Home > マハエの沖縄ダイアリー

2014年5月21日

那覇の魅力再発見!地元ガイドさんと巡る那覇まち歩き

ハイタイ!マハエです。
突然ですがみなさん、那覇の観光スポットといえば何が思いつくでしょうか?
国際通り・牧志公設市場・首里城・・などなど思い浮かぶかと思いますが、実は那覇市には4つの世界遺産があることご存じでしたか?沖縄で最も賑やかなまちに、世界遺産が4つというのも意外と思われる方も多いかもしれませんね^^その他にもまだまだ知られていない観光スポット、実は沢山あるんですよ~!

とはいえ那覇は人や車もいっぱいで、細かい道も多く、目的地までたどりつくのが大変!

そんな那覇の街を深く楽しめるのが、那覇市内観光周遊バス「ゆいゆい号」と「那覇まちまーい」なんです^^
今回マハエは、このゆいゆい号&地元ガイドさんとの那覇まちまーいに参加しました!

 

「ゆいゆい号」は1日25便、1周約75分、那覇バスターミナルを起点として、那覇の人気スポットをぐるっと巡る周遊バスです。路線バスとは違い、那覇の観光スポットのバス停のみを巡回するので、時間も短縮されますし、1日10便には地元ガイドさんが乗車して、那覇の街を案内してくれるんです!

「那覇まちまーい」は、那覇市観光協会主催で開催している、地元ガイドさんとの街歩きです。穴場スポットはやっぱり地元の人と一緒に巡るのが一番!様々なコースが用意されてるので、自分の好みのコースを選ぶ楽しさもあります^^

マハエが選んだまちまーいのコースは、「世界遺産 玉陵と金城町・パワースポット巡り」
まず那覇バスターミナルからゆいゆい号に乗って出発。
第一目的地の、玉陵(たまうどぅん)へ向かうまでの車内では、ガイドさんが那覇の街を紹介してくれました。窓の外に咲いている木々の話やその場所の歴史などなど、ちょっとしたまちネタが聞けて、車内も退屈することなく移動できました^^

 

また、バスの停車案内モニターには、英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)の案内があったり、各座席の前には、多言語のルートマップも設置されてましたので、外国人観光客にも安心して利用できるバスだなと思いました。


目的地のバス停では、専属のガイドさんが待っていてくれて、一緒にスポットを巡ってくれます。世界遺産の歴史や文化についてなどわかりやすく解説していただけるほか、ガイドブックだけでは得られない、地元の方ならではの話に思わずマハエも聞き入ってしまいました^^

今回のまちまーいでマハエが一番感動したのが、金城町の大アカギ。樹齢200年とも300年以上とも言われていて、その雄大さに少し時間を忘れてしまいました。都会で賑やかなイメージの那覇にこんな静かで緑豊かな場所があるなんて☆
大木に癒されたマハエでした^^

静かな首里の街とは一変、次の目的地は賑やかな国際通り。ここもガイドさんと一緒だとやっぱり一味違います。、気付かない発見がいっぱいありましたよ~☆

古都・首里のまちは見どころまんさい!

日本の道にも選ばれた金城町の石畳道。古の琉球へタイムスリップしたよう!

国際通りはやっぱりにぎやか☆牧志公設市場も沢山の観光客の方でいっぱい!

2014年4月にてんぶす那覇に移転OPENした那覇市観光案内所。広いスペースで休憩もでき、お土産も購入できます♪

半日間の那覇の街歩きでしたが、世界遺産・自然・賑やかな市場・・と中身の濃い内容で満足感い~っぱい!

ぜひみなさんも、ガイドさんと那覇のまちまーい参加してみてくださいね!
マハエもまた違うコースに参加したいと思いま~す♪

 

マハエちゃんプロフィール