Home > マハエの沖縄ダイアリー

2018年4月20日

46酒蔵の泡盛が勢揃い!「島酒フェスタ」初開催☆

はいたい♪マハエです!
4月14・15日に沖縄セルラーパークで「第1回島酒フェスタ」が開催されました!

マハエは初日の4月14日に訪れ、飲み比べをしたり、新しい商品に出会ったり、
泡盛についてたくさん楽しませていただきました♪

このイベントのポイントは、なんといっても46の酒蔵の泡盛の試飲ができること!
ほとんどの蔵元さんが出展もされていました!

会場に入ると、泡盛の香りがほのかに漂ってきて、期待に胸が高鳴ります(≧▽≦)

イベント限定パッケージの泡盛を発見☆
こちら以外でもさまざま蔵元さんがイベント限定泡盛を作られていました。
イベントに対する思いが伝わってきます!

開場後ほどなくしてお客様が増えてきました!

マハエはブースをあちこち見歩きます♪

一度にいろいろな泡盛を見られるのは、特別感を感じます!

なかなかお目にかかれない原酒も!

思わず見とれてしまう美しいボトルもありました(*´▽`*)

出展ブースの他にステージイベントもあり、“秘蔵古酒オークション”やきいやま商店さんのライブ、
ラジオの公開放送や“たぶん古酒抽選会”などさまざまなメニューがありました!
“たぶん古酒抽選会”は、各蔵元さんで長いあいだ保管されていた泡盛を
イベント開催を記念して、会場のお客様へプレゼントするといううれしい催し♪

さて、試飲をします~(∩´∀`∩)

チケットを購入すると、46の酒蔵所の泡盛がすべて試飲できるという、
泡盛好きにとってはとてもうれしいシステムでした♪

少しずついろいろな銘柄をいただきます!
おいしい~☆
一度に飲み比べられるなんて幸せです~(*´▽`*)

この日初お目見えの菊乃露酒造さんのシークワーサーフレーバーのスパークリング泡盛☆彡

こちらも試飲♪
シークワーサーのさわやかさとスパークリングの刺激がよく合います!
これからの季節にピッタリ♪

多良川酒造さんで「わしミルク酒」を発見☆
“わしミルク”とは沖縄で「練乳」を表すのによく使われる言葉です。
練乳と泡盛のコラボレーションとはおどろきです\(◎o◎)/

こちらも試飲させていただきました♪
練乳の甘みがやさしく、おいしい☆

このわしミルク酒は、昨年の離島フェアに続き2回目のお披露目だったそうです!
蔵元がある宮古島では流通が進んできているそうですが、沖縄本島で見られる機会は
まだかなり限られているそうなので、見かけたらラッキーです☆

会場では泡盛の女王の皆さんが、あちこちでイベントを盛り上げていました!

2018年度の女王の1人、翁長さんとパチリ☆
わーい♪

泡盛の女王OGの方々も浴衣姿でお手伝いし、会場に華をそえてくれていましたよ(*´▽`*)

泡盛を活用したお菓子、食品もありました!

こちらは「琉球泡盛BonBon」です!
チョコレートの中に古酒が入っているそうです☆

この琉球泡盛BonBonも46酒蔵すべての代表銘柄が味わえるんですよ。
古酒に沖縄の地下深くに眠っていた「陸地珊瑚礁浸透古代海水」、県産のキビ糖をブレンドし
チョコレートで包んでいます。

銘柄のラベルで包装されているのも素敵☆
今度のバレンタインデーにはこの琉球泡盛BonBonを贈ろうかな(*´▽`*)

「泡盛パン」を発見しました!
こちらもイベントで初のお披露目でした!

泡盛の製造に使用される黒麹菌を活用したパンだそうです。
IT関連会社のプルアラウンドさん、首里で65年続く金城ベーカリーさん、
琉球大学の農学部さんがコラボレーションして誕生しました☆彡

プルアラウンドの開発担当者・高松さんと記念撮影☆
息子さんと一緒に泡盛パンのブースを盛り上げていらっしゃいました♪♪

そして、マハエはやってみたかったことがあり、あの場所へ・・

それはこちら^^
瓶踊り体験です♪
泡盛の瓶をモチーフにしたバルーンのカチューシャをつけられるコーナーがありました!

瓶踊りとは、頭の上に泡盛の瓶を乗せてカチャーシーを踊る伝統のひとつなのですが、
まさひろ酒造さんでは“瓶踊り大会”を催したり、スタッフさんがCMで踊っていたりしているのです。

上手に瓶を乗せていたスタッフさん。
瓶を乗せるだけでも高度な技が必要なのに、ポーズまでとってくれました(≧▽≦)

イベント限定のボトルバルーンもあったので、こちらも♪
わーい!楽しい!!

泡盛にまつわるいろいろな体験ができたイベントでした。

お昼過ぎにはお客様がかなり増えて大盛況になっていました!
県内はもちろん、県外から来られたお客様、海外からのお客様も見受けられ、
泡盛が大勢の人に愛されていることを実感しました。

来年も実施されるとうれしいな♪

 

~関連リンク~

特集/泡盛・古酒をたしなむ

 

 

2018年4月3日

壺屋でシーサーの日!“シーサーまーい”でシーサーについて楽しくお勉強♪

はいたい♪マハエです!
今日4月3日は「シーサーの日」です!

記念日に合わせて那覇市の壺屋焼物博物館、壺屋やちむん通りで開催されたイベント
「壺屋でシーサーの日!」にチムと一緒に行ってきました~♪

イベントメニューのひとつ“シーサーまーい”(シーサーめぐり)に参加しましたので、
そちらの様子をレポートします!

壺屋焼物博物館から出発です☆彡

シーサーまーいは、壺屋焼物博物館の学芸員さんがガイドをしてくれます。
まずは「壺屋のうふシーサー」を見学しながら、その制作の過程などを解説していただきました。

こちらは牧志駅近くの「さいおんスクエア」にある『さいおん♡うふシーサー』の後に制作されたので、
さいおんうふシーサーがお兄さん、壺屋うふシーサーが弟となるそうです^^

こちらが『さいおん♡うふシーサー』。
壺屋うふシーサーと似ていますね(*´▽`*)

壺屋うふシーサーの方が少しだけ体が大きいです!

違いがわかるでしょうか♪
こちらは重量が3tもあるそうですよ!

壺屋うふシーサーは、壺屋にある工房の7人の陶工の方々によって制作されたのですが、
通常制作されているシーサーとはサイズがまったく異なる為、特別な窯を用いたり、
焼くのも2回に分けるなどさまざまな工夫がなされ、完成したそうです。

うふシーサーはこれまでに何度も見ていましたが、完成までの過程については
初めて知ることができました☆

皆様にもぜひご覧いただきたいシーサーです!

この後やちむん通りを進み、たくさんのシーサーと出会いました!

かつて壺屋で壺屋焼き職人として活動されていた、島常賀さんの作品を見ながら
その作風について教えていただきました。
迫力ある顔を持ったシーサーが特徴です!
現在も作品の人気が高いそうです。

道路のマンホールのふたにも注目☆
花笠のデザインのふたにうれしくなりました(*´▽`*)

うふシーサーデザインのふたも♪

ガードレールの下に小さなシーサーを発見☆

4種類の小さなシーサーがあり、そのかわいさに心躍りました(≧▽≦)

ガイドさんの案内で他にもさまざまなシーサーを発見することができました☆

こちらは石垣のかたちを活かして自然にできたシーサーなんですよ!

今日はイベントということで特別に職人さんによるシーサーづくりの実演を見ることもできました!

職人さんに質問したりなど交流ができて楽しかったさ~♪

シーサーまーいでは特別に、島常賀さんが生前住まわれていたお家を見ることもできました。
大きなシーサーがあったり、窯があったり、普通ではなかなか見られないところです。
稀少な機会をいただけて、とてもうれしかったです!

こんなシーサーも^^

今回紹介したもの以外にもいろいろなシーサーを教えていただき、
シーサーについてたくさんお勉強することができました!

次回壺屋やちむん通りに来た時もシーサーさがしをしてみようと思いました♪

来年の開催も楽しみにしています!

 

~関連リンク~

おきなわ物語/那覇市立壺屋焼物博物館
☆イベントは今日のみでしたが、壺屋焼物博物館では4月22日まで「シーサー展」が実施され、
やちむんシーサーだけではなく、いろいろな種類のシーサーを見ることができますよ!

 

 

2018年1月25日

[チムのおでかけ]沖縄花のカーニバルスタート☆もとぶ八重岳桜まつりに行ってきたよ!

はいさーい!チムだよ!
沖縄花のカーニバル2018のスタートを飾った「もとぶ八重岳桜まつり」に行ってきたよ~!
今年は記念すべき第40回目を迎えたんだよ☆

今回は、マハエちゃんがステージイベントに登場するということで応援に行ったんだ。
マハエちゃんやお祭りの様子をチムがレポートするよ!

テープカットでスタートして、ステージがあるメイン会場まで「もとぶミス桜」さんたちがパレード♪
チアリーダーやブラスバントの演奏に気分が盛り上がったさ〜!

パレードをしていた通りには何本もの桜の木があったよ!

この桜は「寒緋桜(カンヒザクラ)」という品種なんだけど、色の濃いもの、淡いものと
木によって違いがあるって気づいたよ☆

桜まつりのメイン会場にはさらにちがう色の桜も♪

おまつりのお楽しみといえば、食べ歩き!
会場には本部町のご当地グルメがいろいろ揃っていたよ〜☆

ステージイベントが始まるまでお店めぐりをしたよ!

本部町で育てられた「もとぶ牛」が食べられるもとぶ牧場さんや

本部町の老舗の誠もち店さん!

“花より団子”も楽しめるさ〜^^

本部町の酒造所・山川酒造さんが、桜まつりのために製造された泡盛「さくらいちばん」!
お祭りがより楽しくなるさ〜♪

あ!ステージにマハエちゃんが登場した!
マハ朗くんも一緒だ〜!

一緒にステージに立てるなんてうらやましいさ〜!

他にももとぶミス桜2017の皆さんやミス沖縄2018コバルトブルーの宮平かなさん、
ブトモーも登場して、ステージはとってもにぎやかになったさ〜!

ミス沖縄の宮平さんともとぶミス桜の皆さんで華やかに開会宣言されたよ〜☆

さくらいちばんの鏡割りもおこなわれ、気分がさらに盛り上がったよ!

あ!マハエちゃんがマハ朗くんのレイをととのえてあげている!
マハエちゃんはやっぱりやさしいな〜(≧▽≦)

あれ?もしかしてマハ朗くん、マハエちゃんにうっとりしてるのかな??

マハエちゃんたちの出番が終わった後は、地元の方々がさまざまな演目を披露していたよ!

にぎやかなおまつりだったさ〜☆☆☆

“フラワーアイランド”沖縄では5月まで花のカーニバルを開催中だよ!

本部町の桜に、沖縄の花々に、大勢の方に会いにきてほしいさ〜!!

 

~関連リンク~

第35回沖縄花のカーニバル2018

第40回もとぶ八重岳桜まつり 

 

2017年7月13日

沖縄初のナイトエンタメ「THE MATSURI OKINAWA ~ザ・祭・オキナワ~」をレポートします☆

はいたい♪マハエです!
今日は久しぶりに国立劇場おきなわに来ています!
普段は組踊などを上演している劇場ですが、今回はちょっと違います。

ジャーン☆
7月11日(火)から開催されている「THE MATSURI OKINAWA ~ザ・祭・オキナワ~」の
取材にやって来たのです\(^0^)/

「THE MATSURI OKINAWA ~ザ・祭・オキナワ~」は、現代風にアレンジされた
沖縄の芸能が楽しめる本格的ナイトエンターテイメントです。

ナレーションは海外からのお客様向けに英語、中国語で行われ、
パンフレットは、日本語、英語、中国語対応です。

開演の時間になり、マハエも舞台に注目!

司会は、ドン・パーディさん(写真左側)が英語、
小渡美和さん(写真右側の左)が中国語を担当されていました。
今回は特別に、ミス沖縄・スカイブルー嘉数さん(写真右側の中央)と
クリーングリーングレイシャス島袋さん(写真右側の右)が
日本語のナレーションを担当されていました☆彡

最初の演目は「琉球舞踊(四つ竹)」です。
琉装に身を包み、優雅に踊る姿は素敵です(*´▽`*)

手に持っている楽器は演題にもなっている「四つ竹」で、
片手に2枚ずつ握った竹片を打ち合わせて演奏するんですよ。

つづいては「琉球太鼓」です。

舞台の中央・左右から会場に響き渡る太鼓の演奏は、迫力です!

そして「獅子舞」です。
花道から飛び出して、舞台を縦横無尽に駆けめぐります!

転げまわったり、立ち上がったり、イキイキと動き回ります(≧▽≦)

つづいては「龍神の舞」です。

光とともに舞台に現れた龍神が、舞台中を所狭しと動き回ります!

「龍虎の舞」では、龍神と獅子の掛け合いが始まりました。

獅子が雄たけびをあげて、龍神を威嚇します!

つづいて「棒術」です。
薩摩(鹿児島)の支配によって武器を持つことを禁じられていた琉球で伝承された武術で、
1対1の緊迫した演舞が繰り広げられます!

さらに3人での巧みな棒さばきに、目が離せません☆

そして「沖縄ヒット曲」では『涙そうそう』『花』『島唄』が歌われました!

伸びやかな歌声で、情感豊かに歌う美音さん♪

最後の「島唄」は、マハエも思わず口ずさんじゃいました☆

つづいて「ジュリ馬」です。

ジュリと呼ばれた遊女達が華やかな衣装と馬の飾りを身に着け、
「ユイ、ユイ、ユイ」の軽快な掛け声で華やかに舞台を駆け巡ります!

そして「エイサー」です。
沖縄のイベントでおなじみですが、もともとは旧盆の夜に
祖先の霊を慰めるために踊られるものなんですよ。

勇壮な大太鼓、息の合ったパーランクー(手持ちの片張り太鼓)の演舞に魅了されちゃいました☆

フィナーレは「カチャーシー」です!
祭りや結婚式などで場をさらに盛り上げたり、一体にさせてくれるお馴染みの踊りで、
演目の最後にもよく踊られるんですよ~☆

獅子や龍神も加わって、踊ります!

出演者総出で舞台にあがり、会場が盛り上げます\(^0^)/

会場のお客さまもカチャーシーを踊っています。
もちろん、マハエも踊りましたよ~☆
盛りだくさんの演目で、あっという間に公演時間が過ぎちゃいました!

最後に、今回特別出演のミス沖縄・スカイブルー嘉数さん、
クリーングリーングレイシャス島袋さんと一緒に記念撮影♪
沖縄の芸能を満喫して大満足のマハエでした!

~関連リンク~
THE MATSURI OKINAWA 公式ウェブサイト (日本語・英語・繁体字・簡体字)

※開催日によって会場は変わりますので、詳細は上記リンクよりご確認ください☆

2017年5月17日

【チムのお出かけ】那覇三大祭の一つ、「那覇ハーリー」に行ってきました!

はいさい!チムだよ!
ゴールデンウィーク中、チムは5/3~5/5に開催された「那覇ハーリー」を見にいってきたさー!

  ハーリーは航海の安全や豊漁を祈願し、爬龍船(はりゅうせん)やサバニと呼ばれる漁船で競漕を行う伝統行事で、 県内各地で旧暦の5月4日(ヌッカヌヒー)に行われているんだよ♪

那覇ハーリーは観光客にも見てもらいたいという思いもあって、毎年ゴールデンウィークのに開催されているんだって!
「那覇大綱曳き」、「琉球王朝祭り首里」と合わせて那覇三大祭りと言われる 那覇ハーリー、楽しみさー♪

 

今回、会場に行く前にここに立ち寄ってみたかったんだ。 その場所は… 那覇ハーリー会館だよ♪

 

那覇ハーリー会館は定期的に開放されてはいなくて、ゴールデンウィークや夏休みに不定期で開放されているんだって!
事前に電話して、5/3~5/5は開いていると聞いたので来てみたさー。

 

今年展示物がリニューアルされたって聞いたので じっくり見てまわったよ。

 

爬龍船の起源から年表が展示されているんだねー。 ふむふむ、那覇ハーリーは600年の歴史があるんだね!

 

衣装の展示や船のの模型もあったよ。

 

ここでは衣装体験や館内でのハーリー乗船体験もできるんだって!
ハーリーの漕ぎ手になった気分を味わえるかな☆

 

これは歴代那覇ハーリーのポスター。

ポスターにも歴史を感じるさーねー!

 

爬龍船は普段ここに格納されているけど、4月から練習に使うため、今は港に出されているんだって!
ハーリーを見る前にいろいろ勉強できてよかったさー♪

 

そして会場の那覇新港埠頭へ。

 

まだ午前中だったけど、既に人がたくさん集まっていたよ!

 

チムがに到着したころには、中学生のハーリー競漕が行われていたんだ!

今から爬龍船に乗り込む中学生のチーム。気合充分!
みんな頑張って練習したんだはずね♪

 


練習の成果を発揮するため、力を合わせて漕いでいたよ。

 

港の岸壁に応援にきた人たちもたくさん!

ハーリーはもちろん、会場では伝統芸能やお笑いライブのステージイベント、相撲大会など楽しめるイベントが行われていたさー♪

 

 

そして那覇ハーリーの一番の見どころ、本バーリー。
本バーリーは「那覇」「久米(くめ)」「泊(とまり)」と地域で3チーム分かれて競漕するんだよ。

たくさんの応援の中、スタート!

 

往復600メートルのコースを漕ぎ進める各爬龍船!
とってもかっこいいさー!

 

チムはこのとき、ハーリー会館で見たこの絵を思いだしたよ。

昔からこの光景が繰り広げられていたんだね!

 

接戦ののち、5分15秒50で那覇の勝利!
おめでとうございます!

 

那覇ハーリーを幕開けに、沖縄では県内各地でハーリー行事が行われるんだよ!
地域それぞれ特色が感じられて面白いさー♪

ハーリーの時期に沖縄に来るみんなは
是非ハーリー会場で沖縄の伝統行事に触れてみてね^^

 

【関連リンク】

イベントページ(2017年開催ハーリーイベント)

ハーリーの季節が到来します!(伝統行事紹介)

那覇市観光協会Webサイト 那覇ハーリー

那覇ハーリー会館
※ハーリー会館の営業は不定期となります。事前にお問合せください。

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール