Home > マハエの沖縄ダイアリー

2015年10月30日

11月1日は「泡盛の日」。泡盛について学習しました!

はいたい♪マハエです。
11月1日は「泡盛の日」です!

泡盛についてもっと知りたい!と思い、勉強をするためお出かけしました!

今回お世話になったのは、糸満市にある「まさひろ酒造」さん。
まさひろ酒造さんでは、泡盛の工場見学ができるんです!

建物の1Fはショッピングゾーン、2Fがギャラリーと工場になっています。

はじめに2Fのギャラリーを見学しました。
パネルとともに器具のサンプルなどが展示されています。

泡盛の主原料であるタイ米や黒麹菌のサンプルもありましたよ。
スコップのような器具は「ニクブク」と言い、かつて酒屋さんが製こうじの際に使用していたものだそう。
現存しているものが少なく、大変貴重な資料となっています!

一升瓶分の泡盛を製造するのに必要なタイ米は1.2㎏だそうです!
想像よりたくさんのお米が必要と知ってビックリ(◎o◎)

続いて、瓶のコレクションを見せていただきました!

ズラリと並べられた瓶は圧巻です!!

ヴィンテージなものもたくさんありましたよ!
こちらは、ビール瓶をリサイクルし販売されていた頃の現物です。
中には当時の泡盛がまだ入っているそうです!!

他にもウイスキーやソースの瓶などがリサイクルに使われていました。
物資が乏しかった時代はこのように工夫されていたんですね。

他にも「Aサイン」の認証が入ったものや紙袋に包まれた一升瓶など・・
時代の移り変わりを感じられる貴重なものが揃っていました。

こちらは、沖縄県外にのみ出荷している銘柄だそうです!
泡盛が日本全国で愛されていると思うと、うれしくなりました♪

ギャラリーの横では工場のラインの様子を見ることができます!

 

 

 

○充填機(お酒をつめるところ)

 

 

 

 

 

○検瓶(中身のお酒を確認する)

 

 

 

 

 

○自動ラベラー(ラベルを貼るところ)

 

 

 

この日は、10月23~25日に那覇市で開催された「沖縄の産業まつり」で販売される
8年ものの古酒を作っていたそうです。

グリーンのボトルは通常の商品では取扱いがなく、このイベントのみの特別な商品だそうです!

お酒の仕込み室も見せていただきました!

洗ったお米を蒸し、そこに黒麹を散布して麹を作ります。
その麹に酵母と水を加えます。本日作られたのがこちら。

昨日作られたものがこちらです!
ポコ・・ポコ・・気泡が立っています。
1日で大きく変化していました!!

そして、2週間ほどたったものがこちらです!
10~14日間かけてもろみを熟成させるそうです。

熟成したもろみを蒸留し、その際に抽出されたアルコール分が泡盛の原酒になるそうです。

製品によって割水し、ろ過を経て、貯蔵されます。
この時の水の量で泡盛の度数の決まります。
こちらは貯蔵用のタンクです。
なんと高さが9mもあるんですよ!!

さらに甕にうつされ、熟成させます。

日々たくさんの泡盛が製造されていると知り、マハエは驚きでした!

ショッピングゾーンものぞいてみました♪

よく見かけるものから昭和初期の黒麹で仕込まれた古酒などいろいろな泡盛が揃っていました!
試飲も楽しませていただきましたよ(*´▽`*)

銘柄や会社名でもある「まさひろ」とは、三代目の社長のお名前だそうなのですが・・

お店を訪れたお客様でお名前が「まさひろ」の方には、非売品の泡盛ボトルがプレゼントされるそうです☆彡
全国の「まさひろ」さん!ぜひ訪れてみてください♪

今回、スタッフの宮里さんにたくさんお話を聞かせていただきました。
宮里さん、まさひろ酒造の皆さん、ありがとうございました!

泡盛についていろいろ知ることができ、泡盛がもっと大好きになりました♪
泡盛がいつまでも愛されるようにマハエもPRのお手伝いをしていきます!

工場見学は、予約をすると専任のガイドさんがついてくれますよ。
見学内容も変わるそうなので、訪れる際はぜひご予約してくださいね。

~関連リンク~
まさひろ酒造 公式サイト

2015年10月27日

【チムのお出かけ】JAL SKY NEXT体験搭乗&JAL工場見学スカイミュージアムに行ってきました!

ハイサイ、チムです。今回はJALさんの取材に行ってきたよ。
なんだか航空業界づいているさ~。憧れのパイロットに着々と近づいています!

ということで、今回は JAL の新機材“JAL SKY NEXT” を体験すべく、東京まで行ってきました~!
“JAL SKY NEXT”とは・・・「ひとつ先のスタンダード」をテーマに、くつろぎ、利便性、新しい価値をご提供するJALの国内線機材のことで、国内線初となる機内インターネットサービスが利用できるんだ。

さっそく搭乗☆
照明はLEDが使われていて、柔らかい明かりが機内を包んでいるよ。

チムは贅沢にもクラスJシートに乗せてもらったよ。
すべての座席が本革で、足元スペースも最大約20㎝広く、ゆったりとした空間が堪能できるさ~。
※写真はJALさんよりご提供いただきました。

いよいよ離陸です☆Wi-Fiサービスはすべてのクラスで利用できるよ。
チムは事前にアカウント登録していたので、スムーズにインターネットに接続できたさ~。
どれどれマハエちゃんのブログをチェックしよっと♪


うんうん、マハエちゃん石垣取材の様子をアップしているね~。チムもがんばるさ~!
スマートフォン以外にも、タブレットやPCからも接続できるんだよ。

JAL SKY NEXT機材は羽田-那覇間で1日10便程度が運航中(2015年10月19日現在)。
今後順次拡大予定とのことで、ますます快適になった空の旅をみんな体験してね~。


ちゃっかり客室乗務員さんとも写真を撮ってもらったさ~チムの嬉しそうな顔、分かるかな?
新しくなった制服もクラシックで素敵さ~。

そして、約2時間20分のフライトを経て羽田に到着!
ここからモノレールで一駅“新整備場駅”に移動するよ!




続いてJALメインテナンスセンターにある、JALスカイミュージアムの見学をしてきたよ~!
こちらでは、航空教室、展示エリア見学、格納庫見学ツアーを体験!
約100分のコースで、パイロット、航空整備士、客室乗務員、女性グランドスタッフの経験者の方が説明してくれます。
今回は元パイロットのスキザキさんが案内してくれたよ。


航空教室では、飛行機の仕組み、飛行時の速度などを勉強したよ。
飛行機の燃料がどこに搭載されているか知ってる?答えは・・・“翼”でした~!
マハエちゃんにも教えてあげようっと~。

続いては展示エリアの見学!
歴代の客室乗務員の制服も展示されているよ。どれも今着れそうなくらいオシャレさ~。



こちらは航空整備士のお仕事紹介。
見てみて!ボーイング767エンジンの模型も展示されているよ~実際の1/4サイズだそう。

空港スタッフのエリアでは、チェックインカウンターで搭乗手続きの疑似体験もできるよ~!
お仕事7つ道具も展示されているよ。



キャンビンアテンダントシートにも座ってみよっと。
緊張感で背中がシャキッとするさ~。そしてお決まりの・・・「アテンションプリ~ズ!」



そして!ボーイング787モデルのコックピットにも乗り込んでみたよ!パイロット気分で“チムドンドン”するさ~!


1981年に導入されたDC9-81型で実際に使用されていたコックピットもあるよ~。
水色のカラーがかっこいいさ~。
パイロットの鞄も展示されているね。チムには少し大きいさ~。



ファーストクラスや国際線ビジネスクラスの座席にも座ってみたよ~!
ふかふかな座り心地につかの間のセレブ気分☆いつかマハエちゃんとくくるを連れてファーストクラスで旅したいさ~。



こちらは浅田真央ちゃんが使用していることで有名なエアウィーヴの枕。国際線ビジネスクラスでマットレスと枕が使用されているんだって~なんて心地よい感触♪空の上に浮かんでる気分になれそうさ~。

さぁ、最後はお待ちかねの格納庫見学!

飛行機が整備されている様子を間近で見ることができます。
実際に航空整備士さんがメンテナンスを行っているので、お仕事を妨げないよう指示に従って見学するよ。

客室のシートが取り外されているさ~!トイレやギャレー(調理室)も同じように外して細かく点検されるよ。

こちらは中型機のボーイング767機材。
主に国内線や近距離国際線に活躍している機材だよ~。
全長54.9mで翼の先が立っているウイングレット付もあるよ。

もう一機、整備中の飛行機があったよ~。エンジンが点検されているさ~。

滑走路の近くで離発着する飛行機を見学したよ。
いろんな国の飛行機が羽田空港に降り立ち、飛び立って行くんだね。
離陸する飛行機にみんなで手を振ります。いってらっしゃ~い!ちゃんと見てくれてたかな~?

元パイロットのスキザキさんは、見学の間に離発着する飛行機の機材を瞬時に見分けていたんだよ!
とってもかっこよかったさ~。

さて、楽しい時間はあっという間。ツアーも終了です。
普段知ることのできない飛行機の仕組みや歴史を教えてもらって、と~っても勉強になったさ~。
今度飛行機に乗るときは少し違った目線で見れるね。
チムのパイロットへの夢もますます膨らんださ~。そのときはJALさん、よろしくお願いします!

~関連リンク~
JALスカイミュージアム 公式サイト
JAL SKY NEXT 公式サイト

2015年10月19日

[チムのお出かけ]初開催☆やいま石垣さんばしマーケットへ!

はいさ~い!チムだよ!
9月21・22日に「やいま石垣さんばしマーケット」が開催されると知って、チムも石垣島へ行ってきたよ!

“島のおいしいと、島素材・島の手仕事があつまるマーケット”がテーマで、今回が初めての開催☆彡
石垣島にはおいしいものや素敵な作品がたくさんあるから、始まる前から“ちむどんどん”だったさ~!

会場の石垣港離島ターミナル横には、テント張りのお店がズラリ!

大勢のお客さんが集まっていたさ~!!

イベント本部に行ってお店の名前をチェックしたら・・わ~!気になるお店ばっかり♪
本部の方と記念にパチリ☆
イベントオリジナルのエコバッグもおしゃれでいい感じさ~。

どのお店も気になるので、さっそくチェックしていくことにしたよ!

こちらは「島Jiri5960」さん。
多種多様な商品が揃っていてワクワク♪
石垣島産の冷凍マンゴーだ~!
お隣「ALOALOHA」さんのフェイスペイントでキメてたお兄さんとパチリ☆

ジューシー、おいなりさん、マフィン・・・お姉さんの愛情がこもっていておいしそうさ~!

カラフルで見るのも楽しい南島焼、ソルトスパもあったよ!

お店の名前の島Jiriの「Jiri」は、石垣の言葉で同級生を意味する「じり」から名付けたそうだよ。
石垣島でお店を運営している同級生が集まって出展したんだって!
卒業後も仲間と一緒に力を合わせられるなんてステキさ~♪

「ハワイアングロッド」さんというお店の前でかわいいお嬢さんたちが声をかけてくれたよ♪
彼女たちが通う八重山商工高校のプロジェクト「美島商娘(ちゅらしましょうこ)」が開発した
「天使のシトラスジンジャーシロップ」や黒糖ジンジャーシロップのPRをしていたよ!

「天使のシトラスジンジャーシロップ」試飲させてもらったよ!
沖縄の伝統的な食材「命草(ぬちぐさ)」をメインに島レモン、生姜、石垣島産のスパイス「ピパーツ」をブレンドしてるんだって!
さわやかな甘さでおしかったさ~♪

このシロップ、今年の県高等学校生徒商業研究発表大会でなんと最優秀賞を受賞したそうだよ☆彡
しかも昨年に続き2年連続での受賞だそう!素晴らしい~!!

これからも若い力で石垣島の特産品をたくさん生み出して、島を盛り上げてほしいさ~。

歩いていると、いい香りが・・
クロワッサンバーガーのお店「スマイルサンド」さんからだったよ!
おいしそう~!
照明やディスプレイもこだわりが感じられるおしゃれなお店だったさ~☆

石垣島の泡盛蔵元のひとつ「請福酒造」さんが泡盛とカクテルのバーを出展していたよ!
シェイカーを振るお兄さん、かっこいい~☆

カクテルの「X・Y・Z」をベースにした泡盛カクテル「A・X・Y・Z」をごちそうしてくれたよ!
港の海風に吹かれながら飲む泡盛は格別においしかったさ~♪

請福酒造さんでは、近年梅やゆずのフレーバーの泡盛を発売し、これが女性を中心に人気を博しているそう!
泡盛がたくさんの人に愛されてうれしいさ~!

こちらは「オーリー」さん。
沖縄の名物、魚の天ぷらとポークランチョンミートのおにぎり「オッポー」のお店だよ。
こちらも同級生が集結して運営しているそうなんだけど、イベントの時にしかオープンしない移動店舗なんだって!
今回めぐり会えてうれしかったさ~☆

こちら「ゴーヤカンパニー」さんでは、島唐辛子のスパイスが揃っていたよ!
社長でありミュージシャンでもある伊良皆さんとさわやかスマイルでパチリ☆

看板商品でもある島唐辛子の粉一味は大人気で、イベント開始から3時間で約100本販売したそう!
乾燥の温度や時間を変え、風味に変化を持たせたドライ島唐辛子2種類。
スイッチドライホールは乾燥温度を途中で変えるという手法で、管理がとてもむずかしいんだそう!
このイベントでのトライアル販売商品で、これから正式に商品化するかどうか決定されるそうなんだ。

石垣島の白保集落で毎週日曜日に開催されている「白保日曜市」さんも出展されていたよ!
集落の女性たちの手作りの食品や小物などがたくさん!見るのも楽しいさ~♪

こちら「あんまぁーのアンダーミシュ(油みそ)」はリピーターの方も多い人気商品だそう!
プレーンの他にハーブ入り、クロレラはちみつ入り、魚入りなどフレーバータイプも♪

通常は上記のパッケージだけど、こんなおしゃれなお土産用パッケージもあったよ!
こちらは、日本パッケージデザイン大賞2015に入選したそうだよ!

同じく日本パッケージデザイン大賞2015に入選した「庭のハーブティー」
こちらもおしゃれ!お土産にもらったらうれしいさ~♪

日が暮れてくると、ライトアップでムード満点さ~☆

石垣島のもうひとつの泡盛の蔵元「八重泉酒造」さんの泡盛カクテルバーのお店もあったよ!
2010年蒸留の古酒やアルコール度数44%の泡盛の原酒も販売されていたよ!
どちらもイベント限定販売なんだって!
パッケージもとってもおしゃれで気になるさ~!

美らかーぎーなお姉さんが、泡盛オレンジマンゴーを振る舞ってくれたよ♪

おいしい~♪
日が暮れて涼しくなり、とってもいい気分さ~。

空もすっかり暗くなり、月が見えてきたよ!

フードコートはデコレーションでキラキラ輝いていて、いい感じさ~☆*゚ ゜゚*

チムは、すっかり腹ペコ!
夜ご飯は何を食べようかな♪

石垣島の名物のひとつ、かまぼこの専門店を発見!
カステラかまぼこ揚げた「サクサクかすてら」をチョイスしたよ♪

おいしい~!サクッとした衣とプリプリのかまぼこの食感がマッチしてるさ~☆
中にはとろけるチーズとシソの葉も入ってて大満足!

そして、行列ができていて気になっていた、川平地区のベーカリー「ピナコラーダ」さんのごきげんセットもオーダー!

ガーリックトースト、生ハムとカマンベールチーズのトースト、デリなどおいしいものばかりてんこ盛り♪
でーじまーさん☆☆☆
名前の通り、ごきげんになったさ~!

マーケットは21時まで続いたよ。
離島からの最終便の船で石垣島に戻ってもたっぷり楽しめるね!

港で海や船を眺めながら、おいしいご飯、お酒を堪能できて、最高だったさ~!
そして、なんといっても、島の人たちと交流できたのがとってもいい思い出になったさ~!!

次回の開催は、12月22日(火)、23日(水・祝)に決定したよ!
2月、3月にも開催予定だから、日程を合わせて八重山への旅を計画してくれたら嬉シーサー♪

おまけショット!
会場近くの石垣港離島ターミナルの具志堅用高さんの銅像とパチリ☆

~関連リンク~
やいま石垣さんばしマーケット 公式サイト

2015年10月9日

【八重山の旧盆をめぐる旅】アンガマー面づくり名人訪問と川平湾ドライブ

はいたい♪マハエです!
前回、石垣島の旧盆の行事「アンガマー」を体験した様子をレポートしましたが、
今回の石垣の旅では、アンガマーのウシュマイとンミの面づくり名人を訪ねることができました!

訪れたのは「マルタ工芸」さん。
工房の主であり、面づくり名人の田場由盛(ゆうせい)さんです。

工房は店舗も兼ねられていて、アンガマーやミルク様のお面がズラリ。

島や地域によって少しずつ異なるミルク様のお顔。
一度に見ると、それぞれの特徴がわかりますね!

アンガマー、ミルク様のお面の他にも、獅子頭や祭事にまつわるお面もたくさんありました。
一挙に見られ、マハエ感激☆

制作途中のお面を見ることができました!

木を少しずつ彫り進め、ウシュマイ、ンミのお顔を成形していくのです。
じっくり見ていると、難しい技術をもって作られ、完成していっているのだとわかります。

近年、 アジアのある国でアンガマーのお面の偽物が製造されていたことが発覚したそうです。
田場さんは、沖縄県から認定を受けた「沖縄県工芸士」であり、ひとつひとつ精魂を込めて制作されています。
許可なく模倣、製造するのは許せません。

最後に記念撮影をしていただきました。
温かく迎え入れていただき、いろいろなお話を聞かせていただきました。
ありがとうございました。

その後、少し足をのばして川平湾へ。
石垣島へ行ったら、やっぱり川平湾は見ておきたいですよね!

この日は曇り空だったのですが・・

川平湾はみごとな美しさでした☆

展望台からはさらに素敵な景色が☆☆☆

 来られてよかった♪

最後に、石垣市公認マスコットキャラクターの「ぱいーぐる」とパチリ☆

島の人たちのあたたかい心にたくさん触れることができ、思い出深い八重山の旅となりました。

 

マハエちゃんプロフィール