Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年2月27日

マハエのアイランドトリップ!久高島の歴史とストーリーを知る旅

はいたい♪マハエです!
久高島を訪れました!

久高島は、沖縄本島から渡ることができる周囲約8kmの島です。

南城市の安座真港から出発します!

通常、高速船とフェリーが1日に3本ずつ往復しています。

出発~!
高速船は約15分、フェリーは約25分で久高島に到着します。

久高島には古くから残る御嶽や拝み所などがいくつもあります。
場所によっては立ち入りが禁じられているところもあるので、マハエは島のことをしっかり勉強しようと思い、
ガイドツアーに参加することにしました!

南城市観光協会認定ガイドで、久高島生まれ、久高島育ちの西銘武良(にしめたけよし)さんにお願いしました。
西銘さん、よろしくお願いします\(^0^)/

ガイドツアーは、1時間コース、2時間コース、3時間コースがあります。
今回マハエは、3時間コースの「アマミキヨ・久高島行幸」コースに参加しました。

西銘さんに教えていただいたスポットやその歴史などをピックアップしてレポートします!

【御殿庭(うどぅんみゃー)】
国王と聞得大君行幸の祭の御殿があった場所です。

中央に位置する「神アシャギ」は、かつて12年に1度午年におこなわれていた「イザイホー」という儀式の中心祭場でした。
中に入ることはできませんが、外から見学は可能です。

こちらはかつては香炉として使用され、現在は島の特産食材であるイラブー(ウミヘビ)の燻製小屋として使用されています。

小屋の裏側には、捕獲したイラブー用のかごがありました。
この小屋も中に入ることはできませんが、見学が可能なところはガイドさんが案内してくれます!

【大里家(うぷらとぅ)】
久高島の旧家のひとつです。
御殿庭から歩いて1分足らずで到着できます。

家の前に建つ「ひんぷん」の石の形、積まれ方から住んでいた方の位の高さを推しはかることができるそうです。

近くにあった石垣を見ると、違いがわかりますね。

【ヤグルガー】
島の西側の海沿いにある井戸のひとつです。

かつて島の人々はこの階段を何度も往復し、生活用水を確保していたそうです。
目の前に広がる海の景色が美しい☆

こちらは、昨年の台風により階段が破損しているそうで、現在下りることができなくなっています。

【フボー(クボー)御嶽】
琉球の祖神・アマミキヨが最初に作った御嶽と言われています。

フボー御嶽は男子禁制のため、久高島で生まれ育った西銘さんも入ったことはないのだそう。
現在は、女性も含めて立ち入り禁止となっています。

御嶽の前で案内を聞いていると、それまで曇ったり雨が降っていたりしていたところに晴れ間がのぞきました!
葉についた雨粒がキラキラと輝いて見えました☆

旧暦の2月頃の久高島では「二月(にんがち)かじまやー」と呼ばれる言葉があるほど、
海が荒れる日が多かったり、1日のうちに天気がころころと変わることが多いのだそうです。

【ロマンスロード】
島の北西あたりにある遊歩道です。

こちらでしばらく散策タイム♪

遊歩道の先には一面に海が広がります!

美しい風景が見られて幸せ☆

遊歩道沿いにはさまざまな植物が生い茂り、そちらを鑑賞するのも楽しかったです♪

【ハビャーン】
島の北端にある岬です。
パノラマビューで海が見渡せます!

ハビャーンは「カベール岬」とも言われています。
昨年、古来からの呼び方である「ハビャーン」を正式名称に決定されたそうです。

海の中に見える岩「サーキピシ」を教えていただきました。
アマミキヨが最初に降り立った岩という説があるそうです!

サーキピシから少し左には津堅島が見えました!
久高島は南城市、津堅島はうるま市に属するのですが、直線距離ではかなり近くにあることがわかりますね!

久高島と津堅島を舞台にした「イサヘイヨー」という歌もあるそうで、西銘さんが歌声を少し披露してくれました♪
それぞれの島に住む若者の恋を歌ったものだそうです。
少し離れた距離がロマンティックに感じました(∩´∀`∩)

ガイドツアー終了後なのですが・・青空が広がったので、再度ハビャーンへ向かいました!

透きとおった海が見れました☆☆☆

西銘さんに教えていただいた「二月かじまやー」をここでも感じましたよ~。

ガイドツアーでは、他にもさまざまなスポットを案内していただきました。
島の環境や歴史はもちろん、島の方だからこそご存知の情報も教えていただくことができ、
久高島についての知識が深まったと思います!

フェリーの到着時間に合わせてスタート時間が設定されているのもうれしいポイントでした☆
そして島の方と交流できたことがなによりうれしかったです♪
西銘さん、ありがとうございました!

またすぐにでも久高島に訪れたいと思っています(*´▽`*)

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/久高島

久高島ガイドツアー

沖縄のモデルコース/久高島 ガイドツアーと行くアマミキヨコース

御殿庭

ロマンスロード

ハビャーン

 

 

2019年2月15日

期間限定イベント!ビオスの丘・いちご摘み体験&とまと摘み体験

はいたい♪マハエです!
うるま市にある「ビオスの丘」の期間限定イベント「いちご摘み」と「とまと摘み」体験がスタートしました!

昨年に続き、マハエは今年も参加させていただきました~♪
楽しかった摘み取り体験の様子をレポートします(≧▽≦)

イチゴとトマトのハウスがある場所までは、巡車(みぐいぐるま)に乗って移動します。
巡車の乗り場までの散策中、カラフルな花や生い茂る植物の観賞を楽しみました♪

ビオスの丘には、自然を感じさせてくれる光景がたくさんあり、訪れるたびに癒されます。。

イチゴのハウスに到着しました♪

イチゴの苗がズラリと並んでいます!

真っ赤に実った果実がかわいい♪

今年は、数種類のイチゴが栽培されています☆

摘み取ったイチゴは、専用のカップに入れておみやげにできるんですよ。

さぁ、イチゴを摘んでいきます~♪

赤く熟したイチゴを味見しながら摘みます。
品種によって甘さや酸味のバランスが異なり、食べ比べるのが楽しい(*´▽`*)
なんといっても、摘みたてでみずみずしい果実をいただけるのがうれしいです☆

マハエは、4種類のイチゴをバランスよく摘みました!

たくさん摘めました~♪

うれしいおみやげができました(≧▽≦)

続いて、とまと摘み体験のハウスにやってきました!

ミニトマトがたくさん実っています!

このように、ミニトマトは茎に近い実から赤く熟します。

トマトも赤く熟したものを摘んでいきます!

スタッフの方に「高い位置にあるトマトの方が甘いのでそちらを摘んでくださいね」とのアドバイスをいただきました。
低い位置に赤く実っているものと高い位置のものを味見をして比べてみたところ、
高い位置の実の方が甘くて味が濃く、はっきりと違いがわかりました!

とまと摘みも楽しい♪

たくさん摘みましたよ~(≧▽≦)

真っ赤でつやつやしていてかわいい☆もうひとつうれしいおみやげができました!

ビオスの丘のいちご摘み、とまと摘み体験は、期間限定のイベントです。

開催中にぜひ皆様もご参加ください!

・・・おまけ・・・
園内で月桃の花を発見☆
沖縄では通常5~6月頃に咲く花なので、うれしいサプライズでした!

 

★ビオスの丘のいちご摘み、とまと摘み体験の情報は、公式サイトで毎日更新されています!
ビオスの丘公式サイト・最新ニュース一覧

 

【関連リンク】

ビオスの丘

2月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

沖縄のアクティビティ・体験

2019年2月9日

沖縄&野球ファン必見!沖縄プロ野球キャンプレポート

はいたい♪マハエです!
2月1日より沖縄県各地でプロ野球キャンプがスタートしました☆彡

マハエは、東京ヤクルトスワローズと阪神タイガースのキャンプを取材しましたよ〜!
勝利に向かって熱く盛り上がっていた現地の様子をレポートします!!

球団創立50周年、浦添市でのキャンプ開催20周年を迎える東京ヤクルトスワローズのキャンプにやってきました!
球場は「ANA BALL PARK 浦添」です!
浦添市民球場が、昨年10月に新しい名前になりました☆彡

キャンプ初日には約2,000人ものファンの方が訪れたそうですよ!

マハエが訪れた日は「差し入れ式」がおこなわれました!
浦添市をはじめ沖縄県や浦添市の企業・団体などが、選手やスタッフを激励するため差し入れを贈ります。

松本市長からは、沖縄県産のあぐー(豚肉)が贈呈されました。

浦添市に本社があるブルーシールからは、アイスクリーム120コ!

浦添宜野湾漁業協同組合からは、大きなセーイカ(ソデイカ)が!
重さは約10kgもあるそうです!!

他にも、ポークランチョンミートの缶詰、コンビーフハッシュ、牛肉、野菜などの農産物、オリオンビール、
焼肉店のお食事券が贈られました。

松本市長は「ビタミンをたっぷり含んだあぐーなど贈りました。練習がんばってください!」と
激励の言葉をかけられていました!
小川監督が代表で感謝の言葉を述べ、差し入れ式は終了しました。

球場に移動しました!マハエは特別に3塁側のベンチから練習を見学させていただきました!

ゲストパスであるキャップをかぶり、ますます気分が盛り上がります(≧▽≦)

グラウンドでは、内野手の守備練習がおこなわれていました!

2017年のドラフト1位で入団した、背番号55番・村上宗隆選手の姿もありました!

選手の皆さんのボールさばきのあざやかさに見とれました。。

球場から室内練習場へ移動する途中、ブルペン(投球練習場)を発見☆

球団マスコットのつば九郎のイラストがかわいい(*´▽`*)
今日はつば九郎に会えるかな?

ブルペンの隣にある室内練習場をのぞいてみると・・

なんと、つば九郎がいました~!!

記念写真を撮っていただきました☆

少し見つめ合って・・(∩´∀`∩)

最後には高~く抱えられちゃいました\(´▽`)/
つば九郎、ありがとうございました!!

2月15・16日には浦添市の屋富祖通りで、つば久郎のスペシャルイベントが予定されているそうですよ♪

エリア内には浦添市の特産品がそろうブースもありました。

浦添市で生産、制作された品々がズラリと並びます!

こちらの赤瓦コースターのパッケージにつば九郎がサインを入れてくれていましたよ~♪
こんなサプライズもキャンプならではのお楽しみ(*´▽`*)

球団のオフィシャルグッズショップもあります☆

シーサーに扮したつば九郎、ホエールウォッチングを楽しむつば久郎など沖縄感あふれるイラスト、
デザインのグッズが勢ぞろい♪
キャンプ地でしかゲットできない希少なグッズばかりです!!

東京ヤクルトスワローズの今シーズンのテーマは「KEEP ON RISING -躍進-」。
選手の皆さん、勝利への躍進を期待しています(≧▽≦)

数日後、宜野座村にやってきました!
「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」では阪神タイガースがキャンプをおこなっています。
毎年10万人以上のファンの方が、キャンプを見学にいらっしゃるそうです!!

球場がある宜野座村総合運動公園の入口では花のカーニバルも開催されています☆
あざやかな花々に心躍ります♪

新しく誕生したブルペンを見学させていただきました☆彡

こちらは内部設備が可動式になっており、バスケットボールのコートやボルタリングの練習場としても
使用できるそうです☆☆☆
スポーツやイベントがますます盛り上がりそう♪

グラウンドの方から選手たちのかけ声が聞こえてきました!

練習がスタートしていました!!

パンッ!パンッ!とボールをキャッチする音が響き渡ります☆
間近で練習が見られるのはうれしいなぁ(∩´∀`∩)

公園内の特設ステージでは、毎日イベントが開催されているそうです!

この日は、球団マスコットのキー太のじゃんけん大会がおこなわれていました☆
勝者の方にはプレゼントが進呈されることもあり、盛り上がっていましたよ〜(≧▽≦)

キャンプ地でのお楽しみのひとつ、キャンプ限定グッズを見に行きましょう♪

こちらは、球団オフィシャルグッズショップです!

宜野座と大きくプリントされたキャンプ限定グッズが勢ぞろい♪

スタッフのお姉さんたちと記念撮影☆
スタンプラリーの受付とともにがんばっていらっしゃいました!

こちらは、ローソン沖縄キャンプショップです♪

球団オフィシャルグッズとはまたデザインが異なる、キャンプ限定グッズです☆
あれもこれも欲しくなります〜(*´▽`*)

スタッフのお姉さんたちにおすすめグッズを教えていただきました♪
フェイスタオルもかりゆしウェアも素敵だな〜☆☆☆

宜野座村観光協会の総合案内所でもキャンプ限定グッズが販売されています♪

こちらのキャンプ限定グッズは、宜野座村のお店や企業の方が制作しているものばかりだそうです!
村内のスポーツ用品店や刺繍屋さんが作られているそうですよ。

宜野座村のガイドブックやフライヤーなども設置されています。
ぜひお立ち寄りいただき、宜野座村の観光情報もゲットしてください♪

ステージ前のスペースにもさまざまなブースが並びます!
宜野座村にあるお店がメインで出店されているそうです。

お店をピックアップして見てみましょう♪

「炭焼家てんぷす」ではバラエティー豊かなから揚げ、オリジナルの宜野飯(ギーノーメシ)などがいただけます☆

宜野座村の食材を衣にしたから揚げが気になります〜(∩´∀`∩)

こちらでは、キャンプ名物の「宜野座カレー」やコンテストで高評価を得たからあげをいただけます♪

お店の看板娘・島袋蘭ちゃんと一緒にパチリ☆
蘭ちゃんは、宜野座村のガイドブックなどのモデルとしても活躍されていますよ!

宜野座村のスポーツ用品店もキャンプ限定のオリジナルグッズを制作、販売されています!
観光協会のブースでも販売されていたグッズたちです。

オーナーさんとパチリ☆
宜野座村のキャラクター・ぎーのくんデザインのボールもこちらのオリジナルグッズです!

今年初めて制作したトートバッグは、キャンプスタートからなんと3日で売り切れてしまったそう><キャンプ限定グッズとの出会いは一期一会ですね。。

ソフトクリームや軽食がいただける「Cream Cream」は、かわいいデコレーショントラックが目印☆デコレーションはオーナーさんが手がけたそう!

こちらでは、キャンプ限定の「タイガースサンデー」をいただけます♪

さっそくいただきまーす(≧▽≦)
ソフトクリームは濃厚なミルクの風味を感じますが、後味はさっぱりでいっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

高〜く盛られたソフトクリームとカスタードクリーム、シリアル、チョコレートがミックスされて贅沢な気分♪

おしゃべりも楽しいオーナーさんとパチリ☆
タイガースサンデー、とてもおいしかったです☆☆☆
ごちそうさまでした!

地元の方々とも交流でき、ほっこりした気分で球場をあとにしました。

球場で宜野座村観光協会の方から教えていただいた情報をもとに道の駅ぎのざに立ち寄りました♪

1Fには阪神タイガースの展示室がありますよ〜!

教えていただいた情報というのはこちら☆
現在3Fのギャラリーで雑誌「月刊タイガース」の表紙フォトコレクションが開催されています!

これまでの宜野座でのキャンプのフォトコレクションも展示されていましたよ♪
抽選で豪華プレゼントが当たるアンケート投票も開催中でした☆

プロ野球キャンプでは練習の様子を見学できたり、選手と交流できるイベントが開催されたりと、
現地でしか体験できないことが満載です!
にぎやかに盛り上がっている沖縄へめんそーりよー♪♪

 

 

【関連リンク】

沖縄プロ野球キャンプ2019公式サイト(外部)

マハエの沖縄ダイアリー/リニューアルでさらに楽しく♪道の駅「ぎのざ」へ行ってきました!

2019年2月6日

沖縄の夜がさらに熱くなる!ナイトエンターテインメント誕生☆彡

はいたい♪マハエです!
沖縄の文化や芸能を体感できるナイトエンターテインメント「RYUKYU AMAZING NIGHT」がスタートし、
マハエはさっそく会場の那覇市松山にある「EPICA OKINAWA」さんを訪れました☆彡

世界中の誰もが楽しめる“ノンバーバル”のステージということで、マハエはワクワクしながら鑑賞しました~♪

沖縄の伝統芸能と和の要素を取り入れた新しいスタイルのダンスが次々と披露されます!

きらびやかな空間と迫力あるパフォーマンスにマハエは釘づけ!

みごたえたっぷりのステージでした!

キャストの皆さん、とても素敵でしたよ~(≧▽≦)

最後に特別に記念撮影もさせていただきました♪
ありがとうございます!!

「RYUKYU AMAZING NIGHT」は、これからもどんどん進化をとげていくとのことなので、これからも楽しみです♪

 

<RYUKYU AMAZING NIGHT>
開催:2019年2月4日(月)~3月29日(金) ※毎週月・金曜日
時間:20:00~21:00(60分)
会場:EPICA OKINAWA(那覇市松山1-5-1 ナムラビル3F)
料金:1,500円 ※通常料金:3,000円
入場の案内:16歳未満は保護者同伴
公式サイト:https://ryukyu-amazing-night.com/

 

【関連リンク】

特集/琉球音楽と楽しむ夜

特集/沖縄の伝統芸能・エイサー

沖縄のイベント

 

マハエちゃんプロフィール