Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年6月2日

南城市の「がんじゅう駅・南城」でちんすこう作り体験!

はいたい♪マハエです!

沖縄南部・南城市にある「がんじゅう駅・南城」。
ここは近隣観光施設の紹介や、体験プログラム、またお土産品などが販売されている施設です。


ここで「ちんすこう作り体験」ができると聞いてやってきました!
沖縄の伝統的なお菓子「ちんすこう」は、お土産としても定番の一つ♪
マハエももちろん好きで時々おやつに食べるのですが、
作る機会はなかなかないのでワクワク^^

 


施設の中に調理室がありました。
どうやらここで、ちんすこう作りをさせてもらえるみたいです!

最初にレシピをいただき、流れの説明を受けます。
ボードにもわかりやすく手順が書いてありましたよー♪

 

手順に書かれてある材料もすでに用意されています。
でははりきってスタート!

 


まずはラードと砂糖をよく混ぜ合わせます。

 

混ざったら小麦粉を入れてまた混ぜていきます。

 

がちまやー(食いしん坊)なマハエは、早く食べたくて仕方ありません☆

 

ちゃんと手順通りにできているかなー

 

ちょうど生地を混ぜ終わったころ、南城市の「なんじぃ」が様子を見にきてくれました!

 

生地がまとまってきたら、次は形抜きです!

なんじぃの顔の型と、ハートの型が用意されていました。

南城市は、上から見るとハートの形をしていて
思いやりにあふれたハートのまちをつくる
『ハートのまち』宣言を行っているんですよ♪

 

型を使って生地の形を作ります。
型を使わずに、自由に形を作ってもOKです♪

 

そしていよいよ生地を焼く作業です。
オーブンの中に入れます。

 

うまく焼けるといいなー♪

 

焼けるまでの間、プラ板作りも体験できると知って
こちらもせっかくなので体験!
プラスチックの板に描く図案を選びます。

 

なんじぃのポーズがこんなにたくさんあって
迷うなぁ^^

 

図案の上にプラ板を乗せ、下の絵を写して描いていきます。

描いている間にちんすこうを焼いている香りがしてきます。
早く食べたいけど、今はこちらに集中!

 

色も塗って、こんな感じになりました。

 

どうかな?なんじい、うまく描けたかな☆
こちらもオーブンに入れて熱します。

 

その間にちんすこうが焼けたみたいです♪
オーブンから出したばかりだとまだ熱いので、少し待ってから

 

いただきまーす!

出来たてのちんすこうを食べるのなんて初めて!おいしい^^
作ったちんすこうはその場で食べられ、また持ち帰ることも可能です。

 

プラ板はこんな感じにできあがりました!

 

体験を終えた後、世界遺産「斎場御嶽」の展示・上映室も見に行きました。

がんじゅう駅の近くに斎場御嶽があり、入場チケット販売も行っているんです。

 

斎場御嶽に関するいろいろな展示を見ることができました。
こちらで学んだあと、斎場御嶽に向かうとより趣を感じることができそうですね。

 

沖縄衣装体験もありました♪

 

マハエが着ている衣装に似ているものもありますね^^

 

なんじぃの鼻を発見!

マハエもなんじぃになって写真を撮りました♪

 


がんじゅう駅のすぐ隣には売店があります。

県産のお菓子ややちむん(焼き物)、泡盛や
クバ笠(沖縄で昔から使われている笠)もありましたよ♪

なんじいグッズもたくさん!
2階にはカフェもあります。

 

カフェの前にはハートの鐘がありました!


マハエも鳴らしてみよっと♪

南城市のあざまサンサンビーチには「太陽(てぃーだ)の鐘」という
このハートの鐘のようなシンボルがあるんですよ。

 

この日は天気が曇っていたのですが
天気の良い日は青い空と青い海が目の前に広がっていてとてもキレイなんです!

晴れの日はもちろん、雨が降っていても楽しめるスポット。
沖縄本島南部を観光する際は是非立ち寄ってみてくださいね^^

 

【関連リンク】
がんじゅう駅・南城

雨の日も楽しめる施設(「旅のテーマで探す」ページ)

 

マハエちゃんプロフィール