Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年6月22日

今年も行ってきました!よへなあじさい園!

はいたい!マハエです。

那覇市内から車で片道約1時間30分(高速道路利用の場合)北上したところにある本部町。

美ら海水族館で有名なこの町で、梅雨のこの時期だけ開園する「よへなあじさい園」さんを今年も訪れました。

入り口から満開のあじさいがお出迎え♪

小路を上がると、そこには一面に広がるあじさい!

約1万㎡の敷地に30万輪ものあじさいが咲き誇ります。

上から見てもきれい~♪

園内には約40種類のあじさいが咲いているそうです。

 

今年で開園17年目を迎える「よへなあじさい園」さん。

口コミであじさいのうわさが広がり見学者が増え、お客さんの声に押されて、あじさい園を開くことになったそうです。

開園は、園主の饒平名ウトさんが、40年前に旦那様のお兄様から譲り受けた2株のあじさいを趣味で育て始めたことがきっかけ。

ウトさんはなんと今年100歳を迎えます。

最近は少し体調を崩されているようですが、普段は、ウトさんも雑草を取ったり、挿し木をしたりと園の手入れをおこなっているそうです。

園主のウトさん(2016.5撮影)

 

 

ウトさんの息子さんの饒平名知孝さん(68)にお話を伺いました。

あじさいは手入れを怠ると花が貧弱になってしまうため、1年中、除草や肥料やり、害虫駆除、剪定を地道におこなっているそう。

あじさい園がオープンした当時、公務員だった知孝さんは、可能な限り週末は、ご自宅から園まで約1時間30分かけて通い、あじさいの手入れをされていたそうです。

枯れた枝や花の状態を見ながら、一本ずつ剪定中。

農薬を使用していないため、害虫駆除も手作業でされています。

あじさい園の特徴はこの急な斜面。これをうまく活かし、お花が美しく続いて見える一体感を演出するために山から原木を切り出し、段々に土留めを作って植えたそうです。

斜面が急なため機械を入れることが出来ないそうで、園内の遊歩道の石の階段や手すりは、土木業をされている知孝さんの弟さんを中心にお孫さんたちも総動員し、すべて自分たちで担ぎ上げて作ったそう!

とても大変な作業をひたすら繰り返すので、

「一体だれがこんなこと始めたねー、と兄弟で言い合ったりすることもあるよー」

と笑って話す知孝さん。

日々手入れをこまめにしているからこそ、毎年満開のあじさいを楽しむことが出来るんですね!マハエも感動~♪

 

最近は外国人のお客様も増え、海外からのお問い合わせもあるとか。

外国語での対応は、もともと英語が得意だった奥様がおこなっており、数年前からは新たに中国語を習い始め、

今では簡単な中国語の対応もなさってるとか!

「きれいですね!」とあじさいを見て喜んでくれるお客様の言葉が励みになるとおっしゃっていました♪

 

園内にはあじさいの他にも、様々な種類のお花が咲いていました。

メディニラ・マグニフィカとあじさいを同時に見ることが出来るのは沖縄ならではですね♪

散策後は、園内にある喫茶店であじさいを眺めながら、冷たい飲み物や沖縄ぜんざいを楽しむこともできますよ♪

 

年々来場者が増えており、土日は非常に混みあうため、ゆっくり見て周りたい方は平日がおすすめとのこと。

あじさい園は、天候にもよりますが、例年5月中旬頃~6月末の開園となりますので、この時期に沖縄に来られる方は、ぜひ訪れてみてくださいね!

※開園の正確な情報は、WEBサイトにてご確認をお願いします。(提供写真以外の写真は、2017年6月上旬撮影)

 

「よへなあじさい園」

開園時間:9:00~18:30

住所:沖縄県本部町字伊豆味1312

TEL:0980-47-2183

お問合せメール:tomotakayo@ybb.ne.jp

URL:http://www.geocities.jp/tomotakayo/

 

 

2017年6月9日

4月オープン☆彡「南の駅やえせ」には八重瀬町のいいモノがいっぱい♪

はいたい♪マハエです!
4月27日にオープンした「南の駅やえせ」さんへ行ってきました! 地元の方々の交流の場として、また、観光のお客様にはこれまで通過することがほとんどだった
この場所にお立ち寄りいただいて、八重瀬町の特産品やグルメを知ってほしいとの願いをこめて
建てたられたそうです。

屋内には農産物や特産品が揃うマーケットや展示コーナー、観光案内のスペースがあります。 中央部分は2階まで吹き抜けになっていて、光が差し込み明るい印象です。

展示コーナーはゆったりくつろげる空間。

観光案内コーナーには日本語だけでなく、外国語版のガイドブックも完備!

それでは、マーケットをじっくり見てみましょう♪

まず目に飛び込んできたのは、つやつやと輝くピーマン!

八重瀬町の具志頭(ぐしちゃん)地区ではピーマンの栽培がさかんにおこなわれていて、
「具志頭ピーマン」と呼ばれるほど有名なんです☆

サイズが大きい、肉厚、苦みが少ないのが特徴で、2Lと呼ばれる特大サイズのものも
あるそうですが、入荷と同時に売り切れるほど人気なんだそうです!
沖縄県内の方だけでなく、県外の方も買い求めに来られるそうですよ。

他にも八重瀬町で育てられた野菜がたくさん!!
紅いも、ゴーヤー、シブイ(冬瓜)、パッションフルーツ・・旬がいっぱい♪

港川パヤオ鮮魚店さんから直送されたおさしみもズラリ!

その中で気になったのがこちら、とび魚のおさしみ!

港川地区では昔からとび魚が大漁だったそうです!
ただし、とび魚は、鮮度が落ちるのが早かったり、骨が多く処理に手間がかかるなどの
理由があり、これまであまり出荷されていなかったそうなのですが、現在は八重瀬町の
特産品として積極的にPRされています☆

とび魚のおさしみもとても人気で、ほぼ毎日売り切れてしまうそうです!!

八重瀬町にあるお店で作られているお弁当やスイーツも揃っていました♪
「手づくりまるごとジャム」は、以前八重瀬町のカラべジプロジェクト、通称“カラベジ”を
取材させていただいた時に味わった思い出の一品です(´▽`*)

お土産コーナーも充実。

八重瀬町のキャラクター・しーちゃんのキーホルダーを発見☆

かわいいな~♪

こちらには、シーサーの置き物がこんなにたくさん!
その中に発見しました☆
富盛(ともり)地区にある日本最古の石獅子の置き物です!!
富盛の石獅子がお土産になったなんて、うれしいな~♪

屋外には八重瀬町のグルメを堪能できる6つのお店がありました。

お店の前には広々とした休憩スペースがあり、こちらで召し上がっていただけます!大きなアーケードがついているので、小雨程度でしたら安心して過ごせます。

それでは、お店を見てみましょう♪

こちらは、お好み焼きやたこ焼き、沖縄そばのお店です。
とび魚のダシが使われた「とび魚そば」が!
気になります~!!

お隣の「すけさん」は、港川パヤオ鮮魚店さんの姉妹店で、揚げたての天ぷらや
とび魚のお寿司などがいただけます!

「イカの羽いちゃいちゃ」もありましたよ~♪
こちらも“カラベジ”の取材時にいただいた思い出の逸品です☆

マハエは、お魚と“紅坊”という紅いもをそのまま揚げた天ぷらをゲット!
お魚はふわふわの食感、紅坊はおいものやさしい味でおいしかったです☆☆☆

やぎ料理とかき氷のお店「やぎや匠」さん。
やぎ料理のお店は那覇市の栄町に集中しているので、八重瀬町でやぎ料理が食べられる!と
とても好評だそうです!

手作り黒糖工房の上地屋さんのスイーツのお店もありました!

黒糖から作る「尚和三盆糖」を使ったスイーツのラインナップ。
どれもおいしそう~(≧▽≦)

こちらは、紅いもをアレンジした軽食やスイーツが揃う「Halu Halu」さん。

お店オリジナルのお菓子「紅芋ふぁちゃふぁちゃ」。
“ふぁちゃふぁちゃ”とは揚げる時に聞こえる音だそうです(´▽`)
素朴な味でおいしかったですよ☆☆☆

こちらはカラベジサンド♪
ポークランチョンミートとゴーヤのオムレツ、にんじんシリシリー、紅いものペーストの
サンドイッチがつまっています!

紅いものソフトクリームをいただきました♪
ミルクのコクの中に紅いもの甘さが広がり、でーじまーさん(とってもおいしい)☆☆☆

がちまやー(食いしん坊)なマハエは、もう一品、ぜんざいもいただきました^^
黒糖シロップ、お豆、白玉、紅いもあんがトッピングされています♪

こちらもでーじまーさん♪♪
やさしい甘さのスイーツにお腹も心も満たされました(*´▽`*)

スイーツをいただきながら、前方に目を向けると、がじゅまるの木が。
以前この場所には役場があり、現在は別の場所に移転されたのですが、がじゅまるの木は
今もこちらに残り、元気な姿を見せてくれていました!
樹齢は50~60年だそうです!!

自然や緑があふれる中で八重瀬町のおいしいものをいただき、ほっこりしたひと時を過ごせました。

「南の駅やえせ」では八重瀬町のいいモノにきっと出会えると思います。
ぜひ皆様もめんそーりよー!

 

~関連リンク~
南の駅やえせ 公式サイト

☆マハエの沖縄ダイアリー・アーカイブ☆
八重瀬の恵みがつまった「カラベジ」を突撃取材!

2017年6月2日

南城市の「がんじゅう駅・南城」でちんすこう作り体験!

はいたい♪マハエです!

沖縄南部・南城市にある「がんじゅう駅・南城」。
ここは近隣観光施設の紹介や、体験プログラム、またお土産品などが販売されている施設です。


ここで「ちんすこう作り体験」ができると聞いてやってきました!
沖縄の伝統的なお菓子「ちんすこう」は、お土産としても定番の一つ♪
マハエももちろん好きで時々おやつに食べるのですが、
作る機会はなかなかないのでワクワク^^

 


施設の中に調理室がありました。
どうやらここで、ちんすこう作りをさせてもらえるみたいです!

最初にレシピをいただき、流れの説明を受けます。
ボードにもわかりやすく手順が書いてありましたよー♪

 

手順に書かれてある材料もすでに用意されています。
でははりきってスタート!

 


まずはラードと砂糖をよく混ぜ合わせます。

 

混ざったら小麦粉を入れてまた混ぜていきます。

 

がちまやー(食いしん坊)なマハエは、早く食べたくて仕方ありません☆

 

ちゃんと手順通りにできているかなー

 

ちょうど生地を混ぜ終わったころ、南城市の「なんじぃ」が様子を見にきてくれました!

 

生地がまとまってきたら、次は形抜きです!

なんじぃの顔の型と、ハートの型が用意されていました。

南城市は、上から見るとハートの形をしていて
思いやりにあふれたハートのまちをつくる
『ハートのまち』宣言を行っているんですよ♪

 

型を使って生地の形を作ります。
型を使わずに、自由に形を作ってもOKです♪

 

そしていよいよ生地を焼く作業です。
オーブンの中に入れます。

 

うまく焼けるといいなー♪

 

焼けるまでの間、プラ板作りも体験できると知って
こちらもせっかくなので体験!
プラスチックの板に描く図案を選びます。

 

なんじぃのポーズがこんなにたくさんあって
迷うなぁ^^

 

図案の上にプラ板を乗せ、下の絵を写して描いていきます。

描いている間にちんすこうを焼いている香りがしてきます。
早く食べたいけど、今はこちらに集中!

 

色も塗って、こんな感じになりました。

 

どうかな?なんじい、うまく描けたかな☆
こちらもオーブンに入れて熱します。

 

その間にちんすこうが焼けたみたいです♪
オーブンから出したばかりだとまだ熱いので、少し待ってから

 

いただきまーす!

出来たてのちんすこうを食べるのなんて初めて!おいしい^^
作ったちんすこうはその場で食べられ、また持ち帰ることも可能です。

 

プラ板はこんな感じにできあがりました!

 

体験を終えた後、世界遺産「斎場御嶽」の展示・上映室も見に行きました。

がんじゅう駅の近くに斎場御嶽があり、入場チケット販売も行っているんです。

 

斎場御嶽に関するいろいろな展示を見ることができました。
こちらで学んだあと、斎場御嶽に向かうとより趣を感じることができそうですね。

 

沖縄衣装体験もありました♪

 

マハエが着ている衣装に似ているものもありますね^^

 

なんじぃの鼻を発見!

マハエもなんじぃになって写真を撮りました♪

 


がんじゅう駅のすぐ隣には売店があります。

県産のお菓子ややちむん(焼き物)、泡盛や
クバ笠(沖縄で昔から使われている笠)もありましたよ♪

なんじいグッズもたくさん!
2階にはカフェもあります。

 

カフェの前にはハートの鐘がありました!


マハエも鳴らしてみよっと♪

南城市のあざまサンサンビーチには「太陽(てぃーだ)の鐘」という
このハートの鐘のようなシンボルがあるんですよ。

 

この日は天気が曇っていたのですが
天気の良い日は青い空と青い海が目の前に広がっていてとてもキレイなんです!

晴れの日はもちろん、雨が降っていても楽しめるスポット。
沖縄本島南部を観光する際は是非立ち寄ってみてくださいね^^

 

【関連リンク】
がんじゅう駅・南城

雨の日も楽しめる施設(「旅のテーマで探す」ページ)

 

マハエちゃんプロフィール