Home > マハエの沖縄ダイアリー

2015年9月29日

【八重山の旧盆をめぐる旅】石垣島の「アンガマー」を体験しました!

はいたい♪マハエです!
旧盆の期間に八重山を訪れ、波照間島の「ムシャーマ」に続き、石垣島で「アンガマー」を体験してきました!

祖先を供養するお盆の行事なのに、ユニークで楽しさいっぱいだったアンガマーの様子をお届けします!

「アンガマー」は通常、一般のご家庭でおこなわれるのですが、この日は「ホテル日航八重山」さんで
アンガマーが見られる“旧盆の夕べ”というイベントがあると知り、うかがいました。

元気よくエイサーでスタートです!
会場は満席、立ち見されている方もおり、熱気にあふれています!
宿泊、観光のお客様はもちろん、地元の方も大勢足を運ばれていたようです。

ちびっこを中心としたエイサー教室のコーナーもありました。
パーランク-(小太鼓)をリズムよくたたいたり、ジャンプで演舞のバリエーションをつけたり・・
ちびっこたちがとっても楽しそう♪
みんなでカチャーシーをして締めくくられました。

続いて、アンガマーが始まります!

顔を布で覆い、花笠をかぶった女性たちが続々入場してきました!

アンガマーといえば、おじいさんとおばあさんのお面をつけた2人の印象が強いですが・・

女性たちの風貌のインパクトに釘づけになっていたら、ステージにはすでにおじいさんとおばあさんが!
紺色の着物がおじいさん=ウシュマイ、白い着物がおばあさん=ンミです。

そして、女性たちはウシュマイとンミの子孫で、花子(ファーマー)と呼ぶそうです。

仏壇が中心に置かれた部屋で、2人を取り囲んで花子たちが座ります。

ウシュマイとンミは舞いを披露した後、仏壇を拝みます。

その後は、花子たちから2人への質問タイムです。
ここでは、質問者もウシュマイとンミも甲高い裏声でやりとりをするんです!

なんだかほほえましい光景でした^^

ホテルをあとにして、一般のご家庭でのアンガマーを見るために大浜地区へ向かいました。

アンガマーの行事はいくつかあるのですが、旧盆におこなわれるのは「ソーロンアンガマー」と言います。
各地域の青年会の方々が旧盆の3日間、ウシュマイやンミ、ファーマーに扮し、
施設や一般のご家庭に順次訪問するため、その地域を練り歩きます。

マハエも訪問させていただくお宅まで歩いていたところ、どこからともなく三線や太鼓の音や聞こえてきて、
もうすぐアンガマーを間近で見られるんだ!と気持ちが高ぶりました!

この日の最後の訪問のおうちにおじゃましました。
立派な仏壇にはたくさんのお供え物がされていました。

アンガマーの訪問に希望を出し、決定したそうなのですが、希望された理由をご主人にうかがったところ、
愛知県に住んでいるお孫さんが帰省されるので、石垣島の伝統の行事を見せてあげたい思いからとのことでした。

お孫さんへの愛情にほっこり(*´▽`*)

しばらくすると、三線と太鼓の音が近づいきて・・・

ファーマーが家の中へ入って来ました!

三線、太鼓、手拍子とともに「アンガマーやオ~リタ!アンガマーやオ~リタ!」と唄いながら続々とやって来ます!!
「アンガマーやオ~リタ!」とは“アンガマーが降りた”という意味だそうです。

ちなみに、顔を覆っているのは、この世の人ではないということを表すためなんだそうです\(◎o◎)/!

続けて、ウシュマイとンミもやって来ました。
陽気に唄い、踊りながら、2人はお部屋の中央へ。

まずは、仏壇にうーとーとー(合掌)します。

マハエも一緒にうーとーとーしました。

ウシュマイの合図で、ファーマーたちの唄と踊りが始まります♪
ウシュマイ、とってもおちゃめです(∩´∀`∩)

ファーマーたちの高らかで美しい唄声とリズムのいい踊りは、見ていてウキウキしました♪

ファーマーたちの踊りの合間には、ウシュマイ、ンミと、彼らにそっくりな衣装を身にまとったお友達?が楽しませてくれます^^

そして、アンガマーの一番の見どころ、ウシュマイへの質問タイム!
これは、この世からあの世のことを問うという習わしのようなのですが、珍問答というルールがあるそうなんです!
質問者も機転の利いた質問をするのがポイントですが、ウシュマイのユーモアセンスが問われる瞬間なんです!!

こちらのおうちの親戚という方から質問が入りました!
「ウシュマイのお友達の金髪の方はどなたですか?」
ちなみに、質問者はあの世に連れて行かれないように顔を隠し、声も甲高く変えて質問します。

そう、先ほどから滑稽な動きで楽しく盛り上げてくれているこの方。
ウシュマイが甲高い声で返します。
その答えは・・「マイケル・ジャクソン」!!

ドッと笑いが起こりました(⌒▽⌒)

ウシュマイが続けます。
「マイケル・ジャクソンであることを証明しなさい!」

マイケル・ジャクソンの特技のひとつであるムーンウォークに挑戦してみるも・・
なんだかおかしな後ろ歩きになってしまって、また笑いが起きたのでした^^

ウシュマイとンミが杯を交わし・・

マイケル・ジャクソンさんや他のお友達も杯を交わして・・
おおづめを迎え、さらに盛り上がります!

ファーマーたちの踊りもさらに熱気が増し・・

最後はみんなでカチャーシーヽ(^o^)丿

マハエも参加しました~♪

ウシュマイもそのお友達もファーマーもおうちの方もみーんなで大盛りあがり!
楽しい夜でした。。

そして「アンガマーやヤーカイ!アンガマーやヤーカイ!」と唄いながら去って行ったのでした。「アンガマーやヤーカイ!」とは“アンガマーが家に帰る”という意味だそうです。

特別にウシュマイ、ンミと記念撮影もしていただきました~!
わーい(≧▽≦)

おうちの方々には、マハエの訪問を快く受けていただき、さらにあたたかいおもてなしもしていただきました。
とても感謝しています。

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!

2015年9月18日

【八重山の旧盆をめぐる旅】波照間島の「ムシャーマ」を観賞しました!

はいたい♪マハエです!
波照間島、石垣島を訪れ、旧盆の行事をめぐる旅をしてきました。

沖縄のお盆は旧暦を基準にしています。
毎年日付けが異なり、今年は8/26~28がお盆期間でした。

波照間島では旧盆の中日(ナカヌヒー)に「ムシャーマ」という行事がおこなわれます。
豊年祈願とご先祖様を慰霊するお祭りです。

朝、ムシャーマの開始の合図のドラが、島に響き渡るように鳴りました☆彡
「ミチサネ」という仮装行列からスタートです!
集落ごとに組分けされた西組、東組、前組が、それぞれ公民館までの道を練り歩きます。

東組の仮装行列がやって来ました!

先頭にミルク様が見えます♪

行列の人たち、沿道の人たちを見守るように360°回転しながらゆっくりと行進します。

波照間島でミルク様は「五穀豊穣と幸福」をもたらしてくれる神様として崇められています。
仏教の「弥勒菩薩」から由来していると言われています。

ミルク様の後にはちびっこたちが続きます。
そして、公民館へ。

その後には、三線やおばあたちの唄や舞踊などが列に華を添えます。

他にも、畑作や稲作、収穫を表現する部隊や

漁を模して、釣り人に扮したおじいも登場!
長~い釣り竿が迫力満点!!

その後も行列は続きます。

最後は、獅子舞が締めくくります。

迫力があるのにどこか愛嬌を感じます^ ^

その頃公民館の中庭では、ミルク様を島唄でおもてなし♪
ほのぼの・・見ていて、癒されました(*´▽`*)

次に、前組の仮装行列がやって来ました!
こちらにもミルク様が!!

八重山の島々のお祭りに神様であるミルク様は欠かせない存在です。
通常はミルク様は1つの島につき1人存在するのですが、
波照間島は集落ごとに存在するため、3人のミルク様が登場するそうです!

東組のミルク様よりお顔が少しふくよかな印象です。

こちらの行列も最後は獅子舞が登場!

一頭がマハエに接近!!
キャー!!

獅子舞に頭を噛んでもらうと、魔除けになるそうなんです。
というわけで、マハエも噛んでいただきました^ ^

すべての組の行列が終わった後、公民館では「ボー・テーク」という演舞が披露されます。
男性たちの威勢のいいかけ声と棒術は、迫力があり、見ごたえたっぷりでした!

午後からは、公民館の特設ステージで舞踊や雑踊などが組別に披露されました。

こちらは、西組の「玉踊り」です。
なんと14年ぶりに披露されたそうです!
貴重な機会に立ち会えて、マハエ、ラッキーでした☆彡

こちらは、前組のラストを飾った「松竹梅」です。
なんと頭部に、松、竹(笹)、梅の装飾が!

優美な舞いにウットリ。。
梅の花笠は、マハエもつけてみたいな~と思いました♪

ステージのトリは、東組の「コームッサ」でした。
開墾する様子を描いた劇だそうです。
ほとんどのセリフが波照間島の方言だったので、聞き取るのが少し難しかったですが、
動きや表情などで伝わってきて、とても楽しめました(^O^)

マハエはここで観賞終了となりましたが、この後獅子舞や帰りのミチサネなどで締めくくられたそうです。

島の人々の手作りのぬくもりが伝わる、素朴であたたかいお祭りでした。

2015年9月14日

チムの夏の思い出@東京・丸の内キッズジャンボリー

ハイサイ!チムだよ。
チムは夏真っ盛りだった8/12~8/14に東京国際フォーラムで行われた『丸の内キッズジャンボリー』に行ってきたさ~。

今年で9回目の丸の内キッズジャンボリーに沖縄がブースを出すのは初めて。
チムもどんなことをやってるのか興味津々さ~。

TOKYO FMブースではラジオ番組DJ体験があったり

障害者スポーツチャレンジがあったり



投資体験ゲームがあったり

ぼうさい実験教室も


いろいろな体験ブースがあったさ~。

そして、これが沖縄ブース!
『おきなわ・ワンダーラボ〜おきなわの美ら海(ちゅらうみ)を体験しよう!〜』

沖縄美ら海水族館GODACによるサメの生態やサンゴをとりまく環境問題についてのお話を、実際に標本を見て触りながら学べる沖縄ブースだったさ~。
こどもたちはもちろん、おとなも一緒に海のことを学んでいたのが印象的だったよ。
ソニーアクアリウムでは海に住む生き物たちが大迫力の3D映像で見れたりと、チムもわくわくだったさ~。

 

星砂体験では星砂を初めて見る子たちもたくさんいたよ。
一生懸命、星砂を入れて自分の作品をつくっていたさ~。

  

サンゴの展示やサメについての展示も。

  

キッズタウンやにぎわいステージではエイサーのパフォーマンスも!

 

にぎわいステージでは会場のこどもたちも一緒にエイサー体験!
とっても盛り上がったさ~。

最後は会場みんなでカチャーシー!!

沖縄の海や芸能について触れてもらえた丸の内キッズジャンボリー。

そして、沖縄にはこどもたちが楽しく学ぶことができるサンゴや海の生き物がいること。
新しいものに出会って知ることができる沖縄旅行の魅力もお伝えできたさ~。

今度はみんなで沖縄に遊びにきてくれたら嬉しいさ~。

~関連リンク~
丸の内キッズジャンボリー 公式サイト
沖縄美ら海水族館 公式サイト
GODAC(国際海洋環境情報センター) 公式サイト
ソニーアクアリウム 公式サイト

2015年9月10日

8月オープン☆彡「瀬長島ウミカジテラス」へ行ってきました!

はいたい♪マハエです!
8月にオープンした「瀬長島ウミカジテラス」へ行ってきました☆彡

瀬長島とは・・
那覇空港近くの周囲約1.8kmの小さな島です。
沖縄本島とは道路でつながっているので、車で渡ることができます。

美しい海にぐるりと囲まれていて、ドライブするのも楽しい♪

島の北側からは海越しで那覇空港の滑走路が見えるので、航空機の離発着の様子が見られます!
夜は滑走路が点灯され、キラキラ輝きますよ☆.。.:*

「瀬長島ウミカジテラス」には、沖縄の旬の野菜や果物、地産の食材を活かしたグルメや
沖縄メイドのジュエリー、雑貨のショップが揃っています。
白壁の街並みが、海外のリゾートいるかのような気分にさせてくれます♪

階段状に街が構成されているのですが、上階からはこんなに広く海が見渡せるんですよ~!
きれい~☆彡

美しさにウットリ・・
いつまでも眺めていたくなります。。

おいしそうなものが揃うお店がいくつもあったので迷いましたが、ランチはタコライスのお店に決定!
海が見えるテラス席です♪

タコライスの上にふわトロ卵がのった「オムタコ」をオーダーしました!
いただきま~す(≧▽≦)

スパイシーなタコスミートがオムレツにつつまれてやさしい味に♪
おいしくって、パクパク食べちゃいました☆☆☆

食後また海を眺めてまったりしていると・・
SUP(スタンドアップパドルサーフィン)を楽しんでいる人を発見!

海遊びも楽しめますね♪

ウミカジテラスの目の前には広々した芝生ゾーンもあります。

マハエ、芝生の上に寝そべっての~んびり・・
太陽の光を体いっぱいに浴びて、気持ちいい!

海と緑に囲まれてグルメ、ショッピング、アクティビティが楽しめます!
瀬長島がさらに魅力的なリゾートアイランドになりました☆彡

~関連リンク~
瀬長島ウミカジテラス公式サイト

 

マハエちゃんプロフィール