Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年5月8日

【5月8日はゴーヤーの日】祝40周年☆沖縄県立農業大学校でゴーヤーについて学びました!

はいたい♪マハエです!
本日5月8日は「ゴーヤーの日」です!

沖縄は、ゴーヤーの生産量日本一を誇ります☆☆☆

マハエは日々、ゴーヤーチャンプルーなどさまざまなお料理でいただいていますよ~♪

ゴーヤー大好き(≧▽≦)

これから旬を迎えるゴーヤーについてさらに学びたいと思い、名護市にある県立農業大学校をたずねました。
昨年に続き2回目の訪問です!

今回は、川満校長先生にお話しをうかがうことができました。
ミス沖縄2019クリーングリーングレイシャスの譜久里美樹さんと一緒にお勉強します♪

沖縄県立農業大学校には、野菜専攻コース、花き専攻コース、果樹専攻コース、肉用牛専攻コースがあり、
各コースに2年課程の「本科」と1年課程の「短期養成科」があります。

本科では高校を卒業された方が、短期養成科では社会人経験のある20~60代の方が学ばれているそうです。

沖縄の農業の未来を支えてくれているんですね☆彡

野菜専攻コースでは、ゴーヤー、ピーマン、なす、いんげん、トマト、ミニトマト、パプリカを栽培されています。
生徒さん1人1人が約180平米のハウスを1棟受け持ち、それぞれがテーマを持って作物の栽培に取り組みます!
こちらが実習用のハウスです。

ゴーヤーの栽培方法について、野菜専攻コースの宮城先生に教えていただきました!

雄花と雌花をひとつひとつ手作業で受粉させます。

受粉後、雌花に実がなります。
花の下に小さいゴーヤーの実が見えますね(*´▽`*)

25~30日後には成熟したゴーヤーに育つそうです!

想像していたより成長が早く、驚きました。

こちらのハウスでは、3種のゴーヤーが育てられていました!

「てぃだみどり」
2015年に発表された品種で、美しい形が特徴です☆

「ハウス・アバシー」
2017年に発表された品種で、病気に強く、1年を通して栽培できるそうです!

「汐風」
色が淡いのが特徴ですが、苦味はしっかり効いています!

野菜を育てるにあたり、どうしても避けられないのが害虫。

農業大学校では、環境保全や農薬の減少を目的とし、害虫の天敵である「スワルスキーカブリダニ」や
「タバコカスミカメ」などをハウスに放出し、駆除をしているそうです!

タバコカスミカメが生息する植物をハウス内で一緒に育てられていました。

こちらがタバコカスミカメ。
小さな体で害虫を退治してくれているんですね!

ゴーヤー以外の作物も見せていただきましたよ~!

ピーマンの栽培を勉強されている、2年生の井田さん。
ご実家は農家ではないそうですが、自ら新しい道にチャレンジしようと農業大学校に進学されたそうです!

ツヤツヤと輝く井田さんのピーマン。
2つの品種のピーマン、さらにししとうも栽培されています!

枝は4本以上に分かれるそうですが、これを3本に集約し、実のひとつひとつに栄養分が多く行きわたるように
育てられているそうです。

井田さんは、入学した当初は未知の世界に不安もあったそうですが、ピーマンを育てるのが日々楽しく、
「気がついたら1年経っていたという感じだったので、農業は自分に合っているのだと思いました」とのこと。
たのもしいお言葉です(∩´∀`∩)

井田さんが育てたピーマンが皆様のもとへたくさん届きますように☆彡

なすを栽培されている西里さんも農家の出身ではなく、自ら農業を目指し入学されたそう。
大きく成長したなすにビックリ(≧▽≦)

マハエがおどろいていると、「普通ですよ~」とニッコリ。
西里さんの愛情がなすにしっかり注がれているんですね♪

最後に、西里さん、中村さん、井田さん、講師のお2人、宮城先生と記念にパチリ☆
沖縄県立農業大学校は、今年40周年を迎えられたそうです!

おめでとうございます!!
これからもおいしい野菜を届けてください~\(^▽^)/

毎年5月8日には名護市の「中山ゴーヤーまつり」で農業大学校の生徒さんが育てられた野菜の販売会があるそうです!
お近くにいらっしゃる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪

これからも生産者の方々に感謝の気持ちをこめながら、ゴーヤーをいただきたいと思います!!

 

【関連リンク】

沖縄食材図鑑

5月の沖縄旅行・旬のグルメ

おいしいをめぐる旅/沖縄でしたい10の食体験・松本嘉代子先生の琉球料理教室

 

マハエの沖縄ダイアリー/【7/15はマンゴーの日】沖縄県立農業大学校でマンゴーについてお勉強

マハエの沖縄ダイアリー/【旬の県産食材】島らっきょう「沖縄一の産地」伊江島をたずねました!

 

中山ゴーヤーまつり※2018年の情報(外部リンク)

中山ゴーヤーまつり/ゴーヤー原液試飲会イベント(外部リンク)

 

 

2017年8月4日

泡盛カクテル「58KACHA-SEA」の考案者・玉城竜司さんにインタビュー!

はいたい♪マハエです!
“8月5日は「裏ゴーヤーの日」”というのはご存知でしょうか?

数字の「58」を逆さにした8月5日頃がゴーヤーの出荷のピークを迎えるシーズンであることから
沖縄ではそのように呼んでいます♪

昨年「THE泡盛カクテル推進協議会」さんが開催したコンテストでゴーヤーを素材にした
泡盛カクテル「58KACHA-SEA(ゴーヤーカチャーシー)」がグランプリに輝きました☆☆☆

ゴーヤーも泡盛もおいしい季節を迎えている今、マハエは「58KACHA-SEA」の
レシピ考案者である玉城 竜司(たまき りゅうじ)さんにレシピの誕生エピソードや
「58KACHA-SEA」を作るコツなどお話をうかがってきました!

那覇市久茂地にある「Applause Bar&Dish」でバーテンダーを務める玉城さん。
ダンディです☆

さっそく「58KACHA-SEA」の作り方を見せていただきます!

1.氷を入れたグラスにライムを絞ります。

2.ゴーヤーのつぶつぶの部分のすりおろしを漬けた泡盛を40ml注ぎます。

1、2の順序は逆になっても大丈夫だそうです!

こちらのお店では、ゴーヤーの味がよりなじむようにすりおろしを泡盛に漬け込んでいますが、
泡盛をそのままグラスに注ぎ、すりおろしたゴーヤーをまぜてもおいしく作れるそうですよ♪
ゴーヤーの緑で涼し気に映ります☆

3.トニックウォーターを注ぎます。

4.グラスの中を軽くかきまぜて、ゴーヤーをそえたら・・

「58KACHA-SEA」の完成です!

わーい(*´▽`*)

いただきます!

ひと口飲んでみると・・

おいしい~☆☆☆

ゴーヤーの苦みがしっかり感じられますが、さわやかな飲み口です☆彡
泡盛、ゴーヤー、ライム、トニックウォーターそれぞれの良さが引き出されています!

「58KACHA-SEA」がグランプリを受賞したコンテストは、泡盛の普及を目的に
沖縄を代表する泡盛カクテルを選定するというものでした。

募集を知った玉城さんは、沖縄を代表する食材のひとつであるゴーヤーを使った
泡盛カクテルを作ろうと思い立ち、これまでいろいろなカクテルを作ってきた経験をもとに
「58KACHA-SEA」を生み出したそうです!
また、おうちでも気軽に作れる泡盛カクテルを創作するという目的もあり、専門的な
器具がなくても作れるものをと考え、グラスがあれば作れるレシピを目指したそうです!

先ほど作り方を見せていただき、マハエも自分で作ってみたいと思いました♪

玉城さんのこだわってほしいポイントは、40度数の泡盛を使用すること。
40度より低い度数の泡盛だとゴーヤーの緑がきれいに発色されないのだそうです!

度数が影響するとは驚きでした!

銘柄の指定は特になく、40度数であればどの泡盛でも大丈夫だそうです。

「58KACHA-SEA」をきっかけに泡盛やゴーヤーがますます愛されるとうれしいなぁ(≧▽≦)

お店では他にも沖縄県産の食材を活かしたカクテルが揃っていますよ!
パッションフルーツ1個をまるごと使ったフローズン。

こちらはフーチバーモヒート。
フーチバーとは「よもぎ」を表す沖縄の言葉です。

カクテルで沖縄の県産の食材がいただけるなんて、うれしいですよね♪

「58KACHA-SEA」は、泡盛が苦手という方にも飲みやすい仕上がりになっていると思います!
ぜひ皆さんにもご賞味いただきたいです♪

 

~関連リンク~
Applause Bar&Dish お店情報

2016年7月11日

石垣島へ行ってきました【1】島産のおいしい食材を堪能☆石垣島ヴィレッジ

はいたい♪マハエです。
先日、石垣島へ行ってきました♪
まだ訪れたことがなかったスポットを中心に、あちこちめぐってきましたよ~!

まずは、「石垣島ヴィレッジ」さんに訪れた様子をレポートします!

「石垣島ヴィレッジ」さんは、今年の3月に誕生した新しい施設です☆彡
施設の中にはいくつもの飲食店が、屋台風に立ち並んでいます。
白亜の建物が、青空によく映えます♪

場所は、バスターミナルの目の前、飲食店が多く並ぶ美崎町にあります。
離島ターミナルからも徒歩で2分ほどで、とても好立地なんです。

お昼から営業されているお店もあるとのことで、ランチをしようとうかがいました♪

さまざまなお店が軒を連ねています!

入った瞬間、ワクワク♪

こんなオープンエアーな席もあります!
風に吹かれながら食べると、よりおいしく感じられそう彡

昼飲みを楽しまれているお客様もいらっしゃいました♪

石垣島ヴィレッジさんでは、すべてのお店のメニューに石垣島産の食材が取り入れられているそうです!

旅先でその土地の食材を堪能できるのは、とってもうれしいですよね♪

どのお店のメニューもおいしそうで、迷います~><

石垣島に来たら、やっぱり石垣牛を食べたい!と思い、こちらのお店へ。
石垣島の石垣さん家の石垣牛さん!

ランチメニューの中から「石垣牛ハンバーグ」をオーダーしました。
お店の外の席で屋台気分♪

ジュージューという音といい香りとともにハンバーグが運ばれてきました!
わ~、おいしそう☆彡

石垣牛はもちろん、ゴーヤー、ナーベーラー(へちま)、トマトも石垣産だそうです!

島の食材がこんなにたくさん食べられるなんて、うれしい(≧▽≦)

まずは、ハンバーグをいただきます~♪
おいしい~☆☆☆
お肉のうまみがあふれてきます!

ゴーヤーも♪
苦みがおいしい!
ゴーヤーの味がより濃く感じられました!

店長の安仁屋さんにたくさんお話を聞かせていただきました。
美らかーぎーな安仁屋さん(*´▽`*)
安仁屋さんをはじめスタッフの方は全員石垣島出身だそうです!

夜は少しメニューが異なり、石垣牛の他に居酒屋風のメニューが種類豊富に揃うそうですよ。

とってもおいしかったです!
ごちそうさまでした。

「夜は、昼間とはまた雰囲気がちがうので、ぜひ来てみてね♪」と教えていただき・・

他のお仕事を終えて、

来ちゃいました!

観光のお客さんも地元のお客さんもいらっしゃって、とてもにぎわっていました♪

マハエはどのお店に入ろうかな~♪

ランチと同じく、迷いましたが・・

店頭の看板やのれんに島の食材がいっぱい書かれていた「天琉」さんに決定☆
建物の2階にあるお店です。

こちらは、お昼に訪問した際に撮ったものですが、2階はより開放的なフロアとなってます♪

天琉さんの外席には、こんなユニークなテーブルが\(^o^)/
オリオンビールの王冠がびっしり!!
楽しい食事ができそうです♪

島野菜の浅漬けとスタッフさんおすすめの「脱皮車エビの素揚げ」をオーダーしました。
わ~い♪♪

島野菜の浅漬けは、すべて石垣島で採れた野菜が使われているそうです!
ハンダマ、島うり、白ゴーヤー、きゅうり、島にんじん。
島野菜がたくさんつまっています!

白ゴーヤーをいただきます~♪
色は白いですが、苦味がしっかりときいていておいしい☆☆☆

脱皮車エビの素揚げもいただきます♪
香ばしくて、とってもおいしいです~☆☆☆

車エビの養殖は、久米島や沖縄本島の宜野座町が有名ですが、石垣島でもおこなわれているそうです!

一緒にお酒も少しいただきました(#^ ^#)

石垣島の酒造所・請福酒造さんの「ゆずシークワーサー」のソーダ割りです。
「ゆずシークワーサー」は、泡盛をベースにゆずとシークワーサーをブレンドしたリキュールです。
女性を中心に人気があるんですよ♪

さわやかな味なので、泡盛に不慣れな方でも飲みやすいと思います!

夜遅い訪問だったのですが、あたたかくお迎えしていただきました。
食事後、スタッフさんたちと記念にパチリ☆

島の食材をたくさん食べられて、大満足です!
ごちそうさまでした。

幸せな時間でした(*´▽`*)

他にも気になるお店がたくさんあったので、また訪れたいと思います!

お店により定休日や営業時間が異なりますので、事前に公式サイト等で
情報をチェックしておでかけください♪

 

~外部リンク~
石垣島ヴィレッジ 公式サイト

2015年8月3日

マハエの自由研究☆ゴーヤーについて学習しました!

※2018年12月25日追記※
「OKINAWAゴーヤーパーク」様は、2018年11月30日をもって閉店されました。

はいたい♪マハエです。
夏が旬!沖縄野菜の代表・ゴーヤーについて勉強してきました。

ご存知の方も多いと思いますが、ゴーヤーとは沖縄の方言で「ニガウリ」のことを指します。
原産国はインドで、沖縄には15世紀前半頃に伝来したと言われています。

沖縄では食べる機会が多い食材ですが、初耳の知識がいくつもあり、驚きの連続でした☆彡
今回ゴーヤーについて学んできたことを報告します!

お世話になったのは、名護市にある「OKINAWAゴーヤーパーク」さん。
ゴーヤーが実っている 状態を年中見られることができるんですよ!

到着後、ゴーヤーパークさんの名物でもあるゴーヤー茶をいただきました♪
ゴーヤーと聞くと、苦いとイメージがありますが、このお茶は苦みがほとんどなく、香ばしい風味でとってもおいしいんです。

日差しが強い日だったので、うれしいおもてなしでした。
ごちそうさまでした。

一休みした後、水耕栽培農場へ。
立派に育ったゴーヤーがいくつも実っていました!

うかがった時は刈取りした数日後だったそうで、普段はもっとたくさんの実をつけているそうです!!
その様子も見てみたいな~。

ゴーヤーと一口に言っても、様々な品種があるそうです!

こちらは「汐風(しおかぜ)」という品種です。

県外にも多く出荷されているので、召し上がられたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

沖縄在来種の「中長ゴーヤー」もありました。
これらはなじみのある品種ですね♪

わっ!ゴーヤーが白い!!

ゴーヤー=緑色と思っていたので、おどろきました(◎o◎)!

品種名は「沖縄純白ゴーヤー」と言い、苦みが少ないのが特徴だそうです!

食べてみたいな~。

またまためずらしい形状のゴーヤーを発見!!
イボが少なく、ツルツルした面が多いです!

こちらは「タイゴーヤー」と言うそうです。
ツルツルした面は、イボが縦状につながっているのだそうです。

他にも、とがったイボが特徴の「ネパールゴーヤー」という品種もありましたよ。

ゴーヤーは品種によって形状や味が異なり、それぞれ特徴があると知りました!
これから購入する際には、品種を確認しようと思いました♪

ハウスをさらに奥に進むと、こんな光景が!

長ーい!!

こちらは「へびうり」だそうです。

確かに、へびがつたにからまっているように見えますね。。

見ごたえたっぷりで、楽しく学ぶことができました!

売店にも立ち寄りました。
生鮮のゴーヤーはもちろん、自家栽培用の種やゴーヤーを素材にした食品などが揃っていました!
近年は海外からのお客様も増加しているそうで、英語や中国語でも案内が掲示されていました。

ゴーヤーの粉末が練り込まれた、めずらしいちんすこうを試食♪
甘さの中にゴーヤーの苦みがほのかに効いていました!

苦瓜ソフトクリームを購入し、パクっ♪
ゴーヤーの苦みで後味さっぱり!
暑い日にピッタリのスイーツでした☆

ゴーヤーの苦味は、肝機能を高め、胃腸を刺激し食欲を増進する作用があるそうです。
ビタミンCはレモンの約4倍も含まれていて、栄養価も高いです!
ゴーヤーをたくさん食べて、暑い夏を乗り切りましょうね~♪

~関連リンク~
OKINAWAゴーヤーパーク公式サイト/パーク紹介

 

マハエちゃんプロフィール