Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年5月8日

【5月8日はゴーヤーの日】祝40周年☆沖縄県立農業大学校でゴーヤーについて学びました!

はいたい♪マハエです!
本日5月8日は「ゴーヤーの日」です!

沖縄は、ゴーヤーの生産量日本一を誇ります☆☆☆

マハエは日々、ゴーヤーチャンプルーなどさまざまなお料理でいただいていますよ~♪

ゴーヤー大好き(≧▽≦)

これから旬を迎えるゴーヤーについてさらに学びたいと思い、名護市にある県立農業大学校をたずねました。
昨年に続き2回目の訪問です!

今回は、川満校長先生にお話しをうかがうことができました。
ミス沖縄2019クリーングリーングレイシャスの譜久里美樹さんと一緒にお勉強します♪

沖縄県立農業大学校には、野菜専攻コース、花き専攻コース、果樹専攻コース、肉用牛専攻コースがあり、
各コースに2年課程の「本科」と1年課程の「短期養成科」があります。

本科では高校を卒業された方が、短期養成科では社会人経験のある20~60代の方が学ばれているそうです。

沖縄の農業の未来を支えてくれているんですね☆彡

野菜専攻コースでは、ゴーヤー、ピーマン、なす、いんげん、トマト、ミニトマト、パプリカを栽培されています。
生徒さん1人1人が約180平米のハウスを1棟受け持ち、それぞれがテーマを持って作物の栽培に取り組みます!
こちらが実習用のハウスです。

ゴーヤーの栽培方法について、野菜専攻コースの宮城先生に教えていただきました!

雄花と雌花をひとつひとつ手作業で受粉させます。

受粉後、雌花に実がなります。
花の下に小さいゴーヤーの実が見えますね(*´▽`*)

25~30日後には成熟したゴーヤーに育つそうです!

想像していたより成長が早く、驚きました。

こちらのハウスでは、3種のゴーヤーが育てられていました!

「てぃだみどり」
2015年に発表された品種で、美しい形が特徴です☆

「ハウス・アバシー」
2017年に発表された品種で、病気に強く、1年を通して栽培できるそうです!

「汐風」
色が淡いのが特徴ですが、苦味はしっかり効いています!

野菜を育てるにあたり、どうしても避けられないのが害虫。

農業大学校では、環境保全や農薬の減少を目的とし、害虫の天敵である「スワルスキーカブリダニ」や
「タバコカスミカメ」などをハウスに放出し、駆除をしているそうです!

タバコカスミカメが生息する植物をハウス内で一緒に育てられていました。

こちらがタバコカスミカメ。
小さな体で害虫を退治してくれているんですね!

ゴーヤー以外の作物も見せていただきましたよ~!

ピーマンの栽培を勉強されている、2年生の井田さん。
ご実家は農家ではないそうですが、自ら新しい道にチャレンジしようと農業大学校に進学されたそうです!

ツヤツヤと輝く井田さんのピーマン。
2つの品種のピーマン、さらにししとうも栽培されています!

枝は4本以上に分かれるそうですが、これを3本に集約し、実のひとつひとつに栄養分が多く行きわたるように
育てられているそうです。

井田さんは、入学した当初は未知の世界に不安もあったそうですが、ピーマンを育てるのが日々楽しく、
「気がついたら1年経っていたという感じだったので、農業は自分に合っているのだと思いました」とのこと。
たのもしいお言葉です(∩´∀`∩)

井田さんが育てたピーマンが皆様のもとへたくさん届きますように☆彡

なすを栽培されている西里さんも農家の出身ではなく、自ら農業を目指し入学されたそう。
大きく成長したなすにビックリ(≧▽≦)

マハエがおどろいていると、「普通ですよ~」とニッコリ。
西里さんの愛情がなすにしっかり注がれているんですね♪

最後に、西里さん、中村さん、井田さん、講師のお2人、宮城先生と記念にパチリ☆
沖縄県立農業大学校は、今年40周年を迎えられたそうです!

おめでとうございます!!
これからもおいしい野菜を届けてください~\(^▽^)/

毎年5月8日には名護市の「中山ゴーヤーまつり」で農業大学校の生徒さんが育てられた野菜の販売会があるそうです!
お近くにいらっしゃる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪

これからも生産者の方々に感謝の気持ちをこめながら、ゴーヤーをいただきたいと思います!!

 

【関連リンク】

沖縄食材図鑑

5月の沖縄旅行・旬のグルメ

おいしいをめぐる旅/沖縄でしたい10の食体験・松本嘉代子先生の琉球料理教室

 

マハエの沖縄ダイアリー/【7/15はマンゴーの日】沖縄県立農業大学校でマンゴーについてお勉強

マハエの沖縄ダイアリー/【旬の県産食材】島らっきょう「沖縄一の産地」伊江島をたずねました!

 

中山ゴーヤーまつり※2018年の情報(外部リンク)

中山ゴーヤーまつり/ゴーヤー原液試飲会イベント(外部リンク)

 

 

2017年11月24日

那覇から船で約2時間!渡名喜島で素敵な風景に出会う旅♪

はいたい♪マハエです!
ミス沖縄2017スカイブルーの嘉数晴花さん、コバルトブルーの町田満彩智さんと一緒に
渡名喜島の旅へ行ってきました!

赤瓦の屋根とフクギの並木が続く集落、ウミガメが泳ぐ姿、夜に行動するヤシガニ、
広大に見渡せる美しいサンセット、ほんのり照らす灯りにぬくもりを感じるフットライトなど・・
島でしか見られない風景にいくつも出会いました。

渡名喜島へは那覇泊港から久米商船さんが運行する船で向かいます。那覇を出発した船の中から旅のレポートをスタートします☆彡

船は2種類あるのですが、往路は所要時間が少し短めの「フェリー琉球」でした。
出発時にどの船になるかがわかります。

船内は明るく、清潔感がただよいます。
コンパクトですが、椅子席、のんびり横たわることもできる広間、
また、ラウンジ席もあり、移動中は思い思いの過ごし方ができます。

女子旅、楽しいな♪

嘉数さんと町田さんとゆんたくしていると、船が渡名喜島に到着しました!

今回の旅は、民宿「ふくぎ屋」のご主人・南風原さんにナビゲーターをしていただきました。港でお迎えいただき、まず民家が多く建つ集落へ向かいました。

フクギが想像以上に生い茂っていて、おどろきました!
渡名喜島はフクギが多いことから「フクギのフーちゃん」というキャラクターが活躍しているんですよ♪

フクギのトンネルの中にいるようで楽しい♪

嘉数さん、町田さんもフクギの中の散策を楽しまれていましたよ!

フクギ並木が続く中、ピンク色のハイビスカスを発見☆

淡いピンク色を見かけられるのはめずらしいので、みんな笑顔です♪

続いて、島の名所に案内していただきました。

【あがり浜~アンジェーラ浜】 渡名喜港(フェリーターミナル)から集落を抜けて反対側に「あがり浜」があります。
渡名喜島で唯一遊泳ができるビーチだそうです!

アマンジャキと呼ばれる海岸沿いの弓道を歩きながらお隣のアンジェーラ浜へ向かいます。

歩きながら見える海がとても美しいんです☆

あらためて沖縄の海の美しさに感動しました!

アンジェーラ浜に到着すると、南風原さんが「ここには小さなカニがたくさんいるんだよ」と
教えてくれました。
南風原さん、巣穴を見つけてすばやく掘り起こし・・

つかまえてくれました!
かわいいサイズのカニさんです^^

こちらが巣穴の入口です。

南風原さんにコツを教えていただき、嘉数さんもトライしてみましたが・・
なかなかむずかしく、つかまえることができず!

アンジェーラ浜では満潮時にウミガメが泳いでいるのも見えるそうです!
この日は残念ながら見ることができませんでしたが・・

アンジェーラ浜は遊泳が禁止されていますので、訪れる皆様はマナーをお守りください。

あがり浜、アンジェーラ浜で海の景色を堪能した後は、裏手の山を越えて反対の西側の海岸へ。

【ユブク浜~漁港(ウミガメ&サンセットスポット)】
こちらはユブク浜です。
「神の宿る岩」があると言われています。

こちらがその神の宿る岩だそうです!

この時、空が少し曇っていたのですが・・
神の宿る岩周辺だけに光が差し、水面がキラキラ輝いていました☆

太陽が神様を照らしてくれたのでしょうか(*´▽`*)

ユブク浜から道なりに移動し、ウミガメが見える穴場スポットとして
漁港に案内していただきました!
いました~!!

息つぎのタイミングで顔をあげます。
つぶらな瞳がとってもかわいい(*´▽`*)

南風原さんに、サンセットがとてもきれいに見えるスポットを教えていただき、
日没の時間まで少し待ちます・・

もうすぐ日が沈みそうというタイミングでスタンバイ!

漁港の近くに長い防波堤があるのですが、そちらから空と海が広く見渡せるんです!

嘉数さん、町田さんも空の美しさにウットリ・・

マハエもウットリ(*´▽`*)

素敵なサンセットタイムを満喫できました♪

サンセットを見届け集落に戻ると、フットライトが灯り始めていました☆
まわりをほんのりと照らしていて素敵・・。

夕食をいただき、あたりが暗くなった後は、ナイトツアーへ!

【ヤシガニ探しナイトツアー】
「夜になるとヤシガニが見られるよ」と、南風原さんがナイトツアーへ案内してくれました!

車で山道を上っていきます。

慎重に車を走らせていると・・

いました!!
車を停め、南風原さんが慎重に近づきます。

南風原さん、つかまえて見せてくれました!
こちらは小さいサイズかつヤシガニに慣れた南風原さんなので、つかまえられるそうです。

マハエも近づいてみました!
ヤシガニさんが足をのばしてきました!

キャ〜!!

その後、大きなヤシガニさんも発見☆
迫力です!!
間近で見られる機会はなかなかないので、テンションがあがりました\(^▽^)/

ヤシガニさんは基本的にやさしい性質なのですが、むやみに近づくと
はさみを向けてくる可能性があります。
必ずガイドの方を伴って指示に従い、ツアーにご参加ください。

集落に戻ると、フットライトの灯りがさらに際立っていました☆☆☆

【村道1号線のフットライト】
フェリーターミナル近くの村役場からあがり浜まで続く村道1号線は
夜になるとフットライトが灯り、あたりをほんのりと照らしてくれます。

嘉数さん、町田さんは、ドレスに着替えてフットライトの中をお散歩♪

まるで妖精のようです(*´▽`*)

フクギをやさしく照らすフットライトにぬくもりを感じました。

この風景は渡名喜島でしか見られないのではないかと思います!

旅の1日目はここで終了となりました。

【集落のまちまーい】
2日目は、南風原さんが集落のまちまーいに案内してくださいました。

島のフクギの歴史や史跡について教えていただきました。
島唯一の島豆腐屋さんを見ることもできましたよ♪

島で最古、樹齢230年のフクギがありました〜!

葉はとてもツヤがあり、貫禄のある幹にたくましさを感じました!

集落の民家の多くは、赤瓦の屋根の家屋です。
島の美しい景観と伝統的な建造物を守るため、赤瓦の屋根を継承されているそうです!

渡名喜島は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているんですよ。

集落を歩きながらマハエが不思議に思ったのが、どの民家も道路から少し低い位置に
建っていることでした。
これは、台風などの暴風対策なのだそうです!

渡名喜島の集落は山と山にはさまれた位置にある為、昔から風の通り道になることが多く、
暴風が吹くと家屋への被災が大きかったのだそう。

そこで、道路から低い位置に家屋を置くことで少しでも風の影響を避けようと、
このような建て方をするようになったのだそうです!

自然と共存していく為の工夫だったんですね☆

島の暮らし、歴史などを楽しくお勉強できました♪

まちまーいの終了後、那覇へ向かう船に乗る為フェリーターミナルへ。

【那覇フェリーターミナル売店】
船を待っているあいだお土産ショッピングタイムを楽しみます♪
ターミナルの売店は、船の出発時間に合わせて時間限定でオープンするんです!

島で採れた野菜や穀物などを使用した食品、お菓子がズラリ^^
どれもおいしそう!そしてパッケージもキュートです♪

渡名喜島で作られる農産物はすべて無農薬なんですよ!
こちらもうれしいポイントです☆

出発前に南風原さんと記念撮影♪
島のあちこちに案内していただき、また、島についてたくさん教えていただき、
ありがとうございました!

2日間の滞在中、素朴で素敵な島の風景にいくつも出会えました。
また訪れたいと思います!

 

~関連リンク~

おきなわ物語/渡名喜島

リトハク/渡名喜島

 

 

マハエちゃんプロフィール