Home > マハエの沖縄ダイアリー

2015年8月31日

ANA機内食体験会&空港施設見学会に参加しました!

ハイサイ、チムです!

今日は石垣島で取材しているマハエちゃんに代わって、チムがANA機内食体験会と空港施設見学会を取材してきました。
まずはチムも大好き!機内食の体験会から。

こちら、ANA国内線プレミアムクラスで提供しているお食事「Premium GOZEN」。
羽田、千歳、伊丹、福岡と那覇を結ぶ路線では、昼食と夕食に温かい食事が頂けるそうです。

鮭と玉子の二色ご飯、そして海老煮やチキン葱味噌焼き、炊き合わせなど、ホッする和食の品揃えです。機内でこんなに美味しいご飯が食べられるなんて、チム幸せさ~~。

そして、軽食の時間帯にはこちらのPremium SABOのセットとToshi Yoroizuka監修のスィーツが頂けます。サンドイッチやトロピカルゼリーなど、女性に喜ばれそうな内容です。

メニューは3ヶ月毎にフルチェンジするそうで、全部食べてみたいさ~!
みなさんも旅の楽しみの一つとして、ANAの機内食を味わってみてはいかが?

さぁ、続いては空港施設見学会!
通常は入れない場所を取材させてもらいましたよ。

こちらはステーションコントロールセンター“ゆいまーるコントロール”。

こちらでは、23名のスタッフが貨物、旅客、気象など運航に関するあらゆる情報の集約を行い、パイロットへ無線でアドバイスを行っています。実際にパイロットに連絡をする”運航支援者”の方は、常に13もの無線を聞いているそう!

こうしてフライトの安全性と定時性が管理されるんですね、感動です。

上空の天気を随時パイロットに伝えるため、天気図もこんなにたくさん貼られています。

こちらの液晶には、滑走路付近の様子や、日本の空を飛んでいる全てのANA機が表示されています。

チムが訪れたときは落ち着いている時間帯とのことでしたが、それでも室内には無線の声が飛び交っています。
台風のときは大変そうさ~!

 

最後は、グランドスタッフのみなさんによる「空港カスタマーサービススキルコンテスト全国大会」へ向けた練習の様子を見学しました。

沖縄の旅客サービス担当約250名の中から選ばれた優秀者5名が、9月に行われる全国スキルコンテストの予選に出場。
さらに予選参加者120名のうち上位10名が本選に出場し、グランプリが選ばれます。

沖縄で選ばれた優秀者5名の方の練習風景を見守ります。
この日はTVカメラの取材も入っていましたよ。

台風時の運航案内や思いがけないトラブルなど、実際のお客様対応をシュミレーションし、練習を行っています。

グランドスタッフの方の機敏な対応とステキな笑顔に僕までチムドンドンするさ~!
(※沖縄の方言でチム(心胸・心)が高鳴る様子。)

東京での予選もチバリヨ~~!!

観光立県沖縄では、日々たくさんの人が沖縄を訪れ、飛び立っていきます。私たちが安全で快適な旅を送れるのも、こうした航空会社の方々の絶え間ない努力によるものなんですね!

いろんな方の努力と想いを胸に、チムはこれからも飛行機の旅を楽しみたいと思います。

ANA沖縄支店のみなさま、ありがとうございました!

2015年8月25日

沖縄市に誕生したカフェシアター「シアタードーナツ」を取材しました!

沖縄市の「コザ」と呼ばれる地区にカフェシアター「シアタードーナツ」が誕生しました☆彡
カフェとしても楽しめる、新しいスタイルの映画館です!

さっそく中へGO!

シアターは建物の2階です。
階段の壁のデコレーションがカワイイ♪

どんなお店なんだろう??
ワクワクしながら階段を上ると・・

おしゃれなカフェが♪

道路側に面したカウンター席からは緑が見える、心休まる空間です。

続いてシアターを見せていただきました。
広々としたスペースで、ゆったりとした空間という印象です。

120インチのスクリーンが完備されています!

各席にはテーブルがついているんですよ~!
お隣のカフェで提供されている食事や飲み物を持ち込んでの鑑賞もOKだそうです!
カフェのようにくつろぎながら映画を楽しめますね♪

ベビーチェアも用意されていたので、小さなお子様連れの方も安心してご利用いただけますよ。

ソファー席の感触を体感させていただきました。
 まるで自分のお部屋にいるように落ち着きます。

マハエのお部屋もこんな風にしてみたいなぁ。。

さて、お店の名前の通り、カフェにはオリジナルのドーナツが種類豊富に揃っています!
マハエ、もちろん食べます~(*´▽`*)

どれにしようかな・・
どれもおいしそう!そしてかわいい♪

ずいぶん迷いましたが、今回初めての訪問だったので、シンプルな「シアターオリジナル」に決定☆

「シアターオリジナルを1つお願いします!」

わーい!いただきます♪

外側はサクッと、中の生地はほんのり甘くしっとりしています。
おいしい☆☆☆

このドーナツを食べながら、映画を鑑賞できたら幸せな気分になりそう。。

先ほどオーダーを受付けていただいたチーフマネージャーのクリスさんとチアキさん♪
お二人が、ドーナツを作っているそうです!
食感にこだわって、一つ一つ丁寧に作ることを心がけているそうです。

おいしかったです!ごちそうさまでした。

お二人はPOPSデュオ「リュウグウノツカイ」としても活動されているそう♪
唄声も聴いてみたいな~。

現在シアターでは、沖縄県で制作された作品のみを上映していますが、
9月からは女性や親子で楽しめるような国内外で制作された評価の高い作品も公開していくそうです。

雨の日も沖縄を楽しんでいただけるスポットが増えて、マハエもうれしいです♪

シアタードーナツさんでは近日中にいろいろなイベントが予定されています!
ぜひお出かけされてはいかがでしょうか。

~関連リンク~
シアター公式サイト
リュウグウノツカイ公式サイト

2015年8月12日

大型化された新機材に乗って粟国島へGO!!


はいたい♪マハエです。
粟国-那覇間の航空路線に、新機材が導入されるということで、
去る8月2日、粟国島で開催された新機材就航記念式典に参加してきました!

****************************************************************************************
※粟国島とは・・・
粟国島(あぐにじま)は、沖縄本島・那覇市の北西60Kmの海上に位置する扇形の島。
「粟国(あぐに)」という名前の由来は、「粟(あわ)」の産地であったことが起源とされています。
また、飢饉の時に食用として植えられたソテツが多く残っており、別名「ソテツの島」とも呼ばれています。
近年では、映画「ナビィの恋」のロケ地としても知られています。
****************************************************************************************

粟国島への行き方は、那覇泊港からフェリーで行く方法(所要時間約2時間10分)と
那覇空港から飛行機で行く方法(所要時間約25分)の2つがあります。
粟国-那覇間の運航をしているのは、第一航空株式会社。
那覇空港国内線旅客ターミナルビルの1階にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックインの際には、機内持ち込みの手荷物と一緒に体重を計測。体重と手荷物との総重量によって、座席が割り当てられます。

チェックインと保安検査終了後は、専用のバスに乗って、飛行機へ移動!

緊急事態発生時のライフジャケット装着方法などはバス内で確認します。

 

粟国-那覇間の新しい機材は、カナダのViking Air Limited社製の「バイキング式 DHC-6-400型(通称:ツインオッタ―)」。旧機材は9人乗りでしたが、新機材では19人乗りになったんですよー!


※上:アニーちゃん(粟国島)、下左:ピカリャ~(竹富町)、下右:たらぴん(多良間村)

 

 

 

 

機材の周りには、沖縄離島のゆるキャラさん達がペイントされています^o^
離島旅行気分をさらに高めてくれますね~♪

 

粟国島への所要時間は、約25分!
那覇空港を飛び立ち、しばらくするとナガンヌ島を見ることができました!
あっという間に粟国島へ到着!!
快適な空の旅でした^o^

 

粟国島に上陸!!!

「粟国-那覇路線 新機材就航記念式典」にも参加しましたよ~!

これまで、那覇-粟国路線は、1992年に南西航空(現日本トランスオーシャン航空)から路線を引き継いだ琉球エアーコミューターが運航していましたが、2009年6月に運休することになった際に、第一航空がアイランダー(9人乗り)2機と予備部品を購入し、運航を引き継ぐことになりました。
それから6年――。
今回、旧来の9人乗りから19人乗りへ大型化したことにより、粟国島の方々の交通の利便性が増し、粟国島へ訪れる観光客の方々が更に増えそうですね!!

更に!!!
10月には、石垣~波照間線、石垣~多良間線も再開されるそうですので、ますます沖縄の離島が盛り上がりそうです^o^♪
マハエもと~~っても楽しみです♪

さてさて、式典後は、早速粟国島内の観光へ出発―!
レンタカーを走らせていると、何やら視線が・・・

 

・・・分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ソテツが広がる原っぱの中にいるのは、牛!!!
こちらは、粟国島の「村民牧場」という場所。

 

牛舎でお世話していた方にお話を伺うと、こちらで生まれ、ある程度まで大きくなった子牛の9割が九州などでセリにかけられ、各地の牧場に運ばれ、育てられるそうです。

お次は、「粟国の塩工場」へGO!

 

 

 

 

 

 

今回、工場内を案内していただいたのは、小渡幸信所長。
小渡所長は、元々、タイル職人だったのですが、体調を崩されたことがきっかけでヨガやマクロビオティックを学び、塩の研究を行なうようになったそうです。

今回見学させていただいた施設も、小渡所長の手さぐりで造り上げてきたものばかり。
こちらが「採かんタワー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タワーの中には、約1万5千本の竹がつるされており、汲み上げた海水を何度も竹に流して循環させ、3日~1週間程度かけて、濃縮した「かん水」を作ります。濃縮したこの「かん水」を使って、こちらの工場では、「天日塩」と「釜炊き塩」をの2つのお塩を作っているそうです。

こちらは「天日塩」の製造風景。
夏場で20日、冬場では60日ほどかけて塩ができるそうです。

 
そして、こちらが釜炊き塩。
かん水を平釜で約30時間かけて煮詰めた後、炊き上がった塩を「脱水槽」に移し、
6~18日ほどかけて自然乾燥させ、出来上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がったお塩を2つとも味見させていただいたのですが、作り方によって味が違い、とても興味深かったです!!
小渡幸信所長、事務所の皆様、お忙しいなか貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!!

 

さて、次は「マハナ展望台」へ!


 

 

 

 

 

 

 

こちらは、粟国島の最西端にあり、粟国島一番の景勝地とも言われているだけあり、
とても素敵な景色が広がっていました。
天気の良い日には、沖縄本島だけでなく、慶良間諸島、渡名喜島、久米島も見ることができるそうですよ~!

さて、今回のマハエの粟国島取材、いかがでしたか~?
那覇空港から朝一の飛行機で那覇空港を出発し、粟国島発の最終便を利用すれば、日帰りの観光もできますよ~!
是非、皆さんも本島からひと足伸ばして、粟国島へ訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

今回の取材でお世話になった第一航空、沖縄海塩研究所(粟国の塩工場)、粟国村観光協会の皆様、本当にありがとうございました!

~関連リンク~
第一航空株式会社
沖縄海塩研究所
粟国村観光協会

2015年8月3日

マハエの自由研究☆ゴーヤーについて学習しました!

はいたい♪マハエです。
夏が旬!沖縄野菜の代表・ゴーヤーについて勉強してきました。

ご存知の方も多いと思いますが、ゴーヤーとは沖縄の方言で「ニガウリ」のことを指します。
原産国はインドで、沖縄には15世紀前半頃に伝来したと言われています。

沖縄では食べる機会が多い食材ですが、初耳の知識がいくつもあり、驚きの連続でした☆彡
今回ゴーヤーについて学んできたことを報告します!

お世話になったのは、名護市にある「OKINAWAゴーヤーパーク」さん。
ゴーヤーが実っている 状態を年中見られることができるんですよ!

到着後、ゴーヤーパークさんの名物でもあるゴーヤー茶をいただきました♪
ゴーヤーと聞くと、苦いとイメージがありますが、このお茶は苦みがほとんどなく、香ばしい風味でとってもおいしいんです。

日差しが強い日だったので、うれしいおもてなしでした。
ごちそうさまでした。

一休みした後、水耕栽培農場へ。
立派に育ったゴーヤーがいくつも実っていました!

うかがった時は刈取りした数日後だったそうで、普段はもっとたくさんの実をつけているそうです!!
その様子も見てみたいな~。

ゴーヤーと一口に言っても、様々な品種があるそうです!

こちらは「汐風(しおかぜ)」という品種です。

県外にも多く出荷されているので、召し上がられたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

沖縄在来種の「中長ゴーヤー」もありました。
これらはなじみのある品種ですね♪

わっ!ゴーヤーが白い!!

ゴーヤー=緑色と思っていたので、おどろきました(◎o◎)!

品種名は「沖縄純白ゴーヤー」と言い、苦みが少ないのが特徴だそうです!

食べてみたいな~。

またまためずらしい形状のゴーヤーを発見!!
イボが少なく、ツルツルした面が多いです!

こちらは「タイゴーヤー」と言うそうです。
ツルツルした面は、イボが縦状につながっているのだそうです。

他にも、とがったイボが特徴の「ネパールゴーヤー」という品種もありましたよ。

ゴーヤーは品種によって形状や味が異なり、それぞれ特徴があると知りました!
これから購入する際には、品種を確認しようと思いました♪

ハウスをさらに奥に進むと、こんな光景が!

長ーい!!

こちらは「へびうり」だそうです。

確かに、へびがつたにからまっているように見えますね。。

見ごたえたっぷりで、楽しく学ぶことができました!

売店にも立ち寄りました。
生鮮のゴーヤーはもちろん、自家栽培用の種やゴーヤーを素材にした食品などが揃っていました!
近年は海外からのお客様も増加しているそうで、英語や中国語でも案内が掲示されていました。

ゴーヤーの粉末が練り込まれた、めずらしいちんすこうを試食♪
甘さの中にゴーヤーの苦みがほのかに効いていました!

苦瓜ソフトクリームを購入し、パクっ♪
ゴーヤーの苦みで後味さっぱり!
暑い日にピッタリのスイーツでした☆

ゴーヤーの苦味は、肝機能を高め、胃腸を刺激し食欲を増進する作用があるそうです。
ビタミンCはレモンの約4倍も含まれていて、栄養価も高いです!
ゴーヤーをたくさん食べて、暑い夏を乗り切りましょうね~♪

~関連リンク~
OKINAWAゴーヤーパーク公式サイト/パーク紹介

 

マハエちゃんプロフィール