Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年2月9日

沖縄&野球ファン必見!沖縄プロ野球キャンプレポート

はいたい♪マハエです!
2月1日より沖縄県各地でプロ野球キャンプがスタートしました☆彡

マハエは、東京ヤクルトスワローズと阪神タイガースのキャンプを取材しましたよ〜!
勝利に向かって熱く盛り上がっていた現地の様子をレポートします!!

球団創立50周年、浦添市でのキャンプ開催20周年を迎える東京ヤクルトスワローズのキャンプにやってきました!
球場は「ANA BALL PARK 浦添」です!
浦添市民球場が、昨年10月に新しい名前になりました☆彡

キャンプ初日には約2,000人ものファンの方が訪れたそうですよ!

マハエが訪れた日は「差し入れ式」がおこなわれました!
浦添市をはじめ沖縄県や浦添市の企業・団体などが、選手やスタッフを激励するため差し入れを贈ります。

松本市長からは、沖縄県産のあぐー(豚肉)が贈呈されました。

浦添市に本社があるブルーシールからは、アイスクリーム120コ!

浦添宜野湾漁業協同組合からは、大きなセーイカ(ソデイカ)が!
重さは約10kgもあるそうです!!

他にも、ポークランチョンミートの缶詰、コンビーフハッシュ、牛肉、野菜などの農産物、オリオンビール、
焼肉店のお食事券が贈られました。

松本市長は「ビタミンをたっぷり含んだあぐーなど贈りました。練習がんばってください!」と
激励の言葉をかけられていました!
小川監督が代表で感謝の言葉を述べ、差し入れ式は終了しました。

球場に移動しました!マハエは特別に3塁側のベンチから練習を見学させていただきました!

ゲストパスであるキャップをかぶり、ますます気分が盛り上がります(≧▽≦)

グラウンドでは、内野手の守備練習がおこなわれていました!

2017年のドラフト1位で入団した、背番号55番・村上宗隆選手の姿もありました!

選手の皆さんのボールさばきのあざやかさに見とれました。。

球場から室内練習場へ移動する途中、ブルペン(投球練習場)を発見☆

球団マスコットのつば九郎のイラストがかわいい(*´▽`*)
今日はつば九郎に会えるかな?

ブルペンの隣にある室内練習場をのぞいてみると・・

なんと、つば九郎がいました~!!

記念写真を撮っていただきました☆

少し見つめ合って・・(∩´∀`∩)

最後には高~く抱えられちゃいました\(´▽`)/
つば九郎、ありがとうございました!!

2月15・16日には浦添市の屋富祖通りで、つば久郎のスペシャルイベントが予定されているそうですよ♪

エリア内には浦添市の特産品がそろうブースもありました。

浦添市で生産、制作された品々がズラリと並びます!

こちらの赤瓦コースターのパッケージにつば九郎がサインを入れてくれていましたよ~♪
こんなサプライズもキャンプならではのお楽しみ(*´▽`*)

球団のオフィシャルグッズショップもあります☆

シーサーに扮したつば九郎、ホエールウォッチングを楽しむつば久郎など沖縄感あふれるイラスト、
デザインのグッズが勢ぞろい♪
キャンプ地でしかゲットできない希少なグッズばかりです!!

東京ヤクルトスワローズの今シーズンのテーマは「KEEP ON RISING -躍進-」。
選手の皆さん、勝利への躍進を期待しています(≧▽≦)

数日後、宜野座村にやってきました!
「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」では阪神タイガースがキャンプをおこなっています。
毎年10万人以上のファンの方が、キャンプを見学にいらっしゃるそうです!!

球場がある宜野座村総合運動公園の入口では花のカーニバルも開催されています☆
あざやかな花々に心躍ります♪

新しく誕生したブルペンを見学させていただきました☆彡

こちらは内部設備が可動式になっており、バスケットボールのコートやボルタリングの練習場としても
使用できるそうです☆☆☆
スポーツやイベントがますます盛り上がりそう♪

グラウンドの方から選手たちのかけ声が聞こえてきました!

練習がスタートしていました!!

パンッ!パンッ!とボールをキャッチする音が響き渡ります☆
間近で練習が見られるのはうれしいなぁ(∩´∀`∩)

公園内の特設ステージでは、毎日イベントが開催されているそうです!

この日は、球団マスコットのキー太のじゃんけん大会がおこなわれていました☆
勝者の方にはプレゼントが進呈されることもあり、盛り上がっていましたよ〜(≧▽≦)

キャンプ地でのお楽しみのひとつ、キャンプ限定グッズを見に行きましょう♪

こちらは、球団オフィシャルグッズショップです!

宜野座と大きくプリントされたキャンプ限定グッズが勢ぞろい♪

スタッフのお姉さんたちと記念撮影☆
スタンプラリーの受付とともにがんばっていらっしゃいました!

こちらは、ローソン沖縄キャンプショップです♪

球団オフィシャルグッズとはまたデザインが異なる、キャンプ限定グッズです☆
あれもこれも欲しくなります〜(*´▽`*)

スタッフのお姉さんたちにおすすめグッズを教えていただきました♪
フェイスタオルもかりゆしウェアも素敵だな〜☆☆☆

宜野座村観光協会の総合案内所でもキャンプ限定グッズが販売されています♪

こちらのキャンプ限定グッズは、宜野座村のお店や企業の方が制作しているものばかりだそうです!
村内のスポーツ用品店や刺繍屋さんが作られているそうですよ。

宜野座村のガイドブックやフライヤーなども設置されています。
ぜひお立ち寄りいただき、宜野座村の観光情報もゲットしてください♪

ステージ前のスペースにもさまざまなブースが並びます!
宜野座村にあるお店がメインで出店されているそうです。

お店をピックアップして見てみましょう♪

「炭焼家てんぷす」ではバラエティー豊かなから揚げ、オリジナルの宜野飯(ギーノーメシ)などがいただけます☆

宜野座村の食材を衣にしたから揚げが気になります〜(∩´∀`∩)

こちらでは、キャンプ名物の「宜野座カレー」やコンテストで高評価を得たからあげをいただけます♪

お店の看板娘・島袋蘭ちゃんと一緒にパチリ☆
蘭ちゃんは、宜野座村のガイドブックなどのモデルとしても活躍されていますよ!

宜野座村のスポーツ用品店もキャンプ限定のオリジナルグッズを制作、販売されています!
観光協会のブースでも販売されていたグッズたちです。

オーナーさんとパチリ☆
宜野座村のキャラクター・ぎーのくんデザインのボールもこちらのオリジナルグッズです!

今年初めて制作したトートバッグは、キャンプスタートからなんと3日で売り切れてしまったそう><キャンプ限定グッズとの出会いは一期一会ですね。。

ソフトクリームや軽食がいただける「Cream Cream」は、かわいいデコレーショントラックが目印☆デコレーションはオーナーさんが手がけたそう!

こちらでは、キャンプ限定の「タイガースサンデー」をいただけます♪

さっそくいただきまーす(≧▽≦)
ソフトクリームは濃厚なミルクの風味を感じますが、後味はさっぱりでいっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

高〜く盛られたソフトクリームとカスタードクリーム、シリアル、チョコレートがミックスされて贅沢な気分♪

おしゃべりも楽しいオーナーさんとパチリ☆
タイガースサンデー、とてもおいしかったです☆☆☆
ごちそうさまでした!

地元の方々とも交流でき、ほっこりした気分で球場をあとにしました。

球場で宜野座村観光協会の方から教えていただいた情報をもとに道の駅ぎのざに立ち寄りました♪

1Fには阪神タイガースの展示室がありますよ〜!

教えていただいた情報というのはこちら☆
現在3Fのギャラリーで雑誌「月刊タイガース」の表紙フォトコレクションが開催されています!

これまでの宜野座でのキャンプのフォトコレクションも展示されていましたよ♪
抽選で豪華プレゼントが当たるアンケート投票も開催中でした☆

プロ野球キャンプでは練習の様子を見学できたり、選手と交流できるイベントが開催されたりと、
現地でしか体験できないことが満載です!
にぎやかに盛り上がっている沖縄へめんそーりよー♪♪

 

 

【関連リンク】

沖縄プロ野球キャンプ2019公式サイト(外部)

マハエの沖縄ダイアリー/リニューアルでさらに楽しく♪道の駅「ぎのざ」へ行ってきました!

2019年1月11日

【旧暦行事】ムーチー(鬼餅)作りに挑戦しました!

はいたい♪マハエです!
南城市で開催されたムーチー(鬼餅)作り体験に参加しました\(^▽^)/

「ムーチー(鬼餅)」とは、旧暦の12月8日に月桃やクバの葉で包んで蒸したお餅を神仏におそなえし、
子どもの成長を願う行事です。

体験の前に南城市とムーチーのかかわりについてお勉強しました。
ムーチーには起源となった伝説があり、その舞台のひとつが南城市なのだそうです!

お勉強の後、ムーチー作りがスタート!

今回は“カラフルムーチー”の作り方を教わります♪
カラフルなムーチーってどんなものだろう?とワクワク(≧▽≦)

参加者の方々と一緒に調理開始です!

5種類のハーブでカラフルに色づけするそうです♪
すべて南城市産のハーブだそうです!

1.ハイビスカス
ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています!
ビタミンC、クエン酸は、美肌効果を期待できるんですよ(∩´∀`∩)

2.ウコン
クルクミンが豊富に含まれています!
クルクミンは、肝機能の不調の改善効果を期待できます☆

3.ヨモギ/長命草
さまざまな効能と栄養素が含まれています!
婦人科系の症状を緩和する効果が期待でき、長命草はそれにプラス、ポリフェノールによる美容効果も期待できます☆

4.バタフライピー
アントシアニンの含有量がブルーベーリーの約4倍もあります!
アントシアニンには、目の疲労を改善したり、アンチエイジング効果が期待できます☆

5.黒ニンジン
この色の成分は、ポリフェノールなんだそうです!
ポリフェノールには、強い抗酸化作用で美容効果が期待できます☆

もち粉、砂糖、水とハーブはそれぞれ分けてまぜます。

耳たぶくらいのかたさになるまでこねていきます。

ほんのり色づいて、きれい~(*´▽`*)

参加者の皆さんも1度にこんなにカラフルなムーチーを作られるのは初めてだそうで、とても楽しそうでした♪

こねたら、月桃の葉に包みます。

マハエは、2色ずつ並べてみました♪

複数の色を組合せている方もいらっしゃいましたよ~(*´▽`*)

こちらは全色を組合せされていました\(◎o◎)/

このように包んでいきます。

ほどけないようにビニールひもでしばります。
ひももカラフルにすると楽しいですね♪

この後蒸し器に入れ、強火で20分ほど蒸します。

ワクワクしながら20分待ち・・

蒸し上がったムーチーは、こちらです!

月桃の葉のいい香りがただよいます。。

皆さんと試食タイムです~\(^▽^)/

色あざやかに完成していました♪♪

いただきます~!

ほんのりと甘く、もちもちしていて、いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

カラフルで見た目にも楽しく、さらにハーブが入っているのもうれしいポイントです♪

5色すべていただきました^ ^

今年は、1月13日が旧暦の12月8日にあたります。

日を合わせて、再度カラフルムーチーを作り、チムやククルにもふるまおうと思います♪♪

 

【関連リンク】

旧暦行事カレンダー(旧暦10-12月)

伝統文化と慣習

1月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

沖縄でしたい10の食体験 /南城市の聖地めぐりと地元食材たっぷりの料理をいただく

 

 

2018年12月28日

110年ぶりに復活!沖縄そばのルーツ「唐人そば」

はいたい♪マハエです!
沖縄そばのルーツである「唐人(とうじん)そば」が、今年の6月に沖縄県内の沖縄そば店で発売になりました☆彡

唐人そばについてくわしく知りたいと思い、沖縄そば発展継承の会の会長である野崎真志さんにお話をうかがいました。
野崎さんが中心となり研究や開発がなされ、唐人そばが110年ぶりに復活したんですよ!

お会いした場所は唐人そばを提供されているお店のうちのひとつ、那覇市壺屋にある「そば処 大笑(うふわらい)」さんです。

野崎さんはこのTシャツを着用し、日々活動されているそうです!
“すば”は「そば」、“じょーぐー”とは「大好きな人」「愛好家」を意味する沖縄の言葉です。
野崎さんは自他ともに認める“すばじょーぐー”なんです!

沖縄そばのお店を営業されていた経験もあるそうですよ。
マハエもこのTシャツ、着たいな~(≧▽≦)

唐人そばを復活させるきっかけとなったのは、沖縄そば発展継承の会が毎年開催されている
「沖縄そばスタンプラリー」だったそうです。
現在、第8回が開催されています!

一昨年の第6回開催時のアンケートに「沖縄そばのルーツの知りたい、食べてみたい」とコメントがあったことから、
翌年第7回で「唐人そば」をラリー達成上位入賞者の特典として提供したそうです。

そこから評判が広がり「唐人そばを食べてみたい」という声が多く寄せられ、大勢の方に食べていただけるように
お店でも提供しようということになり、さらに研究を重ねられたとのこと。

商品化にあたり、さまざまな資料や文献を頼りにさらに唐人そばについて調べられた野崎さん。

調べた中で最古の資料が、1902年発行の県内新聞紙に掲載されていた「支那そば屋」の広告でした。

支那そば屋は、宮崎県出身の福永義一さんが経営されていたお店で、中国人(支那人)の方が料理人を務めていました。
支那人が作っているそばということで「トーンチュスバ(唐人そば)」と呼ばれていたそうです。

その支那そば屋に勤めていた比嘉牛さんという方が、1905年に自らお店を開業し、そちらでもしょう油ベースの黒いスープの
そばが提供されるようになりました。

実際に唐人そばを見てみましょう\(^▽^)/
過去の文献の記述によると、具は「ねぎと豆粒大の豚肉のみ」だったそうです。

現在の沖縄そばの具とほぼ同じ食材ですが、豚肉の形状が異なりますね。

次に麺に注目!
「昔は麺が太かった」という数々の証言をもとに、太めの麺を用いることにしたそうです。

伝統的な「木灰そば」の味を再現するため、その成分を分析し開発した、専用のアルカリ剤を使用し製麺されています!

木灰そばとは、がじゅまるなどを燃やした時に発生する灰を水につけた、木灰水のうわずみを混ぜて作られていた麺です。
沖縄では現在もこの木灰そばを使用されている沖縄そばのお店がありますよ。

復活した唐人そばでは、食感を出すためにちぢれも加えたそうです。

そして最も特徴的なのが、スープです!
資料には、唐人そばのスープは「しょう油味の黒いスープ」と記述されていたそうです。

現在の沖縄そばで、このような黒いスープをマハエは見たことがありません!

「唐人そば」誕生から20年近くにわたり、しょう油ベースの黒いスープが主流でしたが、その後「ゆたか屋」さんというお店が
塩ベースの白いスープのおそばを提供し始め、それが現在の沖縄そばに発展したそうです!

しょう油味のスープをそのままに提供すると、敬遠されるかもしれないと予想した野崎さんたちは、
色を再現しつつ、現在の沖縄そばのスープの味に近づけるため、研究と試作を重ねました。

このスープの開発が一番苦心されたそう。

完成までに約10ヵ月を要し、ようやく「唐人そば」が誕生しました☆彡

それでは、唐人そばをいただきます~!

麺は、もちもちとした食感でありながらのどごしもよく、食べごたえがあります!

スープは、開発のお話を聞いた後でも、実際に見ると味が濃いかも・・と想像したのですが、
まったくくどさがない、ダシがきいたおいしいスープです!

いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

麺もスープも具もペロリとたいらげましたよ~^ ^

野崎さんには、沖縄そばについてさらにお話をうかがいました。

現在、沖縄そばのお店は、残念なことに減少傾向にあるそうです。

野崎さんは、沖縄県民のソウルフードである沖縄そばをなくしたくない!そばじょーぐーが増えてほしい!
という思いを胸に、イベントや小中学校で沖縄そば作り体験の出張教室などを開催されています。
そして、夢は「沖縄そば博物館」を作ることだそうです!

素敵☆
沖縄そば博物館の設立が実現するといいな(≧▽≦)

唐人そばは、沖縄県内の複数の店舗でいただくことができます!
ぜひ皆様も沖縄そばのルーツを味わってみませんか♪

大晦日が近づき、年越しそばは何をいただこうかと胸をはずませているマハエでした(*´▽`*)

 

【関連リンク】

沖縄そば発展継承の会 公式サイト(外部)

定番の沖縄グルメ

沖縄のグルメスポット

マハエの沖縄ダイアリー/【10月17日は沖縄そばの日】県産食材にこだわった沖縄そばを食べ歩き♪

2018年12月25日

銘柄食肉好感度コンテスト最優秀賞受賞☆JA石垣牛の農家さんをたずねて

はいたい♪マハエです!
沖縄が誇る「JA石垣牛」が、昨年「第2回銘柄食肉好感度コンテスト」で最優秀賞を受賞しました☆彡

受賞を記念して、マハエは石垣島の畜産農家さんを訪れ、JA石垣牛についてお勉強をさせていただきました!

今回お世話になったのは、JA石垣牛を育てていらっしゃる「とー家ファーム司」の多宇 司(たう つかさ)さん。
多宇さんはその業績が認められ、なんと2018年秋の黄綬褒章を受章されたんですよ!
おめでとうございます☆☆☆

JA石垣牛とは「八重山郡内で生後約20ヵ月以上肥育管理された純粋の黒毛和種の、去勢および雌牛のこと」を指します。

八重山諸島では約8~10ヵ月まで育てられた仔牛が、毎月約800頭も出荷されているそうです!
八重山諸島や宮古島で育てられた仔牛は、その後松坂牛や神戸牛などとして食されているんですよ!

とー家ファーム司さんでは「繁殖牛」と「肥育牛」を育てられています。

肉牛の飼育は、母牛から産まれた仔牛を育てること(繁殖牛)、仔牛を肉牛に育てること(肥育牛)に分かれています。

多宇さんは、今から約30年前にお父様から牧場を受け継ぎ「繁殖牛」の飼育を専業にされてこられ、
2010年からは「肥育牛」の飼育も開始されました。

繁殖牛は広い牧場で放牧して育て、肥育牛は牛舎の中で育てるそうです。

肥育牛は、現在ご長男が責任者として担当をされています。

仔牛のエサは、牧草や濃厚飼料だそうです。
1頭につき1日約4kgも消費するのだそうです!

多宇さんをはじめ、八重山の畜産農家の方々が大切に育ててくれるおかげで
おいしいJA石垣牛をいただくことができるんですね☆

多宇さんの牧場では、経産牛の再肥育もされています。

昨年牧場の近隣にパーラー「心呼吸」をオープンさせ、そちらで経産牛を使用したハンバーガーや串焼き、
牛丼などを提供されているそうです!

「最後まで肥育し、販売や提供までを全うする」という多宇さんの夢が叶いました☆彡

大切に育てた牛たちが無事に出荷される時が一番うれしいと語る多宇さん。
これからもおいしいJA石垣牛を届けてください!

さて、マハエは石垣島でおいしいJA石垣牛をいただきたい!と思い、焼肉屋の「牛信」さんを訪れました♪

オーナー・幸喜さんは、JAおきなわに26年お勤めになられた後、昨年の11月29日(いいにくの日)に
「牛信」さんをオープンされたそうです。

幸喜さんの目利きが光るJA石垣牛をいただきます☆

まずは、赤身肉盛り合わせをオーダー!
ロース、カルビ、モモ肉が並びます(≧▽≦)

ジュージューという音とともにいい香りが漂います。。
ロースは赤身のうまみがしっかりと感じられ、モモ肉は歯ごたえがありこちらもうまみが凝縮されていました☆☆☆

カルビはほどよく脂がのっていて、ジューシーです☆☆☆

こちらの盛り合わせには、ホルモンもセットされていました!マルチョウ、シマチョウ、アカセンといろいろな部位をいただけます♪

マルチョウは、JA石垣牛の特長である「脂のうまみ」がダイレクトに感じられましたよ~(≧▽≦)

この日は“超限定”の部位「センボンスジ」もメニューにありました!
こちらは、すね肉の中心部分から取れるお肉で、ほとんど市場には出回らない稀少な部位だそうです!!

いただいてみると、サクッとした歯ごたえがあり、先ほどいただいたロースやモモ肉とはまた違ううまみがありました☆☆☆

JA石垣牛を愛してやまない幸喜さん(*´▽`*)
ずっとJA石垣牛に携わってきたからこそ、仕入れや流通を熟知し、適正価格で提供ができるとおっしゃっていました!

JA石垣牛の焼肉、いっぺーまーさんでした(とてもおいしかったです)!
これからもおいしいJA石垣牛で、大勢の人を幸せにしてください(≧▽≦)

皆様も石垣島に訪れた際は、JA石垣牛をぜひ召し上がってみてください!

 

☆★☆★☆★☆マハエの食べ歩きメモ☆★☆★☆★☆

●「焼肉 牛信」
住所:沖縄県石垣市字石垣156-26
電話:0980-88-7293
営業時間:17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:毎週木曜日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/石垣島

マハエの沖縄ダイアリー/【10/17は沖縄そばの日】石垣島で八重山そばをめぐる旅♪

マハエの沖縄ダイアリー/美しい眺めをめぐる旅♪玉取崎展望台・平久保崎・エメラルドの海を見る展望台

 

2018年12月20日

イルミネーション輝く☆冬の美ら海ナイトアクアリウム

はいたい♪マハエです!
今年の夏に初開催された、沖縄美ら海水族館の「美ら海ナイトアクアリウム」が、この冬にも開催されることになりました☆彡

2019年1月6日までの期間中、特別に18時から21時30分までのあいだは美ら海ナイトアクアリウムをお楽しみいただけます!

今回は、ナイトアクアリウムとともにイルミネーションもスタートしました☆彡

水族館ではイルミネーションは、初お目見えだそうです!
キラキラ光るイルミネーションとライトアップがとてもきれいです☆*・。.☆*・。.

ジンベエザメのモニュメントもカラフルにおめかし(*´▽`*)

クリスマスツリーも飾られていました♪

海の生き物たちのオーナメントで飾られています!
どんな生き物がデコレーションされているか、さがしてみるのも楽しい\(^▽^)/

イルミネーションを堪能した後は、水族館へ♪

照明が暗めに設定されていたり、ナイトアクアリウムのみの“仕掛け”があったり。
日中とは少し違う仕様になっているんです!

小さな生き物たちのコーナーは、クリスマスバージョンになっていました☆
こちらは、12月25日までの特別バージョンだそうです!

雪の模様のクラゲがいたり、カラフルなデコレーションがされていたりなど
水槽の中にもクリスマスを感じさせてくれる世界が広がっていました(≧▽≦)

「黒潮の海」の大水槽にやってきました~!

夏と同様、ソファや大きなクッションが用意されており、くつろぎながら大水槽を観賞できます!

こたつも登場していました!冬のムード満点です^ ^

クッションに座り、ゆったりと海の生き物たちを観賞・・

ジンベエザメが間近に泳いでくると、いつも以上に迫力を感じます!

贅沢な空間と時間を堪能しました(∩´∀`∩)

「美ら島シアター」もクリスマスバージョンになっていました☆「黒潮の海」の大水槽の観覧窓もあるので、ぜひこちらもチェックしてみてください♪

最後にカフェ「オーシャンブルー」に訪れました!「黒潮の海」の大水槽を観賞しながら、お食事などを楽しめるカフェです。

こちらも夏と同様ナイトアクアリウム期間中は営業時間を延長されており、さらに特別メニューも提供されているんです♪

シークヮーサーリキュールや「ちゅらうみしおソーダ」などがベースになっている、
スペシャルドリンクやカクテルをいただくことができます!

カレーも特別メニューで登場していました!
こちらの「スペシャルBlueカレー」、ライスの色に注目です(≧▽≦)

「黒潮の海」の水槽をイメージし、“バタフライピー”という天然ハーブで色づけしてるんですって!!

カレーもドリンクもいっぺーまーさんでした(とてもおいしかったです)☆☆☆

ナイトアクアリウムスペシャルメニューをオーダーした方には、特典としてオリジナルの缶バッヂのプレゼントがありますよ♪
(缶バッヂはなくなり次第終了となるそうです)

ゆっくりと生き物たちを観賞しながら、特別なディナータイムを過ごしました。

ナイトアクアリウム期間中は、年間パスポートが期間限定デザインで販売されています!
沖縄県出身のイラストレーター「pokke104」さんのデザインです♪
マハエもゲットしたいな~(≧▽≦)

ナイトアクアリウム限定のお楽しみポイントが満載で、滞在中マハエはずっとワクワクしていました♪
ぜひお時間を合わせてお越しいただき、大勢の方にお楽しみいただきたいです!

 

【関連リンク】

海洋博公園・沖縄美ら海水族館

マハエの沖縄ダイアリー/【期間限定】夜の沖縄を満喫☆Okinawa Hip-Hop Busナイトツアー

2018-2019年末年始 県内主要施設営業情報

 

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール