Homeマハエの沖縄ダイアリー > 【旧暦行事】ムーチー(鬼餅)作りに挑戦しました!

2019年1月11日

【旧暦行事】ムーチー(鬼餅)作りに挑戦しました!

はいたい♪マハエです!
南城市で開催されたムーチー(鬼餅)作り体験に参加しました\(^▽^)/

「ムーチー(鬼餅)」とは、旧暦の12月8日に月桃やクバの葉で包んで蒸したお餅を神仏におそなえし、
子どもの成長を願う行事です。

体験の前に南城市とムーチーのかかわりについてお勉強しました。
ムーチーには起源となった伝説があり、その舞台のひとつが南城市なのだそうです!

お勉強の後、ムーチー作りがスタート!

今回は“カラフルムーチー”の作り方を教わります♪
カラフルなムーチーってどんなものだろう?とワクワク(≧▽≦)

参加者の方々と一緒に調理開始です!

5種類のハーブでカラフルに色づけするそうです♪
すべて南城市産のハーブだそうです!

1.ハイビスカス
ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています!
ビタミンC、クエン酸は、美肌効果を期待できるんですよ(∩´∀`∩)

2.ウコン
クルクミンが豊富に含まれています!
クルクミンは、肝機能の不調の改善効果を期待できます☆

3.ヨモギ/長命草
さまざまな効能と栄養素が含まれています!
婦人科系の症状を緩和する効果が期待でき、長命草はそれにプラス、ポリフェノールによる美容効果も期待できます☆

4.バタフライピー
アントシアニンの含有量がブルーベーリーの約4倍もあります!
アントシアニンには、目の疲労を改善したり、アンチエイジング効果が期待できます☆

5.黒ニンジン
この色の成分は、ポリフェノールなんだそうです!
ポリフェノールには、強い抗酸化作用で美容効果が期待できます☆

もち粉、砂糖、水とハーブはそれぞれ分けてまぜます。

耳たぶくらいのかたさになるまでこねていきます。

ほんのり色づいて、きれい~(*´▽`*)

参加者の皆さんも1度にこんなにカラフルなムーチーを作られるのは初めてだそうで、とても楽しそうでした♪

こねたら、月桃の葉に包みます。

マハエは、2色ずつ並べてみました♪

複数の色を組合せている方もいらっしゃいましたよ~(*´▽`*)

こちらは全色を組合せされていました\(◎o◎)/

このように包んでいきます。

ほどけないようにビニールひもでしばります。
ひももカラフルにすると楽しいですね♪

この後蒸し器に入れ、強火で20分ほど蒸します。

ワクワクしながら20分待ち・・

蒸し上がったムーチーは、こちらです!

月桃の葉のいい香りがただよいます。。

皆さんと試食タイムです~\(^▽^)/

色あざやかに完成していました♪♪

いただきます~!

ほんのりと甘く、もちもちしていて、いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

カラフルで見た目にも楽しく、さらにハーブが入っているのもうれしいポイントです♪

5色すべていただきました^ ^

今年は、1月13日が旧暦の12月8日にあたります。

日を合わせて、再度カラフルムーチーを作り、チムやククルにもふるまおうと思います♪♪

 

【関連リンク】

旧暦行事カレンダー(旧暦10-12月)

伝統文化と慣習

1月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

沖縄でしたい10の食体験 /南城市の聖地めぐりと地元食材たっぷりの料理をいただく

 

 

マハエちゃんプロフィール