらのセットにおにぎりがついて1人前1,000円だそうです!
(写真のお肉は1人前、サラダは2人前です。)

美しい景色を眺めながらリーズナブルにバーベキューを楽しめちゃいます♪

5/30まではディナータイムもお得期間で、お肉がさらにボリュームアップしたセットで1人前1,500円!
4名様以上だと、5時間食べ放題飲み放題で2,500円のプランも利用できますよ!!

カフェ海中茶屋に移動しました。
シートは70席あり、広々としています!

大人数に対応できるソファ席もあり、女子会やグループで訪れるのにもピッタリ☆
壁一面が窓になっているので、お店からも海が見渡せますよ!

カフェ海中茶屋のソーキそばは、うるま市の沖縄そばランキングで1位を獲得したそうです☆

沖縄そばが大好きなマハエは、もちろんいただきました(*´▽`*)
麺を「もずく麺」「アーサ麺」「平打麺」「オリジナル麺」から選べます♪

マハエは、人気No.1のもずく麺をチョイスしました!
もずく麺はのどごしがよく、いっぺーまーさん☆☆☆
カツオが効いたやさしい風味のダシがマッチしています(∩´∀`∩)

このもずく麺は、うるま市で採れたもずくを原料に沖縄市の知念製麺所で特別に製造しているのだそうです!!

こちらのお店でしかいただけない麺なんですよ(≧▽≦)

沖縄で獲れたまぐろの丼もありました。
大勢の方に沖縄の食材を召し上がっていただき、地産地消を活性させたいとオーナーさんがおっしゃっていました。

世界中の方に沖縄で育てられた素材を召し上がっていただけるのは、とてもうれしいです!

もうひとつ教えていただいたのが、こちらのカレーライス。
さまざまな食材やスパイスが煮込まれ、南国風に仕上げられたカレーです!

具材のひき肉が弾力があり、食べごたえ満点(≧▽≦)隠し味でとっておきの食材もブレンドされているとこのとでした!

これからの季節はもずくが旬を迎えることもあり、もずく自体を麺に仕立てたざるそばもおすすめだそうです☆彡
こちらも気になります~(∩´∀`∩)

4月の第3日曜日が「もずくの日」ということもあり、近頃のマハエは“もずく熱”が高まっています!
沖縄で育てられたもずくを大勢の方にもぜひ召し上がっていただきたいです!!

素敵なロケーションとおいしいお食事に出会うことができ、ハッピーな時間を過ごしました♪

 

【関連リンク】

海中茶屋

海中道路 海の駅あやはし館に新カフェ「海中茶屋」がオープン

旅のテーマ/ロケーションカフェ

 

海中道路

沖縄のモデルコース/北・中部コース 絶景ドライブコース

第17回「もずくの日」

 

2019年4月9日

【4月9日は「唐人そばの日」】制定記念試食会に行ってきました♪

はいたい♪マハエです!
本日4月9日が「唐人そばの日」に制定されました☆彡

唐人そばは「沖縄そばのルーツ」と言われています。
マハエは以前、唐人そばの取材をさせていただきましたよ~♪
その時の様子はこちら→<110年ぶりに復活!沖縄そばのルーツ「唐人そば」

こちらが、唐人そばです。
現在の沖縄そばと少し似通っていますね。

現存する唐人そばにまつわる資料の中で、一番古いものが1902年(明治35年)4月9日付けの新聞広告で
「那覇市警察署下りに『支那そばや』開業」と記述があったそうです。
(「支那そば」とは唐人そばのことを指します。)

唐人そばをさらに普及させよう!ということから、こちらの日付を記念日として制定されたそうです☆

唐人そばの復活に研究面で協力をされた沖縄県工業技術センターで、本日記念の試食会がおこなわれました!
唐人そばは、がじゅまるの木の木灰水のうわずみを使って作られていたのですが、
工業技術センターではそのうわずみと同じ成分のアルカリ剤を開発することに成功したそうです!

以前の取材でお世話になった、沖縄そば発展継承の会の会長・野崎さんによる司会進行でスタート。
はじめに、唐人そばについての概要や歴史などの発表がありました。

唐人そばの認知度が上がってきており、当時のことを知る方から貴重な証言をいただけたりなど、
唐人そばにまつわる情報が増えてきているそうです!!沖縄そばのルーツについてより詳しく知れるのはうれしいですよね♪

発表会の後、試食会が始まりました!

野崎さんみずから、腕をふるってくださいましたよ(≧▽≦)

まずは、沖縄県工業技術センターの方たちが試食をされました。
皆さんに感想をうかがったところ、「ダシが濃い味なのかと想像していたが、実際はとてもマイルドで食べやすい」
「麺自体に味があり、とてもおいしい」など高評価ばかりでした☆☆☆

マハエもいただきました~♪
今回いただいたのは、豚ガラのダシとしょう油がブレンドされた唐人そばでした!

太めの麺はもちもちとした食感ですが、のどごしがとてもいいんです♪
いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

今回もペロリとたいらげました(∩´∀`∩)

野崎さん、今回もありがとうございます!

野崎さんからうれしい情報をいくつか教えていただきました♪

==================================================

【1】沖縄県内で唐人そばをいただけるお店が3店舗増え、合計12店舗になったそうです!

【2】東京の立川市にある「沖縄そば食堂 海辺のそば屋」でも唐人そばの販売がスタートしたそうです!!

【3】東京の伊勢丹新宿店で7月に開催予定の沖縄物産展にて、唐人そばの販売が決定したそうです!!!

==================================================

記念日をきっかけに、唐人そばと沖縄そばをより大勢の方に愛していただけるといいなとマハエも願っています☆彡

沖縄そばのルーツである唐人そばを皆様もぜひ召し上がってみませんか♪

 

【関連リンク】

マハエの沖縄ダイアリー/110年ぶりに復活!沖縄そばのルーツ「唐人そば」

マハエの沖縄ダイアリー/【10/17は沖縄そばの日】石垣島で八重山そばをめぐる旅♪

定番の沖縄グルメ

沖縄のグルメスポット

沖縄そば発展継承の会 公式サイト(外部)

沖縄そば食堂 海辺のそば屋(外部)

2018年12月28日

110年ぶりに復活!沖縄そばのルーツ「唐人そば」

はいたい♪マハエです!
沖縄そばのルーツである「唐人(とうじん)そば」が、今年の6月に沖縄県内の沖縄そば店で発売になりました☆彡

唐人そばについてくわしく知りたいと思い、沖縄そば発展継承の会の会長である野崎真志さんにお話をうかがいました。
野崎さんが中心となり研究や開発がなされ、唐人そばが110年ぶりに復活したんですよ!

お会いした場所は唐人そばを提供されているお店のうちのひとつ、那覇市壺屋にある「そば処 大笑(うふわらい)」さんです。

野崎さんはこのTシャツを着用し、日々活動されているそうです!
“すば”は「そば」、“じょーぐー”とは「大好きな人」「愛好家」を意味する沖縄の言葉です。
野崎さんは自他ともに認める“すばじょーぐー”なんです!

沖縄そばのお店を営業されていた経験もあるそうですよ。
マハエもこのTシャツ、着たいな~(≧▽≦)

唐人そばを復活させるきっかけとなったのは、沖縄そば発展継承の会が毎年開催されている
「沖縄そばスタンプラリー」だったそうです。
現在、第8回が開催されています!

一昨年の第6回開催時のアンケートに「沖縄そばのルーツの知りたい、食べてみたい」とコメントがあったことから、
翌年第7回で「唐人そば」をラリー達成上位入賞者の特典として提供したそうです。

そこから評判が広がり「唐人そばを食べてみたい」という声が多く寄せられ、大勢の方に食べていただけるように
お店でも提供しようということになり、さらに研究を重ねられたとのこと。

商品化にあたり、さまざまな資料や文献を頼りにさらに唐人そばについて調べられた野崎さん。

調べた中で最古の資料が、1902年発行の県内新聞紙に掲載されていた「支那そば屋」の広告でした。

支那そば屋は、宮崎県出身の福永義一さんが経営されていたお店で、中国人(支那人)の方が料理人を務めていました。
支那人が作っているそばということで「トーンチュスバ(唐人そば)」と呼ばれていたそうです。

その支那そば屋に勤めていた比嘉牛さんという方が、1905年に自らお店を開業し、そちらでもしょう油ベースの黒いスープの
そばが提供されるようになりました。

実際に唐人そばを見てみましょう\(^▽^)/
過去の文献の記述によると、具は「ねぎと豆粒大の豚肉のみ」だったそうです。

現在の沖縄そばの具とほぼ同じ食材ですが、豚肉の形状が異なりますね。

次に麺に注目!
「昔は麺が太かった」という数々の証言をもとに、太めの麺を用いることにしたそうです。

伝統的な「木灰そば」の味を再現するため、その成分を分析し開発した、専用のアルカリ剤を使用し製麺されています!

木灰そばとは、がじゅまるなどを燃やした時に発生する灰を水につけた、木灰水のうわずみを混ぜて作られていた麺です。
沖縄では現在もこの木灰そばを使用されている沖縄そばのお店がありますよ。

復活した唐人そばでは、食感を出すためにちぢれも加えたそうです。

そして最も特徴的なのが、スープです!
資料には、唐人そばのスープは「しょう油味の黒いスープ」と記述されていたそうです。

現在の沖縄そばで、このような黒いスープをマハエは見たことがありません!

「唐人そば」誕生から20年近くにわたり、しょう油ベースの黒いスープが主流でしたが、その後「ゆたか屋」さんというお店が
塩ベースの白いスープのおそばを提供し始め、それが現在の沖縄そばに発展したそうです!

しょう油味のスープをそのままに提供すると、敬遠されるかもしれないと予想した野崎さんたちは、
色を再現しつつ、現在の沖縄そばのスープの味に近づけるため、研究と試作を重ねました。

このスープの開発が一番苦心されたそう。

完成までに約10ヵ月を要し、ようやく「唐人そば」が誕生しました☆彡

それでは、唐人そばをいただきます~!

麺は、もちもちとした食感でありながらのどごしもよく、食べごたえがあります!

スープは、開発のお話を聞いた後でも、実際に見ると味が濃いかも・・と想像したのですが、
まったくくどさがない、ダシがきいたおいしいスープです!

いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

麺もスープも具もペロリとたいらげましたよ~^ ^

野崎さんには、沖縄そばについてさらにお話をうかがいました。

現在、沖縄そばのお店は、残念なことに減少傾向にあるそうです。

野崎さんは、沖縄県民のソウルフードである沖縄そばをなくしたくない!そばじょーぐーが増えてほしい!
という思いを胸に、イベントや小中学校で沖縄そば作り体験の出張教室などを開催されています。
そして、夢は「沖縄そば博物館」を作ることだそうです!

素敵☆
沖縄そば博物館の設立が実現するといいな(≧▽≦)

唐人そばは、沖縄県内の複数の店舗でいただくことができます!
ぜひ皆様も沖縄そばのルーツを味わってみませんか♪

大晦日が近づき、年越しそばは何をいただこうかと胸をはずませているマハエでした(*´▽`*)

 

【関連リンク】

沖縄そば発展継承の会 公式サイト(外部)

定番の沖縄グルメ

沖縄のグルメスポット

マハエの沖縄ダイアリー/【10月17日は沖縄そばの日】県産食材にこだわった沖縄そばを食べ歩き♪

2018年8月17日

この夏絶対食べたい!沖縄の人気かき氷☆ランキングbyトリップアドバイザー(R)

琉冰(リュウピン)

はいたい♪マハエです!

トリップアドバイザー(R)さんの 「口コミで選んだ、この夏絶対食べたい日本のかき氷 ベスト25」のTOP5に沖縄のお店が4店舗ランクインしました。

そこで、沖縄本島に店舗がある恩納村の「琉冰(Ryu-pin)」さんと名護市の「ひがし食堂」さんに行ってきました!

 

まずは、4位にランクインした「琉冰(Ryu-pin)」さんへ。

「琉冰(Ryu-pin)」さんは、おんなの駅なかゆくい市場さんにあります。

琉冰

メニューがたくさんあって迷いましたが、沖縄のフルーツがたっぷりとトッピングされた「トロピカルフルーツ」をいただきました。

パインやマンゴー、パッションフルーツ、ドランゴンフルーツ、バニラアイスクリーム、練乳がトッピングされていて、とてもゴージャス(≧▽≦)

琉氷

赤い果肉のフルーツは、ドラゴンフルーツ

果肉の周りの皮が、竜のうろこの様に見えることからこの名前で呼ばれるようになったのだとか・・・。

ピタヤと言えばお分かりになる方も多いのではないでしょうか。

果実はこんなに鮮やかで、皮も特徴的ですが癖のないお味でさっぱりいただけます。

フルーツの下の氷もただの氷ではなく、味付きなのですがさっぱりとしていて美味しかったです(*^_^*)

何が入っているかは食べてからのお楽しみ♪
琉冰

マハエは、この日は練乳のかかっていないバージョンをいただきました。

練乳なしバージョンもあっさりしていて美味しかったので、気になる方はこちらもぜひお試しください。

琉冰さんには、「アイスマウンテン(かき氷)」以外にも「トロピカルジュース」や「アイスクリームちゃんぷる~」などのメニューもあります。

琉冰

「アイスクリームちゃんぷる~」は、アイスクリームをメインに沖縄の食材やフルーツ、白玉などがちゃんぷる~(混ざっている)されている沖縄らしい一品。

琉冰

今度訪れたときにはこちらも食べてみたいな~(´▽`*)

 

続いて、5位にランクインした名護市のひがし食堂さんにやってきました。

赤瓦の屋根とクリーム色の外壁が目印の沖縄らしい建物。お昼時間に訪れたこともあってお席は満席☆

ひがし食堂(名護)

人気のかき氷ベスト5がお店の入り口ドアに貼り出されていたので、入店前にぜひチェックしてみてください(≧▽≦)

ひがし食堂(名護)

1位はミルクぜんざい、2位はイチゴミルク、3位はぜんざい、4位は三色みぞれ、5位は宇治ミルク金時だそうです。

1位のミルクぜんざいと2位のイチゴミルク、色味がキレイな三色みぞれをオーダー!

ひがし食堂(名護)

ご存知の方もいるかと思いますが、沖縄でぜんざいといえば、冷たく冷やしたおしるこにかき氷がのっているものが定番(^^)

練乳ミルクのまろやかなな甘さとふわふわの氷が何ともいえません。

氷の下のお豆は程よい柔らかさで、白玉ももちろん入っています(*^_^*)

東食堂 イチゴミルク

こちらは、2位のイチゴミルク。

イチゴとミルクのハーモニーとふわふわの氷がなんとも言えません(´▽`*)

ひがし食堂(名護)

三色みぞれは、イチゴとレモンとメロンのシロップがかかっています。

カラフルな色合いのかき氷は、見ているだけでも楽しいハッピーな気分になりますね(*^▽^*)

一度に色んな味を楽しめるのもお得で、お子様にも大人気☆

 

もちろん、食堂なのでお食事メニューも充実していますよ。

ぜひ、ランチと一緒にお召し上がりください。

ひがし食堂(名護)

今回は、「たまごやき」「とうふちゃんぷる~」「三枚肉そば」をいただきました。

東食堂 食事「たまごやき」のメニューには、ポークと野菜炒めも入っています。

おにぎりにも一緒に入るくらい、ボークとたまごは沖縄では鉄板の仲良しコンビなんです☆

 

今回は時間がなくて北部まで行く余裕がないと言う方もご安心ください!

那覇の新都心公園内に支店があって、そちらでも同じメニューをいただくことが出来ます。

ひがし食堂(名護)

今年の夏は、本土でも沖縄以上に暑い日が続いている場所が多いようなので、

ぜひ沖縄でかき氷を食べながら涼んでみてはいかがでしょうか~(*^▽^*)♪

 

トリップアドバイザー(R)さんの 「口コミで選んだ、この夏絶対食べたい日本のかき氷 ベスト25」の一部は下記のページで紹介しています。

石垣島に行かれる予定がある方は、2位の「パーラーみんぴか(波照間島)」さんや3位の「パーラー ぱいぬ島(竹富島)」さんなどもぜひ訪れてみてください(^^)/

 

【関連リンク】

「口コミで選んだ、この夏絶対食べたい日本のかき氷 ベスト25」に沖縄のお店が上位5位中4店ランクイン!

琉冰 Ryu-Pin(恩納村)

石垣島、竹富島、波照間島へのアクセス方法

 

【おすすめリンク】

『古座間味ビーチ』が日本の人気ビーチランキング1位に!

8月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

2018 夏休み 親子で楽しめるイベント情報 

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール