Homeマハエの沖縄ダイアリー > 新施設オープン☆なごアグリパークで島の野菜を見て・触れて♪

2016年6月27日

新施設オープン☆なごアグリパークで島の野菜を見て・触れて♪

はいたい♪マハエです。
「なごアグリパーク」さんの中に4月に2つの新しい施設がオープンしたと聞き、訪れて来ました!

「なごアグリパーク」さんは、名護市が、6次産業化による農業の活性化を目的に整備を進めている施設です。
昨年オープンした加工支援施設、アグリショップ「しまちゅらら」に加え、
今年の4月27日、やんばるダイニング「美ら島キッチン」、体感植物温室「スーパーファーム」がオープン☆彡

エントランスを抜け、反時計回りに4つの施設をめぐりました。

まずは、加工支援施設へ。
現在この施設には、2つの事業者さんが入居されています。

1つは「Cookhal」さん。

お店の中には、名護産の新鮮なお野菜がズラリ!
おなじみのものから耳慣れないめずらしいものまで・・見るのも楽しい♪

野菜をたっぷり使ったデリやプレートランチなどを提供するカフェも併設されています!
スムージーは、こんなにかわいいパッケージでディスプレイされています♪

この中から“爽やかトマトのスムージー”をいただきました。
トマトが新鮮で、とってもおいしいです~☆

開放的なテラスもあって、いい感じです♪

もう1つは「ベーカリーマキ」さん。

こちらのベーカリーでは、沖縄料理の「豆腐よう」を作るのに用いられる紅こうじを使用されているそうです!

なので、パンの生地がすべてピンク色なんです♪
かわいい~(*´▽`*)
食べてみると、紅こうじの風味が広がり、他では味わったことのないパンでした!

続いては、スーパーファームへ!

一歩踏み入れると、お花がいっぱい!

たくさんのお花にかこまれて、シアワセです~♪
マハエがどこにいるか、わかりますか~^^

奥では、いろいろな野菜が栽培されていました!

販売もされているんですよ。

こちらはオオタニワタリという、特に八重山諸島ではポピュラーな野菜です。
“有機液肥(ゆうきえきひ)栽培”がされていました。

沖縄でよく見かける“ギンネム”の木から抽出した肥料で育てているそうです。

これからの農業を発展させるため、身近にあるものを肥料として活かせることができるかどうか
実験を兼ねた栽培をしているそうです。

ミントも様々な種類が栽培されていました。
この日は、つかみどり体験を実施されていましたよ♪

サンプルのミントでは香り体験も☆・゜・*:.。
う~ん・・さわやかないい香り。

葉っぱを指でさわると、さらに強く香りを感じることができました。
とっても癒されました(*´▽`*)

お隣には、美ら島キッチンさんがあります。

島野菜や薬草をしゃぶしゃぶで堪能したり、ピザやスイーツなども揃います!

ランチ、カフェ、ディナーと用途に応じて利用できますよ。
次回は、こちらでおいしい島野菜を味わってみたいと思います♪

最後に、しまちゅららさんへ。

こちらには、名護市をはじめとするやんばる地区で育てられた野菜や果物を使用した
食品や飲料などが揃っています!

おいしそうなものやパッケージがかわいいものまで多種多様です!

豊富に揃っていて、目にも楽しいです~\(^o^)/
お土産ショッピングにもおすすめです!

訪れたことがきっかけで、島野菜のことをもっと知りたくなりました!
またお勉強しに行こうと思います。

皆さんも沖縄へお越しの際は、ぜひ「なごアグリパーク」さんで島野菜をご堪能ください♪

 

~関連リンク~
なごアグリパーク 公式サイト 

マハエちゃんプロフィール