Homeマハエの沖縄ダイアリー > 11/16は「いいイモの日」♪紅いもを使ったそばやケーキ・お菓子をリサーチしてきました☆

2017年11月16日

11/16は「いいイモの日」♪紅いもを使ったそばやケーキ・お菓子をリサーチしてきました☆

鶴亀堂ぜんざい
はいたい♪マハエです!本日11月16日は、「いいイモの日」です。
沖縄では、「いも」のことを方言で「いむ」や「うむ」と呼び、11月が沖縄県産のいもの旬にあたることから11月16日が「いいイモの日」となったのだそう。

沖縄では、「いも」といえば「紅いも」!!
今回はそんな紅いもを使った食べ物を探しにお出かけしました。

紅いもといえば、読谷村!

まずは、座喜味(ざきみ)地区にある「鶴亀堂ぜんざい」さんを訪れました。
「ぜんざい」といえば、沖縄県外の方は温かいものを連想されるかと思いますが、
沖縄では温かいぜんざいを冷やしたものに削った氷をのせた「冷たいぜんざい」が定番!!

こちらでは、紅いもパウダーと紅いもアイスがトッピングされた「紅芋黒糖ぜんざい」がいただけます!
パウダーの濃い紫とアイスの淡い紫の色がとてもキレイ☆
別名をパープルダイナマイトというそうです。
黒糖紅芋ぜんざいオリジナルの黒糖生姜シロップで煮た豆は、じっくりと6時間かけて煮込まれており、甘さも控えめでさっぱりとしています。
豆が苦手な方でも残さず食べきれるように豆の量を工夫しているのだそうです。
器も読谷村の特産品の「やちむん」を使っており、ご主人の愛情やこだわりがたっぷり伝わってきますね。

店舗のすぐ目の前には、座喜味城跡もあるのでお城見学の後の休憩におすすめです(^^)♪座喜味城

続いて、喜納(きな)地区にある「番所亭(ばんじゅてい)」さんにやってきました。

こちらでは、そば粉ではなく、小麦粉に紅いもを練りこんだ麵を使った冷たいおそばの「紅ざる」がいただけます。小麦粉が原料なので、沖縄そばの仲間ですね♪
紅ざる1麵は自家製麺☆とても鮮やかな色でのどごしもつるつるっとしています(*^^*)
温かいそばは、麵が伸びやすくメニューにするのが難しかったのですが、冷たいそばにすることでこの紅いも麵をメニューにできるようになったそう。
薬味の生姜が千切り状なので、生姜のさわやかな風味や食感も楽しめます。
マハエは、ミニソーキ丼とセットでいただきました~!
紅ざる2読谷村の代表的な観光スポットのやちむんの里や座喜味城跡も近いのでぜひあわせて訪れてみてはいかがでしょうか。

 

次に、那覇市内の紅いもをつかったケーキが食べれるお店を訪れました。紅芋ケーキ
こちらは、那覇市泉崎にあるオハコルテさんの「蜜リンゴと紅いものタルト」。
紅芋と蜜リンゴのタルト蜜リンゴと紅いもとの組み合わせが斬新!
フルーツタルト専門店のオハコルテさんならではですね。紅いもの優しい甘さと蜜リンゴの甘酸っぱさが癖になりそう♪
※旬の季節や素材の状態を見ながら商品を販売しています。お買い求めの際は、店舗に販売の有無をご確認ください。
※空港店では取り扱いがないのでご注意ください。

こちらは、那覇市松尾(国際通り沿い)にある焼きたてチーズタルト専門店 PABLOさんの「ちゅら恋紅芋」。
PABLO/紅芋チーズタルト全国でお店を展開するチーズタルト専門店の沖縄店限定のタルトです。
とろ~っとしたクリーミーでなめらかなチーズ生地と紅いものあんとの相性がなんとも言えません。
素敵なネーミングやとろ~っとした食感に思わず恋してしまいそうです☆

こちらは、那覇市宇栄原にあるプーゾチーズケーキセラーさんの「SWEET紅ポテト」。
SWEET紅ポテトコクのあるクリームチーズと紅いもを使ったスイートポテトクリームのハーモニーが上品な一品。濃い紫の部分は見た目とは反対に紅いも本来の控え目な甘さが感じられ、下のクリームチーズの層と食べるとちょうどいいバランスのお味。濃い紫と薄い紫の層は、味覚だけでなく視覚でも楽しませてくれます。
沖縄生まれのチーズケーキ専門店で、イオンモールライカムなど県内に四つのお店を展開されています。
※空港店では取り扱いがないのでご注意ください。

こちらは、那覇空港のBLUE SKYさんで販売されている「紅芋レアケーキ シュリ」。
シュリ2000年の九州・沖縄サミットを記念して発売された那覇空港限定の商品。県外からのお客様だけでなく、沖縄県民の方にも密かに人気で、優しい甘さとクリーミーな味わいが忘れられなくなる一品です。

 

沖縄の伝統的なお菓子の紅いも味も気になったので、那覇の平和通り商店街も訪れてみました。

写真手前は、月桃の葉にもちをくるんで蒸した「ムーチー」です。沖縄の方言でもちのことを「むち」といい、旧暦の12/8には家族の健康や長寿を祈ってお供えし、食べたりします。
写真奥は、サーターアンダーギーの紅いも味です。
サーターは砂糖、アンダは油、ア(ー)ギーは揚げるという意味で、砂糖てんぷらとも言われたりします。ドーナツに似た生地を油で揚げたお菓子ですが食感はドーナツよりは固めです。
昔は、家庭でおやつとして作られたり、地域の小さな個人商店などで販売されていましたが、最近では、スーパーや道の駅、お土産品店などでも見られるようになりました。

ムーチーもサーターアンダギーも平和通り商店街では、1個単位でもお買い求めいただけるので、色々なフレーバーを食べ比べするのも楽しいですよ♪

 

最後に、旅行でいらしたお客様がお買い求めしやすい空港のお土産品店も訪れましたよ☆

こちらは、御菓子御殿さんの「いもいもタルト」。
いもいもタルト紅いもタルトの姉妹品で、沖縄県産の紅いもと鮮やかなオレンジ色の果肉が特徴の「読谷あかねいも」を100%使用しています。保存料・着色料を一切使っていないので自然の美味しさがたっぷり感じられる一品です。

こちらは、ナンポーさんの「ぽるかどっと」。ぽるかどっとホワイトチョコレートをベースにじっくり焼き上げた生クッキーは、柔らかく、しっとりした食感です。パッケージも可愛くてフレーバーも色々な種類があります。

こちらは、ファッションキャンディーさんの「おもろ」。
おもろ紅いものあんとクリームチーズをパイで包んだお菓子。パイ生地はしとっりしていて、クリームチーズも重すぎないちょうどいいバランスです。

今回訪れた以外にも、紅いものアイスクリームやスムージーなど沖縄にはまだまだ紅いもを使った食べ物がたくさんあります。
沖縄にお越しの際にはぜひ色々と召し上がってみてはいかがでしょうか~(*^^*)♪

 

★PABLO(パブロ)沖縄国際通り店
http://www.okinawastory.jp/gourmet/600009189

★プーゾチーズケーキセラー 小禄ラボ店
http://www.okinawastory.jp/gourmet/600009459

★御菓子御殿 国際通り 松尾店
http://www.okinawastory.jp/spot/600009206

★ファッションキャンディー
http://www.okinawastory.jp/spot/600004463

マハエちゃんプロフィール