Home > マハエの沖縄ダイアリー

2015年12月24日

唄と笑顔でおもてなし♪「JALうたばす」に乗って沖縄中部をめぐる旅♪


はいたい♪ マハエです。
12月15日の「観光バスの日」に合わせ、JALパックの「JALうたばす」に乗って、沖縄観光を楽しんできました~。
コースは北部、中部、南部と3つのエリアから選ぶことができ、マハエは中部エリアの「中部めぐり号」にしたよ♪


内装は落ち着きのある色合いに統一されていて、座席の間隔は、広めでゆったり。足を伸ばして座れます。また、Wi-Fiの利用とコンセントも設置されていて快適に過ごせますよ~。シートベルトを締めていよいよ出発です!(ワクワク)


早速バスガイドさんからのおもてなし♡ 三線を弾きながら「安里屋ユンタ」の唄で歓迎してくれました。感激~♪


琉球村到着☆ここは沖縄の伝統文化や芸能を体験できる観光施設です。


案内は、“がんちょーさん”こと、玉那覇さんに施設内の紹介をしてもらいました。
ちなみに、“がんちょー”は、沖縄の方言で“めがね”って意味です。スタッフの方達はそれぞれニックネームを付けて呼び合っているみたいですよ。


貸衣装の着付け体験みっけ♪いろんな色の紅型の琉装にテンションあがります↑↑子供サイズもあるんだって☆


道ジュネーの始まりです。
国王と王妃の前で、それぞれの演者たちが伝統芸能を披露するんですよ~。
エイサーや琉球舞踊、琉球空手等、演舞する姿に魅了されます。


最後は、お客様と一緒にカチャーシーだよ~♪週に2日間だけ出演するおばぁはみんなの人気者。なかなか会える機会がないので貴重な写真です。


黒糖で作ったサーターアンダギーは、沖縄の伝統菓子の一つです。味はドーナツにちょっとだけ似てるかな。


マハエの横にいるのは。ハ、ハブ!!!!!
こんな近くで見るなんて~。目が合っちゃったよ~!!


恩納村にある道の駅「なかゆくい市場 おんなの駅」に着きました~♪
地元ならではの特産品がたくさんあって、ドライブに立ち寄る観光客の方がたくさんいるんですよ~。
ポークたまごのおにぎりや、ポーポードック、いかすみおにぎりも美味しそう~。いろんな食べ物にまはえも釘づけ。どれにしようか迷っちゃう。


道の駅で休憩した後は「ビオスの丘」へ。
ここは花をテーマにいろんな植物と触れ合える自然植物園です。カトレアの花がいい匂いで癒される~♪


湖水鑑賞舟を体験♪ 周り一面いろんな植物に囲まれてマイナスイオン吸収中。
マハエが写っている左下の植物は“ぜんまい”。てんぷらにして食べると美味しいんだって。案内してくれるお兄さんが教えてくれました~。


水牛車発見!ビオスの丘では、牛車に乗って周遊することもできるんですよ。


園内には大きな手作りブランコやハンモックもあって、自然の中でくつろぐこともできます。おてんばなマハエは、立ちこぎ~♪


「中部めぐり号」最後の立ち寄り地は、世界文化遺産として登録されたグスク(城)の一つ、勝連城跡。沖縄の城の中でも一番古いんですよ。


二の曲輪で見られる舎殿跡は、首里城正殿のような柱の多い建物があったと考えられているそうです。


按司の守り神を祀った拝所「玉ノミウヂ御嶽」です。その他にも、村を守る神や、台所を守る火の神など、勝連城跡はこれらの神が祀られている場所であり神聖な場所です。


頂上から見る景色は最高~♪
沖縄の歴史や文化に触れ、自然も体感できて楽しかった~。


帰りに、バスの前でガイドさんと記念撮影♪
みなさん、バスの外観を見て何か気づきましたか?
バスのデザインと、バスガイドさんの制服が同じなんですよ♪
現役バスガイドさんが、沖縄の海やデイゴをイメージしてデザインしたようです。素敵ですね☆


反対側は夏服です♪

JALパック「JALうたばす」の魅力はやっぱりバスの中で三線が聴けること。
3つのコースごとに演奏する曲を変えているようで中部以外の北部や南部コースも参加してみたくなりました☆
バスの中で感じる沖縄の旅を体感してみませんか?

♪~沖縄いいとこ一度はお~いで~(サーユイユイ♪)~~♪

☆おまけ☆

今回ご一緒させていただきましたお二人♪
常に安全運転に努めていただいた優しくユーモアのある運転手さんと、三線を弾きながら透き通るような唄声と笑顔が素敵なバスガイドさんありがとうございました~♪

~関連リンク~
JALパック「JALうたばす」

2015年12月22日

糸満で「沖縄感動体験プログラム」に参加しました!


はいたい♪マハエです!
今回は「沖縄感動体験プログラム」のうち
糸満市観光協会と株式会社富士ツーリストが運営した感動体験に参加してきました!

「沖縄感動体験プログラム」とは、自然、食、スポーツ、人、歴史、文化といった6つのカテゴリーと、
「琉球(沖縄)感動体験」、「島人(しまんちゅ)との物語」を軸に、沖縄の様々な魅力を体感してもらうために
平成26年度からまずは実証実験としてスタートしています!

 

早朝、糸満漁港北地区に到着

まずはじめにセリの見学をさせていただけると聞いて、朝からワクワク!


参加される皆さんが集合し、事前に説明を受けています。


説明を受けたあと、セリ市場の建物の中へ。


今日水揚げされているものを見極めるべく、買い手の方が品定めに入っています。
お仕事の邪魔をしないように見学します。


近くて見るととっても大きい!


沖縄ならではの色鮮やかな魚も並んでいます!


しばらく見学していると、セリ人と買いつけの方が集まってきました。


セリの始まりです!!


買いつけのやり取りは威勢が良くて迫力があります!


間近で皆さん見入っています☆


マハエも思わずその様子をじっと見つめます(@_@)

テンポ良く次々と魚が競り落とされます!

競り落とされた大きな魚が運ばれたりもします。


その場でさばかれる魚も!
漁港ならではの光景です!


ここで買い付けられた魚が、各お店に並ぶんですね!
普段見ることのない、セリの雰囲気を体験できました^^

市場を出る頃には、外はすっかり明るくなっていました。

 

移動して、糸満道の駅にて朝ごはんです。

マハエも皆さんと一緒に朝ごはん♪


糸満が発祥の地とされる「バクダンかまぼこ」です。(バクダンおにぎりとも呼ばれます)
かまぼこの中におにぎりが入っているんですよー^^

 

朝ごはんのあとは、旬の野菜の収穫体験!

農家さんの畑に移動して、小松菜の収穫をします。


観光ガイトさんの説明を、皆さん熱心に聞いています。


マハエも収穫します♪
よいしょ、よいしょ!


和やかな雰囲気での収穫でした^^

 

さぁ続いて糸満市公設市場の散策に繰り出します!


待ち時間、三味線の音に合わせて自由にカチャーシーを踊る一幕も☆
市場のおばぁも一緒に踊っています!


カマボコ屋さんから市場の話を聞いたり、


お店の方とゆんたく(おじゃべり)したり、


沖縄方言で呼ばれている商品に「これは何?」「初めてみた~」と
皆さんみーぐるぐる(目をキョロキョロ)


「ここには昔、映画館があったんですよ」、と糸満の観光ガイドさん
普段通り過ぎてしまうような道も、ガイドさんの説明があると
情景を思い浮かべることができてより深く楽しめます。


この市場では、2ヶ月に一度くらいの周期で「ちむちむ市場」というイベントが行われ、
飲食ブースや手作り作家さんの雑貨販売、ライブなどが行われているんですよー♪


市場にはこんなシーサーも☆
マハエも記念撮影して、市場をあとにしました^^

 

次は座波豆腐店で 島豆腐作りの体験です!

ここでは沖縄の豆腐「ゆし豆腐」を作ります。


作り方をレクチャーしてもらいながら進めます。


あらかじめ水につけておいた大豆を、石臼に入れて、つぶしていきます。


交代しながらどんどんつぶしていきます♪

 


大豆を全てひき終わりました。この状態を呉汁と言うそうです。
これから木綿の布でこしていきます。


搾り取って布の内側に残った方は、「おから」です


できました!こちらは豆乳ですね!

 


搾り取った豆乳を火にかけていきます。
まずは沸騰するまで待ち、

 


水、にがり、塩をまぜたものを加えて、ゆっくり
ゆし豆腐にしていきます。


まだかなー、待ち遠しいな♪
しばらく待ちます。そして…


完成です!!


できたてをいただきます♪


マハエもいただきました^^
お好みでポン酢などをかけてもいいのですが、そのままでもおいしい♪


みんなで記念撮影です☆

 

このあとはまぐろの解体ショーです!
高江洲鮮魚店にて朝にセリされた魚を間近で解体する様子が見れるんですよ^^


大きなマグロにお店の方が包丁を入れていきます。


皆さんじっと見つめています。


「解体やってみたい人!」とお声かけされ、果敢に立候補した方が
お店の人と一緒に解体を進めていきます。


シャッターチャンス♪拍手もあがります!


どんどん解体を進めていきます。


骨の部分も大きいですね!中落ちの試食もできまました♪
新鮮で美味しかったです^^

「沖縄感動体験プログラム」は県内各地で平成28年度までモニターツアー等を通して実証し、商品化までを目指しているそうですよ♪
今までになかった沖縄体験の機会が増えるといいですね^^マハエも楽しみです!

 

2015年12月11日

夜の沖縄を満喫!琉球ランタンフェスティバルがスタートしました☆彡

はいたい♪マハエです!
読谷村にある体験王国むら咲むらさんで「琉球ランタンフェスティバル」がスタートしました☆彡

マハエは、点灯式がおこなわれたスタート初日に訪問してきましたよ~♪

園内にはたくさんのランタン(提燈)が飾られていました。
ランタンの総数は約1,000個だそうです!

読谷村の特産品である紅いものタルトや“よみとん”のランタンも♪

園の奥“ククルエリア”では提燈門がお出迎えしてくれます!

門をくぐると、大きな国王花燈がそびえ立っていました!
とっても大きくて、迫力があります!!

読谷村の保育園に通うちびっこたちと村長により点灯ボタンが押され・・
園内のランタンが一斉に灯り始めました☆彡

日が暮れて少し暗くなり始めた空にランタンの灯りがとっても映えます。

続いて、提燈祭エリアにやって来ました!

中のお屋敷や周辺もとっても華やかです♪

燈籠エリアでは、願いがこめられた和紙燈籠が足下を照らしてくれます。
とっても幻想的です。。

燈籠エリアの橋を渡ると、渡った先にハートの花燈が♪
かわいい~(*´▽`*)

園全体がほのかな灯りで彩られていて、とってもいい雰囲気でしたよ☆+。★。+
沖縄の夜の新しい楽しみ方が新たに誕生して、マハエもうれしいです!

12月19日(土)からは、屋台村やプロジェクションマッピングもスタートするそうですよ!

「琉球ランタンフェスティバル2015」は、来年2月21日(日)までの期間限定イベントとなっています。
この機会にぜひめんそーりよー♪

~関連リンク~
琉球ランタンフェスティバル2015 公式サイト 

 

マハエちゃんプロフィール