Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年5月17日

【チムのお出かけ】那覇三大祭の一つ、「那覇ハーリー」に行ってきました!

はいさい!チムだよ!
ゴールデンウィーク中、チムは5/3~5/5に開催された「那覇ハーリー」を見にいってきたさー!

  ハーリーは航海の安全や豊漁を祈願し、爬龍船(はりゅうせん)やサバニと呼ばれる漁船で競漕を行う伝統行事で、 県内各地で旧暦の5月4日(ヌッカヌヒー)に行われているんだよ♪

那覇ハーリーは観光客にも見てもらいたいという思いもあって、毎年ゴールデンウィークのに開催されているんだって!
「那覇大綱曳き」、「琉球王朝祭り首里」と合わせて那覇三大祭りと言われる 那覇ハーリー、楽しみさー♪

 

今回、会場に行く前にここに立ち寄ってみたかったんだ。 その場所は… 那覇ハーリー会館だよ♪

 

那覇ハーリー会館は定期的に開放されてはいなくて、ゴールデンウィークや夏休みに不定期で開放されているんだって!
事前に電話して、5/3~5/5は開いていると聞いたので来てみたさー。

 

今年展示物がリニューアルされたって聞いたので じっくり見てまわったよ。

 

爬龍船の起源から年表が展示されているんだねー。 ふむふむ、那覇ハーリーは600年の歴史があるんだね!

 

衣装の展示や船のの模型もあったよ。

 

ここでは衣装体験や館内でのハーリー乗船体験もできるんだって!
ハーリーの漕ぎ手になった気分を味わえるかな☆

 

これは歴代那覇ハーリーのポスター。

ポスターにも歴史を感じるさーねー!

 

爬龍船は普段ここに格納されているけど、4月から練習に使うため、今は港に出されているんだって!
ハーリーを見る前にいろいろ勉強できてよかったさー♪

 

そして会場の那覇新港埠頭へ。

 

まだ午前中だったけど、既に人がたくさん集まっていたよ!

 

チムがに到着したころには、中学生のハーリー競漕が行われていたんだ!

今から爬龍船に乗り込む中学生のチーム。気合充分!
みんな頑張って練習したんだはずね♪

 


練習の成果を発揮するため、力を合わせて漕いでいたよ。

 

港の岸壁に応援にきた人たちもたくさん!

ハーリーはもちろん、会場では伝統芸能やお笑いライブのステージイベント、相撲大会など楽しめるイベントが行われていたさー♪

 

 

そして那覇ハーリーの一番の見どころ、本バーリー。
本バーリーは「那覇」「久米(くめ)」「泊(とまり)」と地域で3チーム分かれて競漕するんだよ。

たくさんの応援の中、スタート!

 

往復600メートルのコースを漕ぎ進める各爬龍船!
とってもかっこいいさー!

 

チムはこのとき、ハーリー会館で見たこの絵を思いだしたよ。

昔からこの光景が繰り広げられていたんだね!

 

接戦ののち、5分15秒50で那覇の勝利!
おめでとうございます!

 

那覇ハーリーを幕開けに、沖縄では県内各地でハーリー行事が行われるんだよ!
地域それぞれ特色が感じられて面白いさー♪

ハーリーの時期に沖縄に来るみんなは
是非ハーリー会場で沖縄の伝統行事に触れてみてね^^

 

【関連リンク】

イベントページ(2017年開催ハーリーイベント)

ハーリーの季節が到来します!(伝統行事紹介)

那覇市観光協会Webサイト 那覇ハーリー

那覇ハーリー会館
※ハーリー会館の営業は不定期となります。事前にお問合せください。

2015年6月26日

熱いレースに興奮!奥武島ハーリー&糸満ハーレー

はいたい♪マハエです。
「ユッカヌヒー」と呼ばれる旧暦の5月4日、沖縄県内各地でハーリーが開催されました!
今年は6月19日がその日にあたり、マハエは南城市・奥武島と糸満のハーリーを見学してきました!

お天気にも恵まれ、熱く盛り上がった会場の様子を皆様にお届けします!

ハーリーとは、豊漁や海の安全を祈願し、年に1度海人がサバニと呼ばれる船を漕ぎ競い合う大会です。

海に囲まれている沖縄にとって、ハーリーは古くから続くだいじな行事なのです。

最初に奥武島のハーリー(海神祭)にうかがいました。
海が透きとおっていて、とってもキレイです☆

奥武島のハーリーには、本バーリーと呼ばれる勝負が7番あります!

会場に到着すると、みどころは3番バーリーと教えてもらいました。
なんと橋の上から海に飛び込みスタートするそうです!!

東(あがり)、西(いりー)、両チームの漕ぎ手の皆さんが橋の上でスタンバイ。

そして・・
いっせいに飛び込みましたー!!

飛び込んだ後は、船に向かって泳ぎ、乗り込んでスタートです!

初めて見る瞬間にマハエもテンションアップ↑↑

両船とも皆さんが懸命に漕いでいます!

どちらが勝つのかわからないほど接戦していましたが・・

結果は、西(いりー)の勝利!

歓喜の凱旋です!

皆さん、お疲れ様でした。

レースの合間には、ちびっこたちが海遊び♪

楽しそう~\(^o^)/

続いて、糸満ハーレーにやって来ました。

ちなみに「ハーレー」とは、糸満でのハーリーの方言です。

会場は、漕ぎ手の方々、応援者、観客でビッシリと埋めつくされ、圧倒されます!

糸満ハーレーのみどころは「転覆」と教えてもらいました。

「クンヌカセー」と呼ばれる転覆競漕だそうです!
どんな競漕なんだろう?

お待ちかねのクンヌカセーが始まります!
このレースは、西村、中村、新島(みいじま)の3つの村で競われます。

皆さん、ちばりよ~!!

通常のスタートで始まり、漕ぎ進めた途中で・・

なんとわざと船を転覆させ、漕ぎ手の皆さんは海の中へ!!

ここで花火が打ち上がり、大きな歓声が響きます☆*。.*。.

そして船をまた戻し、再度乗込み、また漕ぎ始めます!

・・とは言っても、1度転覆させた船には海水が入り込んでいます。
この海水をかき出さないと、船が重くなり前に進めません!

全員で懸命に水をかき出した後、再度スタート!

そして・・
白熱の接戦を制したのは「新島」の皆さんでした!

おめでとうございます☆

新島を応援していた少年たちが、海へ歓喜のジャ~ンプ!!

楽しそうにすいすいと泳いで帰って行きました(´▽`)

レースの合間には、かわいい少女たちの唄や踊りが会場を盛り上げてくれていたのも印象的でした♪

奥武島、糸満それぞれの競漕に賭ける皆さんの熱気を間近で感じられました!
また来年もどこかのハーリーを見に行きたいと思います!

 

マハエちゃんプロフィール