Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年3月15日

【旬の県産食材】島らっきょう「沖縄一の産地」伊江島をたずねました!

はいたい♪マハエです!
沖縄県産食材のひとつ、島らっきょうが旬を迎えています☆彡

沖縄県内だけでなく県外の方にも人気が高い島らっきょうがどのように育てられているのかを知りたく、
産地のひとつである伊江島を訪れました!

伊江島では沖縄で生産されている島らっきょうの約8割が育てらているそうです!
3月6日は「伊江島島らっきょうの日」と制定されているんですよ^ ^

島出身で、島らっきょう農家をされている儀間 幸太さんにお話しをうかがうことができました。
儀間さんは「おきなわ花と食のフェスティバル」で、2017年、2018年の2年連続で金賞を受賞されたんですよ☆☆

儀間さんの島らっきょう畑は、約2,000坪もあるそうです!

沖縄には土壌の種類がいくつかあるのですが、伊江島の土壌は「島尻マージ」という水はけのいい土質だそうで、
これが島らっきょう作りに適しているのだそうです!

毎年9月~11月頃に球根を植え、12月末~5月頃に収穫をするそう。

7年前に島らっきょうを育て始め、4年前から専業農家になった儀間さん。
現在もお1人で手植えをおこなっているんですよ!

儀間さんが島らっきょう農家を目指そうと思ったきっかけは、高校進学のためにで島を出て那覇に暮らし、
国際通りを歩く観光客や国道58号線にレンタカーが増えた様子を見たことだったそうです。
すでに県外の方にも人気が高かった島らっきょうをより多く生産することで喜ばれるのではないか、
沖縄に来て島らっきょうを食べたいという方が増えるのではないかと推測したのだとか!

儀間さん、島らっきょうを掘り出して見せてくれました♪

収穫したて、新鮮な島らっきょうです☆彡
伊江島の島らっきょうは、他の産地に比べ地中に深く根づくため、台風などの災害にも耐性があるのだそう!

儀間さんは、島らっきょうを年間約4tも出荷されています!

伊江島全体では約200tが出荷されているそうで、儀間さんは「自分の生産量なんてまだまだです」と謙遜されていましたが、
儀間さんの作った島らっきょうを食べて、幸せにな気持ちになっている方が大勢いるはずですよ!!

「実は、アスパラガスも育てているんです」と、儀間さん。

アスパラガス畑も見せてくれました(≧▽≦)
年間で約700kgを出荷されているそうです!

沖縄でマハエの想像以上の量のアスパラガスが生産されていると知り驚きました。

それでも、沖縄で生産している農家は沖縄では少ないため、儀間さんは沖縄県産のアスパラガスを広めようと栽培に着手、
本土のアスパラガス農家で修業も経験したそうです。

手際よく収穫していく儀間さん。

アスパラガスがすくすくと育つのがうれしいとのこと。

沖縄県産アスパラガスがより多くの人に召し上がっていただけるよう期待しています!!

伊江島のフェリー待合所の「伊江島物産センター」では、島らっきょうが販売されていました!
収穫状況により入荷量が異なるそうなので、ファンの方は見つけたらぜひGETしてください♪
土つきのまま新聞紙にくるみ、冷蔵庫に入れると保存ができますよ。
(3週間以内にお召し上がりいただくことをおすすめします。)

また、塩漬けや加工食品なども豊富に揃っていました~!

島らっきょうのおいしさが、より多くの方に伝わるといいな(*´▽`*)

最後に、儀間さんにとっておきの島らっきょうレシピをうかがったところ・・「アヒージョ」との回答が!
太めの島らっきょうでいただくのがおすすめとのこと。
葉(緑色の部分)を切り落として調理するのもポイントだそうです☆

マハエも島らっきょうのアヒージョを作ってみようっと♪

儀間さんの夢は、島らっきょう栽培の未来を支えてくれる若い担い手を増大させることだそう。

儀間さんの夢が叶い、伊江島産の島らっきょうがさらに多くの方のもとに届くといいな☆

今回はたくさんお勉強させていただき、ありがとうございました!
これからも島らっきょう、アスパラガスの生産をがんばってください!!

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/伊江島

3月の旬の食材/島らっきょう

おいしいをめぐる旅/おきなわ食のカレンダー

伊江島物産センター

沖縄のモデルコース/伊江島 絶景もビーチもグルメも! 伊江島を丸ごと楽しむコース

 

 

2019年3月12日

マハエのアイランドトリップ!久高島で朝日を拝む

はいたい♪マハエです!
久高島を訪れた時に、朝日を眺めに行きました!

日の出の時間に合わせ、島の北端の岬「ハビャーン」へ向かいました。

晴れた日の昼間のハビャーンでは、このような景色が見られます!

太陽が見え始めました~(≧▽≦)

この日は雲が多かったので、実際の日の出時間より少し遅れて見ることができました。

澄み渡る空気の中に見る太陽に神々しさを感じました。

太陽の光を浴びて、マハエはパワーチャージできました!!

その後も太陽は雲に隠れたり、また顔を出したりしていました。

皆様も久高島に滞在された際には、朝日の観賞もお楽しみください!

 

【関連リンク】

久高島

マハエの沖縄ダイアリー/マハエのアイランドトリップ!久高島の歴史とストーリーを知る旅

マハエの沖縄ダイアリー/マハエのアイランドトリップ!久高島のめぐみを堪能しました♪

沖縄まるわかり/久高島

沖縄のモデルコース/久高島 ガイドツアーと行くアマミキヨコース

 

 

2019年3月7日

マハエのアイランドトリップ!久高島のめぐみを堪能しました♪

はいたい♪マハエです!
先日訪れた久高島では、島の食材がふんだんに使用されたお料理やスイーツを堪能しました☆
また、島のめぐみを活用したおみやげショッピングも楽しみました~(≧▽≦)

お食事をいただいたのは、港の近くにある「食事処とくじん」さん。
イラブー汁をいただきたく、うかがいました!

久高島では、イラブー(ウミヘビ)を燻製にしていただく文化が琉球王朝時代から祝女(ノロ)の家系により受け継がれ、
現在もイラブー漁や燻製がおこなわれています。

こちらは燻製されたイラブー。
とくじんでは、1年を通してイラブー汁をいただくことができるそうです!

お店に入ると、魅力的なメニューがたくさんあり・・

他のメニューもオーダーしました^ ^

海ぶどう。

ニガナの和え物。

島のもの天ぷら。
もずく、さかな、さつまいもの天ぷらでした。

そして、イラブー汁!

島のごちそうが揃いました~(≧▽≦)

いただきます♪

ブチブチッと口の中で弾ける海ぶどう☆
食感がたまりません♪

野草のニガナは、近海で獲れた数種類の魚やタコと和えられていました。
「切る」とも「刻む」とも異なる「さぐ」という手法で調理されているそうです!
さわやかな苦味が口の中に広がります☆

ボリューム満点の天ぷら。
もずくの天ぷらは、もちもちの食感でした♪

イラブー汁には、イラブーの他にソーキ、昆布、大根が一緒に煮込まれていました。
ダシは燻製の香ばしさが効いていますが、やさしさを感じる味です(*´▽`*)

イラブーの身は、引き締まっていて噛み応えがありました!

いただいたものは、すべて島の食材でした!
どのお料理もいっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

ごちそうさまでした。

とくじんでの食事の後、同じ通り沿いにある船の待合所にやってきました。
こちらでは、島の食材を活用したおみやげやスイーツを提供されているんです♪

島の海水を炊き上げた塩、イラブーの粉末やその粉末を練り込んだそばの麺、島らっきょうの漬物など・・
魅力的なおみやげが揃っていました☆

「イラブーちんすこう」もありました(≧▽≦)
手軽にイラブーを味わえますね♪

タオルやTシャツ、手作りのアクセサリーや雑貨などもありましたよ。

店長さんとパチリ☆
島に訪れたら、おみやげショッピングもぜひお楽しみください~!

イートインコーナーでマハエは氷ぜんざいをいただきました☆

いただきます~♪

かき氷の中には豆がギッシリ!
島のおばあが育てたうずら豆、小豆、黒豆、エンドウ豆、金時豆、千倍豆(ささげ)だそうです!

ほんのりと甘いかき氷に癒されました。。

そして、イラブーちんすこうもいただきました^ ^

噛むと、イラブーの燻製の香ばしさ広がります!
かき氷もちんすこうもいっぺーまーさん☆☆☆
ごちそうさまでした♪♪

島のめぐみを堪能でき、幸せなひとときでした(∩´∀`∩)

皆様も久高島でおいしいものめぐりをしてみませんか♪

 

【関連リンク】

マハエの沖縄ダイアリー/マハエのアイランドトリップ!久高島の歴史とストーリーを知る旅

沖縄まるわかり/久高島

食事処とくじん

久高船待合所

 

 

2019年3月4日

【3月4日は三線の日】世界にひとつだけの三線作りに挑戦しました!

はいたい♪マハエです!
今日は3月4日「三線の日」です!

記念日をお祝いして、マハエは三線作りに挑戦!
制作体験の後には三線教室にも参加しました♪

三線にたっぷりと触れた1日の様子をレポートします!

体験教室が開催されているのは、宜野座村にある「屋良三線屋」です。
こちらで「ウッド三線作り・オリジナルデコレーションコース」に参加します!

教えていただくのは、屋良常雄先生です。
先生、よろしくお願いします!

屋良先生は、野村流古典音楽・屋良流沖縄民謡「吉栄会」の三代目家元です。
4歳頃から三線を弾き始め、9歳から三線作りもしていたのだそう!

沖縄だけでなく全国にお弟子さんがおり、スカイプなどを駆使して教室を開催していらっしゃるんですよ♪

三線作りは、「胴(チーガ)」の部分をデコレーションする生地選びからスタートです\(^0^)/
紅型模様のカラフルな生地がどれも素敵♪

どれにしようか迷いましたが、マハエは紺色ベースの生地に決定しました☆

木製の胴に生地を貼りつけていきます。

シワができないように上面に生地を貼ったら、側面の生地には切込みを入れてそちらも貼りつけます。

マハエが生地貼りをしているあいだ、先生は「棹(ソー)」の部分を成形してくれます。

胴は下面にも同様に生地を貼り、はみ出た生地は切り落とします。

次に、棹の加工にとりかかります。

やすりで磨いて整えていきます!
3種類のやすりを使い分けて磨くんですよ。

棹の表面がなめらかになったら、色づけをします♪

こちらの色づけには、スプレーペンキを使用します。
マハエは水色を選びました!

先生にコツを教わりながら、まんべんなくスプレーを吹きつけます。
あざやかな棹に変身しました~☆

棹のペンキを乾燥させているあいだに三線教室が開催されました♪♪
わ~い!楽しみ(≧▽≦)

先生が三線用の楽譜に「ド、レ、ミ」と階名をつけてくれます。
覚えやすくなりますね♪

さらにお手本を披露してくれます!
先生の演奏と歌声が聴けるなんて、幸せ(*´▽`*)

マハエも練習用の三線を借りて練習です♪
こちらの三線も先生の手作りなんですよ。

体験教室には外国からのお客様の参加も多いため、世界中で歌われている「きらきら星」を練習曲にしているそうです☆
「参加された方はみな弾けるようになって帰っていくよ」とのこと♪

棹が乾燥したら、最後のチョイス、胴に巻きつける「手掛(ティーガー)」を6色の中から選び、

先生が仕上げに取りかかってくれます!

棹のしなり具合を調整したり、弦を張ったり
先生のみごとな手さばきでどんどん三線が形作られていきます!

最後にチンダミ(調弦)をしていただき・・

オリジナル三線が完成しました(≧▽≦)生地の模様や色選びなどすべて自分で組み合わせた“世界にひとつだけの三線”です!

先生がさっそくマハエの三線で演奏をしてくれました♪
先生に弾いていただけるなんて、とてもうれしい☆

やさしくご指導いただき、ゆんたく(おしゃべり)しながら楽しく三線作りをすることができました♪
屋良先生、ありがとうございました。
三線の練習をますますがんばりたいと思います!

オリジナルの三線は、記念のおみやげにもなりますよ♪
ぜひ皆さんも自分だけの三線を作ってみませんか。

 

★オリジナル三線作り体験の予約はこちらから

おきなわ物語/沖楽  ←ページ内リンクサイトの「ものづくり・体験」より「三線体験」をお選びください

自分だけの三線を制作体験(オリジナルデコレーションコース)  ←オンライン予約が可能です ※外部サイト

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/音楽と芸能

特集/琉球音楽と楽しむ夜

特集/沖縄伝統芸能を観る・体験する

体験施設

 

 

 

マハエちゃんプロフィール