Home > マハエの沖縄ダイアリー

2016年8月26日

石垣島へ行ってきました【3】伝統工芸・みんさー織りについてお勉強♪

はいたい♪マハエです!
石垣島の伝統工芸「みんさー織り」についてもっとくわしく知りたいと思い、石垣島旅行の際に
「みんさー工芸館」さんに訪れ、お勉強させてもらいました!

石垣島の旅ブログpart2はこちら
<石垣島へ行ってきました【2】美しい石垣焼とスぺシャルなランチを堪能♪> 

シーサーくんが「おーりとーり」とお迎えしてくれます♪

「おーりとーり」は、石垣島の方言で「いらっしゃいませ」を表します!
沖縄本島では「めんそーれ」に当たる言葉ですね。

敷地に入ってまず目に飛び込んでくるのが、色染めされた糸が並ぶ「染め屋」です!

草木染めと科学染めの技術を併用し、手染めや機械染めをして、色とりどりの糸を生み出すそうです!

タイミングが合えば、手染め作業を見学できるそうですよ。

本館の1Fには、オリジナル商品が揃うお店と工場があります。

素敵なアイテムがたくさん☆

石垣島の美しい海のようなブルーのシリーズも!
あれもこれも欲しくなっちゃいます(≧▽≦)

こちらは工場です。
織りに入る前の工程を見学することができます。

こちらは「絣くくり」と呼ばれる作業です。
みんさー織の“五つと四つ”の模様を生み出す基礎となるため、丹念に手作業でおこなわれています。
丁寧ながら素早い指の動きに見とれました。。

2Fの資料展示室にやって来ました!
こちらでは、みんさー織の歴史を学んだり、著名な作品などを見ることができるんですよ。

こちらは、現在の八重山みんさーの原型となった、「ミンサーフ」です。
もとは竹富島に伝えられてきた、五つと四つの絣柄を織り込んだ帯だったそうです。

この“五つと四つ”の絣柄には、「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」という思いを込め、
女性が愛する男性に贈ったといういわれがあります。
帯の端の繊細な織り込みは、ムカデの足をイメージしたものだそうで、
「足しげくあなたのもとに通う」という意味が込められていたそうです!

ステキ~(*´▽`*)

他にも、沖縄本島のみんさー(花織)や与那国島のみんさーも展示されていました。

それぞれの特徴が見比べられて、とっても興味深かったです。

初期のみんさーのデザインが見られるコーナーを発見☆
カラフルなアイテムを見ながら歴史を知ることができて、楽しい☆
時代の移り変わりとともにさまざまなデザインが誕生してきているんですね。

糸の色を生み出す染料について教えてくれるコーナーも♪

ヒルギやフクギ、藍などのさまざまな植物を工夫をこらして加工し、多種多様な色が作られます!

自然から生まれた色と知って、なんだかうれしくなりました♪

歌手・夏川りみさんの紅白歌合戦の衣装も展示されていました!
初出場の時、みんさーのデザインの青いドレスに身を包んだりみさんが登場したのを見て、
その美しさとみんさー織でドレスが作られるんだと感動したのを覚えています☆彡
マハエもいつかみんさー織のドレスが着てみたいと夢がふくらみました(∩*´∀`*∩)

資料室を後にして、別館の体験教室ものぞかせていただきました♪

自分で機織りし、コースターやテーブルセンター、タペストリーなどを作ることができます!

マハエは、特別に先生に織っているところを見学をさせていただきました。

カタン、カタンと音を立てながらリズムよく織られていきます。
バラバラだった糸が絣柄を織り交ぜつつ一枚の布に変化していきます!

体験プランでは、お気に入りの色を選んでアイテムを作ることができます♪
先生がやさしく指導してくれるので、初めての方も安心してご参加いただけますよ。
この日は、参加者の方が数名いらっしゃり、先生とゆんたく(おしゃべり)しながら作られていました。
楽しそうだったな~♪

みんさー織についてたくさんのことを知ることができました!
ありがとうございました。

次回はマハエも機織り体験に挑戦したいと思います!

 

~関連リンク~
みんさー工芸館 公式サイト
沖縄離島専門の観光情報サイト「リトハク」

2016年8月22日

東京で沖縄を感じる旅 ~美ら海とエイサーと沖縄グルメ~

はいたい♪マハエです。
普段マハエは沖縄の魅力をお伝えするべく、沖縄本島や離島を奔走する日々を送っていますが、
沖縄を感じられるイベントが県外で開催されると聞いたので 沖縄を飛び出して、いざ東京へやってきました!

東京はマハエが来る前日に梅雨明けした模様で、とてもいい天気。

 

まずは銀座の街へ。 期間限定で沖縄の美ら海を感じられる場所があるんです!

「Sony Aquarium(ソニーアクアリウム)」
沖縄美ら海水族館の監修のもと、沖縄の自然や生き物について楽しみながら学べる体験型のイベントです。

 

去年は友達のチムが行ってきて楽しんだ様子をこんな感じでお伝えしていましたよー!

去年の様子はこちら

 

数寄屋橋交差点に面したソニービル1階の屋外イベントスペース「ソニースクエア」に14トンの大型水槽が。

沖縄の海だー!!
近くで見てみると、透明度の高い沖縄の海が再現されていて、とってもキレイ!

 

交差点のそばなので、信号待ちしている方が立ち寄って眺めたり、写真を撮ったりする姿が見られました。

 

「ハナゴイ」や「シマハギ」「ルリスズメダイ」など、色鮮やかなお魚がたくさん。

水槽の近くに、それぞれのお魚の説明が書いてありました。

 

裏にまわって水槽を見てみると 街で魚が泳いでいるようにも見えます!

 

キレイだなー まだ沖縄を離れたばかりなのに、沖縄が恋しくなってしまいました。

 

給餌タイムには、魚たちへの餌やりも見ることができます。 この水槽だけではなくて、ビルの中でも何やらいろいろなイベントが行われているみたいです!

 

8階では10分間のショートムービーが上映されています。 沖縄の美ら海を舞台にした少年の冒険物語です。

沖縄の海を鮮明に映す4K映像で楽しめるひととき。

改めて沖縄の海の美しさを感じました!

 

4階の4Aフロア シアタールームでは、鮮明な映像とともにCDを超えるハイレゾ音質を堪能できる場所がありました。

ウミガメがゆっくり泳ぐ姿と、琉球音楽のコラボレーション!
マハエが音の雰囲気まで伝えられないのがもどかしいくらいです(> <)

 

続いて3階に移動。 こちらでは塗った絵にスマートフォンをかざすと絵が飛び出すしたり、音が出たりする「Music Kids Book」が行われていました。

1階の「ソニーショールーム」1Dフロアでは、今回のイベントのために水中写真家「鍵井靖章」さんが撮り下ろしした、
きらめく「美ら海の世界」の写真が展示されています。

沖縄の美ら海のキレイな姿をいろいろな角度で見せていただきました!

 

館内4ヶ所にスタンプラリーのポイントが設置されていて
4つすべてスタンプを集めると、1F エントランスホールで抽選会に参加できます。


 

館内にも水槽がありました!

水槽の周りでみなさんお魚に見入ったり、写真を撮影したりしています。
「クロヘリイトヒキベラ」「フエヤッコ」など、屋外の水槽で見たものとは、また違う種類のお魚が泳いでいました!

「Sony Aquarium(ソニーアクアリウム)」は引き続き2016年8月28日(日)まで開催されていますよー♪

Sony Aquariumイベント詳細はこちらから

沖縄の美ら海を楽しみながら学べるイベントです♪是非お越しください^^

 

次の日---
この日は沖縄の伝統芸能であるエイサーを間近で見られるイベントがあるので新宿へやって来ました。
「新宿エイサー祭り」です。

新宿の街中で、沖縄の伝統芸能であるエイサーを間近で見られるこのイベントは 今年で開催15回目をむかえます。
今年参加するエイサー団体は27チーム。

 

エイサーはもともと、旧盆(旧暦7月13~15日)にご先祖様をあの世へ送り出す念仏踊りです。
今では旧盆の時期に限らず、多くのイベントで披露されるようになりました。

 

ステーションスクエアステージでエイサーが始まりました! 太鼓の響きにマハエも“ちむどんどん”(沖縄方言で「胸がドキドキする」という意味)してきましたー!

 

そして新宿通りでのオープニングアクト。

新宿駅東口および西口周辺で、昼の部/夜の部 それぞれ6つのステージが用意されていて
それぞれのステージでエイサー演舞が披露されます。

 

大太鼓を鳴らしながら力強く舞う姿

 

パーランクー(小鼓)、三線、新宿の街に沖縄の音が響きます!

 

インフォメーションでもらったプログラムを見ながら、次はどのステージに行こうか考えながら移動。

あ!サーターアンダーギーが売っているー♪
ここでは沖縄の特産品販売が行われていました。

販売されている方に、さんぴん茶やシークワーサージュース、ビールや泡盛などの飲み物や
油みそや塩せんべい、他ちんすこうなどのお菓子もありますよ、とおしえてもらいました^^

 

同じ通りに沖縄観光の案内ブースもありました。

沖縄のパンフレットが配布されたり、アンケートに答えて景品が当たる抽選会などが行われていて
ここにもたくさん人が集まっていました。

 

PRステージではミス沖縄の新里 由香さんが沖縄の魅力をお伝えしていましたよ!

 

それぞれのステージで各エイサー団体が力いっぱい演舞を披露。

この日の東京の最高気温は32℃、たくさんの人の熱気で実際の気温よりも暑く感じます!

 

日が西に傾き、昼の部がそろそろ終了するころ、

観客も一緒に参加して踊る「カチャーシー」が始まりました! カチャーシーの時の定番、琉球民謡「唐船ドーイ」の曲に合わせて踊ります。

その中にお子さんの姿も♪
カチャーシーを踊る姿がとーっても可愛らしくて、世代を問わずみなさん楽しんでいました^^

 

昼の部が終わり、夜の部が始まる前に立ち寄りたい場所があったので
マハエはここで一旦歌舞伎町シネシティ広場に移動。

 

「沖縄フードガーデン」


「東京にいながら沖縄旅行気分」をテーマに沖縄料理と文化の魅力を体感できるイベントだそうです!

 

石垣バーガー、スパム焼きそば、

ゴーヤーチャンプルー、ソーキそば、サーターアンダーギー、

塩サイダーやビール、ゆずスパークリング泡盛もある!!

何を食べようか迷ってしまってマハエは大変でした☆

沖縄フードガーデンは3日間行われていたので、
実は昨日の夜、マハエは下見に来ていたんです。
夜はこんな雰囲気でしたよー♪

新宿の街で、みなさん沖縄料理やお酒を楽しんでいました♪

 

そして新宿エイサー祭り 夜の部へ 昼に引き続き、エイサーや三線ライブが披露されます。

夜の部もエイサーを見ようと、たくさんの人が集まっています。

日が沈んでいく中、エイサーの掛け声が街に響きます。
「イーヤーサーサー!」「ハーイーヤー!」

 

マハエもちむどんどんして、一緒に演舞に参加している気分でした。
「イーヤーサーサー!」「ハーイーヤー♪」

 

今回、沖縄から海を越えて東京でイベントを楽しんだマハエですが、
県外から沖縄の魅力に触れることができて嬉しかったです^^

ここでマハエが紹介したイベントの他にも 沖縄県外の各地で、沖縄に関するイベントが開催されています!
イベント情報は「県外だってオキナワ」Facebookで随時紹介していますので こちらもご覧ください♪

「県外だってオキナワ」Facebook

 

イベントに参加して、沖縄に触れていただけたら 次は是非沖縄へ、沖縄の魅力をたっぷり感じに来てくださいね^^

 

■関連リンク

Sony Aquarium Webサイト

新宿エイサーまつり2016 Webサイト

沖縄フードガーデン2016 Webサイト

 

 

2016年8月5日

石垣島へ行ってきました【2】美しい石垣焼とスぺシャルなランチを堪能♪


はいたい♪マハエです。
石垣島の旅では、石垣焼窯元さんにも訪れました。

石垣島の旅ブログpart1はこちら
垣島へ行ってきました【1】島産のおいしい食材を堪能☆石垣島ヴィレッジ>

沖縄本島・恩納村にあるOIST(沖縄科学技術大学院大学)で現在開催されている
石垣焼の展示会「Ishigaki Blue」に窯元当主の金子晴彦さんが来訪された際、
取材にうかがい、ご縁ができ、石垣島の工房にうかがいました♪


「Ishigaki Blue」取材の際に撮影していただいた記念写真です☆

この「Ishigaki Blue」ウォールを見た時、その美しさにマハエは一目ぼれ(*´▽`*)

石垣焼は現在、日本だけでなく、世界中から注目を浴びており、昨年の12月には
「Ishigaki Blue」ウォールが、フランスの「サロン・ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール
/カルーセル・ルーブル展」にて審査員賞インスタレーション部門・金賞と
S.N.B.Aインスタレーション部門・金賞をW受賞されました☆☆

沖縄だけでなく、日本を代表するアートなんです!

もっと石垣焼のことを見たい、知りたいと思い、念願叶っての訪問でした☆

石垣焼窯元さんは、島の西側の名蔵湾をのぞむ場所にあります。

こちらが名蔵湾です。

川平地区に行く際に名蔵湾沿いを走ることが多いのですが、いつも美しい海を見せてくれます♪

工房内には、たくさんの作品がありました!

まず一番に目を引くのは、大きな二尺皿です!

こちらは、下関市立美術館に収蔵されている作品の同等品だそうです。
油的天目の中央に美しい石垣ブルーが広がっています。

他にもさまざまな作品が。

アクセサリーなどのアイテムもあるんですよ☆

石垣焼のアクセサリーが似合う女性になりたいなぁ・・

こんなにかわいい作品たちもありました♪

ハート模様のお皿には、石垣島の伝統の織物・みんさー織りの模様が☆

このお茶碗は、底が石垣島の海のように見えました!

きれい~(*´▽`*)

この美しい青は、ガラスと陶器の融合から作り出されます。

石垣焼は、当主・金子さんのお父様が生み出した「よろん焼」がルーツとなっており、
いずれもガラスと陶器を組み合わせるという特徴をもっています。

ガラスと陶器は、収縮率がちがうため、制作するのがとてもむずかしく、
昔はそれらを用いた焼き物を制作するのは不可能とまで言われていたそうです。

現在は作品の成功率が上がったそうですが、それでもまだむずかしい、
常に挑戦するつもりで作られていると、金子さんはおっしゃっていました。

作品の制作真っ最中だった金子さん。
今回もお忙しい中、いろいろなお話を聞かせてくれました。

「この作品、中のブルーに太陽の光を当てると虹色に見えるんですよ」と教えてくれました!

本当だ☆彡

これまで見たブルーとは少し異なる色合いと感じました。

うれしそうにお話しされる金子さんを見て、マハエも興味津々♪
石垣焼には無限の魅力があるとあらめて思いました!

金子さんは、石垣島の地名「石垣」を世界のたくさんの人にもっと知ってほしいという思いと
お父様が発見したガラスと陶器の融合、粉末にした鉱石と透明のガラスを使用し、
沖縄の海の色へ変化させたガラスと油滴天目が施された焼物を残すことに使命を感じ、
材料の鉱石がたくさん採取されることもあり、石垣島に窯元を創立されたそうです。

陶器は200万年も存在することができると言われているので、自身では伝えきれないことも
メッセンジャーとして伝えることができるという可能性がある、そして、石垣焼を手にした方が
石垣島を知り、石垣島を起点に日本を旅するきっかけになれば本望と教えてくれました。

石垣島のことを思いながら、創作に挑まれているその姿に感動。。
マハエもあらためて沖縄や島々への思いを強く持ったのでした。

皆さんも窯元に訪れた際に、タイミングよく金子さんにお会いすることができたら、
アート作品を見せてもらえるかもしれませんよ♪

また、窯元では体験教室も実施されていて、自分で石垣焼を制作することもできます!

次回訪れる時は、マハエも作品を作ってみたいと思います!

 

窯元を見学した後は、ランチをご一緒させていただくことに♪

「SHIMA LOHAS」さんというお店を教えていただきました。
場所は、離島ターミナルの近くです。

お店の中は、花ブロックから差し込む光がやさしく、落ち着いた雰囲気です。

「SHIMA LOHAS」さんは、創作フレンチを提供されているそうです♪

最初に運ばれてきたのは・・石垣焼を器にした前菜でした!

石垣焼の器でフレンチをいただけるなんて、贅沢な気分♪

器の中はアスパラガスのポタージュで、手前にある塩アイスをひたして食べるんです!

こちらは、塩せんべいの上にえびなどがトッピングされたものです♪

塩せんべいが海に揺られる船のようです(^▽^)

キラキラ輝いている粒は、なんと海藻から作られているそうですよ!

きれい~☆♪

お料理の美しさとおいしさにウットリしているところに運ばれてきたのは・・


玉手箱のようです(≧▽≦)

器の中には、スモークされた魚介や野菜が♪
奥が海につながっているような美しい器でした。。

・・と、気になるものを発見しました。

カウンターに置かれていた2つのプレート。

こちらは、日本庭園のような雰囲気です。

こちらは、石垣の地図が♪

いずれも、シェフさんが制作されたものだそうです!

こちらのプレートでお料理を提供されることもあるのだとか。

素敵だな~♪

窯元の体験教室でもこのような作品を作れるそうです!
作品は、仕上りまでに数ヶ月を要するので(最短で6ヶ月だそうです)、
郵送でのお届けになるのですが、国内だけでなく海外への発送も可能だそうですよ。

マハエは、ますます作品を作ってみたくなりました(≧▽≦)

その後もお魚やお肉をメインとした、おいしいお料理が続きました。

石垣焼の美しい器に盛られた数々のお料理をいただいているうちに、食事がおいしいと感じるのは、
味覚はもちろんのこと、視覚も重要な役割を果たしているのだと気づきました。

最後にデザートも♪

海の中をのぞいているような不思議なスプーンにまたまたウットリ。。

どのお料理もたいへんおいしく、器の美しさも手伝って、優雅な気持ちになりました。

ごちそうさまでした。

(SHIMA LOHASさんは、8月中はランチの営業をされていませんので、ご注意ください。)

 

金子さんは、9月の9~11日に開催されるイギリスの展示会「Ceramic Art York 2016」に
作品を出展をされるそうです。

この展示会に選出された作家さんは、世界中から41名だけという栄誉なんですよ!

石垣焼の発展、金子さんの躍進にますます目が離せません!!

皆さんも、石垣島に訪れて、石垣焼に触れてみませんか。

 

~関連リンク~
石垣焼 公式サイト
SHIMA LOHAS 公式サイト

 

マハエちゃんプロフィール