Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年3月27日

空手発祥の地・沖縄に沖縄空手会館がオープンしました



はいたい♪マハエです!
2020年の東京オリンピックで五輪正式種目にも採用された空手。
日本を代表する武道であり、今や世界中で数千万人以上の愛好家がいるとも言われています。

じつは沖縄は空手発祥の地!なんです。
空手の聖地として国内・海外から多くの方が訪れているんですよ。

沖縄空手を独自の文化遺産として保存・継承・発展させ、「空手発祥の地・沖縄」を国内外に発信するため。また、伝統空手の真髄を学ぶ拠点となる施設として、沖縄空手会館が2017年3月4日オープンしました。



さっそく中を見てみましょう。


こちらは道場。


床の木が気持ちいいです。ほかに鍛錬室。


研修室やコイン式シャワーもありますよ☆

こちらは屋外にある特別道場・守禮之館(しゅれいのやかた)です。



資料室(有料)では、空手・古武道に関する資料や映像などが楽しめます。


(資料室内部は撮影禁止のため以下は許可を得て撮影しています)

資料室には空手を体感できるゲームもあります♪
マハエもさっそく「チャレンジ突き」に挑戦しました!アナウンスに従って穴に向かって突きをします。


結果は…初級は合格!でも上級は…不合格。
これ、とーっても難しいです!!ありったけの力を込めて突きましたが、合格できませんでしたTT

チャレンジ突き以外にも、鉄下駄を履いて鍛錬できたり



マチャーギと言われるオモリつきの鍛錬具を持ち上げたり



カーミ(甕)を持ち上げたり、3D空手スコープで空手のすごさを味わったり


空手をしたことがなくても楽しめますよ♪

体を動かしてお腹が空いたらおそばも食べられる食堂「手(てぃー)」もあります。


沖縄そば、ソーキそば、てびちそばなどの定番そばに加え、三種類の具が楽しめる空手そばが看板メニューです☆

お土産を買えるショップもあり、国内外の空手関係者のみなさまはもちろんのこと、空手の経験のない方や観光客のみなさまにも楽しんでいただける施設です。


沖縄空手会館にぜひお越しください♪

~関連リンク~
沖縄空手会館

2017年3月16日

[チムのお出かけ]東村つつじ祭りに行ってきました!

はいさ~い!チムだよ!
「沖縄花のカーニバル2017」のイベントのひとつ「東村つつじ祭り」に行ってきたよ!

マハエちゃんがいろいろな花のカーニバルのイベントにお出かけしてるのが楽しそうで、
チムも行ってみたかったわけさ~。

マハエちゃんの花のカーニバルのブログはこちら
色とりどりの花でおもてなし♪沖縄花のカーニバル> 

というわけで、今回はチムがレポートするよ!

会場がある東村(ひがしそん)は、沖縄本島の北部、大宜味村のお隣にあるよ。
東村では毎年この時期につつじ祭りが開催され、今年でなんと35回目を迎えたんだよ!

入場すると、小高いつつじの丘がお出迎え♪
この日(3/15)は五分咲きの状態だったけど、満開になるときれいだろうな~って想像できたさ~!

近づくと、花を咲かせたつつじがたくさん見れたよ。

色とりどりでとってもあざやかだったさ~☆

つつじを観賞しながらの散策はとっても楽しかったさ~!

敷地はとっても広大で、さまざまな種類のつつじを見ることができたよ!

こちらは「高根絞(たかねしぼり)」という品種。別名「曙」とも呼ぶそうだよ。 

こちらは「早乙女」。

こちらは「緋扇(ひせん)」 。

他にも「正之進(しょうのしん)」や「大紫(おおむらさき)」なども見れたよ。
つつじってたくさん種類があるんだね!

敷地の中には、展望台や東屋など休憩できるスポットがあったよ。

展望台は、入場した時に見た丘の上にあるよ。
休憩所でひと休み♪

ここからは美しい平良湾を眺めることができたよ☆
海も見られるなんて、うれしいさ~!

休憩所のまわりにもつつじがたくさん!!
こちらは満開だったよ!
白い花びらが、太陽を浴びて輝いてたさ~☆

展望台から下りて歩いていると、海とつつじが一望できるスポットを発見♪
わーい!お気に入りの一枚が撮れたよ~(≧▽≦)

他にも、東村ならではのグルメも揃う屋台コーナーがあったり

特産品販売コーナーもあって、グルメやショッピングも楽しめるさ~♪ 

特産品は、種類が豊富だったよ!

とっても見ごたえがあって、楽しかったさ~♪

3月18日(土)と19日(日)には、ステージイベントやライトアップも催されるそうだよ☆彡

また、開催期間が当初3月20日(月・祝)までだったのが、開花状況を考慮して、3月26日(日)までに
延長になったそうだよ~!!

これはうれしいさ~♪♪

期間中お時間が合う方にはぜひ訪れてほしいさ~。

 

~関連リンク~
東村公式サイト

おきなわ物語イベント情報<第35回東村つつじ祭り> 

2017年3月7日

世界大会 準グランプリ受賞!沖縄の恵みがぎゅっと詰まったジェラート『La Vous (ラ・ボウス) 』



はいたい♪マハエです!
みなさんは沖縄に世界で認められたジェラートがあることをご存知でしょうか。

そのジェラートが食べられるお店はここ!浦添バイパス沿いにあるLa Vous(ラ・ボウス)さんです。



お店は2015年12月オープン。それ以前もこちらには同じ店名のジェラートとマカロンのお店があったのですが、外観も内装もそのままに新たに生まれ変わったそうです。



マハエは店舗を運営しているYANBARU CULTURE GIFTERSの代表・國場さんにお話を伺いました。
「このお店づくりのきっかけは、収穫されたけれど流通には適さなかった果物が大量に廃棄されると知ったことでした。市場には出せないけれど、味としては素晴らしい食材をどうにかしたい!という思いから、規格外の食材を使ってジェラートにしてはどうかと思いつき、親交のあった日本ジェラート界の第一人者・柴野大造さんへプロデュースを依頼しました。柴野さんの「沖縄で採れる味の詰まった“本物”の素材を活かしたい」という思いも合わさり、いまのジェラートが生まれました。」


柴野さんは2015年の“ ジェラートマエストロ選手権”で優勝した日本一のジェラート職人であり、世界に40人しかいない“イタリア(ローマ)ジェラート大使”にアジア人で初めて選ばれたスゴイ方!なんです。

さらに2017年1月、柴野さんの弟子でありラ・ボウスの店長をつとめる県出身の米盛勝也さんが、ジェラートの本場イタリアで最も歴史と権威のある世界大会“Sigep2017ジェラート国際コンクール”で日本人として初めて準グランプリを受賞する快挙を達成!
ここではその準グランプリを受賞した『大地の香り』を食べることができます。


『新しい1000の味のアイディア』という自由部門で、県産のビーツを色付けではなく味に活かした点が評価されたとのこと。
ビーツがスイーツに!?とマハエも驚きましたが、イタリアでは馴染みのある食材として元々ジェラートの色付けに使われていたこと、ビーツそのものの味のインパクトに驚いたことから、ビーツをメインにしたジェラートを作ってみようと思い立ったのだそうです。

実際にマハエもいただきました。


ビーツの味もしっかり感じられ、さらにローズマリーとミントが爽やか!とってもおいしかったです~。

日本ジェラート協会が認定する”マエストロ”資格をもつ最年少マエストロでもある米盛さん。ジェラートに携わるようになってわずか1年というから驚きです。
ご本人にジェラートづくりのこだわりを伺いました。


「ビーツ、シークヮーサーなどメインの味のほかに風味付けで使うローズマリーやミントも県内で採れたものです。春待ち桜も沖縄の桜の葉っぱを使うなど、沖縄で採れたものにこだわっています。柴野さんのレシピでは生乳だったものを県産の牛乳に変更して、さらに土地のものを活かすジェラートにしました。」


「ジェラートの味は素材からエキスを抽出し、さらに12時間寝かせる“エイジング”をすることで深みを出しています。ジェラートにする作業は15分くらいですが、その前段階ではとことんこだわって手間をかけて作っています。」

だからどのジェラートも素材の味がぎゅっと詰まっていて、絶品なんですね!
こんなにおいしいのにカロリーはアイスクリームの約1/3だそうで、マハエはついついおかわりしてしまいました☆



ほかに琉球村、イオンモール沖縄ライカム、OTSレンタカー臨空豊崎営業所(アウトレットモールあしびなー隣)でも販売されているとのこと。ジェラートはシングル350円、ダブル450円、トリプル500円です♪

全国発送も始めていて、今後はオンライン販売も行う予定だそうです。
パッケージもかわいいです。



沖縄の恵みがぎゅっと詰まった世界に認められたジェラート。
みなさんにぜひ味わっていただきたいなと思ったマハエでした♪



~関連リンク~
La Vous(ラ・ボウス)

2017年3月3日

【サンゴ礁ウィーク開催中】しらほサンゴ村でお勉強&白保の方々とほっこり交流♪

はいたい♪マハエです!
3月5日の「サンゴの日」を記念して現在「サンゴ礁ウィーク」が開催されています!

マハエは「サンゴ礁ウィーク」イベント会場のひとつである石垣島の「しらほサンゴ村」さんを訪れ、
イベントに参加してきました~☆彡

その時の様子と同じくしらほサンゴ村さんで開催されている「白保日曜市」の様子を報告します!

島の南東の白保地区にある「しらほサンゴ村」さん。
南ぬ島石垣空港からほど近くにあります。

「サンゴ礁ウィーク」とは“サンゴ礁は、みんなの大切な宝物!”ということを
もう一度思い起こすウィーク(週)にしようと毎年開催されています。
しらほサンゴ村さんのイベントは「クイズラリーinしらほサンゴ村」です!

クイズラリーに参加する前に、まずはサンゴについてお勉強しました。
白保の海には世界最大級といわれるアオサンゴの大群落が存在しています。

これは、世界的に貴重な財産なのです☆

しらほサンゴ村さんは、WWFジャパンさんがWWFサンゴ礁保護研究センターとして設立された施設で、
サンゴの生態や現状などを知ることができます。

映像で見ることができたり

サンゴも育てられていたり

楽しみながら学ぶことができます!

昨年夏に発生した、サンゴの白化現象についてまとめられた特設パネルもありました。
白化現象のニュースを知った時、とても胸が痛みました。
現在は、徐々に回復されているとのことで、少し安心しています。

他に、白保地区の昔からの生活の様子を知ることができるパネルや展示もありました。

大きなサバニも!!
初めて知ることもたくさんあって、とても興味深かったです♪

お勉強した後は、クイズラリーに挑戦です!
施設内に3ヵ所に設置されたクイズ全問に正解すると、素敵なプレゼントがもらえるそうです~☆
全問正解目指して、がんばるぞー\(^O^)/

サンゴは植物?動物?
先ほど展示パネルで勉強したことが、出題されていました!

3つの問題の答えをシートに書きこみ、受付の方へ提出しました。
結果は・・?

みごと全問正解でした☆☆☆
やったー!
プレゼントは、WWFジャパンさんのシンボルマーク・パンダのイラストの缶バッジと
さまざまな動物のイラストが織り込まれたハンドタオル でした。
うれしいな♪♪

また「EARTH HOUR(アースアワー)」の日付が近づいているということで、東京のWWFジャパンさんから
パン次郎くんが遊びに来ていました!
記念に一緒にパシャリ☆
充実した時間を過ごせました♪

しらほサンゴ村さんでは、毎週日曜日に「白保日曜市」が開催されています!
こちらにも訪れましたよ~♪

白保地区に在住する方々が育てた野菜や手作り品がズラリと揃います!

アーサは、白保海岸で採れる海藻の代表格だそうです!

こちらは、白保で作られているお米たち。

「黒紫舞」というお米を材料に使ったシフォンケーキもありました(≧▽≦)
小麦粉から作られるシフォンケーキよりももちもちしていて、おいしかったです☆☆☆

八重山名物の「あんまぁーのアンダーミシュ」だ!
“あんまぁー”は「お母さん」、“アンダーミシュ”は「油みそ」のことです。

このアンダーミシュはとても人気があり、毎週購入される地元の方もいるそうです!
ひとくちサイズのごはんと一緒に試食させていただきましたが、甘辛い味が後を引きます!
もっと食べたい・・ということで、お土産用に1つ購入しました^^

笑顔が素敵なお店のお姉さんとのゆんたく(おしゃべり)も楽しい♪

実は、このアンダーミシュのことは知っていました!
以前チムが取材に訪れた「やいま石垣さんばしマーケット」に白保日曜市さんが出展されていて、
その時にこのアンダーミシュも販売されていたんです。

その時のブログはこちら
< [チムのお出かけ]初開催☆やいま石垣さんばしマーケットへ!> 

お姉さんもチムのことを覚えていてくれました!

現在「やいま石垣さんばしマーケット」には出展されていないそうですが、その時のことがきっかけで
縁ができ、とてもうれしかったです♪

こちらは「Shiraho 家 Cafe」さん。
お店でも提供されている、自家製のお茶やシロップが揃います!
沖縄県を代表するテキスタイルデザイナー・MIMURIデザインのパッケージやかわいい☆
MIMURIさんは、この白保地区のご出身なんだそうです!

シロップは、レモンとハイビスカスの2種類。色もあざやかです♪

この「トロピカルレモンレモン」を使った温かいレモネードをいただきました。
果実の味がしっかりと効いていました!

果肉だけでなく、皮の部分もまるごとシロップにしているのだそう!
なので、レモンの味が濃く感じられたんですね♪

ごちそうさまでした。

その他にもいろいろなお店がありました!

貝細工を手作りされているお母さん。

インテリアに使いたくなるような、かわいらしい貝たち♪
マハエが訪れた時は、ほとんどが売れてしまっていた後だったそうです。

開催時間は毎週10:00~13:00ですが、人気の品は閉店時間を待たずに売り切れることも
あるそうなので、早めに訪問した方がいいですね!

白保日曜市名物にもなっている「カナッパおむすび」。
月桃の葉で包まれたおにぎりです。
こちらに使用されている月桃は、白保の海を守るグリーンベルトの役目を果たしているそうです!

カナッパおむすびを手作りされているお母さんともパチリ☆

どこからともなくおいしそうな香りが・・香りにつられて進んでいくと、石垣牛のメニューを
提供されているお店もありました!

石垣島に来たからには石垣牛を食べようと石垣牛のステーキをオーダー!
部位はイチボとロースだそうです。

お肉はやわらかく、脂の味もやさしい。
でーじまーさん(とってもおいしい)でした☆☆☆

沖縄のおやつの定番・サーターアンダギーも♪

オリジナルパッケージでお土産にも喜ばれそうです♪

試食もさせていただきました^^
ごちそうさまでした!

名物やおいしいものにたくさんめぐり会えたこともうれしかったですが、地元の方々と交流できたことが
もっとうれしかったです♪

しらほサンゴ村さんは、お子様にもサンゴについてわかりやすく学べる施設です。
ファミリーで訪れるのも楽しいと思いました!
素敵な場所をまた1つ発見しました☆

 

~関連リンク~
サンゴ礁ウィーク(お知らせ)

 

マハエちゃんプロフィール