Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年9月11日

Okinawa Hip-Hop Busで沖縄本島北部&中部の人気スポットをめぐりました!

はいたい♪マハエです。
自動音声ガイド付き観光バス「City sightseeing Okinawa Hip-Hop Bus」に乗って北部、中部へ行ってきました。
今回マハエは4種類あるコースのうち、古宇利島・ワルミ大橋・沖縄美ら海水族館・ブセナ海中展望塔・美浜アメリカンビレッジをめぐるコースに参加です♪

那覇から出発して、高速道路に乗り最初の目的地の「古宇利島」へ向かいます☆彡


今回のツアーでお世話になるバスは天井が高く全体的に広々としており、長時間乗っていても疲れにくい快適な空間です。
フリーWi-Fiも完備されているのでツアーに参加しながらSNS投稿もできちゃいます。

そして、なんといってもHip-HopBusのポイントは、この自動音声ガイドで沖縄の文化、歴史、神話などを知ることができるところです。
日本語だけでなく英語・北京語・広東語・韓国語・タイ語・ロシア語・スペイン語に対応しているので、外国の方が参加されてもお楽しみいただけます!
(コースにより対応言語が異なります)

音声ガイドを楽しんでいると、古宇利大橋が見えてきました。


古宇利大橋は全長約2kmで日本全国の離島へ架けられた橋の中で、2番目の長さを誇る橋です。
ちなみに1番は同じ沖縄の橋で2015年に開通した、宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋なんですよ。
音声ガイドからは古宇利島にまつわる神話も流れるので、ぜひ聞いてみてくださいね♪

車窓からはとても美しい海と橋、空の青さを堪能できますよ♪

美しい風景に見とれているとあっというまに古宇利島に到着しました。

晴天に恵まれ、よりいっそう美しい海を眺めることができました☆彡

橋を渡った先にある「古宇利島ふれあい広場」には自然ガイドの案内板があり、古宇利島のMAPや島周辺に生息している天然記念物「ジュゴン」の生態についても記載されています。

ビーチは白い砂浜と遠浅の海が美しく、たくさんの観光客の方々が日光浴や海水浴を楽しんでいました!

マハエも美しい景色を堪能♪



古宇利大橋から見える美しい海は本当に魅力的でした♪

古宇利島を出てバスに乗り、今度は「ワルミ大橋」を渡っていきます。

アーチ橋としては日本国内で5番目の長さで300m以上あります。
車窓から羽地内海を見下ろしてみると、思ったより高さがありビックリ!!
なぜこんなに高いのかというと2,000トン級の船舶を通すためだそうです。
一見の価値ありですよ♪

ワルミ大橋を抜け、しばらくバスに乗っていると、沖縄美ら海水族館がある海洋博公園に到着しました。
海洋博公園は、1975年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」の跡地にできた公園です。
園内施設には今からマハエが訪れる「沖縄美ら海水族館」や「熱帯ドリームセンター」、遊泳無料の「エメラルドビーチ」等があります。

沖縄美ら海水族館に向け歩いていると道中ではシーサーや素敵な噴水がお出迎え♪



沖縄美ら海水族館の入り口フロアへ降りると、伊江島が見えるスポットが出現! 真ん中にそびえ立つ山は「伊江島タッチュー」と呼ばれています。


ついに「沖縄美ら海水族館」に到着しました!!
Hip-HopBusツアーには入館券もついていて、今回のコースだと3時間の滞在が可能です♪

水族館に入るとタッチプールがあり、ヒトデなどの浅瀬に棲息している生き物と触れ合うことができます。
マハエもヒトデにタッチましたが、ヒトデは意外と固くてビックリしました!!


タッチプールを抜けると、「サンゴの海」という水槽があり、約70種800群体の造礁サンゴと魚達がお出迎え♪
水槽自体に屋根がないため、晴天の今日は太陽の光が降り注ぎ、とても神秘的でした。



これにはネズミフグも思わずニッコリ^^

次に色とりどりの熱帯魚が泳ぐ水槽へ
マハエが来た時に給餌タイム(13:00)が始まり、餌に向かって熱帯魚達が集まってきて一気に水槽がカラフルに!!
給餌タイム前にはアナウンスが入るので、先のエリアへ進まれて見ていない方も戻ってくるのをオススメしたいくらい必見ですよ♪


いよいよメインの大水槽!!と行きたいところですが、その前に「サメ博士の部屋」に寄ってみました。
展示スペース中央では、サメやエイの皮の標本が展示されており、直接鮫肌の感触を触って確かめることもできます。


絶滅した古代ザメ・メガロドンのアゴの復元模型は模型とは思えないくらい迫力満点!!

迫力あるサメたちに終始圧倒されたマハエなのでした。

そしていよいよメインの大水槽「黒潮の海」へ。


オスのジンベエザメの「ジンタ」は全長「8.7M」で、ジンベエザメの”世界最長飼育記録22年”という大記録を持っています。
ちなみに21,000点もいる沖縄美ら海水族館の生き物の中で、名前がついているのは唯一ジンタだけです。



水槽の中をすいすいと泳ぐジンタの姿に癒されました♪

さらに奥へと進むと深海の可愛くて奇妙な生物たちが個水槽でお出迎えしてくれます。
紫外線を反射して光るサンゴやここ最近ぬいぐるみが発売されるなどして注目を集めている「オオグソクムシ」君。
ちなみに水槽自体の水圧は深海の水圧ではなく、通常の水圧なんだそう!
深海魚は水圧が高い所でしか生息できないイメージですが、沖縄美ら海水族館では圧力水槽で徐々に通常の水圧に慣れさせることで、飼育を可能にしています。




楽しいと時間はあっという間に過ぎちゃいます。
沖縄美ら海水族館を後にし、今度は「ウミガメ館」へやってきました♪
マハエがカメラを向けていると一匹のウミガメが「さぁ、私を撮りなさい!!」と言わんばかりに近寄ってきたのが印象的でした。



ウミガメ館を抜けると伊江島が見える浜辺が出現!!南国の楽園らしい風景です♪


沖縄美ら海水族館を充分に楽しんだマハエは次のスポット「ブセナ海中公園」へ。

ブセナ海中公園には、サンゴ礁と熱帯魚をボートに乗って観賞できる「グラス底ボート」と
海の中にある展望フロアから海中を眺められる「海中展望塔」があります。
今回マハエは「海中展望塔」へ向かいました。

天気が良かったので、駐車場から歩いて移動しましたが、無料シャトルバスで移動することもできますよ。

桟橋の先に海中展望塔があります!


透明度の高い海なので、浅橋から海を覗くと元気に泳ぐお魚さんたちの姿を楽しめます♪

展望フロアの入り口に到着しました。
沖縄美ら海水族館と同じくツアーには海中展望塔の入場料金も含まれています♪


らせん階段を下りて水深5mの世界へ♪

展望フロアは360度、24面の窓から海底に広がるサンゴ礁の海と亜熱帯の色あざやかなお魚さんたちを覗くことができます!
海の中に自分が潜っているかのように感じる不思議な空間です。

イソギンチャクとそれに寄り添うカクレクマノミも発見♪ 癒やされます。



色とりどりお魚さんたちときれいな海を堪能した後は、しばらくバスに乗り、最終目的地の「美浜アメリカンビレッジ」へ向かいます。

国道58号線から大きな観覧車が見える一帯が美浜アメリカンビレッジで、ショッピングやグルメを楽しめるお店やアミューズメント施設などが揃うスポットです。

FreeWi-Fiも完備されていました。

アメリカンスタイルのお店が多いので外国の雰囲気を感じることができます♪


海岸から見るサンセットはとても美しく神秘的でした。

最後は地上高60mの観覧車「SKYMAX60」に初チャレンジです!



観覧車の上から見るサンセットもまた格別です♪

頂上からは北谷のまちなみや美しい海を一望できます。


夜になり観覧車がライトアップされると昼とは全く別の顔を覗かせてくれます。

ツアーはここから那覇に戻り終了です。
今回参加したコース以外にもさまざまなコースがあります。
友人や外国からのお客様のおもてなしに、ぜひ「Okinawa Hip Hop Bus1 DAY BUS TOUR」で思い出に残るバスツアー体験はいかがでしょうか♪

~関連リンク~
Okinawa Hip-Hop Bus 公式サイト

2017年2月22日

ちゅらまーい Ha:moに新コース登場☆彡今帰仁の素晴らしい景色に出会いました♪

はいたい♪マハエです!
昨年、屋我地島、本部町、古宇利島、伊江島、瀬底島とさまざまな島や町めぐりを
楽しませていただいた「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」に2月から新コースが登場したと
お知らせをいただきました☆彡

その新コースの中から今帰仁村発2時間コース“アギジャビヨイ!!今帰仁絶景ルート”に
さっそく参加させていただきましたよ~(≧▽≦)

今回もたくさんの素晴らしい景色に出会えましたので、報告します!

「ちゅらまーい Ha:mo」とは、1人乗り用の超小型電気自動車に乗って、
ルートをたどりながら、ディープな観光と風を感じるドライブを楽しめる、
新しい旅の楽しみ方です☆彡 

前回の瀬底島の「ちゅらまーいHa:mo」の旅の様子はこちらからご覧ください。
<新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【5】瀬底島プチドライブ旅♪> 

走行中のルートは、タブレット端末のナビをしてくれるので、安心!

2人以上で申し込むと、インカムと受信機で最大5人で会話を楽しみながら走行ができます!

電気自動車だから、環境にやさしいのもポイントです☆

1つめのポイントに向けて、さぁ出発です~!

【今帰仁の駅 そ~れ】

今帰仁村にある今帰仁の駅「そ~れ」さんにやって来ました!
今帰仁村の特産物・すいかの屋根がめじるしです♪

今帰仁村で育てられた野菜や果物がたくさんそろっていました!

今が旬のたんかんやフルーツシークヮーサーもこんなに☆彡

お茶や黒糖などの加工品も種類豊富でした!

産地で購入できるのはうれしいですね♪
ついついたくさん買い込んじゃいました^^

お買い物を楽しんだ後は、次のポイントへ。

【今帰仁酒造】

今帰仁村唯一の泡盛の酒造所「今帰仁酒造」さんへやって来ました。
車から降りた瞬間に泡盛のいい香りが。。

泡盛の直売もされていました。

泡盛の種類がこんなにたくさん!ボトルのデザインを見るのも楽しい♪

甕に入った泡盛もありました!
今帰仁酒造さんでは、事前に予約すると工場見学も可能だそうです。
次回は参加してみたいと思います!

「ちゅらまーい Ha:mo」のルートには、このような案内板が設置されています。

ナビと案内板を確認しながら、進行していると・・
目の前に美しい海が見えてきました(≧▽≦)

【大浜海岸(ウッパマビーチ)】

見えていたのは、ウッパマビーチでした☆

とてもあざやかです♪

角度を変えて見ると、海の青がまた違う色に見えました!

きれいな海は眺めているだけで幸せな気分になれますね♪

ビーチを後にして、次のスポットまでの道なりにある小さな港に立ち寄りました。

防波堤のところまで来ると、古宇利大橋が見えました!

さらに古宇利島もこんなに間近に!!

こちらの海もとっても美しい☆☆☆ 海をたくさん見られて癒されました。。

次のスポットへは、サトウキビ畑のあいだを通り抜けました!

車体がコンパクトなので、細い道もラクラク走行ができます~♪

【運天森園地展望台】

木が生い茂る公園です。
木漏れ日からパワーをいただけそうです!

展望台までの道中亜熱帯の植物をたくさん見ることができました♪

展望台へやって来ました!

海と緑が広く見渡せる絶景でした。

こちらには初めての訪問でした。
「ちゅらまーい Ha:mo」は、地元ならではのいろいろなスポットを教えてくれます!

絶景を堪能した後、最後のスポットへ。

【運天港】

運天港は、沖縄本島の北部にある伊平屋島や伊是名島への旅客フェリーが
就航している港です。

車から降りて、しばらく散策♪

海をのぞいてみました。
先ほどのウッパマビーチとはまたちがった色が見られました♪

今回も「ちゅらまーい Ha:mo」の旅で新しい発見や出会いがたくさんありました!
新コースは他にも登場しているそうです☆彡
ぜひ皆さんにも新しい沖縄を発見していただきたいです!

 

~関連リンク~
ちゅらまーい Ha:mo公式サイト 

2016年11月11日

新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【5】瀬底島プチドライブ旅♪

はいたい♪マハエです!
「ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)」で瀬底島のドライブを楽しみました~!

「ちゅらまーいHa:mo」とは、1人乗り用の超小型電気自動車に乗って、ルートをたどりながら、
ディープな観光と風を感じるドライブを楽しめる、 新しい旅の楽しみ方です☆彡

これまで、屋我地島、本部町、古宇利島、伊江島と、いろいろな島や町を「ちゅらまーいHa:mo」で
楽しませていただきましたが、瀬底島ではどんな旅ができるでしょうか♪

伊江島の旅に続き、ミス沖縄・コバルトブルーの奥濱安奈さんと一緒の“Ha:mo女子旅”です(*´▽`*)

前回の伊江島の「ちゅらまーいHa:mo」の旅の様子はこちらからご覧ください
<新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【4】伊江島の自然にふれるほっこり女子旅♪>

操作方法やコースについてレクチャーを受ける安奈さん。
スタッフさんはやさしく、丁寧に教えてくれます♪

複数で申し込むと、インカムと受信機で最大5人で会話を楽しみながら走行ができます!

今回も安奈さんとゆんたく(おしゃべり)しながらのドライブ楽しみだな~♪

タブレット端末のナビも装備され、安心!

瀬底大橋に向けて、出発です!

【瀬底大橋】

瀬底大橋は、ゆるやかなアーチ状になっています。

橋にさしかかると、坂を上っていくのですが・・

Ha:moは視界が広く感じられるので、空に向かっているような気分になりました~\(^o^)/

安奈さんは「まるで空を飛ぶ飛行機のパイロットになった様な気持ち♪」と
歓喜の声をあげていました(^▽^)

下りの際には、橋の下に広がる青い海も見えました♪
美しい海が見えながら橋を渡るのは爽快な気分です☆彡

橋を渡り瀬底島に入ると、まずは本部港が見渡せるポイントへ向かいます。
視線の先の海に期待度がグッとあがります♪

【本部港ビュー】

こちらのポイントへは、細道を通り抜けて行きます。

乗用車だったら通るのがためらわれるほど細い道です。
そんな道もHa:moならスイスイ♪
軽やかに走れます~。

この道を抜けると、広~い海がお目見え☆

安奈さんもこの美しい風景に感激されていました☆彡

瀬底島に来たことはあったそうなのですが、このポイントは知らなかったそう。
Ha:moのおかげでめぐり会えた~♪と、とっても喜んでいました!
一緒に旅ができてよかった~(≧▽≦)

再びHa:moを走らせ、次のポイントへ向かいます♪

【瀬底土帝君】

5分ほど走り、「瀬底土帝君(せそことていくん)」へやってきました。

近くのスペースにHa:moを駐車し、林の中へ50mほど進むと到着します。
土帝君とは中国古来の土地関係の神様の一種で、一般的には土地神様と呼ばれています。

瀬底土帝君は、沖縄各地に祀られている土帝君の中でも最大の規模で保たれているそうです。

歴史の深さを感じさせてくれるたたずまいに安奈さんも感慨深い様子でした。
木々のあいだから光が差し、神聖なパワーをいただけたような気がしました!

Ha:moを停めていたスペースにあざやかに花を咲かせたトックリキワタの木を発見☆

ビビットなピンクが青空によく似合います♪

今回も、Ha:moで安奈さんとの女子旅を満喫しました!

帰りも瀬底大橋をHa:moでビューンと走り抜けます!

車の窓を開けるように、キャンバスドアの上部を開けて、心地よい風を受けながら走っていると、
伊江島の城山(タッチュー)が見えました!
城山だけでなく伊江島が全体的に見えましたよ~♪

瀬底島の新しい魅力をいくつも発見!
Ha:moだからたどり着けることができた場所、見られた風景がたくさんありました。

瀬底島を楽しんだ後は、本部町をめぐり、山川酒造さんに訪れたり、そのすぐそばにある
琉球松の観賞を楽しんだり、町営市場を訪れ、お店の人との交流やお買い物などを
楽しむこともできますよ。

モデルコースはこちらです!
【本部町発2時間プラン/本部の生活を感じようコース】 

Ha:moは、新しい旅の楽しさや可能性を教えてくれました☆彡
またHa:moでいろんなところを旅したいな♪

 

~関連リンク~
ちゅらまーいHa:mo公式サイト

2016年10月31日

新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【4】伊江島の自然にふれるほっこり女子旅♪

はいたい♪マハエです!
伊江島で「ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)」の旅を体験しました~!

「ちゅらまーいHa:mo」とは、1人乗り用の超小型電気自動車に乗って、ルートをたどりながら、
ディープな観光と風を感じるドライブを楽しめる、 新しい旅の楽しみ方です☆彡

これまで屋我地島、本部町、古宇利島で「ちゅらまーいHa:mo」の1人旅を楽しませていただいたのですが、
今回は、ミス沖縄・スカイブルーの奥濱安奈さんと一緒の “Ha:mo女子旅”でした\(^o^)/

本部港からフェリーに乗ること約30分で伊江島に到着。

参加コースは【伊江島発4時間プラン/伊江島満喫周遊ルート】です!
Ha:mo女子旅は初めてなので楽しみ~♪

前回の古宇利島の「ちゅらまーいHa:mo」の旅の様子はこちらからご覧ください
<新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり③古宇利島の絶景を満喫する旅♪> 

伊江島発のコースは、屋我地島(名護市発)のコースと同じく限定特典がありました♪

まずは、コースを予約すると利用日までにメールマガジンが届きます!
マガジンは、コース中のスポットの解説やルート内にある寄り道スポットの案内、
お得価格でグルメを体験できるクーポンなど情報が満載☆

そして、当日に、立寄りスポットのチェックイン記録ができるスマートフォンの貸出し、

走行中の様子を撮影してくれるアクションカムの装備があります!
旅行終了後に動画を送っていただけるんです♪

先日、今回の動画が届きました!

安奈さん、とっても楽しそうにドライブしています~♪
Ha:moから一緒にいろんな景色を見たな~なんて、楽しかった旅がよみがえってきます☆

思い出がよりリアルにシェアできて、うれしいですよね!

今回もとても楽しかった、ちゅらまーいHa:moでの旅の様子をレポートします!

さぁ、出発です☆彡

タブレット端末のナビゲートをチェックしながら進行~!

専用のインカムと受信機の貸出しもあるので、同行者とトークしながら走行ができるんですよ♪
最大5人で会話ができるそうです!

この日は、安奈さんとおしゃべりを楽しみながらのドライブでした(^◇^)

【アーニー・パイル記念碑】

拠点の伊江島観光協会(伊江島港前)を出発し、Ha:moを走らせること約5分。
アーニー・パイル記念碑に到着しました。

アーニー・パイルさんは、戦時中に名をはせたジャーナリストで、伊江村で亡くなられたそうなのですが、
その功績をたたえた記念碑がありました。

沖縄の歴史について、また1つ知ることができました。

次のスポットへとHa:moを走らせます。
緑の中を走り抜けるのが心地いい♪

道路を走りながら海も見れました!

【GIビーチ】

島の南西にあるGIビーチへやって来ました!
透きとおった海と白い砂浜が美しい☆

のんびり散策されている方もいました。

次のスポット「ニャティヤ洞」までは、Ha:moで約5分ほどの距離なのですが、
途中に見つけたお花がとても可憐で、少しだけ停車して眺めることに。
風に揺れるお花がかわいい(*´▽`*)
なにげない自然の風景を見つけられるのもHa:moならではです♪

【ニャティヤ洞】

駐車場にHa:moを停め洞窟に向かうと、途中この眺めが♪

美しい海が広がっていました~☆

景色を堪能した後、階段を下り洞窟へ。

荘厳な岩に圧倒されます。
戦時中に防空壕として村民の多くの命を救ってくれた場所だそうです。

洞窟の中へ。

洞窟からも海が見えます♪
このコントラストが本当に素敵でした。
差し込んでくる光にパワーを感じました。。

細い山道を登って、次のスポットへ。
コンパクトなHa:moだからラクラク走行できちゃいます~(^^)b

広い草原の横切る時は、自然と一体になったような感覚になります!

伊江島は、牛舎が多いのも特徴の1つ。
走行中あちこちで牛さんと遭遇します♪
Ha:moを少し停車させて見つめていたら、牛さんと目が合っちゃいました(*´▽`*)

島ののどかな空気を感じます。

【伊江島灯台】

島の西側に伊江島灯台があります。
米軍基地の中にあるため近づくことができませんが、風景を楽しめます♪

周辺も自然豊かでとっても眺めがいいところです☆

そして、とっても楽しみにしていたあのスポットへ♪

【伊江島補助飛行場】

伊江島補助飛行場の滑走路を走行することができるんです~!

まっすぐにのびる滑走路に到着した瞬間、ワクワク♪

スタート~\(^o^)/
爽快です~☆彡

滑走路を走れるなんて、感動です!
道路に薄く見えるラインに、これはどのような役目を果たしていたのかな・・と思いをはせつつ、
走行を楽しみました♪

現在、米軍の管理下にあるので、米軍の活動をさまたげないという条件で通行ができますよ。

滑走路を走り抜けたら道なりに進み、島の北海岸にある湧出(わじー)へ。

【湧出(ワジー)展望台】

まずは、断崖の上部にある湧出展望台にやって来ました!

駐車スペースに停めたHa:moは、自然の中にとっても溶け込んでいます♪

展望台からは広大な海が見渡せます!

安奈さんもこの景色に大興奮!

見晴らしを堪能した後は、湧出の海へと続く道路を下りて向かいます。

この道路の入り口、実は、気づきにくい場所にあるのですが、タブレット端末のナビゲーションが
しっかり誘導してくれるから、安心です♪

道幅がかなり細く、自動車では走行するのがむずかしそうな道路でした。
そんなところもHa:moは、ラクラク走れます♪

島をディープに探検するのにHa:moはピッタリだと思いました!

【湧出(ワジー)】

水が湧き出ることから「湧出(わじー)」と言われています。
島のだいじな水源地です!

岩のあいだから水が湧き出てくるのを見ることができました!
岩に打ちつける波の迫力にビックリ!!
先ほど展望台から見た海とはまたちがう表情です。

絶景に感動しながら、次のスポットへ向かいました。

向かう途中、安奈さんが「城山(タッチュー)が見えますよ!」とインカムを通じて教えてくれました。
景色をシェアしながら走るのは、本当に楽しく、発見も多いです☆彡

【リリーフィールド公園】

毎年「ゆり祭り」が開催されることで有名なリリーフィールド公園。
ピークシーズンには約100万輪のゆりが咲き誇り、訪れる人を楽しませてくれます。

以前、ゆり祭りに訪れた時の1枚です。
この風景を見ながらHa:moで走れたら、最高だろうな~☆彡
今度は、ゆりの開花シーズンに合わせて訪れたいな♪

公園の目の前には海が広がります!
こちらも見ごたえがありました!

その後、ハイビスカス園、オホバ海岸、伊江ビーチを経て、島のシンボル・城山(タッチュー)へ!

【オホバ海岸】

【伊江ビーチ】

【城山(伊江島タッチュー)】

城山(タッチュー)にやって来ました。
伊江島に来たら、城山を見ずには帰れません!

安奈さんもうれしそうです^ ^

城山を間近で見れたことに大満足し、ゴール地点である伊江島観光協会へと向かいました。

伊江島をたっぷり満喫しました!
今回もHa:moだからこそ体験できたことがたくさんありました!
またHa:moで島旅ができるといいな♪

 

~関連リンク~
ちゅらまーいHa:mo公式サイト
伊江村公式サイト
伊江島観光協会公式サイト

2016年10月20日

新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【3】古宇利島の絶景を満喫する旅♪

はいたい♪マハエです!
これまでにも楽しませていただいた「ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)」で、 古宇利島を旅してきました~♪

「ちゅらまーいHa:mo」とは、1人乗り用の超小型電気自動車に乗って、ルートをたどりながら、
ディープな観光と風を感じるドライブを楽しめる、新しい旅の楽しみ方です☆彡

今回は【今帰仁村発4時間プラン】の「たっぷり古宇利ルート」に参加させていただくことになりました♪

前回参加したの今帰仁城跡と本部町を周遊の様子はこちらからご覧ください
<新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり②今帰仁城跡と本部町を周遊♪> 

どんな旅になるかな~!

出発地点のあいあいファームさんから、緑のアーチをくぐり抜けて出発~!

タブレット端末がナビゲートしてくれるので、安心です♪

車内から景色を楽しみつつ、1つ目のポイントへ!

【橋の駅リカリカワルミ】

橋の駅リカリカワルミさんへやって来ました~!

今帰仁村で採れた新鮮な野菜や果物、それらを使用したお惣菜、食品などが揃っています!
種類豊富で楽しいな~♪

2階の展望台へ行くと・・
エメラルドグリーンの海が一面に広がっていました~☆

パノラマビューで景色がお楽しみいただけます\(^o^)/

さぁ、向こうに見える古宇利大橋を目指しますよ~!

【古宇利大橋】

リカリカワルミさんからHa:moで10分ほど走ると・・
古宇利大橋とその下に広がる青い海が見えてきました~(≧▽≦)

この風景を見ると、いよいよ古宇利島に行けるんだ!と、ワクワクします♪

橋にさしかかると、この景色の中をドライブ!
爽快です~☆彡
海のすぐ間近を走っているような感覚になります♪

Ha:moのドア部分は、キャンバスドアになっていてファスナーで調整ができるので、開放感があり、
より景色を近くに感じることができるんです!

この距離感が、Ha:moの醍醐味です♪

古宇利島が見えてきましたよ~!

広い空と青い海に包まれて絶景ドライブを満喫しました!

【古宇利ビーチ】

橋を渡った後、古宇利ビーチへやってきました!

太陽がふりそそぎ、海がキラキラしています~☆*☆*

橋をはさんで反対側の海は微妙にちがうブルーで、こちらもとても美しい(*´▽`*)
人気のビーチなので、大勢のお客様でにぎわっていましたよ♪

【古宇利ふれあい市場】

古宇利ビーチのすぐそばに、県産の野菜や果物などを扱う売店、パーラー、シャワーなどが揃う
「ふれあい広場」があります。 

この日は、新鮮な海ぶどうの試食販売があり、マハエはちゃっかりチェック^ ^
プチプチの食感がたまりません♪

古宇利島産のパパイヤは、豊作でした!

新しいグッズが登場していたり、めずらしい食材があったり♪
何度来てもお楽しみがあります!

ふれあい広場の向かいにある「YOSHIKA」さんでランチタイムをとることに♪

プランには含まれていませんが、ランチを楽しめるスケジュールになっています。

店内からは古宇利大橋が眺望できます!
わーい!特等席だ~♪

マハエは「古宇利島丼」をオーダーしました!
あぐーがやわらかく、ジューシーでとってもおいしい☆☆☆
添えられた海ぶどうがいいアクセントになっています!

特別にシークヮーサージュースをごちそうになりました。
ほどよい酸味と甘さでリフレッシュできました♪
ごちそうさまでした。

お腹が満たされ、古宇利島ドライブ再開です!
Ha:moに乗りながら、目に飛びこんでくる海の色も美しい。。

【ハートロック】

古宇利大橋を起点にして島の奥にある、ハートロックを見に来ました~♪
古宇利島は伝説になぞらえて“恋の島”と呼ばれているんです!
ハートロックがあるのもぴったりですね(≧▽≦)

浜を下りていくようにして向かうのですが、その最中に見える海の透明度がすばらしく、感動☆

ハートロックは、1つの岩ではなく、2つの岩を重ねて見ることでハート型になるんです♪

きれいなハートに見える位置までマハエも移動しました!
わーい!ハートだ~(∩´∀`∩)

マハエにも素敵な恋がおとずれてくれるように願いながら、次のスポットへ♪

【トケイビーチ】

Ha:moで約3分ほど走り、トケイビーチにやってきました!
こぢんまりとしていて、知る人ぞ知るビーチという感じです。
古宇利ビーチとはちがった楽しみ方ができそうです!

ビーチをあとにしてHa:moに乗り込もうとした時、近くにいたお客様から
「楽しそうだね~!乗ってみたいな~」と声をかけていただきました。 

マハエはもちろん、Ha:moでの旅の楽しさを伝えましたよ~!
Ha:moがきっかけで、声をかけていただくことも多いのですが、さまざまな方と 交流できるのが、
旅の楽しいひとときなんです♪

さぁ、ラストスポットへ向かいます~!

【古宇利オーシャンタワー】

古宇利オーシャンタワーにやってきました。
島を一望できる展望タワーやレストラン、シェルミュージアム、ショップがそろいます!

古宇利オーシャンタワーに入園する場合は、別途入園料が必要となります。(大人お1人様800円)

タワーの中からは、パノラマビューで古宇利大橋を堪能できますよ~☆

マハエは、レストランでひと休みすることに。

レストランからも大橋周辺の景色を眺めることができます♪

“島かぼちゃのシュークリーム”と“島かぼちゃのクロワッサン”をいただいたのですが・・
こんなにかわいいプレートに仕上げていただきました~♪♪

仲間のチムにそっくりなイラストも♪
うれしい!うとぅいむち(おもてなし)の心を感じました☆

美しい景色を眺めながらおいしいスイーツをいただけて、大満足でした~ヽ(^o^)丿

今回は、ちゅらまーいHa:moで古宇利島をすみずみまでめぐることができました!

なんといっても、橋を渡りながら見れた海の美しさは忘れられません☆彡

Ha:moで古宇利島の魅力を新たに知り、島旅を満喫しました♪

 

~関連リンク~
ちゅらまーいHa:mo公式サイト
古宇利オーシャンタワー公式サイト

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール