Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年5月11日

「島ぜんぶでおーきな祭-第9回沖縄国際映画祭-」のレポートです!

はいたい♪マハエです!
4月20日から23日にかけて「島ぜんぶでおーきな祭-第9回沖縄国際映画祭-」が開催されました。

期間中マハエはいろいろな会場でお手伝いをさせていただきました!
各会場大勢の観客の方に駆けつけていただき、とてもうれしい気持ちです♪

大いに盛り上がった最終日の国際通りでのレッドカーペットを中心にイベントの様子をレポートします!

4月20日から各地で上映会が始まり、翌4月21日には那覇市の波の上うみそら公園にて
オープニングセレモニーがおこなわれました!
マハエは、ミス沖縄とマハ朗くんと一緒にステージに登壇しました!

大きなステージで少し緊張しましたが、これから島ぜんぶで力を合わせてお祭りを
盛り上げて行こうと改めて思いました!

上映会にも訪れました。
数日前にお祭りのプレイベントでも鑑賞させていただいた、ガレッジセールのゴリさんが
出演と監督を務められた「選ばれた男」をもう一度拝見しました。
前回見終えた時、もう一度見てみたいと思っていたので、うれしかったです♪

この日は、ゴリさんをはじめ出演者の方々の舞台挨拶もありました☆彡

ゴリさんの軽妙なトークで撮影時のエピソードなどを教えていただきました。
終始笑顔にあふれた和やかな舞台挨拶でしたよ(´▽`)

最終日には国際通りでレッドカーペットが開催されました!
去年の好評ぶりを受けて、今年はカーペットの長さを延長し、より多くの方に
ご覧いただけるようになっていました!!

映画祭で上映された作品に携わっていた方々、よしもとの芸人さんなどが登場し、
華やかなムードに包まれていた会場の様子をお届けします!

スタート地点に出演者の方がスタンバイされると、ワァーっと歓声があがります♪
こちらは、2700のツネさん。

カーペットを歩きながら手を振り返してくれたり、サインに応じてくれたり
スターの方と身近に接することができるんです!
IMALUさんは、何度もサインをされていました☆彡

当日中継されていたテレビ番組に出演されていた、山里亮太さんとIMALUさん。
オープニングから会場の熱気が上がります!

映画祭では、特別招待、TVディレクターズムービー、地域発信型プロジェクト、特別上映など
さまざまなジャンルの作品が上映され、作品に携わった方々がレッドカーペットを
盛り上げてくれました☆彡☆彡☆彡

TVディレクターズムービー「劇場版 お前はまだグンマを知らない」
間宮祥太朗さん、馬場ふみかさん、吉村界人さん、ロバート・山本博さん、椿鬼奴さん、
水野格監督、中尾裕司プロデューサー。

地域発信型プロジェクト、福島市の「ハーベスト!」
おかずクラブ・オカリナさん、ゆいPさん、川村清人監督、福島市代表の皆さん。

特別上映「ドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』特別編集版」
土屋太鳳さん、片寄涼太さん。
淡いピンクのドレスとお花のカチューシャをまとった太鳳さんは妖精のようでした(*´▽`*)

特別招待「カーラヌカン」
GACKTさん、木村涼香さん、木村祐一さん、浜野安宏監督、他スタッフ、出演者の皆さん。
GACKTさんは太陽に照らされて、よりいっそうキラキラ輝いて見えました☆☆☆

特別招待「愛・革命」
夏菜さん、品川祐さん、キャンディー・ローさん、サム・レオン監督。
夏菜さんは、沖縄が舞台だったドラマ「純と愛」に主演されていたので、
親しみを感じています!キレイだったなぁ(*´▽`*)

TVディレクターズムービー「増山超能力師事務所~激情版は恋の味~」
田中直樹さん、浅香航大さん、中村ゆりさん、平田敦子さん、ルウトさん、久万真路監督。

西川きよしさんをはじめとする芸人の皆さん!
国連で採択された17の目標SDGsとのコラボレーション企画だそうです!

一般社団法人青森県りんご対策協議会の皆さん!
渡辺直美さんとミスりんごさん、協議会の方々です。

「島ぜんぶでおーきなバンド」を率いるかりゆし58の皆さん!

特別上映「帰ってきたバスジャック」
遠藤章造さん、今田美桜さん、小沢仁志さん、藤原健一監督。

特別招待「猫忍」
大野拓朗さん、渡辺武監督、猫の金時ちゃん♪

TVディレクターズムービー「よしもと新喜劇映画・女子高生探偵あいちゃん」
酒井藍さん、筧利夫さん、田畑智子さん、烏川耕一さん、すっちーさん、
中村和宏監督、赤澤友喜プロデューサー。

TVディレクターズムービー「海辺の週刊大衆」
又吉直樹さん、磯山さやかさん、矢本悠馬さん、しずるの村上純さん、ライスの関町知宏さん、
太田勇監督、田井中皓介プロデューサー。

TVディレクターズムービー「女々演」
福原遥さん、玉城ティナさん、ロバートの秋山竜次さん、高野舞監督。

地域発信型プロジェクト「選ばれた男」
ゴリさん、陳彦達さん、比嘉梨乃さん、伊波雅美さんと一般社団法人石垣市観光協会の高倉大さん。

各地のキャラクターも集まりましたよ~♪
恩納村のナビィちゃんとうるま市のうるうららくん!

沖縄市のエイ坊も♪

ブラックマヨネーズの小杉竜一さん、ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスさん、
尼神インターさん!

ロバートさん!

特別上映「火花」
板尾創路監督、2丁拳銃の川谷修士さん。

そして、マハエは、翁長県知事、ミス沖縄、マハ朗くんたちとレッドカーペットを歩きました~!
たくさんの方にお声をかけていただいて、うれしかったです♪

特別上映「ワレワレハワライタイ ウケたら、うれしい。それだけや。」
木村祐一さん、ぼんちおさむさん、ガレッジセールのゴリさん、川田さん、
スリムクラブの真栄田賢さん、内間政成さん。
川田さん、いい笑顔ですね~(≧▽≦)

特別上映「明石家さんま企画・プロデュース『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』」
中尾明慶さん、小出恵介さん、ジミー大西さん、尾上寛之さん、六角慎二さん、光野道夫監督。

そして、吉本興業の大崎社長と「島ぜんぶでおーきな祭」の宣伝芸人・宮川たま子さん!
お二人ともいい笑顔です\(^▽^)/

大崎社長はたま子さんにいたずらしてばかり(;´∀`)
仲良しなムードが伝わってきて、ほっこりしました♪

最後はステージで那覇市長の城間幹子さんを交えてバンザーイ!

「島ぜんぶでおーきな祭」は、今年もとっても盛り上がりました!!

来年は記念すべき10回目を迎えます☆
もっともっとたくさんの笑顔であふれるお祭りになるといいな♪

 

~関連リンク~
島ぜんぶでおーきな祭 公式サイト

2017年4月19日

沖縄国際映画祭プレイベント!スーパースターアクエリアスに乗船☆

はいたい♪マハエです!
明日4月20日(木)からスタートする「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の
プレイベントである「スーパースターアクエリアスに乗ろう」に参加しました~☆彡

スーパースターアクエリアスは、マレーシアのスタークルーズ社が所有するクルーズ船です。
全長約230m、総トン数約51,000t、客室数は756室と、海の上を走る豪華ホテルのようです!

スーパースターアクエリアスは現在、台湾と沖縄の宮古島、本島(那覇)、石垣島を寄港する
ツアーの真っ最中!

各島で寄港しているあいだに、沖縄国際映画祭に出品されている作品を鑑賞したり、
船内を見学できる特別なツアーを企画していただきました♪

映画の上映会は、シアタールームでおこなわれました。

150名収容可能な広々としたスペースです。
ゲームコーナーも兼ね備えていました!

上映前に、沖縄で活躍されている吉本興業所属の「初恋クロマニョン」さんによる
楽しいトークが繰り広げられました♪

マハエもテンションが上がってきましたよ~(≧▽≦)

上映された作品は、ガレッジセールのゴリさんが監督・脚本と出演もされている「選ばれた男」でした。
こちらの作品は、スーパースターアクエリアスでも撮影されたそうです!

毎シーン笑えるところがあって、マハエは終始笑っていたような気がします(^▽^)
楽しい“仕掛け”があり、もう1度見たくなる作品でした!

上映会の後は、船内の見学ツアーへ♪

お酒などを楽しめるラウンジ。

免税店には、お菓子やアクセサリー、お化粧品など、マハエが気になるものがいっぱい!

泡盛も豊富に揃っていました!

泡盛は、台湾のお客様にとても人気で、試飲してお買い求めになる方が多いそうです☆

小さいお子様連れの方にうれしいキッズルームもありました!

クルーズ船の醍醐味、屋外プールもありましたよ。
海を眺めながら、プールで泳げるなんて贅沢な気分になれますよね♪

レストランは6つあり、そのうち4つは船内に滞在中無料で食事ができるそうです!

オープンエアーで食事が楽しめるバーベキューレストランもあります。

こちらにはなんとジャグジーがあるんですよ!
優雅な気分になれそうです(*´▽`*)

別途料金が必要な中華料理のレストラン。

こちらでは、フカヒレやアワビなどの高級食材のお料理がいただけるそうです!

がちまやー(食いしん坊)なマハエには、とても魅力的でした^^
いつかスーパースターアクエリアス号で実際に旅に出たいな♪

今回マハエは、那覇クルーズターミナルでの上映会に参加したのですが、
「那覇港エリアマップ」にマハエが登場していました!

寄港された方々のお役に立ててるといいな♪

そして、マハエのパネルもありました~!
うれしいな♪

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」は4月20日(木)~23日(日)の4日間です!
沖縄が一丸となって、お祭りを盛り上げますよ~\(^0^)/

 

~関連リンク~
おきなわ物語イベント情報「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」

島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭 公式サイト

スタークルーズ 公式サイト

2016年11月18日

伝統芸能から世界遺産まで! マハエ 秋のお祭り三昧♪

ハイタイ♪マハエです!

沖縄も秋の気配を感じはじめる季節になった今日この頃。
マハエはいろいろなお祭りに参加して楽しんできました! 今回はその様子をレポートします^^

 

【第7回座喜味城通りふれあい祭り】

沖縄中部にある読谷村では 「座喜味城通りふれあい祭り」が開催されました。

メイン会場の座喜味公民館ステージでは、座喜味子ども会による座喜味棒が披露されました!
難攻不落といわれた座喜味城(ザキミグスク)の城下、座喜味地区に伝わる棒術です。
今年から棒術を始めたお子さんもいて、勇ましく頑張っていましたよー!

 

続いて座喜味子ども会・育成会と20年にわたって交流している KOZEN全国子ども交歓会による獅子舞演舞。 大阪からこの日のために獅子舞を担いで来られたそうです!

どちらの沖縄の伝統芸能をみることができて嬉しかったです!

 

スタンプラリーにも参加してきました! 例年は「木道スタンプラリー」として、座喜味城跡の横にある遊歩道で行われているそうです。

今年は会場に向かうまでの道と、座喜味城敷地が会場です。

みなさん楽しそうに参加していました!

スタンプを全て集めると、ホテルの食事券が当たる抽選もあり 参加者全員にお菓子や近くのカフェにてかき氷のプレゼントもあったんです!

 

座喜味城跡はお祭り会場から10分のところにあります。 せっかくなので世界遺産の景色も楽しんできました。

琉球王朝の歴史を感じられる場所でしたよー!

受付の方に、親切にお祭りの内容をいろいろおしえていただきました!

ありがとうございます^^

 

会場内チャリティオークションでは読谷の伝統工芸作家さんの協力をもとに、やちむんが多く出品され、 喜名エイサー(喜名青年会)、座喜味エイサー(座喜味青年会)でフィナーレを迎えました。

 

【読谷まつり第19回闘牛大会】

最近は屋根があるドームで行われる闘牛も多いのですが、この大会は屋外の闘牛場、読谷村のむら咲きむら闘牛場で開催。 毎年行われている「読谷まつり」の内のイベントの一つとして行われました。 うなり声をあげながら対戦する牛が入場してきます。

入場する牛が観客席にいたマハエの近くを通り、牛の気合が伝わってきました! 一戦ごとに気迫を感じる試合を見ることができました。

 

沖縄の闘牛は「ウシオーラセー」と呼ばれ、琉球王朝時代から受け継がれている娯楽です。
スペインの闘牛のように牛と人ではなく、牛同士で闘います。牛が戦意喪失し、相手から逃げた場合はその場で試合終了。
今回は2分や3分で決着が着く試合が多かったのですが、対戦に制限時間がないので長時間になることもあるそうですよ!

 

【第37回金武町まつり】

金武漁港からシャトルバスが出ていたので、マハエもバスで会場まで移動しました。

会場、金武町陸上競技場では既に出店が並んでいました。

こんな大きなお肉も!!

盆栽展で作品の展示もされていました。

お祭り開催期間は、金武ダムのライトアップも! 会場以外でも楽しめるイベントがあって楽しめますね♪

 

金武町は「タコライス発祥の地」として有名なんです。 町のマンホール蓋もこんなデザインがありましたよ!

マハエは日曜に行ったのですが、土曜には民俗芸能祭も同時開催されていて、 獅子舞やエイサーなど地元で受け継がれてきた伝統芸能が披露されたそうですよ♪

 

【第24回宜野座まつり】

会場の宜野座村農村公園に到着したときに、ステージでは余興大会が行われていました! 既に観客もたくさん!

漫談を披露したり、チアダンスを踊ったり、お子様が芸能を舞う場面も。

みなさん楽しんでいましたよー!
時間によっては村内めぐりバスツアーや、漁業組合による海上遊覧も行われていたようです。
地元の風景をお祭りで楽しめるなんて素敵ですね!

 

マハエはここでハンバーガーを発見! 宜野座村は「宜野座バーガー」というご当地グルメがあり、 「東やんばる月見バーガー」はその一つとして並んでいたので食べてみました。

島豚ベーコンが中に入っています!
たまごとチーズがまろやかにからんでおいしいー^^

 

こんなかわいいボードがあったので記念撮影♪

このあと、県内で活躍するアーティストのステージや花火など、プログラム盛りだくさんだったので マハエは最後まで会場にいられないのが残念でした(> <)

 

【全島獅子舞フェスティバル】

沖縄各地の獅子舞が会場に登場し、伝統の技を披露するお祭りです。

うるま市の安慶名闘牛場で開催されました。

沖縄の獅子舞は悪霊を払い、五穀豊穣と地域の繁栄を祈願する伝統文化として、県内各地で継承されてきました。
獅子舞の中には二人一組で入り、獅子の動きが表現されます。

 

獅子舞はもちろん、地元の伝統芸能も見ることができました。

ステージにあがった獅子舞はそれぞれ特色ある舞を披露。 地域によっても踊り方や獅子舞の姿が異なるんです。

獅子舞は三線や太鼓の音に合わせて動き、舞います。

ステージ横には演奏されている方がいました。

 

子どものワクヤー(獅子を誘導する役)がステージにあがりました。

持っている駒で獅子舞を誘います。

獅子舞が出てきました。 ワクヤーが獅子舞をあやしたり、挑発したりするやり取りが続きます。

 

後ろ足で立ち上がるとこんな風になります。

躍動感あふれる動き!

 

横にゴロンと回転したりもします。

 

置いてある駒に気付き、じゃれる獅子舞。

ワクヤーがお酒の瓶を獅子舞に見せて 床に置くと…

そのお酒を飲んでしまいました!

一旦ステージから降りた獅子舞が、観客席に入ってくる場面も! 会場はとっても盛り上がりました!もちろんマハエもエキサイティング!

 

獅子に噛まれると縁起が良いと言われています。 マハエも会場入口付近にあった獅子舞のオブジェに噛まれてきましたよー♪

 

他にも各地でお祭りが開催されていたのですが、 参加できなかったお祭りもあって残念です(> <)

また時間帯によってライブが行われていたり、フィナーレに花火が見れるお祭りもあったので

来年は花火までたっぷり楽しみたいです♪

 

お祭りの中にはエイサーや琉球音楽はもちろん、他にも 今日紹介した棒術、獅子舞など県外の方にはあまり知られていない文化に触れられる機会もあります。

沖縄に来られる際は、是非お祭りなどのイベント情報もチェックしてお越しくださいね!

 

■関連リンク

【おきなわ物語】イベントページ

 

 

 

 

2016年8月22日

東京で沖縄を感じる旅 ~美ら海とエイサーと沖縄グルメ~

はいたい♪マハエです。
普段マハエは沖縄の魅力をお伝えするべく、沖縄本島や離島を奔走する日々を送っていますが、
沖縄を感じられるイベントが県外で開催されると聞いたので 沖縄を飛び出して、いざ東京へやってきました!

東京はマハエが来る前日に梅雨明けした模様で、とてもいい天気。

 

まずは銀座の街へ。 期間限定で沖縄の美ら海を感じられる場所があるんです!

「Sony Aquarium(ソニーアクアリウム)」
沖縄美ら海水族館の監修のもと、沖縄の自然や生き物について楽しみながら学べる体験型のイベントです。

 

去年は友達のチムが行ってきて楽しんだ様子をこんな感じでお伝えしていましたよー!

去年の様子はこちら

 

数寄屋橋交差点に面したソニービル1階の屋外イベントスペース「ソニースクエア」に14トンの大型水槽が。

沖縄の海だー!!
近くで見てみると、透明度の高い沖縄の海が再現されていて、とってもキレイ!

 

交差点のそばなので、信号待ちしている方が立ち寄って眺めたり、写真を撮ったりする姿が見られました。

 

「ハナゴイ」や「シマハギ」「ルリスズメダイ」など、色鮮やかなお魚がたくさん。

水槽の近くに、それぞれのお魚の説明が書いてありました。

 

裏にまわって水槽を見てみると 街で魚が泳いでいるようにも見えます!

 

キレイだなー まだ沖縄を離れたばかりなのに、沖縄が恋しくなってしまいました。

 

給餌タイムには、魚たちへの餌やりも見ることができます。 この水槽だけではなくて、ビルの中でも何やらいろいろなイベントが行われているみたいです!

 

8階では10分間のショートムービーが上映されています。 沖縄の美ら海を舞台にした少年の冒険物語です。

沖縄の海を鮮明に映す4K映像で楽しめるひととき。

改めて沖縄の海の美しさを感じました!

 

4階の4Aフロア シアタールームでは、鮮明な映像とともにCDを超えるハイレゾ音質を堪能できる場所がありました。

ウミガメがゆっくり泳ぐ姿と、琉球音楽のコラボレーション!
マハエが音の雰囲気まで伝えられないのがもどかしいくらいです(> <)

 

続いて3階に移動。 こちらでは塗った絵にスマートフォンをかざすと絵が飛び出すしたり、音が出たりする「Music Kids Book」が行われていました。

1階の「ソニーショールーム」1Dフロアでは、今回のイベントのために水中写真家「鍵井靖章」さんが撮り下ろしした、
きらめく「美ら海の世界」の写真が展示されています。

沖縄の美ら海のキレイな姿をいろいろな角度で見せていただきました!

 

館内4ヶ所にスタンプラリーのポイントが設置されていて
4つすべてスタンプを集めると、1F エントランスホールで抽選会に参加できます。


 

館内にも水槽がありました!

水槽の周りでみなさんお魚に見入ったり、写真を撮影したりしています。
「クロヘリイトヒキベラ」「フエヤッコ」など、屋外の水槽で見たものとは、また違う種類のお魚が泳いでいました!

「Sony Aquarium(ソニーアクアリウム)」は引き続き2016年8月28日(日)まで開催されていますよー♪

Sony Aquariumイベント詳細はこちらから

沖縄の美ら海を楽しみながら学べるイベントです♪是非お越しください^^

 

次の日---
この日は沖縄の伝統芸能であるエイサーを間近で見られるイベントがあるので新宿へやって来ました。
「新宿エイサー祭り」です。

新宿の街中で、沖縄の伝統芸能であるエイサーを間近で見られるこのイベントは 今年で開催15回目をむかえます。
今年参加するエイサー団体は27チーム。

 

エイサーはもともと、旧盆(旧暦7月13~15日)にご先祖様をあの世へ送り出す念仏踊りです。
今では旧盆の時期に限らず、多くのイベントで披露されるようになりました。

 

ステーションスクエアステージでエイサーが始まりました! 太鼓の響きにマハエも“ちむどんどん”(沖縄方言で「胸がドキドキする」という意味)してきましたー!

 

そして新宿通りでのオープニングアクト。

新宿駅東口および西口周辺で、昼の部/夜の部 それぞれ6つのステージが用意されていて
それぞれのステージでエイサー演舞が披露されます。

 

大太鼓を鳴らしながら力強く舞う姿

 

パーランクー(小鼓)、三線、新宿の街に沖縄の音が響きます!

 

インフォメーションでもらったプログラムを見ながら、次はどのステージに行こうか考えながら移動。

あ!サーターアンダーギーが売っているー♪
ここでは沖縄の特産品販売が行われていました。

販売されている方に、さんぴん茶やシークワーサージュース、ビールや泡盛などの飲み物や
油みそや塩せんべい、他ちんすこうなどのお菓子もありますよ、とおしえてもらいました^^

 

同じ通りに沖縄観光の案内ブースもありました。

沖縄のパンフレットが配布されたり、アンケートに答えて景品が当たる抽選会などが行われていて
ここにもたくさん人が集まっていました。

 

PRステージではミス沖縄の新里 由香さんが沖縄の魅力をお伝えしていましたよ!

 

それぞれのステージで各エイサー団体が力いっぱい演舞を披露。

この日の東京の最高気温は32℃、たくさんの人の熱気で実際の気温よりも暑く感じます!

 

日が西に傾き、昼の部がそろそろ終了するころ、

観客も一緒に参加して踊る「カチャーシー」が始まりました! カチャーシーの時の定番、琉球民謡「唐船ドーイ」の曲に合わせて踊ります。

その中にお子さんの姿も♪
カチャーシーを踊る姿がとーっても可愛らしくて、世代を問わずみなさん楽しんでいました^^

 

昼の部が終わり、夜の部が始まる前に立ち寄りたい場所があったので
マハエはここで一旦歌舞伎町シネシティ広場に移動。

 

「沖縄フードガーデン」


「東京にいながら沖縄旅行気分」をテーマに沖縄料理と文化の魅力を体感できるイベントだそうです!

 

石垣バーガー、スパム焼きそば、

ゴーヤーチャンプルー、ソーキそば、サーターアンダーギー、

塩サイダーやビール、ゆずスパークリング泡盛もある!!

何を食べようか迷ってしまってマハエは大変でした☆

沖縄フードガーデンは3日間行われていたので、
実は昨日の夜、マハエは下見に来ていたんです。
夜はこんな雰囲気でしたよー♪

新宿の街で、みなさん沖縄料理やお酒を楽しんでいました♪

 

そして新宿エイサー祭り 夜の部へ 昼に引き続き、エイサーや三線ライブが披露されます。

夜の部もエイサーを見ようと、たくさんの人が集まっています。

日が沈んでいく中、エイサーの掛け声が街に響きます。
「イーヤーサーサー!」「ハーイーヤー!」

 

マハエもちむどんどんして、一緒に演舞に参加している気分でした。
「イーヤーサーサー!」「ハーイーヤー♪」

 

今回、沖縄から海を越えて東京でイベントを楽しんだマハエですが、
県外から沖縄の魅力に触れることができて嬉しかったです^^

ここでマハエが紹介したイベントの他にも 沖縄県外の各地で、沖縄に関するイベントが開催されています!
イベント情報は「県外だってオキナワ」Facebookで随時紹介していますので こちらもご覧ください♪

「県外だってオキナワ」Facebook

 

イベントに参加して、沖縄に触れていただけたら 次は是非沖縄へ、沖縄の魅力をたっぷり感じに来てくださいね^^

 

■関連リンク

Sony Aquarium Webサイト

新宿エイサーまつり2016 Webサイト

沖縄フードガーデン2016 Webサイト

 

 

2016年4月28日

新しくなったOkinawa Hip-Hop Busでやんばるの人気スポットを大満喫♪

はいたい♪マハエです。
自動音声ガイド付き観光バス「City sightseeing Okinawa Hip-Hop Bus」に乗って、
やんばる(沖縄本島北部)を旅しました♪

City sightseeing Okinawa Hip-Hop Busは、これまでは1コースのみでしたが、
4月から新しいコースが3つも登場☆彡

マハエは、新コースのひとつ「沖縄美ら海水族館と辺戸岬・大石林山トレッキングコース」に
参加させていただき、沖縄本島最北端までの旅を満喫しましたよ~!

那覇から北を目指して、しゅっぱーつ!

このバスの大きな特徴は自動音声ガイダンスです!

日本語を含め、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語で対応しているので、外国からのお客様も
各スポットや沖縄についての解説を聞きながら旅を楽しむことができます!

今回のバスは新車でした☆彡
座席、通路とも広々としていて、車内はとっても快適!
Wi-Fiが完備されているのもうれしいポイントです♪

添乗員は、前回と同じドイツ人スタッフのドミニクさん。
ドイツ語はもちろん、英語、日本語も流暢で、やさしく案内してくれます。
安心して旅ができそう~♪

バスは高速道路を進み、伊芸サービスエリアで休憩時間。
このサービスエリアの向かい側にとってもきれいな海が☆☆

こちらは「金武湾」だそうです!
青い海とヤシの木が南国ムードを感じさせてくれます♪

バスの旅は、一般の車両よりもシートの位置が高いから海や風景を見渡せるのが魅力です!

その後も車窓から美しい海をいくつも堪能しながら・・

最初の目的地・辺戸岬(へどみさき)に到着しました。

ここは、沖縄本島の最北端です!

眼下には透き通った海が広がります☆

緑も豊かで美しい景色が見られました。
向かい側の山には、大きくて有名なヤンバルクイナの像も見えますよ。

再びバスに乗り、10分ほどでこのコースの目玉である「大石林山」に到着しました!

大石林山は、約2億年前の石灰岩が浸食されてできた世界最北端の熱帯カルスト地形です!

山内はいろんなルートで散策することができます。
マハエは、4つのコースの中から「美ら海展望台コース」にトライすることにしました!
同じコースに参加する方たちと一緒にしゅっぱーつ!

山道は、岩だけでなく緑も生い茂っていて、パワーをもらえそうです!

途中、いろんな名所があります。

大きな「悟空岩」

「石林の壁」
大石林山がある安須社(アシムイ)には40を超える御願所(拝所)があるそうです!

「生まれ変わりの岩」
3回くぐると新しく生まれ変わるという言い伝えがあるそうです。

マハエもくぐってみました。
素敵な女性になれるかな♪

そして、美ら海展望台ステージに到達しました!

素晴らしい眺めです~!
がんばって登ってよかった♪

散策時間は約40分。
心も体も元気になれたような気がします!

大石林山を満喫した後は、ランチタイム♪

こちらのコースのランチはなんと、JALプライベートリゾートオクマのビュッフェですよ~ヽ(^o^)ノ

チャンプルーや野菜の煮付けなどの沖縄料理から和食、洋食まで種類豊富です!
県産野菜が使われたメニューも豊富に揃っているのがうれしいです☆

天ぷらの実演調理コーナーも!
揚げたてが食べられるなんて、贅沢な気分を味わえますね~♪

いただきま~す!
大石林山でたくさん歩いた後だったので、モリモリ食べちゃいました(∩´∀`∩)

ホテルは花と緑があふれていて、景色もとっても素敵でした☆
ごちそうさまでした。

ホテルのおいしいビュッフェを堪能した後は、海洋博公園・沖縄美ら海水族館へやってきました~♪
ツアーには入館券がついています!
滞在時間はたっぷり2時間です!

まずは“サンゴ礁への旅”ゾーンへ。

入口近くにあるタッチプールで「イノーの生き物たち」とふれあいました♪
イノーとは、沖縄の方言でサンゴ礁にかこまれた浅瀬の海のことを指し、ヒトデやナマコなどが
すんでいるそうです。

マハエはヒトデさんにタッチしてみました!
初めてだったので少しドキドキしましたが、見るだけよりも楽しさが倍増しました♪

「サンゴの海」や「熱帯魚の海」なども鑑賞しました。

どれもとても美しく、うっとり・・
特にクラゲの群れは、思わず見とれるほどの美しさでした(∩´∀`∩)

続いて“黒潮への旅”ゾーンへ。

「サメ博士の部屋」にやってきました!
こちらは、全長16mもある、絶滅した古代ザメ「メガロドン」のアゴの復元模型です!
とっても大きくて、迫力満点!!

水槽には、たくさんのサメさんが泳いでいます。
こちらも迫力があります!!

この日は、ラッキーなことにサメの食事シーンを見ることができました♪
水槽の上方では、エサのお魚がスタンバイ。

サメさんたちは、エサのまわりをぐるぐる泳ぎますが、なかなか食べようとしません。
サメは意外にも少食だそうで、お腹がすいていない時はエサに興味を示さないのだそう。

そのうち1匹のサメさんがエサをパクッ!
華麗な食事シーンでした!

「黒潮の海」の大水槽前にやって来ましたよ~♪
今日もジンベエザメさんがすいすいと泳いでいます。
この姿を見ているだけも癒されます(´∀`)

2匹が一緒の姿も♪
マハエも一緒に泳ぎたい~!

去年の12月に仲間入りしたブラックマンタさんも見られました♪

マンタは普通、背中が黒くお腹の部分が白いのですが、ブラックマンタさんはお腹も黒いのです!
国内では初の展示だそうで、世界的にもめずらしい個体だそうです☆彡

館外の施設でもめいっぱい楽しみましたよ~♪

まずは「マナティー館」へ。

マハエが訪問した時は、エサを食べた直後で眠そうな様子でした。。

食事の後に眠くなるなんて、なんだか人間と似ていて、ほほえましくなりました(^-^)

「ウミガメ館」にも訪れました。

マハエが水槽をじっと見つめていたら・・

1匹のウミガメさんが・・
大接近してくれました~♪♪

記念ショットが撮れました~☆

滞在ラストに「オキちゃん劇場」へやって来ました。
マハエ、オキちゃん劇場のイルカショーが大好き♪

ショーを披露してくれるイルカさんたちが勢揃いして、まずはご挨拶。
水面から大きく身を乗り出して、一頭ずつ自己紹介。

一番体が大きい、オキゴンドウのゴンちゃんも^^

プールサイドの“ステージ”で歌を歌ってくれたり

沖縄のお祝い事には欠かせない踊り“カチャーシー”風に踊ったり

飼育員さんのおしりフリフリに合わせてしっぽをフリフリしたり(^▽^)

そして、お待ちかねのジャンプタイム!

代わる代わる、軽やかなジャンプを見せてくれます♪

こんなに高いジャンプも!

ゴンちゃんもがんばりました☆

そして、5頭そろってジャンプ!!

イルカさんたちの美しい姿に感動しました☆

最後はゴンちゃんがステージでご挨拶!

他のイルカさんたちもしっぽでバイバイしてくれました(^^)/~~~

今回もたくさん楽しませてもらいました♪
ありがとうございました。

ツアーのラストは「御菓子御殿 名護店」さんへ。

店内には、沖縄のお菓子をはじめ食品やグッズなどお土産がずらり。

紅いもタルトは、限定パッケージもありましたよ~!
「島ぜんぶでおーきな祭」バージョンでした☆

店内にはパーラーもありました♪

この日は天気がよく暑かったので、ソフトクリームをオーダーしました!
冷たくて甘くて、おいしい~☆

ショーケースにもスイーツがたくさん並んでいて・・
特に「紅いも生タルト」が気になり・・

食べちゃいました^^
どちらも「でーじまーさん」でした☆☆☆

ショッピングもスイーツも楽しみました♪

帰りは、車窓から美しい夕陽を眺めながら那覇へと向かいました。

とても充実した1日でした!
ありがとうございました。

日本のお客様にはもちろん、海外からのお客様にもぜひご乗車いただいて、
やんばるの魅力を満喫していただきたいです!

~関連リンク~
「Okinawa Hip-Hop Bus」公式サイト 

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール