Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年5月24日

南大東島の旅!おすすめスポットめぐり☆

はいたい♪マハエです!
先週の名物料理に続き、南大東島の観光スポット・体験をご紹介します☆彡

南大東島は、1900年に八丈島から開拓者が上陸するまでは無人島だった島です!

その後沖縄からの移住者が増え、現在では沖縄と八丈島が入り混じった文化が根づいています。
地形も沖縄本島とは違って周囲を断崖絶壁に囲まれているため砂浜のビーチはなく、気候は沖縄なのに本島では見られない風景や独特の文化のある島です。

南大東島は、沖縄本島から船または飛行機で行くことができます。

飛行機だと那覇空港から一時間ほどで到着!

空港でレンタカーを借り(事前予約)、最初に海軍棒プールへ!約5分ほどで到着しました。

ビーチがないこの島ではこちらで泳いだり、遊べるように人工的にくり抜いた、プールと呼ばれる場所が2カ所あります。

大きくくり抜かれていて、中をのぞくとお魚がいっぱい!
周りの海は荒れていたのですが、プールの中なら安心して泳げそうでした。

次は車で20分ほどのところにある、大東神社へ。

背の高い木の間をぬけていくと、鳥居が見えてきました。

鳥居のそばには土俵がありました。
沖縄には本土とは少し違う沖縄角力という相撲がありますが、南大東では本土と同じ相撲と沖縄角力どちらも行われているとのことで、優勝者が掲示されていました。

沖縄本島にも神社はありますが、どこか少し違った雰囲気を味わうことができました。

そこからまた車で15分ほど移動して、鍾乳洞「星野洞」へやってきました!

入り口は小さいのですが、スロープを降りていくと地下に広大な鍾乳洞が!

南大東はサンゴでできている島なので、島の地下全体が鍾乳洞になっているとのこと!
星野洞では地下40mと、とても深い鍾乳洞を見ることができます。

中は階段が整備されていて歩きやすく、奥までスムーズに行くことができました!
ライトアップされた鍾乳石は迫力満点!!

鍾乳石は上から伸びている石は1cm伸びるのに100年、下から伸びている石は1cm伸びるのになんと400年かかるとのこと!

赤土に含まれている鉄分が酸化して出た茶色と、サンゴ礁の成分でできている白い石が交互になっているシマシマ模様の鍾乳石もありました(@_@)

上をよく見るとストロー状に細く伸びる鍾乳石も発見。とても珍しい鍾乳石だそうです。

地下にこんな世界が広がっているとは、地上のさとうきび畑からは想像もつきませんでした!

真っ白な鍾乳石を見ていると、この島はホントにサンゴでできているんだな~と感じました。
長い年月を経てできたこの景色は、圧巻です!!

希少な鍾乳石をいくつも見ることができました。

星野洞を出て車を走らせていると、お地蔵様を見つけました。

お地蔵さまは沖縄本島では見かけることがほとんどないので、こういう景色にも八丈島の文化を感じます。

日が沈む前に、夕日の広場という場所へ。

真っ直ぐな水平線と、どこまでも続く空のグラデーションがとてもキレイでした。

こちらから見える景色はごつごつとした絶壁でしたが、5・6月にはひまわり畑となるそうです!
今の季節がちょうど見ごろかもしれないですね^^

この日の宿は、集落の近くにあるコテージ「KIRAKU」。

ハイビスカスの葉に囲まれた敷地に入ると、可愛らしいコテージが並んでいて優しい色合いの配色に突然、別世界にきたようなワクワク感!

部屋の中もドーム型の天井にロフトがついていてレンガ色が素敵な雰囲気♪
ふかふかのベッドでゆっくり過ごすことができました☆

二日目は朝日を見に、日の丸山展望台へ!
薄暗い空から朝日が射してきました。

南大東の特徴なのですが、展望台にのぼっても海が見えません。
島の周囲が石灰岩がせりあがってできた島なので、集落部分は盆地のようになっており、高い所にのぼっても海が見えないそうです。

なので朝日は、せりあがった部分に広がっている緑地からのぼってきます。

海で囲まれた島とは思えない風景ですね~!

朝日を観賞した後は空港近くの「ピットイン新城」で月桃工芸体験をさせてもらいました!
島に自生している月桃の茎を使用しているんですよ!

月桃は本島では「ムーチーに使われる葉」のイメージが強いのですが、南大東では昔からサトウキビの収穫に茎を使用していたそうです。

月桃は丈夫で香りも良く、色々なものが作れるとのことで今回は花瓶を包む筒を作りました!
土台を作ってもらったところからスタート♪

これが月桃の茎の部分です。本島でよく見るものとは違う種類だそうで、大きいもので4mになるとのこと!

この茎を割いて伸ばして乾燥させたものがこちら↓

これに水を吹きかけると柔らかく、しなるようになるので濡らしながら編んでいきます。

20cm程度編んだら出来上がり!

濡れた茎から月桃の良い香りが広がって編みながら香りに癒されていました♪

教えていただいた作家さんに作品を見せてもらいました!
茎自体はとても固いのですが、こんなに可愛い小物やバッグが作れることにびっくりでした!!

花が咲くと良い香りを放つ月桃、色々な使い道があるんですね~☆

【番外編~お土産~】
南大東には島産のお土産もたくさんあります!

マハエは島名物のサトウキビから作ったラム酒「コルコル」を使用した、ラム酒ケーキを食べました!
しみこんだコルコルが濃厚で大人の味ですが、しっとりしたスポンジが柔らかく、ふわっと広がるラム酒の風味がとても美味しかったです^^

沖縄らしさもあり、でもちょっと本土の文化も混ざっている南大東島。

のんびりと現実逃避のできそうな穏やかな島でした。
家族でも、カップルでも、1人旅にもおすすめです~☆

 

【関連リンク】

南大東島のおすすめ観光スポット

南大東島のおすすめグルメスポット

南大東島の宿泊情報

南大東島のイベント

南大東島 貴重な動植物の宝庫「うふあがり島」の自然を満喫コース

2019年5月17日

沖縄本島の東に浮かぶ絶海の孤島「南大東島・北大東島」で名物料理を満喫♪

はいたい♪マハエです!
今回マハエは大東諸島にやってきました☆彡

大東諸島は沖縄本島の東、約340km先にあり
有人島の「南大東島」「北大東島」と無人島の「沖大東島」からなる絶海の孤島です!

有人島の南大東島・北大東島は断崖絶壁に囲まれ船の接岸は不可能のため
フェーリーからクレーンで上陸する珍しい光景や体験ができますよ(≧▽≦)

マハエが最初に到着した南大東島では「大東そば」が有名です☆彡
大東そばが食べられる「富士食堂」にうかがいました(*´▽`*)

メニューは「大東そば」や「ソーキそば」、「大東そばすしセット」、「バイキング大東そば」など色々あります♪
 
左が「大東すしそばセット」、右が「バイキング大東そば」です!

「バイキング大東そば」は大東そばにプラス数種類あるおかずが食べ放題(≧▽≦)

マハエは一番人気メニューの「大東そばすしセット」を注文しました☆

大東そばの麺は南大東島の海水を使って練り上げられており、コシが強く
モチモチとした太いちぢれ麺なので食べ応え満点♪

セットの大東寿司は、しょうゆベースのタレにサワラやマグロを漬け込んだ寿司で
ルーツは八丈島から南大東島へ来た開拓者が作ったとされています!!

次に海鮮料理が味わえる「いちごいちえ」にやってきました♪
ここでは深海魚のナワキリを使用した「ナワキリの塩焼き」や

大東そばの麺とヒラミ貝を使った「ヒラミそば」

そして「さしみの盛合せ」と「魚のフギ炒め」も頂きましたよ(*´▽`*)
 
さしみの盛合せにもナワキリがありました!脂がのっていて、とても美味しかったです♪

続いて、南大東島から北に約13km先にある北大東島に向かうため飛行機に乗り込み出発です☆彡

なんとフライト時間は約8分!あっという間に到着しました\(^▽^)/
離陸から着陸まで含めても約15分と日本一短い航空路線なんですよ!!

到着した北大東島では「レストランはまゆう」で「ソーキじゃが麺」を頂きました♪

北大東島の名産物であるじゃがいもを麺に練りこんだ「じゃが麺」を使用しています!
麺はモチモチしていて、いつもの沖縄そばとは違った食感が楽しめましたよ♪

  
南大東島と北大東島それぞれの島で違った料理や沖縄そばが味わえました!

皆さまも南大東島、北大東島に来た際は美味しいものめぐりなどはいかがでしょうか☆彡

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/南大東島

沖縄まるわかり/北大東島

 

富士食堂

ガーデンハウスいちごいちえ

レストランはまゆう

 

マハエちゃんプロフィール